[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年に頂いた、コメントのバックアップです。
たくさんのコメント、ありがとうございます。
↑New ↓Old


■ 消えた女王 あとがき

今日はクリスマス

人それぞれのクリスマスを迎えていることでしょうね。

クリスマスのブーツ

子供にとって格別の品です。

主人公にとってのブーツもまた格別でした。

作品を読んで、子供の頃にタイムスリップできました。

聖夜に乾杯

ブーツに乾杯
2011/12/25(日) 00:36 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

昼の梟さん。
作品へのお付き合い、そして哀愁のあるコメント、ありがとうございます。
皆様が迎えたクリスマス。形は違えど、全てが幸福なものだったらいいなぁ……
と、割と真剣に願っていたりします(笑) もちろん、昼の梟さんにとっても――
頂いた乾杯のコール、なんだかじーんときました。
2011/12/26(月) 15:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 梨央様、素敵な作品を本当にありがとうございました。僕、幸せだった幼い日々の思い出に浸りながら、最初から最後まで、うっとりしながら、そして興奮しながら読ませていただきました。
 梨央様、本当にありがとうございました。今日は、いろんな意味で、僕の人生最高のChristmasになりました。
2011/12/25(日) 00:58 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

次郎さん。
こちらこそ、ありがとうございました。
ヒトの固着や追憶といった部分を、ちょっとくすぐってみたいなぁ……
そんな思いで執筆いたしました。最後まで心を刺激できたようで、嬉しく思います。
>人生最高のChristmasになりました
光栄です。身に余るお褒めの言葉、感謝いたします。
2011/12/26(月) 15:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

小説を読ませていただいて思いました。やっぱり過去の出来事を追う人は多いのでしょうか?自分と重ねて考えました。
2011/12/29(木) 21:41 | URL | ひらき #k62HVzjU

おはようございます。
ひらきさん。いつもご感想、ありがとうございます。
「変えられない」「美化されやすい」などの特徴を考えても、過去を追う人間の性は不思議ではないように思えます。
物語の人物に、ご自分を重ね合わせていただけて嬉しいです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/12/31(土) 08:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 消えた女王 1

 梨央様、新作楽しみにしておりました。凄いです。興奮してしまいました。続きが楽しみです。
2011/12/24(土) 20:57 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

ありがとうございます。
心待ちしていただけて嬉しいです。
>続きが楽しみです
次郎さんのような方がいらっしゃるからこそ、私もまた楽しく執筆できます。
いつも支えられています。
2011/12/25(日) 12:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最終メッセージ あとがき

 梨央様、僕、このご作品何度拝読しても、途中までは仁さんになって本当に作品の世界に入り込めるんですけど、最後がどうも納得いかないんです。僕、試しに、ご主人様にご命令いただいてるつもりになって、ご主人様に締めていただいてる自分を想像しながら、荷造り用のビニール紐で、自分の首を締めてみたんですが、苦しくなるとどうしても、手の力を緩めてしまいます。やはり僕はご主人様に対する忠誠心や服従心がまだ全然足りてないのかな……。梨央様はどう思われるます?このご作品の結末のようなことが実際にあり得るとお考えでいらっしゃいますか?もしかしたら、仁さん、あんまり長いこと放置されたから退屈で眠ってしまったのかな……


2011/12/18(日) 19:14 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

真似をしないでください。
次郎さん、こんばんは。いつも繰り返し作品をご覧くださり、ありがとうございます。
>荷造り用のビニール紐で、自分の首を締めてみたんですが
諧謔と捉えて笑うべきかもしれませんが、管理人として、意思は明確にさせていただきます。
絶対に真似はしないでください。
>あんまり長いこと放置されたから退屈で眠ってしまったのかな……
解釈は読者様の自由です。が、私は仁に恥をかかされたNanaに同情します。
次郎さん、主さんができたとのことでしたね。差し出がましいですが、くれぐれも真摯にお仕えしてくださいね(笑)
2011/12/19(月) 23:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 梨央様、ごめんなさい。二度と馬鹿なことしませんから、また、お話させてくださいませ。Nanaさんも、ごめんなさい。
2011/12/21(水) 06:53 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

はい。
サイト理念をご理解くださったことに、感謝申し上げます。
こちらこそ、ぜひまたお話させてください。
2011/12/23(金) 03:54 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雪、ゆらゆら あとがき

彩香さんが「生」を感じる時

誰かが苦痛を感じる。

彩香さんの心は満たされるんでしょうか?

ふわふわ漂う雪のような彩香さんの心なんでしょうね。

淋しさを感じました。
2011/12/11(日) 17:32 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

ご感想、ありがとうございます。
昼の梟さんの解釈を逆に言えば、彼女は、
「誰かが苦痛を感じなければ『生』を感じられない」
――と言えますでしょうか。
それで心が満たされるのか。その問いの答えは、彼女自身が見つけるしかないのでしょうね。
>淋しさ
本作に限らず、私が大切にしていきたいテーマのひとつです。
2011/12/15(木) 18:50 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 八卦 あとがき

 よく、計算し尽くされたストーリー展開で…、M心を刺激していただける素敵な表現や台詞が満載で…、僕はどんどん作品の世界に引き摺り込まれてしまって……。それにしても、宇崎さん、…M男垂涎の的ですね。常盤部長みたいな冷たい感じの女性上司に、ねちねちと責められたらと想像するだけで、…もう堪りません。日野さんは、厳しくも心優しい姉御肌の女性で、おまけに滅茶苦茶強くて、本当にカッコいい女性で、…僕、こんな女性にいちばん憧れてしまいます。でも、やはり、すごいのは、優しさで餌付けして、「犬」というキーワードで操って、宇崎さんをまんまと自分の飼い犬にしてしまう相川さんですね?本当にすごい人です。梨央様、本当にありがとうございます。僕、この作品大好きで、何度拝読いたしましても、もう大興奮です。
 梨央様、僕、この作品を初めて読ませていただいたときは、それぞれに、タイプの違う3人のS女性に構ってもらえる宇崎さんが、羨ましくて仕方がありませんでした。ですが、今日改めて拝読いたしましたが、前ほど羨ましいとは思いませんでした。僕、梨央様の『唐紅花』を読ませていただいたときに、とても大切なことを教えていただき、そして、勇気をいただきました。お陰様で、こんな生きる価値すらない惨めな野良犬も、やっと素敵なご主人様に拾っていただくことができました。梨央様、大切なことをお教えくださいまして、本当にありがとうございました。このご恩は、決して忘れません。宇崎さんは、最後に素敵な首輪を付けてもらえて、本当に良かったですね?僕も素敵なリードで繋いでいただきました。
>「これからは、私があなたを守ります」
僕、初めてこの作品を読ませていただいたとき、この台詞に感涙させていただきました。でも、僕のご主人様も似たようなことを仰ってくださいました。僕、本当に嬉しゅうございました。梨央様、ごめんなさい。また、自分のことばかりお話させていただいて……。
2011/12/11(日) 15:13 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

嬉しいです。
ストーリー展開をお褒めいただき、大変光栄です。ありがとうございます。
何度も読み返してくださっているその御心に、胸が熱くなる思いです。
私自身にとっても、特に気に入っている作品のうちのひとつなので。
>『唐紅花』を読ませていただいたときに、とても大切なことを教えていただき、そして、勇気をいただきました
作者冥利に尽きます。作品から「何か」を得ていただけるのは、とても幸せなことです。
ただ、もちろんマニュアルではありません。くれぐれも、主さんの言に従ってくださいね(笑)
2011/12/15(木) 18:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 鐘 あとがき

 この小説の登場人物の「僕」の気持ちが良くわかります。実際に僕自身も心の奥から大好きで愛している女性が1人います。
 「願いはただ一つ。あなたと一緒にいたい。出来る限り……出来る限り長い時間……」
 この気持ちが良くわかります。僕も同じ気持ちです。
2011/12/08(木) 21:10 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます。
物語の人物にご共感いただけることは、作者にとって本当に嬉しいことです。
人は、時が永遠でないことを知っています。だからこそ、出来る限り……、と願うのでしょうね。
「時間が本当に もう本当に 止まればいいのにな」
好きなバンドの歌詞の一節です。
今回もまた、お付き合いくださり、ありがとうございました。
2011/12/10(土) 21:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 執着

 マゾヒストになれて良かったな……。こういう作品に出逢うと、つくづく、そんなふうに感じます。僕、もう興奮してしまって…、なんかぞくぞくして、胸がキュンキュンしてしまって…。
 梨央様、素敵な作品を、ありがとうございました。なんとなく、梨央様がどういう女性かよくわかったような気がして、…とても嬉しいです。梨央様、…なんか僕、急にシャワーを浴びたくなっちゃいました(笑)。でも、可愛がってる生き物を殺すとか、首を切ってプレゼントとか、…それだけは何卒ご容赦くださいませ。そんなことされても、僕の穢らわしいコレは、ちっとも膨らみませんし。
2011/12/05(月) 13:09 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

光栄です。
次郎さんの心を躍らせる作品となったことを、大変嬉しく思います。
いつも楽しんでくださり、ありがとうございます。
>…それだけは何卒ご容赦くださいませ
「彼女」は、次郎さんのこの言葉をどう受け止めるのでしょうね……?
>…なんか僕、急にシャワーを浴びたくなっちゃいました(笑)
どうぞ、いってらっしゃいませ(笑)
2011/12/07(水) 16:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 声 あとがき

 梨央様、これは、あくまで純粋に作品として、楽しんでいいんですよね?それにしても、素敵な女性ですね。僕の理想のご主人様です。言葉の一つ一つがカッコよくて、自分に言われているようで、恍惚としてしまいました。でも、ラスト三行で奴隷の悲しいさだめを再確認させられて、ちょっと萎えちゃいましたけど(笑)。……まあ僕の場合、それ以前の問題が沢山ありすぎて、あんまり関係ないんですけどね…。
2011/11/30(水) 13:23 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

(笑)
ご覧いただけて嬉しいです。ありがとうございます。
もちろん、ひとつの作品としてお楽しみいただければ幸いです。
恍惚と――、ですか。光栄です。彼女の言葉に、存分に浸ってください。
>奴隷の悲しいさだめ
「嬉しい」の間違いではないのですか?
主が飽きるまでは飼っていてもらえるのですよ?
2011/12/03(土) 23:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ オトメゴコロ あとがき

 乙女心が本当に可愛らしくて…、拝読しているうちに、この女性に感情移入してしまって、とても切なくなってしまって…。最後の落ちには、M心を刺激されて、うっとりしてしまって…。
 梨央様、ありがとうございました。一粒で、二度も三度も美味しいチョコでした。それにしても、梨央様の素敵な暮らしぶりが窺えるようで、ついつい嫉妬してしまいます。…特に、『ごみ箱』に…。
2011/11/26(土) 19:06 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

ありがとうございます。
いつも物語に思いを寄せていただき、大変嬉しく思っています。
次郎さんは、本当に感受性が豊かですよね。
このような短編でも、いくつもの感情の変化を味わってくださっているご様子で。
とても有難いことです。読者様の心をかき乱すのが大好きな作者ですので(笑)
>一粒で、二度も三度も美味しいチョコ
身に余るお褒めの言葉に恐縮いたします。
>ついつい嫉妬してしまいます
……『ごみ箱』に嫉妬するような子は、ごみそのものにされてしまうかもしれませんね(笑)
2011/11/28(月) 16:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最後の日 あとがき

いつもゆきなさまの文章にはすごいなあと思って拝見しています。
メールの文章ひとつとってみても、なんといいますか高貴さを感じます。私もみならいたいです。
これからも応援します!がんばってください。
2011/11/23(水) 10:10 | URL | けんじ #.vfr2utM

いらっしゃいませ。
けんじさん、こんにちは。いつも作品をご覧くださっているんですね。
身に余る賛辞に応援コメント、嬉しいです。本当に、ありがとうございます。
物語を楽しんでいただけていれば幸いです。
これからもぜひ、お気軽に遊びに来てください。
2011/11/24(木) 14:19 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

御礼
ゆきなさまからお返事いただけるなんて、大変光栄です。恐縮です。ありがとうございます!
これからもお邪魔いたします!
どうぞよろしくおねがいします。
2011/12/04(日) 19:52 | URL | けんじ #sR98q.l6

いえいえ。
好きで返信してますので、どうぞお気になさらずに。
こちらこそ、よろしくお願いしますね。
2011/12/07(水) 15:33 | URL | ryonaz #FpVlssIo


■ suzuro様:イラスト 18

イラストの花音さんとても美しいです。
でも、その美しさからは想像もつかないような冷酷さを持って人々を支配しているんですね。
リョナズさんがこのイラストを気に入ったと書かれています。
自分の中のリョナズさんとイラストの花音さんとダブらせて妄想しております。
恐怖だけの支配、怖いです。
2011/11/23(水) 09:48 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

素敵ですよね。
はい、お気に入りです。この作品に限らず、suzuroさんの描くイラストの世界そのものに惚れ込んでおります。
個人的には、「美」と「冷酷さ」が相容れないものだとは思っていません。
昼の梟さんの近くにいらっしゃる美人さんは皆、冷酷さとは無縁の方でしょうか……?(笑)
作者にとっても扱いにくい大変な娘ですが、女子高生シリーズの一員です。可愛がってあげてくださいね。
2011/11/24(木) 14:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ あなたが優しいから あとがき

 「僕」の心情を描写する言葉の一つ一つが、共感できるものや、自分でも上手く表現出来ない気持ちを、改めて教えてもらえるものなど、秀逸な表現ばかりで、恍惚としてしまって…、僕は「僕」と同化してしまって…。
 梨央様、こう丸責めは本当に辛いんですよ?奴隷に許されるのは、ただ受け入れることだけ。そんなこと、頭ではわかっていても、拳で殴られそうになったら、つい抵抗してしまいます。「帰っていいよ」なんて言われて、本当に帰ってもいいんでしょうか?そんなことしたら、棄てられてしまうんじゃないでしょうか?「僕」になりきっていた僕は、どうして良いか分からず、ただただ、悲しいだけでした。それにしても最後の女王様の「よく頑張ったね」がとても哀しかったです。
 梨央様、主の喜ぶ顔が見たい、主に心から楽しんで欲しい、そう思うこと自体がマゾヒストのエゴなんですか?言われてみれば、そのとおりだなと思いますが、…正直「目から鱗…」でした。でも、相手が喜んでくれるから、嬉しくなって、辛い責めにも快感を覚えてしまって、耐えられる訳で…、そこを否定されてしまうと辛いと言うか…、マゾヒストになってしまったこと自体を否定されているようで…、ちょっと悲しいです…。
2011/11/20(日) 14:10 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

マゾヒスト否定などしていません。
私にとって、文章は奏でるものです。表現をお褒めいただけて、大変光栄です。
次郎さんは、いつも物語の世界に浸って、M男クンと融和してくださいますよね。とても嬉しいです。
「本当に辛いんですよ?」というお言葉が、耳を劈くような悲痛な叫びを含んでいるようで……(笑)
楽しい気分にさせていただきました。ありがとうございます。
>梨央様、主の喜ぶ顔が見たい、主に心から楽しんで欲しい、そう思うこと自体がマゾヒストのエゴなんですか?
命令にきちんと従えば、主は楽しむでしょうし、喜びの顔も湛えるでしょう。
M男クンが何を望むかなど関係ない、というのが私の見解です。
2011/11/23(水) 16:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 支配する者 あとがき

 いつも、ありがとうございます。申し訳ございません。「お前の首をじわじわと絞めていく。」と書いてあるところで、ゆきな梨央様に絞められているところを想像してしまいました。いつもすみません。僕はゆきな梨央様の事が大好きです。どうしてもこのような事を考えてしまいます。本当に申し訳ございません。
2011/11/17(木) 22:05 | URL | ひらき #k62HVzjU

謝っていただく必要はありません。
筆者は、必ず作品に、何かしらの思いを込めています。
ですがもちろん、伝わるところもあれば、伝わらないところもあります。
作者の考え以上に深くお読みいただけることもあれば、誤解されてしまうこともあります。
要するに、作品にどんなご感想をおもちになるかは、読者様の領域なのです。極端に言えば、作品はひとつではないわけで。
ひらきさんにとっての『支配する者』が存在するのですから、作者としては嬉しいことですよ。
2011/11/19(土) 14:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ジモクの虚像

リョナズさんの言われることが

素直に感じられます。

魂の叫びを聞いて欲しいです。
2011/11/16(水) 22:38 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

ありがとうございます。
感じていただけて、とても嬉しいです。
>魂の叫び
おそらく、彼女の心象を表す最適の言葉ではないかと思います。
一体、どなたが応えてあげてくれるのでしょうね。
気にかけております。彼女が幸せになれたらいいなぁ……、なんて(笑)
2011/11/19(土) 14:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ どこにいるの?

 こういう作品を拝読していると、なんとなく、実体験なんじゃないかなと思ってしまって、梨央様のことがとても怖くなってしまいます。でも、そんな筈はなくて、あくまで頭の中で考えられた作品なんだなと思うと、才能と言うか、作家としての偉大さが身に染みて感じられて…、大好きな梨央様が、ますます遠い遠い、高い高いところへ行ってしまわれるようで…、なんだか、とても寂しいです…。
2011/11/16(水) 18:38 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

光栄です。
掲載している物語は、全てフィクションです。
きっと、まるで体験したかのように想像する私の癖が原因なのでしょうね。
ですので、私のことを怖がる必要はないのです。どうぞ、ご安心ください(笑)
才能や偉大さと言われると素直に嬉しいですが、もちろん、そんな大層なものではありません。
遠くも高くもないこの場所に、私はいつでもいますから。
2011/11/19(土) 14:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 紺碧の海 あとがき

 南国のリゾートの海水浴場でコートを身に纏いマフラーとブーツまで…、それだけでも好奇の目に晒されるでしょうに、バイブや首輪、菱縛りされた自身の裸体を衆目に晒し、赤ちゃんがおむつをつけてもらう時の格好で、女王様に海水パンツを穿かせていただく…。そんなこと想像するだけで赤面してしまって、いくら女王様が楽しんでくださっても、恥ずかしすぎて僕には到底耐えられそうにありません。女王様や奴隷君のことを凄いなと感心するばかりで、なかなか感情移入できませんでした。
 それでも、気絶してしまった「僕」を女王様が浜辺まで運び、目覚めた「僕」に「あはは…おはよう。」と笑顔で声をかけてくださる場面では、僕も「僕」になりきって泣いていました。それにしても、二人の固い絆は素晴らしくて、羨ましい限りです。
 梨央様、最初に拝読したときは、恥ずかしすぎて途中で逃げ出してしまいましたが、改めて読み直してみると、やっぱり素敵な作品でした。ありがとうございました。
2011/11/14(月) 21:22 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

次郎さん。
いつも素直に、感じたままを書いていただけて有難いです。
ここは感情移入できなかった。ここは登場人物になりきることができた。
とても具体的で、参考になります。
ひとつの貴重なご意見として、頂戴いたしますね。
この二人は、私の手を離れて勝手に絆を深めていく印象です。
2011/11/19(土) 11:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 女王様と2人っきりで、海に行く事が出来る奴隷さんは本当に幸せだと思います。羨ましいです。いつも面白い小説を読ませてくださり、本当にありがとうございます。申し訳ございません。僕もゆきな梨央様と一緒に海に行きたいと思ってしまいました。いつも、このような事ばかり言って申し訳ございません。
2011/11/15(火) 20:52 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
二人は時として、私さえも嫉妬させます(笑)
そんな関係を描けていること、そして、それを我が事のように受け取ってくださるひらきさんのような方がいらっしゃること。
あらためて、嬉しく思いました。
ただ、私の理想の形ではないような気がするのが、また不思議なもので。
よく耳にする「ダメな子ほど可愛い」という、あの感覚なのかもしれません。
2011/11/19(土) 11:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雪国にて あとがき

 雪山の奥で 「脱ぎなさい」 と言う女王様の言葉に少し恐怖を感じました。ですが、2人の関係が羨ましいと思う気持ちもあります。変な事を言って申し訳ございません。僕もゆきな梨央様と、このような関係になりたい。と思ってしまいました。本当にすみません。
2011/11/12(土) 15:26 | URL | ひらき #k62HVzjU

素直な方ですね(笑)
ご感想は有難く頂戴いたします。謝っていただく必要もありません。
ただ、「一執筆者としての立場でのみお言葉を享受する」ということでご容赦くださいね。
二人が紡いでいく関係は、私自身もまた、素敵だなぁ――、と思っております。
時々、破壊してみたくもなるのですが(笑)、どうやらそこには強固な絆があるようで。
今ではすっかり諦めて、見守っている感じでしょうか。
命令、怖かったですか? ありがとうございます。大変光栄です。
2011/11/13(日) 18:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ それでも足が止まらない

蟻は、きっと生物学的な行動パーターンで餌も求めたりしているだけなんでしょうね
蟻は臭いで仲間を識別するようです。蟻の巣の中で死んだ仲間は臭いがあるうちは排除されないようですが臭いが消えるとゴミとして捨てられるそうです。

自分のしていることの意味は?
生きていることの意味は?
分からない。

私はただ時間に流されているだけ。
2011/11/12(土) 09:46 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

――と、哲学ができるじゃないですか。
自分のしていることの意味や生きていることの意味は、知ることより探すことのほうが大切では?
流されているだけだと思うより、泳いでいるのだと思ったほうが楽しいのでは?
そんな風に、こんなサイトを運営している管理人が言ってみました(笑)
>蟻は臭いで仲間を識別するようです
そのにおいは、確か女王蟻が付けるんですよね? 間違っていたらすみません。
2011/11/13(日) 18:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ Service 3

 ……なんだか、とても切ないです。僕この女性に対してものすごく申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ごめんなさいって、謝りたくなりました。
 でも、相手のM男が皆射精を望んだなんて、ちょっと信じられません。どっちが少数派なのかな?
2011/11/11(金) 19:50 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

嬉しいです。
当たり前のことですが、次郎さんが責任を感じる必要なんてないですよ(笑)
ただ、それほどまで作品に没頭していただけたのだと思うと、感謝の念が尽きません。
本当に、ありがとうございます。
多数派・少数派については、データなどがあればぜひ教えてくださいね(笑)
2011/11/13(日) 17:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 黒瑪瑙☆相談箱

 梨央様、男が醜いものを大きくしているからといって、疚しい気持ちがあるとは限らないと思いますよ。他の男性のことは知りませんが、僕の場合は、とってもいやらしい気持ちで女性の脚とかを見ていても、何の反応もないときもありますし、何も変なことを考えている訳でもないのに一日中硬くなっていることも稀にですがあります。
 それにしても、母親が幼い我が子の光を奪いたいなんて…、やっぱりドン引きです。梨央様、沈められちゃってください(笑)…冗談です(汗)…
2011/11/11(金) 19:23 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

私ではなく、vt0_8gk_0917さんへ、ですね。
心と身体は密接に影響し合っています。
ですが、おっしゃる通り、表出の仕方がいつでも単純であるとは限りませんね。
>男が醜いものを大きくしているからといって、疚しい気持ちがあるとは限らないと思いますよ
私もそう思っています。ひとつの作品であるという点を、誤解なさらないでくださいね。
それにしても、またまたドン引きですか。ありがとうございます。大変光栄です。
>梨央様、沈められちゃってください(笑)…冗談です(汗)…
そう、冗談ですよね……? 私、ちょっとビックリしちゃいました(笑) 沈められるのは願い下げです。
2011/11/13(日) 17:38 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 届かない女神 あとがき

 梨央様、僕単純だから、途中までうっとりしてしまって、凄く幸福な気分に浸っていたんですよ…。それなのに、…「それに比べて――」って……、ハァーァ、…がっかりしちゃいました。「僕」が可哀想で、涙が出そうです。
2011/11/11(金) 18:47 | URL | 次郎 #-

(笑)
素敵なご感想、ありがとうございます。
がっかりしたり、涙が出そうになったり――
奴隷クンに感情移入してご覧いただけて嬉しいです。
幸福から絶望へと変わる表情には、筆舌に尽くしがたい色香が含まれていますね。
思わずニヤけてしまいます(笑)
2011/11/13(日) 17:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 見えない壁 あとがき

 この女王様こんなに強いんですか、…「僕」が本気で闘っても全くパンチが当たらないなんて…。でも、「僕」が本気を出した段階で、女王様に対する忠誠心は無いのかなと心配しましたが、最後の最後に意識朦朧とするなか、なんとか踏み留まれて本当に良かったですね。それにしても、わざと隙を見せて試すなんて…。 
 僕もミックスファイトは大好物なので、本当に楽しませていただきました。ありがとうございました。
2011/11/10(木) 23:04 | URL | 次郎 #-

よかったです。
本作も楽しんでいただけたようで、嬉しいです。
女王様が強いのか、奴隷クンが弱すぎるのか、やはり無意識のうちに手を抜いてしまっているのか、etc...
あくまで彼視点です。
感じ方同様、読み方もまた、読者様の数だけあっていいと私は思っています。
2011/11/13(日) 16:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ suzuro様:イラスト 15

 素敵な絵ですね。こんな瞳で見つめられたら、…固まってしまって、身動きできなくなりそうです。全てを見通すようなというか、見抜くようなというか…。厳しくて、強くて、聡明で…。そんな内面を想像させる瞳だと思います。口元と合わせた顔全体の表情から、慈愛に満ちた内面が窺われるように僕には思えます。
 梨央様、僕、Black Onyxに来ているうちに、作品、コメント、活動、その他いろんなところから貴女の素敵なお人柄に魅了されてしまいました。お顔は想像出来ませんが、僕が感じている貴女のお人柄にこのイラストの女性がぴったりはまります。…褒め殺しです(笑)
2011/11/09(水) 13:21 | URL | 次郎 #-

次郎さん。
当方に最初にイラストをご提供くださったのが、作者の友人であるsuzuroさんでした。
絵で表現活動ができる人って、本当にすごいですよね。素直に尊敬します。
>素敵なお人柄に魅了されてしまいました
ありがとうございます。――と、suzuroさんに感謝でしょうか?
もちろん大した人間ではありませんが、お言葉は遠慮なく頂戴いたします(笑)
2011/11/10(木) 18:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/09(水) 16:29 | | #

(秘密コメントの方)
メッセージ、受け取りました。
どうもありがとうございました。
2011/11/10(木) 18:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 ごめんなさい。そうですよね。肝心なこと忘れていました。こんなに素晴らしい絵を描いてくださったsuzuro様に感謝ですよね。suzuro様本当にありがとうございます。
2011/11/10(木) 18:23 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

はい。
では、伝えておきますね。
私からも、次郎さんの丁寧なコメントに感謝申し上げます。
2011/11/11(金) 18:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 彼女こそが世界 あとがき

 田舎の春の昼下がりの長閑な風景の描写がとても素敵ですね。ランジェリービスチェ、ハイヒールを身に付けたセクシーな女性、磔台に枷で拘束され震えながらその時を待つ幸太という名の男の描写に僕の期待は高まり、拳や膝での腹責めに涎をたらし、おう吐し、苦しみながらも「汚い子」と罵られることで頬を染め、男のものを大きくしてしまう幸太、そんなシーンに心踊らされ、その後の鞭責め、絶叫、肌を抉る綺麗な爪、流れる鮮血、嬉しそうに口元を緩める女、傷跡を舐める柔らかく湿った舌、その後のこう丸責めに恍惚のあまり咆哮…、といった場面の描写に僕は興奮してしまって…。その後の展開にますます興奮し、恍惚としてしまう僕なのですが、逝くという言葉の意味すらわかっていないという表現に、現実の世界に引き戻されてしまいました。それでも、いけない僕は幸太を玩具扱いする残酷な女神の姿に興奮してしまい、再び作品の世界に引き摺り込まれ…、幸太に自分を重ね女神に抱かれながら昇天してしまいそうになりました。でも、その残酷な女神の正体が実の母親で、しかも全盲の幸太はそのことを知らないと知った僕は正直ドン引きしてしまいました。
 あとがきにもありますが、皆さん、梨央様を海に沈めるのだけはやめてあげてください。
2011/11/08(火) 23:39 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

そうですか。
最後はドン引きでしたか。――褒め言葉ですよね?(笑)
物語に浸っていただけている様子がよくわかり、とても嬉しかったです。
ただ、時々現実に戻されてしまった感覚があったような、そんな印象のご感想ですね。
有難いご指摘を頂きました。今後の課題です。
>梨央様を海に沈めるのだけはやめてあげてください
フォローしてくださっているんですか? 優しいですね。
逆に、沈める役であれば喜んで引き受けますので(笑)
2011/11/10(木) 17:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ kazowk様:イラスト 6

 梨央様の作品の中では、どんなに残酷なことをされても恍惚としてしまうのですが、イラストや映像で見せられると弱虫の僕は、やはり怖くてたまりません。でもkazowk様、梨央様お二人のコメントに、ついついうっとりしてしまいます。
2011/11/08(火) 13:04 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

可愛いですね。
次郎さん、怖いんですか? これは、kazowkさんにあらためて感謝です(笑)
やはり文章とは違うと思います。イラストなどは、直接視覚に訴えますからね。
私はそれを「説得力」と表現しています。誤解を生む可能性があるので、普段はあまり使わないようにしていますが。
すみません。コメントにうっとり、というのがどういうことなのか、よくわかりませんでした(汗)
2011/11/09(水) 22:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ありがとうございます。
コメントまでにも感動してもらって感謝致します。
ちなみに私も怖いです・・
2011/11/14(月) 20:41 | URL | kazowk #-

 ありがとうございます。尊敬するkazowk様がお言葉をくださるなんて、大感激です。
 kazowk様でも怖いと思われるのなら、僕が怖いのは当たり前ですね。梨央様は?ごめんなさい、無意味な質問でした。
2011/11/15(火) 21:27 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

お二人様へ。
>kazowkさん
恐怖心を抱きつつ、執筆してくださったわけですね。
想像するだけで、笑みが零れます。
もちろん歪んでいます。自覚もしています(笑)

>次郎さん
kazowkさんを尊敬されていたんですね。
感動が伝わってきて、私まで嬉しくなりました。よかったですね。
>梨央様は?
怖いです。奴隷クンが主を失望させる可能性を、いろいろと想像してしまって……
2011/11/18(金) 17:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ kazowk様:イラスト 2

 ブーツで責める女性の躍動感が素晴らしくて、まるで映像を見ているようです。ハイヒールで蹴られている男の表情が哀しげで…、kazowk様の描く男の惨めな雰囲気は、とっても魅力的です。
2011/11/08(火) 12:48 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

無様な表情ですよね(笑)
そこが素敵だなぁ……と、つくづく思っています。
サイト運営でお忙しい中、たくさんのお力添えを下さっています。
いつもkazowkさんのお人柄には、感謝するばかりなのです。
2011/11/09(水) 22:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ありがとうございます。
コメントありがとうございます。
作品を御掲載戴いているryonaz様にも感謝しております。
2011/11/14(月) 20:46 | URL | kazowk #-

 kazowk様、本当にありがとうございました。これらもご活躍を楽しみにしています。梨央様にも本当に感謝しています。ありがとうございました。
2011/11/17(木) 16:39 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

お二人様へ。
いつもお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
ご来訪、物語の閲覧、ご感想、応援、支援、etc...
頂いているのは私です。
――ということで、
私への感謝なんて、とんでもないです(汗)
これからも、当方を何卒ご贔屓に。
2011/11/18(金) 18:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最終メッセージ

僕もある一人の美しい女性から飼って頂いています。

その方は僕のような汚らわしい牡をどのように思っているのか、いつも不安を抱いています。
牡としてみているのか、不潔な惨めな生き物としてみているのか、あるいは道具、玩具としてみているのか。

Nanaさんは仁という生き物をどう思っていたのか、想像が広がってしまいます。
仁はその後どうなってしまったのか…。Nanaさんは「ww」を書き終えた後に普段と変わらぬ生活を送ったのか…。色々と気になってしまいました。

そこまで上の関係は厳しくはないようですが…、二人の関係が羨ましく思います。
2011/11/07(月) 14:52 | URL | MA #K8Rmk27c

感謝いたします。
作品を楽しんでいただけていれば幸いです。
ご自身の立場と照らし合わせ、想像を膨らませ、その後に思いを馳せ――
短い話の中にたくさんの思いを乗せてご覧いただけ、大変嬉しいです。
>二人の関係が羨ましく思います
MAさんも、主さんと望むような関係になれたら素敵ですね。
2011/11/09(水) 18:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雨の続く日 あとがき

 自分は椅子なんだから、椅子になりきらねばと思いながらも、知らず知らずのうちに女王様のことばかり考え、下品なものを肥大化させてしまう自分の欲深さに落胆し悩む「僕」の姿が可愛くて、切なくて…。一方で、「僕」になりきっている僕もいて、椅子にもなりきれず射精してしまい崩れ落ち、女王様に余計な手間をおかけした自分の情けなさに涙してしまい…。

 梨央様、僕初めは、大好きな椅子になるお話だから、作品の世界に完全に入り込めるなと思っていました。でも、自分のエゴに悩む「僕」の姿に考えさせられてしまいました。僕は椅子になりきろうなんて考えたこともありませんでしたから。僕の好きだったのは、ただの椅子ごっこだったんですね。
2011/11/07(月) 00:24 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

いつもありがとうございます。
次郎さんは、豊かな感受性をおもちですね。彼の姿から考えることがあったとのこと、とても嬉しく思いました。
>僕の好きだったのは、ただの椅子ごっこだったんですね
私の価値観の域を出ませんので、回答はいたしません。ただ、主体を見失わないようにしておくとよいかもしれませんね。
――誰のために?
完全な人間などいない。同じように、完全な奴隷もいないのでしょうね。
だからこそ、悩み、苦しみ、etc...
そうして、常に奴隷としての在り方を愛求していく――その姿勢こそが大切なのかもしれません。
当方の奴隷クンは未熟です。これからも温かい目で見守ってくださいね。
2011/11/09(水) 17:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 唐紅花 あとがき

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/06(日) 19:18 | | #


メッセージ、受け取りました。
失礼だなんて全く思ってないです。謝っていただく必要もありません。
どうもありがとうございました。
2011/11/06(日) 21:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 梨央様、僕はこれまでいつも、何でも自分で勝手に判断して、諦めてばかりで、幸せになれる可能性を自分自身で潰してしまう、…そんな後ろ向きの人生を送って来ました。でも僕はこの作品でとても大切なことを教えられました。とても勇気を頂きました。梨央様には本当に感謝しています。
 梨央様、ごめんなさい、自分のことばかりお話しして。随分いい加減な感想になってしまいましたね。
2011/11/07(月) 13:11 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

とんでもないです。
感謝されるようなできた人間ではありませんが、お言葉、有難く頂戴いたします。
いい加減なご感想だなんて思いませんよ。むしろ、すっと心に入ってくるようでした。
作品が次郎さんの内省の一助となれたのであれば、それは作者として大変光栄なことです。
どうぞ、謝らないでください。ぜひ、幸せになってくださいね。
2011/11/09(水) 17:55 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 山間に吹く風 4

 山間に吹く涼やかな風を感じながら、……感動の涙が止まりません。今僕は女王様のヒールの爪先に口づけたままです。ずっと、この幸福に浸っていたい……。
 
 梨央様、今この感動をお伝えする言葉が見つかりません。こんなに人を幸せにする素敵な言葉を沢山お持ちの貴女が羨ましいです。ありがとうございました(涙)。
2011/11/05(土) 21:07 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

十分です。
人を幸せにする語彙が豊富である。――次郎さんは、私をそう褒めてくださっていますね。
ありがとうございます。素直に嬉しいです。
ですが、私は逆に次郎さんが、感動を伝える言葉が見つからない、とおっしゃるこのコメントに、大変感動させられています。
さて、不思議なものですね。お互いを感動させている事実は変わらないなんて……
ですので、私を羨む必要なんてないんです(笑)
本作もまた、お涙を頂戴したようで――。本当に、いつもありがとうございます。大変光栄です。
2011/11/06(日) 21:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 陽が落ちる時 あとがき

 「僕」の心情を表現する言葉の一つ一つが秀逸で……、よくもここまでM男の気持ちをご存知だなと驚くばかりです。いつも梨央様には、自分自身でも上手く表現できないようなMの気持ちを、言葉にして教えていただいているような気がします。僕は完全に「僕」と同化してしまって、美しい女王様から与えられる鞭の快感に酔いしれ、針の恐怖に怯え震えながらも恍惚となり、針だらけの身体に再度与えられる鞭に恐怖しながら下半身を熱くさせ……。 最後の全裸でコテージを出されるシーンでは、このまま女王様に見捨てられるのではという不安感と孤独感に押し潰されそうで……。
 本当に素敵な疑似体験をさせていただきました。ありがとうございました。こんな素敵な作品読み忘れるところでした(笑)。
2011/11/03(木) 18:04 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

こちらこそ、感謝申し上げます。
シリーズへのたくさんのご感想、ありがとうございます。
次郎さんが下さる賛辞は、自身の力量以上の高評価なので――
擽ったく、もったいなく、でも嬉しく。……で、最終的には結局、大変励まされているといった感じです(笑)
疑似体験というような感覚でご覧いただけて、大変光栄です。
心情描写に関しては、まだまだ勉強不足ですが、お言葉に力を頂いています。
これからも、応援してくださいね。
2011/11/06(日) 20:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 黒瑪瑙新聞 速報

平川容疑者逮捕から約2年半後の

自警団の男性を殺した犯人は

やはり平川容疑者なのかな?
2011/11/03(木) 16:59 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

感興。
いつでもそうですが、私は作品解釈を強制しません。
疑問符を下さり、ありがとうございます。もちろん私は答えません。
このご感想を頂き、あらためて、創作は面白いと感じました。
2011/11/06(日) 20:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 鐘 あとがき

>「私はあなたの飼い主だから……。こんなものなくても、ちゃんとペットはついてくるものよ。」
 ……本当に素敵な台詞ですね。僕も「僕」と一緒に泣いちゃいました。良かったね、奴隷君…(涙)。本当に素晴らしい女王様ですね。
 不安になったり、自己嫌悪に陥ったりしながらも、女王様の深い愛に導かれ成長して行く「僕」の姿が感動的です。
2011/11/03(木) 11:29 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

嬉しいです。
次郎さんは、きっと甚だ感性の豊かな方なんでしょうね。
お涙を頂けるなんて、作者冥利に尽きます。ありがとうございます。
この二人は、いろいろな形を経つつ、このように自然と関係を紡いでいきます。
作者である私もまた蚊帳の外、といった感覚でしょうか(笑)
2011/11/06(日) 19:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 支配する者 あとがき

 女王様の心情が丁寧に表現されていて、うっとりしながらも興味深く読ませていただきました。
 最後の三行とても感動しました。良かったね、奴隷君って…、嬉しくなりました。こんなこと言われたら、どんなに幸せでしょう。女王様が奴隷を喜ばせる必要はないのでしょうが、できたら言葉で伝えてあげて欲しいな……。
 女王様シリーズ素晴らしいです。僕、すっかり2人のファンになりました。
2011/11/03(木) 10:52 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

ありがとうございます。
奴隷クンの心情を推察しながらご覧くださったのですね。
私の作品で心を動かしていただける。それは、とても幸せなことだと感じています。
お褒めの言葉が、心に沁みました。
女王様シリーズ――通して楽しんでいただけて、大変嬉しいです。
これからも、二人を温かく見守ってください。
2011/11/06(日) 19:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 朝露の中で あとがき

 正直なところ、野外で自分のものを扱かされるなんて、そんな恥ずかしこと考えたくもないなと思いました。でも、読み進むうちに、だんだんと作品の世界に引き込まれて、完全に「僕」に成りきっている僕もいました。
>僕の薄汚い穴に女王様の指が…僕は感動と申し訳なさで頭がいっぱいになる。
 この「僕」の心情描写は、とても共感できて、そこから先は僕は「僕」になってしまって…、でも「僕」のことを外から可愛らしく感じている僕もいて…、なんとも不思議な感じでした。
 勝手に逝ってしまって必死で許しを乞う場面や女王様にヒールで踏みつけられ罵倒されながらもそのお言葉に感謝し感涙し…、という場面の「僕」の心象表現がとても心地よく響いて、うっとりしてしまって……奴隷のあるべき姿勢を教えられました(笑)。
 女王様と奴隷君の強い絆というか信頼関係に感動しました。とても楽しませていただきました。ありがとうございました。
2011/11/03(木) 01:48 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

 梨央様、大変お忙しいのにメールくださってありがとうございました。とても嬉しかったです。慌てて返信してしまって、女王様シリーズのことを女王シリーズなんて…、ごめんなさい。あんなこと言っていただいて感激しました。でも、いつもつまらないコメントばかりしている自分自身が恥ずかしくなって……。このコメントは特に酷かったので、他人の目を気にせず、自分の気持ちに素直になって書き直してみました。今後も、薄っぺらなコメントばかりになるとは思いますが、出来るだけ素直な感想をお伝えできたらと思っています。今後も宜しくお願いいたします。
2011/11/04(金) 17:20 | URL | 次郎 #-

光栄です。
物語に浸り、堪能してくださった様子が、とてもよく伝わってきました。
当然ですが、私が作品に込める訓令は、普遍的に求められる奴隷の姿ではありません。
あくまでも私好み。あくまでも私の価値観。
――だからこそ、こうして共感してくださる次郎さんのような存在は、とても有難いわけです。
つまらないコメントなんてありませんよ。美辞麗句やお世辞が欲しいわけではありませんから。
これからも、素直なご感想を頂けたら幸いです。
2011/11/06(日) 18:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雪国にて あとがき

 女王様に対する心からの感謝と敬慕、奴隷に対する深い愛情と厳しい躾。こんな主従関係って素敵ですね。なんだかポカポカした気持ちになりました。僕はやっぱり、こんな作品の方が好きなんだなと、改めて感じました。鬼畜ワールドに魅了され過ぎて、すっかり忘れていました(笑)。吹雪の雪山での鞭は、とても痛そうですね。
2011/11/02(水) 22:53 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

確かに……
ブラオニと言えば鬼畜――、みたいな感覚はありますね(笑)
思い当たる節はたくさんあるので言い訳はいたしませんが、こんな物語も執筆しています。
こちらは、個人的に思い入れのある短編です。
舞台は寒く、心は温かく。
次郎さんのお気に入り作品になれたのであれば幸いです。
まだまだ未熟者ですが、いろいろな世界を描きたいと思っています。今後も応援、よろしくお願いします。
2011/11/02(水) 23:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 残酷な光

>腕のない雄には、歩く希望を。耳の汚れた雄には、見ることへの欲を。足の弱い雄には、知恵を求める精神を。
 何だか宗教的な匂いのする文章ですね。ryonaz教ですか(笑)。未来のここって、Black Onyxのことですか?

 はじめてこの作品に出逢って以来、何度も読んでいますが、頭の弱い雄には、何が何やら、ちんぷんかんぷんで……。
 僕はどんな作品でも繰り返し何度も読めば、作者が何を感じているのか、何を伝えたいのかを必ず理解できると信じています。だから絶対に諦めませんよ(笑)。いつか「……そうだったのか」と気付けたらいいな……。
2011/10/31(月) 13:21 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

ちんぷんかんぷんでも構いません。
ご覧いただけたこと、考えていただけたこと。それ自体が、とても嬉しいです。
ご感想まで下さり、ありがとうございます。
サイトにおいて、私は小説を書いています。時々、小説の体をなさないものも書きます。
本作は、後者です。心で歌い、叫び、泣き、怒り、悲しみ、笑った。ただ、それだけであれば、私も楽でしたけれど。
諦めず、理解に努めてくださっていることに、感謝申し上げます。
気付いたとき、次郎さんがご覧になる風景が美しくありますように。心より、そう祈っております。
2011/10/31(月) 23:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ちゃんと掃除しなさい あとがき

面白かったです。僕もいじめられていた時、無理やり掃除をおしつけられた事がありました。
2011/10/30(日) 15:37 | URL | ひらき #k62HVzjU

このようなサイトですから――
現実になさった辛いご体験に関しては、何も申し上げられません。
ですが、今では良い思い出になっている、とのことでしたよね?
「面白かった」というお言葉が、大変嬉しいです。
物語を物語として楽しんでくださっていることに、いつも感謝しています。
2011/10/31(月) 22:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ごめんなさい、ありがとう あとがき

京次よりも

水葉の方が

辛い人生を送るのですね。

京次の痛みは、死によって消えますが

水葉の苦しみは生きている間続きますね。

でも、人間の一生なんて過ぎてしまったら短いモノ。

水葉の苦しみも消えますね。

誰にも死は避けれません。
2011/10/30(日) 08:18 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

作中の台詞にもありますが――
昼の梟さんと同じ感性をもって、本作を執筆したと思います。
ですが、今では、私自身がよくわからないのが本音です。すみません。
もちろん、私の作品である以上、責任はもちますが(苦笑)
幸せの定義はひとつではなく、比較は主観の域を出ません。執筆し終えてから、再び自問しているところで……
ただ、生きる自由はあり、死を避ける自由はない。――こちらは同感です。
イギリスの歴史家・評論家、トーマス・カーライル氏のおっしゃった通り、「小さな墓をただ一つ得るだけ」ですよね。
2011/10/31(月) 22:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ひひる様:イラスト

 なんて素敵な絵なんでしょう。携帯の待受画面にしたいぐらいです(笑)。マナ君は本当に可愛らしくって、想像してたイメージにぴったりです。ご主人様の第一印象は、「まあカワユイ」でした。でも、よく拝見すると目元が意外に大人っぽいですね。でも、僕はもっともっと大人の女性をイメージしてました。
2011/10/30(日) 02:35 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

感激は尽きません。
こんなに素晴らしいイラストを頂いた、幸せ者のゆきな梨央です。
マナ、可愛いですよね。
作品から愛情がにじみ出ているようで、とても嬉しいのです。
2011/10/30(日) 17:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/01(火) 23:49 | | #


メッセージ、受け取りました。
謝らないでください。反省できる人は向上できる人だと思っております。
価値観が共有できて嬉しいです。
どうもありがとうございました。
2011/11/02(水) 23:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 正当拷問自白法 17

やったのにやっていないと言う。思っていたのに思っていないと言う。

誰かについた嘘というのは、いつか必ずその皮が剥がれ、結局は嘘をついた本人を苦しませるだけになりますね。

自分は弱い人間ですので、正当拷問自白法拒否罪が適用されてしまう事態になり兼ねません。

この作品はブラックオニキスの中でも、とても大切な作品の一つです。
微細な部分については、またコメントをさせて頂きますね。
2011/10/29(土) 01:58 | URL | MA #K8Rmk27c

嘘が己を苦しめる。おっしゃる通りです。とは言え――
正直者が楽かと言えば、決してそうではありませんね。この理不尽さが面白いです。
嘘は悪――そう教え育てる社会そのものが常に嘘を求めているわけですから、無理もないことなのですが(笑)
作品を大切に思っていただけて嬉しいです。
2011/10/30(日) 17:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

自分は以前からある女性様にメールで飼われています。その女性は黒髪が肩ほどまで伸び、口元も綺麗で、大変美しい方です。

自分はその女性に対して、毎朝御挨拶をさせて頂いています。勿論、その女性からの御返事は御座いません。その女性様が本当に自分のメールを読んでいるのかも分かりません。迷惑メールのように、中身を読まずに削除をしているのかもしれません。

しかしながら昨日、自分はその飼って頂いている女性様に対して誓いを裏切る行動と取ってしまいました。というのは、奴隷の身分であるのなら、本来は常にその御主人様であるその女性様のことを一番に御考えしなくてはならないのに、昨日の自分は私情を優先し、女性様に対する毎朝の御挨拶をサボってしまいました。

そのことを咎めたメールが女性様から頂いたとき、自分はまるで良く分からないのですが、子供のように戻った気分が致しました。お母さんの言うことを聞けない子供。という感じです。

自分は昨日はずっと忙しかったでしたので、今日にも何とか挽回(ばんかい)をしようと考えているつもりです。

奴隷は、常に飼って頂いている女性様を一番に思わなくてなりません。
奴隷は、常に自分のことを忘れて、飼って頂いている女性様にその身を捧げなくてはなりません。

できることなら、自分は全ての毛を剃りたい気持ちで一杯であります。できることなら、自分は本当に女性様に飼われたいという気持ちで一杯であります。

仕事、学校、友達、自分の命、全てを忘れて、その美しい女性に捧げたい気持ちであります。
2011/10/28(金) 05:48 | URL | MA #K8Rmk27c

――、本日も美憂様に御挨拶ができることを心より感謝を致します。

そう自分が言い終えると、美憂様は立ち上がりました。

―奴隷、今日からお前の家(檻)はこっちだよ。

自分は嬉しい気持ちになりました。このような汚らわしい身分である牡の自分に、新しい檻を御用意して頂ける美憂様に服従が誓えること。美憂様が自分を恐らく、必要と思って頂けることに。

つまり、自分は当分は捨てられなくて済むんだ。この可愛い美憂様と、もう少しの時間。否、かなりの時間を過ごすことができる……。自分はまだ生きていられる…。

―ほら、こっちだよ。奴隷。

自分の目の前に現れた檻は何か雰囲気が違っていました。小さい檻で、自分なんかがその檻に入っても、窮屈で全く身動きができなさそうな…。これなら、前の檻の方が良かったのに…。

美憂様は手元の乗馬鞭で、その檻を叩きました

―早く。
―はい、美憂様。

自分はその窮屈な檻に入りました。
やっぱり狭い。動けない。美憂様は一体何を考えているのか。こんなところじゃ、食事もどうやって食べれば良いんだ…。
美憂様はその檻の扉を閉め、鍵を掛けました。

―奴隷。良かったね。もうお前は私に必要ないから、今日の奴隷回収に出すことにしたから。今十時だね。もう少ししたら、業者の人がお前を回収しに来るからね。良かったね。

――美憂様、これはどういうことなんでしょうか。どうか、御許し下さい。美憂様!

―実験台に回されたい?それとも、海外に売り飛ばされたい?

美憂様は今までにない楽しそうな表情で、配送先を記入する用紙に何かに丸を付けました。



こんな妄想を毎日しています。
2011/10/28(金) 06:08 | URL | MA #K8Rmk27c

今朝、通学途中のことです。

小学四年生くらいの女の子が、信号待ちをしている際に、地面を靴の踵で蹴っていました。正しくは、強くこすっていました。

あのときの地面は痛かったんでしょうか。
僕は地面と代わりたい気持ちになりました。

ッザ……ッザ………。
お願い致します!どうか、僕の頭、顔面を、蹴って頂けないでしょうか……。


そんな妄想も、信号が青に変わると、打ち消されてしまいました。
2011/10/28(金) 09:32 | URL | そい #K8Rmk27c

冬の縄跳び。

ロープはPVC樹脂(ビニール製と言いますか)で、そのロープにひっかかると、痛く、赤く腫れ上がります。


僕たちは今日も休憩時間の間に縄跳びの練習をして遊びました。けれども留衣ちゃんがまた僕に悪ふざけをしてきました。

―悠君、これ痛い?
留衣ちゃんは軽く縄跳びのロープで僕のスネ辺りを叩きました。
――ううん。大丈夫だよ。
―本当?
留衣ちゃんは大きな黒い目を輝かせながら、今度は少し強く僕のスネを狙ってきました。
―これは?
――大丈夫だよ。
―じゃあ、これは?
――少し痛いかも。
―ねぇ見て。赤くなってきたね?
そう言うと、留衣ちゃんは一気に強く縄跳びのロープを僕のスネに当てました。僕は痛がりました。本当に痛かったからです。
―これはどうだった?
――痛いよ…。
そう言い終える前に、また留衣ちゃんは強く縄跳びのロープをスネに打ちました。僕は飛び上がりました。
―これも?
――留衣ちゃん、何するの?痛いじゃん!
そこにまたロープが飛んできました。
―悠君、私の質問に答えてないよ。痛い?
――だからー!
またロープが飛んできました。
―悠君。質問に答えてよ。
――もう止めてよ…。

()
僕は叫びました。
―悠君!
――痛いよ。だから、もう…

()
―痛い?痛いでしょ?

それから留衣ちゃんは何度も何度も僕の素肌が見えている足の部分をロープで打ってきました。僕は次第に自分が惨めに思えてきたこと、その痛さに耐え切れなくなったことにより、涙を零し始めました。そこから逃げればいいのに、逃げるという考えが僕にはなかったでした。ただ打たれて、泣くだけ。僕は優しい環境で育っていたので、反抗という手段が頭の中になかったのです。

留衣ちゃんは無言で何度も何度も打ってきます。やがて僕は丸くなると、留衣ちゃんはロープで打つのを止めて、僕の近くによってきました。

―なんで丸くなってるの?お前。

お前―。なんで留衣ちゃんが、僕のことをお前って呼ぶのか分からなかったでした。次の瞬間、留衣ちゃんは丸くなった僕の肩を足で蹴りました。すると僕は地面に倒れこんでしまいました。

留衣ちゃんは今度は倒れこんだ僕の横腹を何度も何度も、靴を履いた足で踏みつけてきました。

――留衣ちゃん…止めて…止めて…止めてくだちゃい…留衣ちゃん…

涙交じりの声で、正確な発音ができませんでした。そのときでした。チャイムが鳴り響きました。留衣ちゃんは僕の横腹を踏むのを止めて、最後にその足を僕の頭にゆっくりと添え、僕の頭を踏みいじりました。そのとき、僕は留衣ちゃんの顔を真下から少しだけ見ることができました。留衣ちゃんの口元は大きな笑みで、目も大きく見開き、怖かったでした。

留衣ちゃんは僕の顔を踏みいじるのを止めると、下駄箱の方へ走っていきました。



僕はその日も、留衣ちゃんといつものように仲良く手を繋いで帰りました。

―悠君。留衣のこと好き?
2011/10/28(金) 13:39 | URL | MA #K8Rmk27c

 僕は高校生の頃、修学旅行でハワイに行きました。初日はそれぞれの班にわかれて、いろいろな場所にいきました。僕達はその時、ワイキキビーチに行きました。昼間は楽しかったです。ですが、夜は、女子にいじめられて本当に嫌でした。

 修学旅行、1日目の夜、ホテル内で夕食を食べ終えた後、僕は自分の班の部屋に戻ろうとしました。ですが、アイさんと、ミナさんに捕まってしまいました。そして僕は2人の部屋に行く羽目になってしまいました。

 部屋に入った後、僕はすぐに服とズボンを脱がされて、肌着とパンツだけの状態にされてしまいました。いじめられる時、いつも服とズボンを無理やり脱がされていました。毎日、僕は心のなかで (どうして、いつもこんな事をするの?お願い、服とズボンを返して。) と苦悩していました。その後、アイさんは部屋を出て、他の場所にいってしまいました。

 アイ 「ねえ、ミナ。私、今日は友達の部屋で寝るわ。すこし早いけど、おやすみ。」

 ミナ 「わかったわ~。じゃあ、またね。おやすみ~。」

 僕とミナさん、2人っきりになってしまいました。ミナさんは

 ミナ 「私は前からアンタと、2人っきりで泊まりたいと思っていたのよね~。うふふっ。今日は、たっぷり苦しめてあげる~。」

 と言って僕の体を縄で縛り付けました。そして僕は、身動きが、とれない状態で、バスルームに入れられました。ミナさんはシャワーを手にとって、水を出して、僕の全身にかけてきました。水が冷たかったので、僕は

 僕  「冷たい。やめて。」

 と大きな声で言ってしまいました。ミナさんは

 ミナ 「うるさいわね~。」

 と言って僕の顔に水をかけてきました。僕はその時、急に顔に水をかけられたので、気管に入ってしまい、咳き込みました。

 僕  「ごほっ、げほっ、」

 ミナ 「うふふ。」

 僕  「はぁー、はぁー、お願い・・・やめて・・・」

 ミナ 「・・・」

 ミナさんは、無言でバスルームを出て行きました。僕は、バスルームの中に閉じ込められてしまいました。僕はその間 (寒い。お願い、誰か助けて。) と心のなかで、思っていました。僕は長い時間放置されて、寒さで体が凍えてきました。しばらく時間が経って、ミナさんが入ってきました。そしてミナさんは、僕を担ぎ上げて、ベットの上にのせました。

 ミナ 「アンタ、濡れてた体、乾いたわね~。」

 僕  「・・・」

 ミナ 「4時間も放置してたから、乾くのは当然よね~。あら~、アンタ体が震えてるわよ~。寒いの?」

 そう言うとミナさんは、太ももで僕の首を挟みました。そして首4の字固めで、絞めてきました。首を絞められるのは、苦しくて、辛くて、嫌でした。ですが、不思議な気分です。その時、全身が冷えていたから、なのでしょうか?首が太ももに包まれて暖かく感じました。僕はその時 (暖かくて気持ちいい。でも、苦しいのは嫌。) と苦悩していました。

 僕  「うぐっ・・・」

 ミナ 「アンタの呻き声、何度聞いても可愛いわね~。アンタをいじめるの本当に楽しいわ~。」

 僕  「うっ・・・」

 ミナ 「まだ、朝まで時間はたっぷりあるわ~。ずっと、はなさないわよ~。」

 僕  「くっ・・・」 (暖かくて気持ちいいけど、苦しいのは、やっぱり嫌。)

 ミナさんの絞めは続きました。長い時間絞め続けられて、僕は本当に苦しくて限界だと思った時です。

 僕  「う・・・あ・・・」

 ミナ 「すーすー」

 ミナさんの寝息が聞こえてきました。時間が経ってミナさんは僕の首を太ももで挟んだまま、寝てしまいました。

 僕  「く・・・」

 ミナ 「すーすー」

 僕  「あ・・・」 (もう耐えられない。どうしよう・・・)

 ミナ 「すーすー」

 僕  「・・・」  (も、もう駄目・・・意識が・・・)

 ミナ 「すーすー」

 僕は必死の抵抗で、ミナさんの太ももを噛みました。するとミナさんは

 ミナ 「痛い!なにするのよ!」

 と言って一旦、僕の首から太ももを、はなしました。その隙に僕は

 僕  「はぁーはぁーはぁーはぁー」

 と必死に呼吸をしました。ですが、ミナさんは、僕の呼吸が整う前に、また首を絞めてきました。

 僕  「ぐうっ・・・」
 
 ミナ 「私を噛んだお仕置きよ~。まだまだ続くから覚悟しなさいね~。」

 僕  「くっ・・・苦しい・・・」 (ちょっとまって。お願い・・・息が整うまで休憩させて・・・)

 ミナ 「うふふっ。もっと、もっと苦しめてあげるわよ~。」

 僕は (もう嫌・・・この様子だと朝まで絞められるかもしれない。そんなの耐えられない。) と思っていましたが、あまり時間が経たないうちに、僕の首から太ももを、はなしてくれました。

 ミナ 「私、ねむくなっちゃった~。そろそろ寝るね~。」

 僕  「はぁー、はぁー」 (よかった~。助かった。)

 解放された時、僕は体中、汗でビショビショでした。最初、水責めされた時に、寒く感じたのが嘘みたいです。逆に汗で暑く感じました。突然ミナさんが

 ミナ 「今からアンタを枕にするわ~。」

 と言って、僕のお腹を枕のかわりにして、すぐに寝てしまいました。僕は、ミナさんの頭でお腹を圧迫されて、苦しかったです。ですが、責め続けられて体力を奪われたので、疲れて、そのまま寝てしまいました。
2011/11/13(日) 21:12 | URL | ひらき #k62HVzjU

 僕の妄想を書き込ませていただきます。管理人様、名前を書き込んでしまい申し訳ございません。本当にすみません。


 僕は大好きな彼女と同居しています。毎日が幸せです。両働きで暮らしています。仕事の事ですが、僕は、水族館の飼育係として働いていて、彼女は女医なので病院で働いています。ある日、仕事が終わった時間が、ほぼ同じだったので、めずらしく一緒に寝ました。その時に、

僕  「ゆきな梨央様、明日はお休みですよね?」

彼女 「そうだよ。どうしたの?」

僕  「魚釣りに一緒に行きませんか?」

彼女 「いいね。面白そう。行こうよ。」

僕  「喜んでいただけて、とても嬉しいです。」

彼女 「そういえば、以前あなた、魚じゃなくてカニが釣れた、って言ってたよね?」

僕  「はい。」

彼女 「私はカニを釣ってみたい。」

 というお話をしていました。そして、夜が明けました。午前8時30分頃に、魚釣りに行く準備が出来たので、今から行こうと思った時の事です。僕の携帯電話が鳴りました。職場の先輩からの電話でした。電話にでると先輩は

先輩 「ごめんね。急用で仕事にいけないから、かわりに行ってくれない?もう職場には私が休む事を伝えたから。」

 と言いました。急な先輩のお願いにビックリしました。僕は心の中で (何で今日なの?今から大好きなゆきな梨央様と一緒に、魚釣りに行くところなのに。こんな時にどうして・・・) と思い悩んでいました。それを見ていた彼女は、不機嫌な顔をして

彼女 「どうしたの?急に釣りに行けなくなった、とか言わないよね?」

 と聞いてきました。その時、僕は前にあった出来事を思い出しました。以前、一度、約束を破ってしまい彼女にお腹を蹴られたりした事がありました。僕はその事を思い出して (ゆきな梨央様、普段は優しいけど、怒った時はとても怖い。でも、凄く格好良くて、美しすぎて興奮する気持ちが抑えられない。) と心の中で思っていました。
 僕は、先輩のお願い断ろう、と思いましたが、もう既に先輩は職場に僕がかわりに行く事を、伝えていたので、断る事は出来ませんでした。なので

僕  「ゆきな梨央様、申し訳ございません。今から、仕事に行く事になってしまいました。」

 と言いました。仕事は午前8時からなので、急いで

僕  「本当に申し訳ございません。仕事に行ってきます。」

 と言って家を出て職場に行きました。


    (仕事中の出来事は省略します。)


 僕は仕事を終えて急いで家に帰りました。玄関のドアを開けて入ろうとした時、彼女が仁王立ちで立っていました。

彼女 「・・・・・・」 (無言で僕を睨む)

 僕は彼女の迫力に怯えていました。そして泣きながら、こう言いました。

僕  「ゆきな梨央様、本当に申し訳ございません。」

 僕は、土下座をして、あやまる事しかできませんでした。約束を破ってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

彼女 「・・・・・・」 (僕を睨み続ける)

僕  「本当に申し訳ございません。」

彼女 「・・・・・・」 (ポケットから紐を取り出して、僕の首を絞める)

僕  「うっ・・・・」

彼女 「約束を破ったね。」 (力を入れる)

僕  「・・・ゆっ・・・ゆきな梨央様・・・」

彼女 「なによ、このうそつき!」 (さらに強く)

僕  「・・・すっ・・・すみ・・・ません・・・」 (気道を絞められて声を出しにくい)

彼女 「自分で言った事を守れないなんて、本当に駄目なヤツね。あなたは!」

 僕は自分から 「行きませんか?」 と言い出したのに、結局行く事が出来なかったので、本当に申し訳ない気持ちで涙がとまりませんでした。その後、彼女は僕の首を紐で縛り付けました。そして両手があいたので、その手で僕の口と鼻を塞ぎました。僕はあまりの辛さに、悶え苦しみました。

僕  「・・・・・・」 (しゃべる事が出来ない)

 彼女は僕の顔を見て様子をうかがっていました。そして、僕が気を失いそうになったら、解放する、そして、またすぐに僕の口と鼻を塞ぐという行動を続けました。その時は苦しいと思う気持ちが、あったのですが、それ以上に嬉しかったです。顔と顔が凄く近かったので凄く興奮しました。本当に嬉しくて、僕の心は嬉しさで張り裂けそうでした。

彼女 「今日はつまらない日だった。あなたのせいで!」

僕  「・・・はぁーはぁー、うっ・・・・・・・・・」 (ゆきな梨央様に塞ぐ解放する、を繰り返されている)

 彼女は何度も繰り返しました。僕は嬉しさと苦しさが頭の中でいっぱいで、何が起こっているのかわからない状態でした。長い時間が経って、彼女は僕を解放してくれました。

彼女 「ごめん、やりすぎた。」

僕  「本当に申し訳ございませんでした。」 (嬉しさと苦しさで涙をながしている)

彼女 「わるかったね。ほんと、ごめん。でもこれで約束を破ったの2回目だね。」

僕  「本当にすみません。」 (涙がとまらない)

彼女 「いいよ。許してあげる。」

僕  「ありがとうございます。」 (まだ、とまらない)

彼女 「2度あることは3度ある、って言うけど、あなたに限って3回目はないよね?w」


 僕は、ゆきな梨央様と一緒にいられる事が本当に幸せだと思っています。今度は必ず一緒に魚釣りに行きたいと思います。


 ゆきな梨央様、勝手な妄想をして名前を出して、申し訳ございません。いつか、このような日が実際に来る事を願っております。変な事を言ってすみません。こんな僕ですが、これからもよろしくお願い致します。
2011/11/19(土) 00:20 | URL | ひらき #k62HVzjU

 修学旅行2日目の夜です。その日も僕は、ミナさんにいじめられました。いつもと同じようにミナさんは、僕の服を無理やり脱がして肌着だけの状態にして、両手と両足を縛り付けました。僕はミナさんが怖くて嫌でした。心のなかで (ミナさんは、人間じゃない・・・悪魔みたい・・・) と思っていました。


 ミナ 「アイは今日も友達の部屋で寝るって言ってたわよ~。うふふ。またアンタと2人っきりね~。凄く嬉しいわ~。」

 僕  「・・・」 (嫌だ、怖い・・・お願い、誰か助けて。)

 ミナ 「でも、今日は首絞めはしないわよ~。どう?うれしい?」

 僕は、ミナさんの「首絞めはしない」という言葉にすこし安心しました。その後ミナさんは、僕に無理やりヘッドホンをかけさせました。そして、ミナさんは

 ミナ 「前に録音したのよ~。この音を聞かせてあげるわ~。」

 と言って、ガラスを引っ掻いた時に出る音をながしました。僕の頭の中で (ギィ~~~キィ~~~) という嫌な音が響きました。僕は

 僕  「やめて。お願い。」

 と言ったのですが、やめるどころか、大音量にしてきました。ミナさんは何も喋らず、不気味な笑みを浮かべていました。僕はそんなミナさんを見て脅えていました。僕は歯を食い縛って、必死に耐えようとしました。汗がどんどん出てきました。

 僕  「・・・・・」 (・・・凄く響く・・・頭が痛い・・・)

 長い時間が経って、ミナさんは音をとめてくれました。僕は (よかった。助かった。) と思いました。ですが、ミナさんは僕が気を抜いた瞬間を狙って急に大音量をながしてきました。急な出来事に僕は

 僕  「うわっ」

 と大声を出してしまいました。その後もミナさんは少し音をとめて、僕が気を抜く瞬間を狙って大音量にする、という行動を何度も何度も続けました。

 僕  「やっ・・・や・・・め・・・て・・・」

 僕の体力はどんどん奪われていきました。音が大音量で頭の中に響くので、脳を直接、攻撃されているような辛さでした。いじめは、一晩中、ずっと続きました。2日目の夜、僕は一睡もできませんでした。そして、体力を奪われて疲労してクタクタの状態で3日目を迎える事になってしまいました。僕の気分は (頭が痛い・・・ふらふらする・・・ねむい・・・もう駄目・・・) という最悪な状況でした。
2011/11/27(日) 20:59 | URL | ひらき #k62HVzjU

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/05(月) 18:30 | | #


■ 声

ryonazさんの書かれた作品には、何度も自分の奴隷観を考え直させられたことがあります。その一つにこの作品があります。
牡という存在は、本当に汚らわしく、醜い、汚い、生きているに値しない存在です。そのことを身に沁みてこの作品に教えて頂きました。本当にこの作品には感謝をしています。

飽きるまで飼われる。飽きられたら捨てられる。当然のことですよね。そういう価値でしか牡はないのですから。
牡は女性の玩具であり、置物であり、道具であり、奴隷であり、そのことに感謝をしなくてなりません。
何故なら先程も書きましたように、それだけの価値しか牡にはないからです。
女性様に飼われることで、牡としての生きる意味(価値)が与えられる。そのことを世の中の牡は知らなくてはなりませんよね。


>私の前で跪けることに感謝するのね

この牡が羨ましい限りです。女性という高貴な存在に跪くことができるんですから。
2011/10/28(金) 05:36 | URL | MA #K8Rmk27c

嬉しいです。
身に余る賛辞、痛み入ります。
「作者の人間性は、多かれ少なかれ作品に反映される」と、どこかで聞いた覚えがあります。
もちろん否定するつもりはありません。
が、私自身の心の内を覗かれているようで、勝手に執筆しておきながら勝手に気恥ずかしい感覚でおります(笑)
価値観に共鳴してくださったことを嬉しく思います。
2011/10/29(土) 20:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 決意 あとがき

まさに、OJT。

仕事の中で執行官としての

任務を習得する。

人間の尊厳ですか・・・・

このような法律が制定されたら

著者は、迷わず警察官になるのですね。
2011/10/27(木) 12:50 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

新人教育。
「やってみせ 言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ」
これを説いたのが大日本帝国のあの海軍大将だと知ったときの驚きと言ったら……
昔も今も未来でも、人間の根本は変わるものではないのかもしれません。
脱線、ごめんなさい。
由香利に素質があるかどうかは別として(笑)、明菜は彼女の姿から何かを見出したようですね。
2011/10/28(金) 20:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ どうして? あとがき

ハヤテが

もしまた目を覚ましたら

おねえは、また

潰してしまうんでしょうね。

でも、もう覚ますことはないですね。

これからおねえは、どうするの?
2011/10/25(火) 19:14 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

ご想像、ありがとうございます。
私の紡ぐ物語はここで完結です。この姉弟のこれからは、誰にもわかりません。
だからこそ、そのまま受け取るも、その後を想像するも、結果を考えるも、今後を心配するも、全て読者様の自由なのです。
昼の梟さんのご感想もまた、ひとつの真実ですね。
いつもコメント、ありがとうございます。
2011/10/26(水) 20:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 残酷な光

うーーーん!

うーーーん!

うーーーん!

ただただ唸るだけ。

ただただ感じるだけ。
2011/10/24(月) 18:47 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

(笑)
正直なご感想が、なんだか素敵です。
>ただただ唸るだけ
>ただただ感じるだけ
十分です。伝わることが全てではありませんから。
それでもご覧いただけたことに、感謝しています。
解釈はいつでも読者様の感性にお任せの私です。
2011/10/25(火) 00:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 街掃除 あとがき

僕も濡れちゃいました
 この理不尽な殺戮行為に罪悪感を覚えない十分な正当性があると思っていらしゃるこの女性が素敵過ぎます(笑)。最初から最後まで大興奮しながら楽しませていただきました。男たちが為す術なく一人の女性に怯え、惨めに命乞いしながら、なぶり殺されていく様子がたまりません。ちょっと男らしいところを見せられたりすると、正直がっかりしてしまいます。責める女性の台詞がいちいちカッコよくてうっとりしてしまいました。女性の心象表現も素敵でしたし、男が壊されていく様の描写も最高でした。とくに男のものが切り取られていく場面の細かい描写は痛そうで、とても興奮してしまいました。女性が下半身を愛液でベトベトにする程、性的に興奮していただけたのであれば、この男たちも殺され甲斐があったでしょう(笑)。 梨央様の正直な姿が表れているんですか…死ぬのは嫌ですが、僕が余命数ヶ月だったら、今すぐ梨央様にこんな風に殺されたいです(笑)。でも、いつ人が来るかも知れない路地裏という舞台設定が気になりますが。どうせなら、冬山でザイル、ピッケル、爪多めのアイゼンを付けた登山靴、登山ナイフ辺りを駆使して、というのは如何でしょうか。ごめんなさい。あまりに不謹慎過ぎる妄想でした。色気もないですし……やっぱりハイヒールじゃないと(笑)。
2011/10/24(月) 02:06 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

嬉しいです。
率直なご感想が、心にすっと入っていくようです。ありがとうございます。
本当にたくさんの賛辞を頂き、感涙にむせぶ思いです。その一方で、気になるところやご意見なども頂けて嬉しいです。
当然ですが、迎合するだけが読者様の権利ではありません。
貴重なお言葉として、最大限尊重すべきものとして、真摯に受け止めています。
ただ、私もまた自分に忠実な頑固者なので、自分の納得するものしか書きませんけれど(笑)
>最初から最後まで大興奮しながら楽しませていただきました
こういうサイトを運営している人間にとっては、この上ない褒め言葉です。
2011/10/24(月) 23:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ どうして? 2

>爪先をハヤテの首へと移動し、強く押し潰してみる。

 大切な弟であるハヤテを痛みつけていく姉の姿に、とても惹きつけられてしまいました。
 大切なものをなぜ痛みつけていくのだろう、と考えてしまいました。

 ブラックオニキスに掲載されている作品は殆ど読んでいますが、「メロディ」という言葉が一つの重要な単語だと思いました。

 痛みつけられる人間が発する「メロディ」―と、それを心地良く感じてしまう人間―。その景色が美しく思えます。


>メロディ

 僕もそういう声を発して、誰かを心地良くさせたいです。いえ、心地良く思って頂けるように努力をしたいと思ってしまいました。


 ハヤテ君はどうなってしまうのでしょうか…。続きを読んでみます。
2011/10/23(日) 23:59 | URL | 秋 #K8Rmk27c

いらっしゃいませ。
秋さん、初めまして。コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、当サイトにおける「メロディ」は、私のこだわりです。ただ、発する声、という意味だけではありませんよ。
文章は奏でるもの。私にとっては、納得する演奏ができたかどうかが、そのまま自己評価になります。
この世界に「美」を感じていただけて光栄です。ぜひ続きもどうぞ。
>僕もそういう声を発して、誰かを心地良くさせたいです。いえ、心地良く思って頂けるように努力をしたいと思ってしまいました
その感性を嬉しく思いました。
心地よく思うその主体は、当然、雄側ではありませんよね(笑)
2011/10/24(月) 22:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 殺される あとがき

記念すべき100番目の作品ですね。

「殺してやる」の裏返しは

「愛している」ですね。

同棲中の女性が殺人の行為におよぶ

それはどうして?

もちろん愛情なのでしょうが

むしろ共通の女性の策略では。

男を手に入れるために同棲中の彼女を洗脳していた。

2011/10/23(日) 07:44 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

記念すべきNo.100!
――などとは全く考えることなく執筆いたしました。
相変わらず、マイペースな作者です。と言いつつ、この姿勢を変えるつもりも全くありません(笑)
できあがった作品をご覧いただき、何かを感じていただければ満足です。
いろいろと想像力を働かせてくださり、大変光栄です。
>どうして?
こういった思いをもって読んでいただけるのは、作者にとって、とても嬉しいことです。
2011/10/23(日) 19:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ちゃんと掃除しなさい あとがき

0877707

何の数字?

これは今日私が踏んだこちらの

閲覧者の数字です。

何となく自分の中では良い感じ。

成長した岡田

放課後の教室以来の

素敵な?

時間を岡田は過ごしているはず?

岡田にとって

悦び?

それとも苦しみ?

それともどちらも?
2011/10/22(土) 09:58 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

何となく良い感じ。
いいですね。そういう感覚。
あらためて意識すると、たくさんの方々にご覧いただいてるんだなぁ、と。身が引き締まる思いです。
成長した岡田クンがどう感じているのかは、彼にしかわかりませんね。
何となく良い感じ、でしょうか?(笑)
2011/10/23(日) 19:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 理想のSEX 後

本当に、男という生き物は穢らわしい汚い存在で、美しく賢い女性の前で、生きてるだけで失礼に値すると思います。

理想のセックス像です。繰り返し何度も読んでしまいました。
2011/10/22(土) 02:37 | URL | そい #K8Rmk27c

ありがとうございます。
いいですね。
>生きてるだけで失礼に値する
魅力を感じる言葉です。胸にストンと落ちる感覚がありました。
じわりと、口元と心が悪く歪んできてしまいますね……
繰り返し読んでいただけて光栄です。
2011/10/22(土) 16:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 執着

ゆきなさんの

まさに直球勝負の気持ちなんですね。

正面から受け止めてみたいです。

でも、自分の存在が消えてしまいますね。
2011/10/20(木) 23:23 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

フィクションなので。
一応、私の気持ちではなく、彼女の気持ちということになりますね。
おっしゃる通り、捻りも何もない直接表現です。
頭より指からするすると出た言葉、といった感じでしょうか。
どうして存在が消えてしまうのですか? 「醜く腫れる穢らわしいもの」のために生殺すのに(笑)
2011/10/21(金) 17:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

無駄のない文章で、またその中身も素直に頭へ入ってきました。

>土下座して謝るから、無視した

これが一番残酷に思えてしまいました。いつ声をかけて頂けるのか。または、二度と声をかけて頂けないのか。
2011/10/22(土) 23:21 | URL | MA #K8Rmk27c

嬉しいです。
考えるより、感じたままを連ねた作品。そんな印象が残っています。
己の存在価値が脅かされたとき、ひとは不安になります。無視は怖いですか……?
内容が素直に頭に入っていったとのこと、大変嬉しいです。
欲を言えば、MAさんの心まで蝕んでほしかったですね(笑)
2011/10/23(日) 19:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 荷物

この世に生を受けてから

ずっと???

期待通りの返事???

いったい何なんだろう???

リョナズさんの心の中を

覗いてみたいです。
2011/10/20(木) 19:47 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

光栄です。
本作における、私にできる精一杯の表現です。
今キーを叩いても、やはり同じように書くことでしょうね。
掲載しておいて無礼極まりないのですが、理解していただこうとは思っていません。
ただ、ほんの少しでも、何かを感じていただける。興味をもっていただける。
例えば――
昼の梟さんから頂いたコメントの、この疑問符のように。
本作をそのように捉えてくださる方がいらっしゃったことを、光栄に思います。
2011/10/21(金) 16:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 唄 あとがき

教室で皆がいるなか、歌いだす彼女が、とても格好良いです。申し訳ございません。ゆきな梨央様を想像してしまいました。勝手な事をしてしまい、すみません。
2011/10/19(水) 20:37 | URL | ひらき #k62HVzjU

私ですか?
もちろん、こんな風に教室で歌う人間ではありませんでした。
作者ゆきな梨央は、なんだか、ひらきさんのご感想によく登場している気がしますね(笑)
留美に魅力を感じていただけたようで、とても嬉しいです。
ひらきさんも、語り手と同じように、彼女の虜になるのでしょうか。
その時はぜひ、一緒に口ずさんで、皆に幸福を。
2011/10/20(木) 17:12 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最終メッセージ あとがき

短編が故に

結末を想像して

「やはり」とニヤッとしました。

ここまで忠実になるまで

NANAは躾けたんですね。

躾の最終章。

実行したらEND
2011/10/19(水) 19:00 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

たかがベタ――
――されどベタ、ということで、ご容赦ください。
温かい目でご覧いただけたら有難いです。
>躾の最終章
面白いですね。命令に逆らってもENDですし(笑)
でも、いい子に躾けられているのに、もったいない……
2011/10/20(木) 16:57 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 最後の「ww」を綺麗な指先で打ってる女性の姿が思い浮かびました。Nanaさんに新しい奴隷ができていることを祈っています。

 首を絞められるだけで済んだ彼は幸運(不幸)ですね。
2011/10/21(金) 19:32 | URL | MA #K8Rmk27c

Nanaへのお心遣い、ありがとうございます。
小説は読者様の感性に依拠する、というのが私の持論です。真実は、受け手の数だけ存在する。
最後に思い浮かんだ綺麗な指先――それが、この物語におけるMAさんの真実のひとつですね。
>彼は幸運(不幸)
この二律背反、面白いです。
そもそも彼女は、雄の幸不幸に興味があるのか。個人的に疑問ではありますが(笑)
2011/10/21(金) 23:21 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ あなたが優しいから あとがき

「僕の存在は、女王様に肯定されることでしか成り立ち得ない」

まさに、この一言なんですね。

梟には、苦痛に耐えうる能力が

あるのだろうか?

未知なる世界です。
2011/10/17(月) 19:02 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

興味深い一言ですね。
M男クンに、ご自分を重ね合わせ――
楽しんでいただけましたでしょうか?
作品は、読者様の感性に依拠するものだと考えております。
この世界に浸り、解釈し、ご想像くださったことを、大変嬉しく思います。
こちらはシリーズものになっておりますので、通してご覧いただければ幸いです。
今後もぜひご来訪ください。いつでもお待ちしています。
2011/10/18(火) 19:50 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ オトメゴコロ

来年のバレンタインのチョコ

ただ単にピンヒールで

破壊してお渡ししたらいかがでしょ

うか?
2011/10/17(月) 18:39 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

ピンヒールで破壊ですか?
昼の梟さん、こんばんは。またご来訪いただけて嬉しいです。
彼女は、
>『真心を込めて、自分の手で作る!』
それが大切だという結論に達しました。
チョコレートを贈る相手は、想いを寄せる方。
純粋なオトメゴコロをもつ彼女です。
好きな人に、壊してしまったチョコレートを渡したりするものでしょうか?
やはり『ごみ箱』行きになるのではないでしょうか?(笑)
2011/10/18(火) 19:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

特集を組んで
女性のファッション雑誌に、「奴隷を処分する道具ベスト10」みたいな特集を組んで欲しいです。
3位、アイスピック
2位、銃
1位、シックル
それぞれの性能を紹介しつつ、その道具を使うことで処分することの魅力とかも。

あと、どういうときに処分したくなるランキングとかも。

拷問器具で○す派か、道具で○す派のアンケートも。
2011/10/16(日) 23:39 | URL | MA #K8Rmk27c

続き
上に書いた雑誌の特集を考えていたら、ショップもないとなーと思いました。

拷問器具のショップみたいなのを。

下等生物が常時300体くらいいて、お客様の試体として扱われるような。

それと、ペットショップじゃなくて、下等生物ショップも。

下等生物と下等生物を戦わせる場所も。

いろいろと思い浮かべますね。
2011/10/16(日) 23:46 | URL | MA #K8Rmk27c

彼女ができたら、この綺麗な世界を紹介したいです。
規律ある秩序、醜い雄、美しい女神。
この世界に溺れたいです。
2011/10/18(火) 23:44 | URL | MA #K8Rmk27c

醜い雄
朝の挨拶を終えると、自分を顔を上げて、女神様から与えられた食事を口にしました。勿論、手を使うことはありません。犬のように、四つん這いになりながら食事を頂きます。食事の内容は、処刑された自分達の仲間の肉や、女神様の食べ残しなどです。この独房には監視カメラがついているので、ここの規律を守らなくてはなりません。

美味しい食事を終えると、床に長い綺麗な髪の毛が落ちていることに自分は気がつきました。自分は監視カメラにばれないように、それを口にして、丁寧に隅々まで、何度も舐め回しました。

女神様……女神様……。

自分は女神様の顔を拝見したことがありません。しかし、何度か白のパンプス、黒タイツ、品のある声のみですが、女神様のことを知ってはいました。

女神様…。女神様…。

あの綺麗な脚を覆う黒のタイツ、白のパンプス…。
自分は今、崇高なる女神様の綺麗な髪の毛を舐めているんだ…。女神様…。

自分は幸福でした。あの素敵な女神様の髪の毛を舐めることに。しかし、そんな幸福な空気は、……トントントントントントン。辺りに緊張感を与えるヒールの音により、打ち消されてしまいました。


冷たい独房の扉が開く。

「326号。お前は何をしているの?」


…………………。救いを求める男の叫び声が響く。


「326号。……お前を拷問刑に処す。」


秩序を乱してはならない。正義に刃向かってはならない。
彼女たちは神なのだから。
2011/10/19(水) 00:17 | URL | MA #K8Rmk27c

そういえば
リアルに小学校3、4年の頃、夏美ちゃんという女の子がいました。夏美ちゃんは可愛く、けれども性格が曲がっていたので、あんまり友達が少なかったように思います。

夏美ちゃんは、僕が知っている限り、僕だけにたまに、僕の腕を優しくさすってきたり、つねったりしてきました。

つねるとき、いつも最初は全然痛くはありませんでした。
「痛い?」
ううん。(首を横に振る)
「これは?」
大丈夫だよ。(首を横に振る)
「これは?」
しかし問答を繰り返しながら、徐々に痛くつねるのがいつものことになっていました。

夏美ちゃんは、つねっているとき、僕の表情を少し下から見るのが好きそうでした。

僕が「痛い」と言うと、僕の腕に残る傷(薄く皮がめくれているのを見て)彼女は嬉しそうな表情をしていました。


当時、僕はその行為をなぜ夏美ちゃんがするのか。僕はなぜその行為が特別な雰囲気に思えていたのか。僕はなぜ夏美ちゃんに「どうしてこんなことするの?」と聞かなかったのか。そして、どうして僕はそれを期待していたのか。

あの当時で既に、女の子から与えられる苦痛が快感だと分かっていたように思えます。(幼稚園のときに初めてそれと似た体験をして、幼稚園のときから僕はそういう気質だったと思います)。

あのとき夏美ちゃんはどう思っていたのか。僕が「痛い」と言わなければ、何処までしていたのか。
今になっては後悔をしています。
2011/10/19(水) 07:05 | URL | MA #K8Rmk27c

雑感
どうして女性から攻撃を受けたいのかを考えてみたら、やっぱり「かまって欲しい」「愛されたい」という欲望からだと思う。けれども、男性では駄目なのはどうしてだろう。
2011/10/21(金) 19:54 | URL | MA #K8Rmk27c

レズリョナ....?
初めて書き込みます。
僕はryonaz様の書かれる小説が大好きです。
シチュエーションや責めの内容はもちろんのこと、純粋に文章や世界観が
小説としておもしろく好みで、いつも熱中して読んでおります。

僕は逆リョナが大好きです。
好みの女性に玩具のように虐げられたい、蹴られたい、ボコボコにされたい、
◯されたいという気持ちを持っています。(さすがに心から死にたいとは思っていませんが...)

そんな中、僕が妄想する際において一番興奮するのは、
レズリョナというようなシチュエーションです。

実際に被虐を体験できるのならば、自分自身がその対象になりたいと思います。

ですが、妄想においては、自分の好みの女性が他の「女性」を虐げる
シーンに最も興奮します。

理由を考えると、ryonaz様の小説に登場する優美子が持っているような、絶対的な美貌、魅力、
フェロモンのようなものの存在が自分にとってとても大事なものだからなのだと思います。

一般的に女性は男性に力では勝てません。だから普通は、逆リョナというような状況は
起こりえないことだと思います。

その鉄則が女性が持つ性的な魅力によってねじ曲げられること。
男性がその女性の魅力の虜になり、この人にならばどうされてもいい、
◯されていもいい、いや、◯してほしいとまで思わされてしまう。
そして、竜崎たちのようになすがままに、玩具のように弄ばれて人生まで奪われてしまう....

僕はこの構図にこの上ない興奮を感じます。
そして、この構図が最も引き立つのが、女性が「女性」を虐げる状況、
「女性」が女性の魅力の虜になり、なすがままにされてしまうというシチュエーションです。

M側の女性は同性愛者ではなく、普段は男性に対して性欲を抱き、恋をしているような女性です。
だから、本来その女性が同性に対して性的に興奮することはあり得ません。
その前提がある中で上記のようなシチュエーションが生まれることで、
同性さえも虜にさせてしまうS側の女性が持つ魅力が際立ったものになると思うのです。

そして僕にとってその女性は、何があっても、何をされても絶対に抗うことのできない、
絶対的な存在になります。
ああ、この人に、なすがままに、残酷に弄ばれて死にたい....
そんなことを思いながら自慰にふけります。


とても気持ちの悪いことを書いてしまったかもしれません。
書きこまれている皆様がとても率直に嗜好をさらけ出していらっしゃるのを見て、
僕もいつも人には言えないありのままの気持ちを吐露したくなってしまいました。
もし不快に思われましたら削除していただければ幸いです。
2011/10/25(火) 21:00 | URL | rollme #YVplMIMU

僕は絞められる事が好きです。今本気で僕の首を絞めていただきたい女性がいます。実際にお会いする事が出来たら、是非よろしくお願い致します。
2011/10/25(火) 22:11 | URL | ひらき #k62HVzjU

楽しく拝見しています。
>MAさん
いつも自由帳の積極的なご利用、ありがとうございます。
性癖分析――私もよくしました。修正を繰り返し、わからず、疲れ、現在のプロフは「性指向迷子」と誤魔化しています(苦笑)

>rollmeさん
初めまして。私の世界を愛してくださっているんですね。作者冥利に尽きます。
皆様のご協力あっての自由帳です。今後もどうぞ、遠慮なくご活用ください。

>ひらきさん
恋い慕う女性と、素敵な関係が結べたらいいですね。
本気ですか――。余計なお世話で恐縮ですが、くれぐれも事故のないように!
2011/10/26(水) 22:12 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ Sign -サイン- あとがき

実話だとお聞きした覚えがあるのですが、僕も、ゆきな梨央様に責められたいです。
2011/10/16(日) 17:05 | URL | ひらき #k62HVzjU

風の聞えですね。
当サイトに掲載している物語は、全てフィクションです。
ひらきさん。ご指名いただいた私から、ひとつだけ。
どうぞ、ご自身のお命を大切に(笑)
2011/10/16(日) 19:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ かくあるべきキミと、かくあるキミと 2

彼が求めた醜い虎よりも

軽快な猫でありたいですね。

トラ≠虎

ネコ≠猫

漢字の方が獣を感じますね。

2011/10/16(日) 11:08 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

あるがまま。
コメントを頂けて嬉しいです。ありがとうございます。
軽快な猫という「獣」でありたい――、ということでしょうか。
人それぞれ、目指すものも、もっている能力も違いますよね。
自然な姿。ありたい姿。素直な自分のままで生きられたら素敵だなと思います。
2011/10/16(日) 18:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最後の日 4

死してなお自分の臓器に執着する

人は多いのでは?

なかなか臓器提供は進んでいないのか

な?

コーディネーターも大変らしい。
2011/10/16(日) 10:54 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

ryonazわーるどです。
彼は、幸福感に包まれながら、最後の日を迎えましたね。
ハッピーエンドです。めでたしめでたし。
お楽しみいただけていれば幸いです。
臓器への執着――。自分のものでなく他人のもの。保持でなく破壊。
すみません、独り言です……
2011/10/16(日) 18:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 決意 5

最後は睾丸、リアルだったらと

思うと恐ろしいです。

でも、何故か自分を置き換えてします;;;
2011/10/15(土) 23:57 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

怖いですか(笑)
作品に感情移入してご覧いただけて嬉しいです。
不思議なものですね。嫌なら自分の身に置き換える必要などないのに(笑)
大袈裟な怯え方――あの弱々しい姿が可愛らしいんですよね。
2011/10/16(日) 12:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 誰も知らない

短い中に書かれた方の刹那と凛としたところを感じます。
もっと作者を極めたいです。
近づきたいです。
2011/10/15(土) 23:29 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

いらっしゃいませ。
昼の梟さん、初めまして。コメント、ありがとうございます。
物語の世界の中に私自身を感じてくださった――、ということでしょうか。
光栄です。この作者に近づくことはオススメしませんけれど(笑)
2011/10/16(日) 12:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最終メッセージ あとがき

僕は首絞めが好きなので、このような責められ方、いいですね。ですが、実際に絞められたいという気持ちの方が強いです。
2011/10/14(金) 17:39 | URL | ひらき #k62HVzjU

そうでしょうね(笑)
もちろん、顔を突き合わせることが基本ですよね。
この虚構は、現実の穴埋め、といった位置づけになりますでしょうか。
「乏しい想像力だね。絞めてるのは、ひらきじゃなくて私でしょ?」
――そう、同じ言葉で叱られているひらきさんが想像できます(笑)
2011/10/15(土) 16:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 枷 あとがき

この小説の男性の気持ちが良くわかります。いつも短い感想で申し訳ございません。とても面白いです。
2011/10/10(月) 18:57 | URL | ひらき #k62HVzjU

とんでもないです。
人物の気持ちを汲み、楽しんでお読みくださり、大変嬉しいです。
短いご感想がダメだなんて、私は絶対言わないです。
何かを感じてほしい。そして、できるなら、そのお声をいつでも聞かせてほしい。
この姿勢は、サイト立ち上げ当初から一貫しているつもりですので。
いつもコメントを頂けることに感謝しています。ありがとうございます。
2011/10/12(水) 16:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 大丈夫 あとがき

 若い頃のいろんな出来事を、沁々と思いださせてくれる作品ですね。多感な頃には、些細なことが人生のすべてのように思えて、傷ついたり、苦しんだり、自暴自棄になったり…、人を恨んだり呪ったりして自己嫌悪に陥ったり…。それも、時が過ぎれば必ず良い思い出になりますよね。……なんて、考えながら読んでいたんですが、……そう言うことじゃなかったんですね。……ひぃーっ……、怖すぎです……。
2011/10/08(土) 21:32 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

光栄です。
語り手に共感してお読みくださり、大変嬉しいです。
本作の味は、そんな風に懐古してご覧いただくことで引き立つわけですから。
>ひぃーっ……、怖すぎです……。
光栄です。ありがとうございます。
2011/10/09(日) 20:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 少女Aの日記 あとがき

 かなり狂った少女だけど、行き過ぎた独占欲かも知れないけど、こんなに愛してもらえる「あなた」が、ちょっと羨ましいなと思っていました。閉じ込められるのは、嫌いじゃないし(笑)。でも、読み進むうちに段々と、薄ら寒さや違和感を覚え、最後の日記で思わず唸ってしまいました。全くの予想外でした。ryonazさんってやっぱりすごいです。オリジナルソングですか!?是非とも聴いてみたいです。せめて歌詞だけでも、ご披露願えませんか。
2011/10/07(金) 23:22 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

嬉しいです。
唸っていただけて何よりです。
本作が次郎さんの予想を裏切るものとなったことを、とても光栄に思います。
素敵な賛辞が胸に沁みました。まだまだ勉強中の身ですが。
>せめて歌詞だけでも、ご披露願えませんか。
有難い仰せ付けですが、こちらはヒミツです。申し訳ありません。
2011/10/08(土) 21:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ある夢を見た

傷付けられたい、爪を剥がされたい、眼球を潰されたい、耳を取られたい、歯を抜かれたい……。
いえ、ただ単に、女性様の御好きなように使って欲しい。
僕もそんな甘美な夢を見て、そして苦しみたいです。

この文書は一気に書き上げたんだな、と伝わってきます。

女性様の立場から見れば、誰かを支配する気持ち、誰かの生命を弄(もてあそ)ぶ気持ち、それらの快感は堪らないのだと思います。かつての自分は、そちら側でしたから。

しかし女性の美しさ、残虐さ、賢さ、それらを支配することなどは、始めから男(下等生物)には無理だったんですね。

2011/10/07(金) 23:06 | URL | MA #K8Rmk27c

おっしゃる通り、一気に書き上げたものです。
今もなお、作品という形で夢は続いています。
彼女がそこに存在している限り、終わりなど来ないのかもしれませんね。
多くの願望――その主体が必ず女性に帰結しているところが、実にMAさんらしいと思いました。
最後の一文は、私の心にぴったりと吸いつくようでした。賢明な方だと感じさせられますね。
2011/10/08(土) 20:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ジモクの虚像

自分なら、自分の本音を明かして頂けるなんて嬉しい限りです。偽りで支配された脳、身体、理性、心を、真実に導いて欲しいです。
偽りから救って頂ける方に出会えるなんて、この方は幸せですね。この方の答えは何だったのでしょうか、気になります(笑)
2011/10/07(金) 22:51 | URL | MA #r1HmwAE2

答えはただ、導かれない、だけ。
理性なんて、あまりにも頼りない存在であると、私は思っています。
「仰せのままに」――そんな言葉は、恐怖や痛みの前では、すぐに覆されてしまいます。
嬉しい。導いてほしい。この方は幸せ。
MAさんのこれらの言葉が偽りならば、暴くことは容易く、導くことは能わずです。結末は、逃げるか死ぬかですから。
反対に、これらが本音ならば、そしてそれをご主人様が信じられれば、『心』に訊く理由そのものがなくなってしまいますね。
誠実に喜び望む者。そうでない者。どちらも導かれることはない――なんて、残酷なものですね(笑)
ちなみにこの方の答えは、ご主人様のみぞ知る、といったところでしょうか。
2011/10/08(土) 19:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 紅餅 あとがき

 女性だけの年中行事ですか…紅餅の中には何が入っているのでしょうか。背筋が寒くなるような、とても嫌な想像をしてしまうのですが、具体的な映像として、しっくりくるものが……。作者の頭の中にはあるのでしょうか。とても気になります。それにしても、この仄仄とした雰囲気と紅餅の気持ち悪さのギャップがなんとも言えません。
2011/10/05(水) 21:01 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

さて、何が入っているのでしょうね?(笑)
真実はいつも星の数です。
私には、私の。次郎さんには、次郎さんの。それぞれの。
背筋が寒くなり、とても嫌な想像をし、具体的な映像として、しっくりくるもの――
それが、次郎さんの感性が導き出した、紅餅の真実なのだと思います。
私の編み上げた物語の雰囲気を味わっていただけて、大変光栄です。
2011/10/06(木) 23:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ クリスマス中止計画 あとがき

面白かったです。小説の中の「僕」という男性は、最初から桃香の計画通りに踊らされていた、ような感じがします。
2011/10/04(火) 16:34 | URL | ひらき #k62HVzjU

今年のクリスマス(クリスマス・イヴ)は土日ですね。
ありがとうございます。お楽しみいただけたようで、安心いたしました。
この世には、毎日、数限りない計画が渦巻いていますよね。
「泳ぎ上手は川で死ぬ」とは、よく言ったものです。
交わらざれば事は無し。接点ありて……。これこそ、男女の関係の縮図ではないだろうか、などと思うのです(笑)
2011/10/05(水) 16:41 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ バンザイしてごらん?

勧誘?
匂いフェチなんかやめて、ブラックオニキスに来なさいっていうことですか?
2011/10/03(月) 06:59 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

次郎さん。
それが次郎さんの感じ方なんですね。匂いフェチなんですか?
作品をどう受け取るかは基本的に読者様にお任せしていますが、誤解されると困るところだけ弁明させていただきますね。
ご来訪くださる方は、どなたでも大歓迎です。
特定の嗜好や価値観を強要したり、否定したりする意図はありません。
2011/10/03(月) 18:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

女性様が履かれているブーツで蹴られたいです。
いや、気が済むまで、穢(けが)れた下等生物を蹴って頂けることに感謝をしたいです。

この子はなんで捕まってしまったのでしょうか。
色々と考えてしまいます。

この子が怖がるのも無理ないですよね。
骨折なんかさせられて、血を吐き出すまで殴られて、
……脅えない方がおかしいです。

自分なら背中をできるだけ丸めて、この女性様に、小さな声で助けを乞うと思います。
あるいは、よく分からずに、小さな声で謝ってしまうかもしれません。
逃げることもできない、反抗するこもできない。そうした状況で本能的に身を守る方法と言ったら、もう謝るしかないですよね。
勿論、そんな救いはないんでしょうけど。

>もし壊れたら、代わりを探す

こういう世界に惹かれます。
完全にこの子を、物として扱ってることが素敵です。
2011/10/03(月) 12:58 | URL | MA #K8Rmk27c

MAさん。
素敵です。「願望」ではなく、「感謝」のほうを大切にしていらっしゃるところが。
MAさんのお人柄なんでしょうね。私個人の見解に過ぎず恐縮ですが、とても魅力を感じました。
人物の心中を推察したり、ご自分の身に置き換えたり――
想像を膨らませて物語をご覧くださり、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。
「惹かれた」とのお言葉も、大変励みになりました。割と、ryonazわーるどの日常ではありますけれど(笑)
2011/10/03(月) 18:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/03(月) 15:22 | | #

(秘密コメントの方)
メッセージ、受け取りました。
お力添えを下さっているんですね。嬉しいです。お気持ちも有難く頂きます。
怖がりさんなのでしょうか? 少なくとも、内省できる人は成長できる人だと、私は思いますよ。
いきなり虐めるつもりはありませんし(笑)、変に我慢をする必要もありません。どうぞお気軽に。
2011/10/03(月) 20:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

心配しないでと言われても;;;

代わりは探して欲しくないですね。

壊れないように身体を鍛えますか?

でも、壊れないとこの女性は満たさ

れないのでしょうね。
2011/10/16(日) 10:40 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM

彼女は嬉しいでしょうね。
代わりなんて探さなくていい。自分が全て受け止める。
昼の梟さんは、そうおっしゃっているわけですね?
探してほしくないのに壊れてしまったら、それこそ困るのは彼女なわけですし。
素敵ですね。男前です。
ただ、どうしたら満たされるのかは、彼女に訊かなければわかりませんね。
2011/10/16(日) 17:41 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ふたりのカタチ あとがき

内容は怖いと思いました。ですが、2人は幸せに暮らしているような、感じがします。ゆきな梨央様、いつも面白い小説ありがとうございます。
2011/10/01(土) 15:33 | URL | ひらき #k62HVzjU

感謝するのは私のほうです。
ひらきさん、いつもたくさんのコメントをありがとうございます。
本作については、ただ「怖い」と思うだけに留まらずにご覧いただけたことに感謝いたします。
人を選ぶ当サイトの中にあってもなお、この作品は慎重な取り扱いが必要な気がしますので(笑)
ひらきさんが、二人の世界に「幸せ」を感じてくださった。それもまたひとつのカタチなのでしょうね。
2011/10/01(土) 19:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

 とても幸せそうなカップルですね。こんな狂気の二人を、こんな風に描くことが出来るryonazさんが、ちょっと怖いです(笑)。それにしても、自分の目玉のソースなんて…勘弁してください、気持ち悪過ぎです(笑)。こういう作品を読んだ後は、渚ちゃんに逢いに行くのが一番です。ryonazさんでも良いけど(笑)。又、つまらないことを書き込みました。ごめんなさい(ワン!)。
2011/10/05(水) 22:26 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

欲深い安閑恬静という矛盾。
穏やかで優しい時間が流れるような、そんな二人の世界を大切にしたいと思いました。
「気持ち悪すぎ」なんて――、身に余るお褒めの言葉、ありがとうございます。
怖くなんてないですよ。許しも逃がしもしませんし(笑)
渚も、もちろん私もここにいます。逢いに来てくれるんですか?
当方、いくらつまらない犬でも大歓迎ですので。お待ちしています。
2011/10/06(木) 23:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/07(金) 00:54 | | #


メッセージ、受け取りました。
文章にこめられた真心が、強く胸に響いてくるようです。
後悔の必要はないと思います。成長した今のご自分を認め、褒め、前進していければよいのではないでしょうか。
どうもありがとうございました。
2011/10/07(金) 21:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 枷 5

感動しています
この感動をどう伝えたら……。ryonazさんの紡ぎ出す言葉のひとつひとつが、私の琴線に触れるのです。心を捉えて離さないのです。そして、あなたの描く世界に引き摺り込まれ、主人公と同化し、美しき殺戮者に心奪われ、凄惨な殺戮の世界を甘美なものと感じ、過去、現在二人の生け贄に嫉妬し、……。
゛やはり、……やはり彼では駄目なんだ。僕でなければ。僕自身でなければ。………″
この部分を読みながら、私は不思議なことを思ってしまいました。「ryonazさん、何でボク(私)の気持ち、知ってるんだろう??」直ぐに、自分の勘違いに気付いた私は、自分が如何に深くこの世界に入り込み、主人公になりきっていたかを知って、驚きました。まるで、目の前で魔法を見せられたような感じでした。次から次へと目の前に現れる、沢山の素敵な言葉によって、私が恍惚状態にあったために、そんな風に感じたのかもしれません。ゆきな梨央という小説家の底力を、改めて痛感しました。この主人公は、自分自身が殺されないと満足できないようですが、私はもう充分に満足しています。自分自身にそう言い聞かせています。(笑)
まだまだこんなに沢山の未読作品があるのかと、小説目次を見ながら、いつもニヤニヤしています。本当に楽しみです。(^_^)こんなに沢山の素晴らしい作品を、只で読ませてくださる太っ腹のryonazさんに感謝です。(笑)でも本当は、自分の本棚のお気に入りの作家さん方の作品の隣に、ryonaz作品をずらりと並べて、眺めてみたいという気持ちもあります。
ご免なさい、ダラダラと取り留めのない書き込みをしてしまいました。これからも、素敵な魔法を楽しみにしていますね。
2011/09/30(金) 23:39 | URL | 次郎 #sWkHkw7g

ありがとうございます。
私もまた、この感動をどう伝えたらよいものかと。こよない賛辞に、胸がいっぱいです。
これほど物語にどっぷりと浸り、堪能していただける。本当に、作者冥利に尽きます。
ちなみに、魔法ではありませんよ。私の紡ぐ世界に共鳴する感性をもった男性がそこにいた。ただそれだけのことです。
自ら私に捕らえられに来た物好き、次郎さん。もうryonazわーるどの虜ですね。逃がしませんよ(笑)
2011/10/01(土) 18:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 誰も知らない あとがき

面白いです。誰も知らない場所で責められる、という状況が良いですね。今考えたら、高校生の頃の僕も、似たような状況だった気がします。
2011/09/29(木) 17:07 | URL | ひらき #k62HVzjU

余計なお世話ですみません。
ご体験に重なる状況で、「良い」と思ってくださり、安心いたしました。
今は楽しんでいらっしゃるとのこと。前向きな姿勢が、とても素敵だと思います。
当方は、どなたの体験に配慮するものでもありません。創作に禁忌なし。あくまで虚構。
姿勢は今後も貫いていきますので、しつこいようですが、どうぞご自衛くださいね。
2011/09/30(金) 22:12 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ それでも足が止まらない

蟻になって、彼女を喜ばしてあげたい。原形が分からないくらい、何度も踏まれたい。
そんな気持ちに駆り立てられました。

僕なら、声を出してあげるのに。
2011/09/29(木) 03:16 | URL | MA #lISGuULQ

どんな声を出すのでしょうね(笑)
蟻という小さな存在に、ご自身を重ね合わせて……
MAさんの忠義心や被虐心は、とても魅力的ですね。嗜虐心をくすぐられてしまいます。
本カテゴリーにもお目通しくださり、大変感謝しております。
物語を堪能していただけていれば何よりです。
2011/09/30(金) 22:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

本来なら女性様から無視されている薄汚い自分が、
女性様が御(お)履きになっているパンプスで、直接(ちょくせつ)踏まれることに、感謝の涙を流しつつ、


「このような醜い下等生物を、高貴な●●様に踏んで頂き感謝しています!
またこのような下等生物が、●●様の高貴なパンプスを(自分の血などで)穢してしまい申し訳ありません!
このような……」

などと同じことを叫びながら、悶える(踏まれる)のだと思います。

エゴですが、美に潰されいです。
そういう気持ちを捨てて、ただ女性様の前にひれ伏せるだけの存在(道具のように、所有者様が使いたいときにだけ使われるような存在)になりたいと思っています。

個人的に、
道具が直接(ちょくせつ)女性様の御顔を見ること、道具が直接(ちょくせつ)女性様に話し掛けることは駄目だと思っています。

勿論、例えば女性様が床をヒールでコンコンと鳴らして(合図をしたら、女性様から許可を頂けたら)、直接(ちょくせつ)顔を見たり、話し掛けたりしても良いとは考えています。
なんか最近になって、そういう考え方がまとまってきました。

所々にルビを打ってあるのは、文章を読みやすくするためなので汗。
読みにくい文章&長文すいません。
2011/10/01(土) 00:40 | URL | MA #lISGuULQ

ご回答、ありがとうございます。
感謝の心と罪悪感。雄であれば――ましてや薄汚い(笑)――これはもう、当然もっているべきものですね。
MAさんの心持ちや言葉の選択など、いろいろなところで、センスを感じています。
書くことで、自分の考えが整理されていく。私にはそんな経験が多々あります。
よろしければ、これからもどんどん、MAさんの世界を見せてくださいね。
2011/10/01(土) 18:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 少女Aの日記 3

 こういう純粋で可愛い女の子が大好きです。
「純粋」だとか、「清楚」だとか、そういう女性に惹かれてしまいます。
 もっと長文で読んでみたい作品だと思いました。
2011/09/27(火) 21:08 | URL | MA #lISGuULQ

嬉しいです。
作品へのご感想から、嗜好、考え方、世界観、etc...
MAさんのコメントはとても多様で興味深く、いつも楽しく拝見しております。
日記の主――少女Aを可愛がってくださって、ありがとうございます。
どの物語においてもそうですが、キャラクターに魅力を感じていただけるのは、大変嬉しいことです。
>もっと長文で読んでみたい作品
本当に有難いお言葉です。よろしければ、また彼女に会いに来てあげてください。
2011/09/28(水) 22:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 赤い砂 あとがき

少女が太腿で男性の首を絞めるという場面で、高校生の頃を思い出しました。太腿で絞められると本当に苦しいです。
2011/09/27(火) 09:45 | URL | ひらき #k62HVzjU

説得力がありますね……
ひらきさんの凄惨なご体験は、自由帳で拝見しています。
今は良い思い出だとお書きになっていたかと思いますが、お楽しみいただけましたでしょうか?
ご自分の過去を重ね合わせてしまうと、やはりお辛いのかなと……
少々、心配になりました。
あくまでフィクション。お読みくださる際は、何卒ご自衛くださいね。
2011/09/28(水) 21:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 教えてあげる あとがき

何を仰いますやら
その掲示板は知りませんが、こんな素敵な作品、何度読んでも退屈するなんてことはあり得ません(私の場合はですが)。 それにしても、この連休は最高に楽しかったです。ryonazさんの世界にどっぷり浸ることが出来ました。そして、素敵なお人柄にもふれられたような気がしています。お腹いっぱいですが、デザートとして、この作品を読ませていただきました。年甲斐もなく、自分でしてしまいそうになりました。 それにしても、ryonazさんの才能には本当に驚かされるばかりです。もちろん、大変なご努力もして居られると思います。全てにおいて素晴らしいのですが、殊に男性心理の描写に至っては、まさに秀逸の一語に尽きると思います。ryonazさんって男性なんじゃないですか(笑)。 この連休の間、何度もコメントさせていただきまして、創作活動などのお邪魔になってしまったかと思いますが、どうぞお許しくださいませ。なんだかストーカーみたいでしたね。 益々のご活躍を期待していますが、くれぐれも無理はなさらずご自愛くださいませ。
2011/09/26(月) 00:02 | URL | 次郎 #-

感激いたしました。
もったいないほどの素敵な賛辞の数々に、しばらくお返事の言葉が浮かびませんでした。
思わず昏倒してしまいそうで(汗)
ryonazわーるどに浸り、楽しんでいただけたこと、大変光栄に思います。
特に心情描写については、稚拙ながら自分なりのこだわりをもって執筆しているので――
正直、感激で涙が出そうになりました。本当に、ありがとうございました。
邪魔なんてとんでもないですよ。このようなサイトをストーカーしていただけるなんて、嬉しい限りです(笑)
作品へのご期待や体調へのお心遣いに感謝いたします。こちらはシリーズものですので、よろしければ通してご覧ください。
2011/09/26(月) 17:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 手紙 あとがき

男の子のノートを読んでいたら、本当にかわいそうで、涙がでてきました。
2011/09/25(日) 23:37 | URL | ひらき #k62HVzjU

すみません、可愛いです(笑)
ひらきさんは、いつも物語に寄り添った、素直なコメントを書いてくださいますよね。
とても感受性の豊かな方なんだろうなと、勝手に想像しております。
本作が涙を流させたなんて、作者冥利に尽きます。ありがとうございます。
感情を揺さぶる作品となっていることを、ただ嬉しく思う次第です。
当然のことですが、男の子をかわいそうに思うひらきさんのお気持ちは正常ですので、否定しないでくださいね。
悪いのは創作者です。罪悪感ひとつ抱かず、謝罪する気も無いのですから(笑)
2011/09/26(月) 17:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ かくあるべきキミと、かくあるキミと あとがき

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/24(土) 11:05 | | #


メッセージ、受け取りました。
作品から多くを感じ取っていただけて、とても光栄です。
どうもありがとうございました。
ちなみに、動物の食物は「餌」で間違いありませんよ……?(笑)
感謝多々ですが、
http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-641.html
以上のような事情がありますので、何卒ご了承くださいませ。
2011/09/25(日) 06:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ryonazさん、おはようございます。あれ?コメント書き変えてくださったのですか?前のままでも十分にワンコ心を刺激されておりましたのに、貴重なお時間を私のために使っていただいたと思うと、感激するやら、恐縮するやらで………ますますなついてしまいます。尾っぽをプルプル振っております。動物の食べ物を餌と呼ぶことは承知しておりますが、私、臆病なワンコなもので、新しい飼い主様も見つけられず、人間の振りをして暮らしておりますもので… 女子高生シリーズは、前に読ませていただきました。私、「女子高生」「女子中学生」「セーラー服」「(隣の)お姉さん」等のワードは大好物でございます(笑)。
2011/09/29(木) 07:22 | URL | 次郎 #-

私は猫しか飼ったことがありませんが……
臆病な犬って、可愛いですよね。あの頼りなく、放っておけない感じがたまらないです。
ただ、「人間のフリ」ですか。ずいぶんと驕ってますね。ペットだったら、身分を弁える厳しい躾が必要そうですね(笑)
返信については、どうぞお気になさらず。感謝の気持ちを込めて、私が好きでやっていることなので。
女子高生シリーズ――通してご覧くださったんですね。どうもありがとうございます。
2011/09/30(金) 22:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 最後の日 あとがき

さすがのぶらおに。
暴力シーンの見せ方がうますぎる。
「甘めのアイメイク」「大きな瞳」「差し出した手で俺の顎を撫で」など、さり気ない描写の一つ一つがドM心をくすぐります。
欲を言えば暴力シーンをもう少し見せてほしかった……とはいえ、それがメインの作品ではないから、やっぱりこのぐらいがバランスがいいのでしょうね。
2011/09/24(土) 08:28 | URL | 名無し #-

嬉しいです。
>名無しさん
描写についてのお褒めの言葉、大変恐縮です。
気付けば設立四周年を過ぎました。いつまでも、ぶらおにらしくありたいです。
>ドM心をくすぐります
光栄ですね。心をかき乱すのが大好きなので。
>欲を言えば暴力シーンをもう少し見せてほしかった……
ご意見、ありがとうございます。「逆リョナ」をテーマに掲げているので、このお声は当然ですね。
ただ、私も自分のスタイルを崩すつもりのない頑固者なので(笑)
良い悪いはいつもわかりませんが、己のバランス感覚を信じて頑張ってます。
2011/09/25(日) 06:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

゛ただ、同情がほしくなかっただけだ。頑張り続ける不器用な彼女のそれが、彼女自身を傷つけていくようだったから…″ だから、それ以上彼女を見ていることが辛くなった訳ですね。切ないですね。死んでるけど意識があって、目も見えて、喋ることもできる。それって、生きているのと同じじゃないかな…私だったら目だけは残して置いて欲しいかな…
2011/09/24(土) 22:46 | URL | 次郎 #-

浸ってくださったんですね。
>次郎さん
またのご来訪とコメント、ありがとうございます。
思い、感じ、考え、自分だったらと想像し――
ご感想から、物語に浸っていただけたことがよくわかり、感動いたしました。
作品は読者様の感性に依拠する、というのが私の持論で。
私が発信するものから少しでも何かが伝わったら素敵だなと、そんな風に思っています。
これからも、お時間のある際は、ぜひご来訪ください。お待ちしています。
2011/09/25(日) 06:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ちゃんと掃除しなさい あとがき

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/23(金) 09:08 | | #


メッセージ、受け取りました。
見逃す? 抉っていじめるほうが面白そうです(笑)
温かいお言葉が胸に沁み入るようです。
どうもありがとうございました。
2011/09/23(金) 13:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 幸せ人生講座 17

半年程前にはじめて覗かせていただいて以来、鬼畜度低めの作品を中心に拝読させていただいています。 へたれマゾの私には星四つ以上の作品はちょっときついのですが(感情移入しすぎですね)この作品はまさかのハッピーエンドでびっくりしました。とっても面白かったです。
2011/09/20(火) 23:49 | URL | 次郎 #-

いらっしゃいませ。
次郎さん、初めまして。半年ほど前から、サイトではお会いしていたということですね。
この度、こうしてお声が聞けて嬉しいです。コメント、ありがとうございます。
鬼畜度を参考にしてくださっているんですね。
私のフィーリングのみで決めているものなので、あまり頼りにされると心憂いですが(汗)
物語を楽しんでいただけて光栄です。これからも、どんどん感情移入してください。
またのご来訪、お待ちしております。
2011/09/21(水) 19:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 皐月トラブル あとがき

難しいです。彼女は 「五月病」 と言われるのが嫌なのでしょうか?自分も鈍感な方なので、彼女の気持ちがわかりません。 「ピューと吹く!ジャガー」 は僕も知っています。 「週刊少年ジャンプ」 で連載されていた頃、ときどき読んでいました。
2011/09/20(火) 20:49 | URL | ひらき #k62HVzjU

(笑)
ひらきさん、こんばんは。いつもこまめな書き込みを、ありがとうございます。
さすが、うすた氏は有名ですね。
「あとがき」でも触れていますが、不条理ストーリーです。
自分が鈍感だから――、などと責めたりする必要はないですよ。
難しく考えず、雰囲気を味わっていただければ嬉しいです。
彼女の気持ちがわかったら、ぜひ私にも教えてくださいね(笑)
2011/09/21(水) 19:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 彼女こそが世界 あとがき

面白かったです。すみません。この小説を読ませていただいて、ここでは書き込みできないような事を想像してしまいました。
2011/09/15(木) 17:51 | URL | ひらき #k62HVzjU

気になりますね(笑)
ひらきさん、こんばんは。いつもご感想をありがとうございます。
本作も、楽しんでご覧いただけたようで何よりです。
「小説は、読者様の想像力に依拠するところが大きい」というのが持論なので――
物語を通してご想像なさったことがあったということを、大変嬉しく思いました。
>ここでは書き込みできないような事
私が想像させられていますが(笑)
2011/09/16(金) 22:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ たったひとつの幸福 あとがき

彼が、どう思っているのか考えてみましたが、難しいです。嬉しいのでしょうか?それとも辛いのでしょうか?ゆきな梨央様の小説は本当に奥が深いですね。面白いです。
2011/09/13(火) 08:37 | URL | ひらき #k62HVzjU

嬉しいです。
ひらきさん、こんばんは。いつも温かいコメントの数々、本当にありがとうございます。
いつも同じことを申し上げて恐縮ですが、作品をどうお感じになるかは、読者様の感性にお任せしています。
例えば、ひらきさんのおっしゃるように、彼は嬉しいのか、辛いのか、と想像してくださったり、奥が深いと感じてくださったり。
そんな風に、何かを得ながら物語をお読みいただける――そのこと自体に、大きな意味があると思っています。
大変光栄です。ありがとうございます。
2011/09/14(水) 17:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 街掃除 あとがき

この小説を読ませていただいて思ったのですが、主人公の性格がゆきな梨央様、本人のように感じました。とても面白かったです。
2011/09/11(日) 11:11 | URL | ひらき #k62HVzjU

複雑ですね(苦笑)
作品を楽しんでいただけて嬉しいです。ありがとうございます。
おっしゃる通り、本作は、素の自分を素の文章で表現してみた感じです。
が、ただ……、どのあたりを以て私のようだとお感じになったのか、と考えると、結構ドキドキしてしまいますね(汗)
それが「あとがき」に見る性格なのか、コメントやメールの返事に見る性格なのか、あるいは他に……?
んー。とりあえず、ひらきさんには「あまり怖がらなくても大丈夫ですよ……」とだけ、静かに申し上げておきます(笑)
2011/09/12(月) 19:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

願望
・大きな水槽に入れられて、地面に足を固定されて、そして少しずつ水を入れられて、その様子を女性に笑われながら(あるいは無視されながら←部屋の飾り程度として)○されたいです。

・女性に、手足を四方向に縛られ、段々引き伸ばされて、○されたいです。

・女性に、体内を破壊する細胞?虫?などを飲み込まされて、○されたいです。
2011/09/04(日) 21:53 | URL | ma #lISGuULQ

妄想物語
ちょっとだけ。少し前に考えた妄想物語を。
まあ、取っ掛かりだけです。あとは妄想で…
男の腹を殴って失神させることができると言う女性に対し、言ってはいけない台詞を言ってしまい、腹を殴られ始める。
だんだんきつくなっていき、本当に女性は男の腹を殴って失神させることができると解り、もう辞めて欲しいとお願いするが、女性は男の腹を殴るのを辞めない。
泣いても、謝っても、女性は男の腹を殴るのを辞めず、ついに男は意識を失う。
そんな妄想物語。
タイトルは…
サトル氏がないて謝っても許してもらえず、気絶するまで腹を殴られる頃に
すみません。ネタっぽくて
2011/09/29(木) 22:02 | URL | サトル #VgVm03TY

お二人様へ。
>maさん
歪な願望――。行為に惹かれつつ、なぜか期待は足蹴にしたくなるのが不思議です。
終着点の「○」は……、私にはひとつしか思い浮かびませんけれど……

>サトルさん
禁忌ワードは存在しますね。私の場合は、感情が迷子になる感じでしょうか。
冷たい血が全身を巡る感覚――怒り? でも、口元だけは笑っているような。
2011/10/01(土) 17:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/03(月) 13:42 | | #

今はマンションに住んでいます。
毎晩19時頃になりますと、一音一音はっきりとしたヒールの音が、コツコツコツコツと通路から聴こえてきます。
自分はその音を聞く度、何か胸中でゾッとするといいますか、ゾクゾクするといいますか、ひざまづきたい衝動に駆られたり、緊張したり、思わず背筋を伸ばしてしまいます。

顔も拝見したこともないのに、音だけで自分自身が支配されている感覚に陥っています。
2011/10/03(月) 19:44 | URL | MA #lISGuULQ

喉元
僕は仰向けの状態で、里奈様を見ています。
先ほどから里奈様は何も言わず、僕の喉元を、黒いパンプスで軽く押し潰したりします。

僕は苦しいです。
だけど、里奈様が喜んで頂けるなら僕は嬉しいです。

段々と、里奈様は体重をかけてきます。
僕はもっと苦しくなって、喘いでしまいます。
里奈様のパンプスを、手でどけることもできます。
けれども、里奈様のパンプスに、こんな僕が触れることなんてできません。
汚い僕が美しい里奈様のパンプスに触れるなんてできるはずがありません。

僕は耐えるだけでした。

―やがて里奈様が僕を絶望から解放してくれると、胸一杯に空気を吸うことができました。
こんな僕を踏んでくれた里奈様に、僕は感謝しています。

しかし、そんな解放も一時でした。

トントン。トントン。

里奈様が持っている折りたたまれた日傘の先端部分が、僕の耳元で、地面と相打って音を立てています。
僕は恐怖で一杯になりました。
里奈様の口元を見ると、微笑がありました。

トントン。トントン。

やがて日傘の先端部分は地面から離れ、僕の喉元を優しく撫でてくれました。
僕は言ってはいけないと思っていましたが、

「ごめんなさい」「ごめんなさい」
と声をあげてしまいました。

里奈様は怒ることもなく、微笑し続けているだけでした。

僕は里奈様にも、里奈様の持つ日傘様にも、御許しを乞いました。
しかしそんなことは空しく、日傘の先端部分は、僕の喉元のある一点に止まりました。

ちょんちょん。ちょんちょん。

力はないものの、日傘の先端部分は僕の喉元を軽くさすってきました。

里奈様が口を開きました。
「今まで楽しかったよ。」

僕は一生懸命、御許しを乞いました。「ごめんなさい」「ごめんなさい」


ちょんちょん。ちょんちょん。


「君がいなくなると、寂しくなるな…」
僕は必死で許しを乞いました。
「ごめんなさい」「ごめんなさい」


ちょんちょん。ちょんちょん。


里奈様は微笑を止め、不思議そうな顔で、僕の顔を見つめています。
「ごめんなさい」「ごめんなさい」


ちょんちょん。ちょんちょん。


「ごめんなさい」「ごめんなさい」



綺麗な日傘。可愛らしい日傘。
その先端部分は僕の喉元を一気に貫いてきました。



「君は、もういらない」
2011/10/06(木) 00:44 | URL | そい #K8Rmk27c

出しゃばり管理人です。
率先して自由帳をご利用いただき、ありがとうございます。

>(秘密コメントの方)
メッセージ、受け取りました。
どうもありがとうございました。
これ、妄想なんですよね?
設定や心情など、無駄がなく秀逸な描写であるためか、とてもリアルに感じられました。

>MAさん
音で支配するという、この感覚に惹かれました。
ひ弱な存在を近くに意識しながら、ヒール音を奏でてみる。……楽しそうです(笑)

>そいさん
これはもう、完成された小説ですね。
気付くとこの世界の雰囲気に魅了されていました。
2011/10/07(金) 22:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 関白宣言 あとがき

読ませていただいて、思わず笑ってしまいました。亭主の性格が面白いです。
2011/09/04(日) 21:20 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます。
お目汚し、失礼いたしました(笑)
亭主の彼には、私が何度もツッコミを入れました。
同時に、これを真顔で執筆している自分にもツッコミを入れていました。
笑っていただけて何よりです。
2011/09/05(月) 23:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ あなたを潰す時まで あとがき

とても面白いです。最初はトマトを潰す事から始まって、エスカレートしてくる様子が伝わってきます。これからもよろしくお願い致します。
2011/09/02(金) 11:53 | URL | ひらき #k62HVzjU

嬉しいです。
楽しんでいただけて光栄です。
たかがきっかけ、されどきっかけ。気付いた時にはもう……、といった具合でしょうか。彼女には驚かされました(笑)
感情に任せて執筆したような感覚でした。私自身が、エスカレートしていったのかもしれませんね。
いつもご感想、ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。
2011/09/03(土) 20:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ちゃんと掃除しなさい 2

>私の目的は、規律を守らせること

 規律や秩序を乱す人間は、罰しないと駄目ですよね。

 「私」が、「(私は)お前に絶望を与えたることもできるし、希望を与えることもできるんだよー」みたいな考え方を無意識にしているように思えました><

 個人的に、「女性=綺麗=美しい=正義=絶対的存在=正しい」という図式になりつつあります。そういう世界が理想です。男は醜い=汚い=罰しなくてはいけない という扱いを受けたいです。
2011/08/28(日) 08:45 | URL | ma #NkOZRVVI

女尊男卑ですね。
あなたを生かすも殺すも、私次第――。そんな考え方は、お好きですか?
これまでの自由帳を拝見し、maさんにとっての男性は、「女に意識されるまでもない下卑た存在」というのが、私の印象でした。
男女の身分差と言うよりは、男性にはそもそも価値自体が与えられていないかのような。
ですが、本作のコメントにおいては、「罰すべき存在として扱われたい」ということで。解釈がまた違ってくる感じがしますね。
嗜好の細部を読み解いていくのも面白いものです。maさんの語る耽美な世界観。個人的に、興味津々です。
2011/08/29(月) 18:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

連投して、申し訳ありません。

そういう考え方をしている女性が増えて欲しいです。
好きですよ。

>「女に意識されるまでもない下卑た存在」(男性にはそもそも価値自体が与えられていない)

という前提で、「物(男)を罰しなくてはいけない」と考えている女性もいて欲しいですし、それ以前に「物(男)なんて存在しない」と、道具のように扱ってる女性もいて欲しいと思っています。
別に、自分としては、一つの考え方にこだってませんね。

けどやっぱり、「使えない物(男)は処分される」という世界観が一番好きです。その処分の方法も、ガーディアンセンターみたいなものでも良いですし、普通に業者が来て、工場で機械によって首をスパスパ切られたりだとか、焼却だったりとか。
とにかく、徹底的に、女性から物(男)に対して、最後まで物として扱われたいですね。女性によって、価値を与えられたり、希望を与えられたり、逆に、無価値になったり、絶望を与えられたいです。
最近は、女性が(女神・)神様に思えてしまいます…気持ち悪い妄想で、ごめんなさい。


失礼ですが、最近は執筆がないみたいですが、お忙しいんですか?気長にお待ちしています。
2011/08/29(月) 22:40 | URL | ma #lISGuULQ

ご回答、ありがとうございます。
謝っていただく必要なんてないですよ。むしろ、お声が聴けると嬉しくなる人間です。
恥ずかしがり屋さんでなければ、ぜひ気軽にコメントしてください。
嗜好解釈の件ですが、確かにmaさんのおっしゃる通り、白か黒かではないですよね。無粋な質問でした。
男はあくまでも物。――共感できる嗜好のひとつです。こういったテーマで執筆した作品も多いですね。
>気持ち悪い妄想で、ごめんなさい
仮に私が嫌悪感を抱く人間だったなら、こんな作品が100以上も並ぶサイトにはなっていなかったはずです(笑)
次作をお待ちくださり、ありがとうございます。
今掲載している作品をひとつでも多く読んでいただけるよう、現在ゆっくり更新中です。
2011/08/30(火) 17:48 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 僕は狙われています あとがき

男性が知らない女性に責められる、その後も別の女性から、次々と責められる、という内容が良いですね。とても面白かったです。
2011/08/24(水) 14:38 | URL | ひらき #k62HVzjU

嬉しいです。
いつもご感想、ありがとうございます。
星新一氏の発想力に憧れ、大きすぎる彼の背中をいつまでも追い続けています。
パラフィリアを淡々と描くだけでは面白くない。そんな思いから、ryonazわーるどを奏でています。
楽しんでいただけて何よりです。
2011/08/26(金) 00:37 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 傘もささずに あとがき

傘という言葉で思いましたが、21日、22日と連続で雨が降りましたね。僕は雨が苦手です。
2011/08/22(月) 17:12 | URL | ひらき #k62HVzjU

雨は苦手ですか。
それもまた、大人になる、ということなのかもしれませんね。
雨が降る、という現象に、善悪は存在しますか? 存在するとしたら、どちらに区分されますか?
ひとつの自然現象。ですが、理由づけはきちんと成されていますね。
存在しないものが、あたかも存在しているように。
ほんの少し表情を変えている見慣れた世界をほんのり眺めてみるのも、面白いものですよ。
本作は、執筆時の記憶は全く無いけれど、私が書いたということだけは確信できる、不思議なフシギな作品なのです(笑)
2011/08/23(火) 18:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 夜霧 あとがき

くノ一は本当に格好良いです。実際に見てみたいと思った事があります。
2011/08/22(月) 11:07 | URL | ひらき #k62HVzjU

単純に……
くノ一が登場する物語を書きたかったのです。素敵だから、という、ただそれだけの理由で。
しかしながら、時代ものの執筆などしたこともない作者……。結果がこれです……ご了承ください(汗)
ちなみに、赤坂の有名店では、元気で可愛らしいくノ一さんに会えます。「はっ!」と、忍法を見せてくれますよ(笑)
2011/08/23(火) 18:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 僕のメイド様 あとがき

とても面白いです。ゆきな梨央様の小説の中では、珍しくソフトな責め方ですね。他の小説とは違う面白さがありました。
2011/08/20(土) 17:54 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます。
あとがきと重なりますが、ソフトな物語も描いてみたいなぁ、と思いました。
個人的には、責め方よりもテーマや心情のほうを大切にしているつもりなのですが……
まぁ……、説得力はないですよね(笑)
楽しんでいただけて光栄です。
2011/08/21(日) 23:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 過ちの代償 あとがき

ゆきな梨央様、この小説を読んでいると、腹責めが好きな理由がわかる気がします。いつも面白い小説ありがとうございます。
2011/08/19(金) 08:01 | URL | ひらき #k62HVzjU

大好物ですね。
いつも謝辞を頂き、大変恐縮です。こちらこそです。
苦痛を伴わないときにのみ、人間は理性的でいられると考えています。
どこかで「本性」を求めているのかもしれませんね。腹責めも手段のひとつ。大好物には違いありませんが。
……単純に歪んでます(苦笑)
2011/08/20(土) 11:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ヒーリングメロディ あとがき

 僕も、この小説に出てくる男性と、同じ様な方法で責められてみたい、と思いました。
2011/08/16(火) 08:35 | URL | ひらき #k62HVzjU

危ない誘惑ですね(笑)
首絞め好きのひらきさんにとっては、魅力のある責め具でしょうね。憧れるM男性も多いのではないかと想像しています。
ただ、こうして使い捨てられることを望むか否か――となると、また意見が分かれそうですよね。
コメントから察する勝手な私見ですが、maさん(引き合いに出してすみません)は前者、ひらきさんは後者の印象です。
個人的には、首絞めも含め、男性の喉から漏れる声にならない声が、本当に素敵に思えます。
2011/08/18(木) 12:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 少女Aの日記 あとがき

 最後の結末にビックリしましたが、主人公の少女がとても可愛いと思いました。いつもありがとうございます。
2011/08/14(日) 08:50 | URL | ひらき #k62HVzjU

感謝しています。
物心ついたときから、人を驚かせたり怖がらせたりすることが好きでした。
>結末にビックリ
ありがとうございます。作者冥利に尽きるお言葉です。
ひらきさんには、本当にたくさんのご感想を頂いてますね。大きな活力になっています。
これからも、当方をどうぞご贔屓に。
2011/08/15(月) 23:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 鬼ごっこ -予定調和- 15

これも良いですね。最後のところとか、綺麗で惹かれてしまいます。
(ちょっと時間がなくてコメントが短文ですが…すいません汗)
2011/08/11(木) 01:19 | URL | MA #NkOZRVVI

ありがとうございます。
MAさん。いつも、作品への温かいコメントに感激しています。
当然のことですが、込めてくださる想いは、長文か短文かで測るものではありませんね。
こうしてご感想を頂ける――そのこと自体が、私にとっての何よりの励みです。ありがとうございます。
文章は奏でるもの。効果的な表現は、いつでも私の課題です。
まだまだ模索中の身ですが、表現へのお褒めの言葉、とても嬉しく思いました。
2011/08/12(金) 19:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ かくあるべきキミと、かくあるキミと あとがき

これからも宜しくお願い致します。
 やっぱり変な強がりを見せたりしないで、のんびり自由に生きるのが一番ですよね。この猫もしっかり歩く事ができるようになって、よかったです。
2011/08/02(火) 19:47 | URL | ひらき #k62HVzjU

こちらこそ。
仏教には、「少欲知足」という教えがあります。
欲を少なくして、今以上を求めない。足ることを知り、現状に満足する。
私が大切にしている言葉のひとつです。が、執筆に関しては未だに貪欲で、我ながら矛盾しているなぁ……と(汗)
本作では、テーマが少々露骨過ぎたかもしれません。楽しんでいただけていれば本望です。
2011/08/03(水) 18:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

これからも宜しくお願い致します。
 僕は今、好きな女性がいます。そのお方とはメールでよく話をしています。実際にお会いした事はありませんが、写真を見させていただくと、とても綺麗です。そして、そのお方は男性を責める事が好きだそうで、格好良いイメージがあります。
 僕は、そのお方に首を絞められているところを妄想してしまいました。仰向けに倒され両手で絞められたり、お腹を踏まれたりしていました。最終的に僕は吐いてしまい、意識を失ってしまいました。
2011/07/28(木) 19:55 | URL | ひらき #k62HVzjU

おはようございます。昨日とその前の黒木メイサ様が出演していらっしゃる刑事番組を見て思いました。美人で体を鍛えあれだけ強ければ、幼児やお年寄り相手に本気で戦って一方的な残虐ショーを見てみたい。
2011/08/06(土) 08:20 | URL | でぶ #-

的確な助言、ありがとうございます。
前回、腹パンチ後の反応に順位をつけましたが…
私自身が「腹を殴られて失神したい」人なので、ついつい忘れてしまっていました。
決してさせられてはいけないことなので…
でも、だったら順位に「死」を入れるなっていう話ですが…(笑)
腹殴られて失神は、目が覚めれば普通の生活に戻られますけど、これは、詳しくは知りませんけど、普通の生活に戻れなくなりますね。
「吐血」を忘れておりました!!
で、足し算すると、もう、式が大変なことになりそうなので…
失神<吐血<死
で、確定しそうですね。
しかし、失神=気を失うだけで普通の生活に戻れる、吐血=内臓逝ってしまって普通の生活に戻れない。
であれば、失神<吐血は間違いないのでしょう。
しかし、気を失うってすごい事だと思うのですが、気を失わない吐血の方が上位っていうのが、なんか複雑な気持ちです。
それとも、吐血したら失神するのでしょうか?
だとしたら、
失神<吐血+失神<死
あ~、また足してしまった!
いや~、一言で「腹パンチ」といっても、中身はなかなか複雑なようです。
2011/08/07(日) 02:52 | URL | サトル #VgVm03TY

 高校2年生の夏休みの最中でした。その日は夏休みの勉強をやっていました。僕は英語がすごく苦手なので、答えを見ながら勉強しよう、と思いました。ですが、答えが書いてある紙がありませんでした。僕は (しまった。学校に置き忘れちゃった。) と思って急いで取りにいきました。
 学校に着いて教室に入った時、生徒が大勢いました。その中には、ミナさんと、アイさんもいました。いつも僕は、この2人の女子にいじめられていました。僕は (どうして?何でここに?2人に見つからないように取りに行かないと。) と思いましたが、すぐに見つかってしまいました。

ミナ「あら~アンタ何でここにいるの?」

アイ「アンタは赤点ないに、どうして?」

2人は、強い口調で、そう言って僕に近づいてきました。僕は圧倒され立ちすくんでしまい、逃げる事ができませんでした。そして、捕まってしまいました。

ミナ「今から補習があるのよね~。でも、エスケイプするわ~。だってアンタをいじめる方が面白いからね~。」

アイ「そうよね。」

 2人は、そう言うと僕は女子トイレに連れて行かれました。そして中で服を脱がされてしまいました。ミナさんという、大柄の女子に、携帯電話の充電コードで首を絞められました。必死に抵抗しようとしましたが、自分より大きくて体重もあるミナさんに、押さえつけられていて、動く事ができませんでした。その時 (いつも、どうしてこんな事をするの?僕はいじめられるような事してないのに・・・) と実際には声を出さずに、心の中で何度も何度も言っていました。
 すごく苦しかったのですが、そこは女子トイレなので、他の女子に気付かれないように、できるだけ呻き声をださないように、必死でした。

ミナ「あら~今日は、いつものように呻き声を出さないの~?」

 と言いました。少しその後、沈黙が続きました。そして突然

ミナ「あっ、わかったわ~。女子トイレに男子が入っているなんて、他の人に知られたら、間違いなく変態扱いされるよね~。アンタそれが怖くて、声を出すのを我慢してるのね~?」

 と言ってもっと強く絞めてきました。僕は、それに耐える事ができずに

僕「うっ・・・あっ・・・もうダメ・・・苦しい・・・」

 と言ってしまいました。僕はその時 (もう学校に行くのはイヤ・・・もし今の声が誰かに聞かれていたらどうしよう・・・) と思いました。
 僕が苦悩している間も、お構い無しにミナさんの責めは続きました。何時間も何時間も続きました。どんどんエスカレートして、苦しさに耐える事ができずに、トイレの中で僕の呻き声が響きました。その後、絞め続けられてヘトヘトになっている僕の頭を掴んで、便器の中に顔を押さえ込まれました。息をする事ができず、だんだん意識が朦朧としてきました。
 僕は気付いたら、保健室のベットで横になっていました。その後、落ち着いてから教室に行きました。もう遅いので誰もいませんでした。そして自分のロッカーから答えが書いてある紙を取り出して帰りました。

 僕は、このような体験をしました。ちょうど、今は夏休みの時期なので、思い出しました。
2011/08/08(月) 23:54 | URL | ひらき #k62HVzjU

 プロフィールの写真、変わりましたね。
2011/08/13(土) 22:25 | URL | ma #-

こんばんわ。わたくしカイジという漫画が好きで昨日深夜も見ていたら特報としてカイジ2映画を十一月公開とのこと、映画は漫画ほど興味がないのですが、その映画の中で姫と奴隷と言う項目がありました。漫画は、全部読んでるわけではないが、そんなものは、知りません。姫と奴隷凄くドキッとしました。ほんの少しのシーンですが、牢屋にいれられてるカイジそしてその外で派手な身なりをした綺麗な女性、おそらく姫。あの漫画はけっこう残酷なことも描いてあるので凄く楽しみ。できればカイジ以外の奴隷は、姫の暇つぶしやお遊び程度で残酷に殺されるシーンを期待してしまいます。仕事を休んで平日のすいていそうな日にでも見にいこうと思います。DVDなどでは、女性が本気で男優に蹴りやビンタをするものもありますが、私は映画やドラマのつくりものでも、女性が男を殺すシーンが、好きです。ただカイジの場合全国放映R指定では、ないと思うので私の期待するものはみれない可能性が高いと思いますが。最低でも奴隷同士でロシアンルーレットや乗馬の時に奴隷を馬にロープで繋ぎ引きずりまわすなど期待したい。でも無理だろうな。失礼します
2011/08/17(水) 19:36 | URL | でぶ #-

でぶさん。
いつも、逆リョナに関するたくさんの情報のご提供、ありがとうございます。
管理人として、あらためてお礼申し上げます。
刑事番組のほうは、ドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』ですよね。
逆リョナ@wikiにも掲載しております。ご参考になれば幸いです。
2011/08/18(木) 11:51 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんにちは、すばらしいコーナー少しですけど拝見しました。女教師仕置き人は、私の中でも指折りです。DMMのVシネマコーナーで見れると思います。それと同じく美姉妹。見てない人は、是非見てほしいと思います
2011/08/18(木) 19:23 | URL | でぶ #-

すいません。愛姉妹でした。
2011/08/20(土) 17:49 | URL | でぶ #-

私が神と崇めている人で龍多美子様がいます。この人は、現在54才です。南青山にランジェリーショップをひらいていてこの業界では、カリスマ的存在です。16才の時にボーイフレンドの好みでガーターストッキングを身に着けました。すると彼女自身が興奮して、それ以降今日まで、パンストは、まったく履かず、ガーターストッキングのみ履いています。本の中ではボーイフレンドなどと言っていますが、間違いなくSEXは、していたと思われます。大学卒業後、ランジェリー店に勤め、25才の若さで、今の店を開きました。そして昨日多美子様のインタビューをパソコンで偶然見つけたら、なんと好きな煙草がインドネシアのクレテック煙草と答えていました。最近は、やめていますが、パリや外国に行くとつい吸ってしまいますとも。多美子様が煙草を吸うとはかなり衝撃。若い頃から外国にもかなり行っておられるのであっちのほうも相当に思える。数年前には17才だか年下の男も手にいれまさに豪傑。多美子様最高。一度なまで見たいが店の中に入る勇気がない。
2011/08/20(土) 18:08 | URL | でぶ #-


■ 幸せ人生講座 16

>老人の亡骸を前に、私は手を合わせることしかできなかった

 この一文を読む前から思っていたことですが、きっと優しくて正直な女性なんだなと思いました。
 ソファーに座って這いつくばっている老人を笑いながら見たり、立ち上がって老人をじわじわと追い詰めたり、カウントダウンを始めたりする場面がとても素敵で何度と読み返してしまいました。

 もっと長くこの女性と触れ合っていたい作品でした。不満を申し上げるなら、もっと長文でも良かったかもです。
 本当に、良い作品です!
2011/07/27(水) 22:15 | URL | MA #lISGuULQ

嬉しいです。
MAさん、こんにちは。作品を楽しんでいただけて光栄です。
徐々に変化していく彼女の心情や様子を表現できていればいいな、と思っています。
身に余るお褒めの言葉が、心に沁みました。ありがとうございます。
彼女に寄り添ってご覧になり、何度も読み返し、もっと彼女と共有する時間をもちたいと願う。
――そんな風に物語に触れていただけたことを、とても幸せに思います。
これからも、よろしくお願いいたします。またのご来訪、心よりお待ちしています。
2011/07/28(木) 14:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ かくあるべきキミと、かくあるキミと 1

この小説を読ませていただいて見栄を張るのは良くないと思いました。自分も注意します。
2011/07/22(金) 18:07 | URL | ひらき #k62HVzjU

光栄です。
ご感想、ありがとうございます。
「身の程知らず」「分不相応」など、日本には物事の本質を捉えた素晴らしい言葉がたくさん存在しますよね。
物語を教訓にしていただけるなんて、大変光栄です。
2011/07/23(土) 21:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 罪には罰を 6

ゆきな梨央様、お久しぶりです。読んでいると凛に責められている男性の声が聞こえてくるような感じがします。
2011/07/20(水) 16:58 | URL | ひらき #k62HVzjU

お久しぶりです。
いつも物語の世界に浸ってくださり、感謝しています。
表情、気持ち、今回は声――。いろいろとイメージしていただけて嬉しいです。
楽しんでくださいね。
2011/07/21(木) 16:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

自己紹介
初めまして。
こちらのサイトの趣旨とは、ずれているかもしれませんが、腹パンチが好きな30代です。
きっかけは、多分、子供の頃に見た、ドラゴンボールや聖闘士星矢だと思います。
腹を殴られたシーンでは、顔とかを殴られたときとは違い、しばらく動けず、苦しそうにしている、そんな反応に、なんと言葉にして良いか解らない感覚にとらわれたのだと思います。
しばらく見ていると、今度は腹を殴られた後、殴られた人が眠ってしまう、そんな場面がありました。再び、そしてただ腹を殴られたシーンよりも大きな「なんと言葉にして良いのかわからない感覚」にとらわれました。
小さい頃で、はっきり覚えてもいませんし、当時はよく解ってもいなかったでしょう。今のように容易に情報を集められる時代でもなかったです。
しかし、今の腹パンチ好きはこの頃から芽生えたのだと思います。
2011/07/12(火) 02:53 | URL | サトル #VgVm03TY

いらっしゃいませ。
サトルさん、初めまして。自由帳のご利用、ありがとうございます。
このページでは一個人として楽しませていただこう、と思いつつ、いつも出しゃばる管理人です(汗)
以後、よろしくお願いいたします。
お気遣いいただいて恐縮ですが、個人的には、サトルさんの嗜好がサイトの趣旨から外れるものだとは思いません。
いえ……、むしろ、大好物と言いますか(笑) 男性の苦悶、気絶、etc.....素敵ですねぇ。
「逆リョナ」そのものについては、様々な解釈の可能性があると思いますが、個人的には、
http://blog-imgs-23-origin.fc2.com/x/r/a/xratedsearch/tetu33.html (「拘りの鉄」 ―― 企画 : X-rated search 様)
以上(7.腹責めへのこだわり)で書かせていただいているように、お腹を責めることにやたらと執着する人間なので。
とても共感いたしました。
きっかけが(おそらく)アニメ(漫画?)というのも興味深いですね。何がトリガーになるのかも人それぞれだと感じていますので。
よろしければ、これからもぜひご活用ください。
2011/07/12(火) 22:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

補足
管理人様、早速コメント頂きありがとうございます。
「自己紹介」では、ドラゴンボールや聖闘士星矢などの話に触れ、女性が男性を責めるよりも、男性が男性を責める事が多い物語の話だったので、若干こちらのサイトの趣旨から外れているかと思いました。
しかし、それを否定して頂き、ありがたく思います。
あと、きっかけはアニメの方です。漫画はほとんど読まないのと、せっかくの腹パンチシーン、動きがある方が良いので…(笑)
それでは、私の話は小出し小出しにしていきますので、もうしばらくこちらを利用させて頂きますが、よろしくお願い致します。
2011/07/13(水) 01:23 | URL | サトル #VgVm03TY

ダメージ
私が腹パンチシーンを見るのは、主にアニメです。
しかし、普通のアニメでは、なかなか腹パンチシーンに巡り会う事はありません。
腹パンチシーンに巡り会う確率が高いアニメ、それはやはり格闘シーンがあるアニメでしょう。
そういう点では、ドラゴンボールや聖闘士星矢はうってつけだったと思います。
腹パンチシーンというのは、腹を殴るシーンであって、殴る場所は腹、方法は殴る。(たまに肘や膝で突くこともありますが…)
とまあ、バリエーションが少ないと思われる訳です。
じゃあ、早いパンチで連打する、一発ずつ重いパンチを繰り返すっていうのが出てきます。
腹を一発殴る。苦しそう。腹を連打する。もっと苦しそう。こうして苦しそうな度合いを増していったのだと思います。
しかし、このままだとただ殴る数が増えていくだけ。
しかし、ドラゴンボールや聖闘士星矢の、とある腹パンチシーンから、腹を殴られたときのダメージを想像するようになりました。
まず、ドラゴンボールから。
主人公の孫悟空とナッパの戦闘シーン。
それまで、ナッパの攻撃が孫悟空に全く当たらないという、2人の力の差がありすぎる事を見せた後。
孫悟空とナッパが対峙していると、孫悟空がナッパに向かって突進してくる。ナッパは身構えるが、突進してきた孫悟空は突然目の前で姿を消し、ナッパの頭上に立つ。頭にきたナッパは、頭上の孫悟空を両手で捕まえようとするが、孫悟空は瞬時に移動し、ナッパは両手を叩いてしまう。瞬時に移動した孫悟空は、ナッパの懐に移動しており、そのままボディアッパーを叩き込む。
このシーン、すごくお気に入りなのですが、想像すると凄いです。ナッパのパンチを余裕で全て避ける孫悟空が、孫悟空にパンチを全く当てられないほど弱いナッパの頭上に意識を向けさせ、ボディをがら空きにして、恐らく全く力の入っていないナッパの腹に、渾身のボディアッパーを叩き込む。恐らく想像を絶するほどのダメージがあったのではないかと想像してしまいます。
ドラゴンボールは、敵を油断させて、思いっきり腹にパンチを叩き込むって言うシーンが他にもあって、かなり好きなアニメでした。
かなり長文になってしまったので、聖闘士星矢に関しては簡単に…
階段状の場所で、敵が上、星矢が下にいて、星矢が敵にチェーンで絡め取られ、ズルズル引き寄せられるシーン。
星矢はそのチェーンをグイっと引っ張ると、バランスを崩した敵が空中に投げ出される。敵が落下していると、星矢は落下している敵の鳩尾めがけ、拳を突き上げる。そして、敵は気絶し動かなくなる。
これも好きなシーンです。
良いか悪いか解りませんが、そのまま地面に叩きつけるだけで良いだろうと思いますが(腹パンチ好きであることを抜きにした場合ですが)、落下している敵の鳩尾めがけて、拳を突き上げるなんて…
相当なダメージなんだろうなと想像してしまいます。
まあ、リアルでやると恐らく死ぬんでしょうけど…
これ以外にも、アニメの中のさまざまな腹パンチシーンの殴られる側を、死なないように多少アレンジして、やってみたいなという思いを強く持っております。
2011/07/13(水) 02:42 | URL | サトル #-

すみません、訂正です。
サトルさん、こんにちは。素敵なシーン紹介、ありがとうございます。
えっと、申し訳ありません。
>男性が男性を責める事が多い物語
この観点が私に無かったもので、誤解を招く発言になってしまいました。それだけ、訂正させてください(汗)
当方コンセプトは「逆リョナ」なので、基本は女→男としています。ですので、
>それを否定して頂き、ありがたく思います。
すみませんが、サイト運営方針自体は、お言葉を否定するものではありません。
>若干こちらのサイトの趣旨から外れているかと思いました。
お心遣いに気付かず、申し訳ありませんでした。ありがとうございます。
ただ私は、主旨が個人の好みを否定・批判するようなサイト運営はしたくありません。嗜好はそれぞれですので。
今後もサトルさん流にこちらをご活用いただき、サトルさんのこだわりを語っていただけたら幸いです。
ちなみに、私はどちらのシーンも知らないのですが、お話を聞いているだけで見たい衝動が……
そういったシチュエーションで男性が見せる表情やリアクションは、おそらく個人的にものすごくツボなので。
責め側が男性だと自己を重ねにくいのが、想像性に乏しい私の弱点なのですが(苦笑)
2011/07/13(水) 15:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

ネットで腹パンチ
ドラゴンボールや聖闘士星矢の話になってしまいましたが、要するに私は腹パンチ(シーン)が好きです。
正直、殴るのが男でも女でも、殴られるのが男でも女でも。
その中でも特に、「腹を殴られて気絶する」シーンが好きなんです。出来れば一発で。なかなか無いですけどね。
腹を殴られても気絶するシーンが少ないから、腹を殴られても気絶しないけど苦しんでいるシーンが好きなのか、それとも、腹を殴られて苦しもうが失神しようがどっちでも好きなのか。それはよく解りません。
前回、「ダメージ」を書きましたが、腹一発殴られて失神するシーンって、基本的には不意打ちですよね。
なので、常に「力の入っていない腹に」ですし、「気絶するほどのパンチ」ですから、なかなか話が膨らまないんです。
とある物語に出会うまでは。
その話は、また後日、その気になればお話します。
インターネットが普及しだしたのは、私が十代終わり頃から二十代前半の頃でしょうか。
最初は学校の授業でネットに触れ、しばらく後、学校でメールをやり取りしたり、ほぼ自由にネットを見られるようになりました。
とはいえ、その頃は何故か腹パンチに関して調べるということはして無かったです。
まあ、学校ですし、広い部屋で私以外の人が行き来する中で腹パンチに関して調べる勇気が無かったのか、ただ忘れて人様の描いたイラスト集めにいそしんでいたのか…
大学卒業前に、パソコンを買いました。
家で、人目を気にせずにネットで調べ物を出来る環境が整いました。
その頃、腹パンチに関して調べようとしたんですけど、まだまだネットでの情報の探し方が解らなかったのか、腹パンチに関する情報は得られませんでした。
それから更にしばらく経ち、ふと再び腹パンチに関して調べると、腹パンチ関連のホームページを発見することが出来ました。
多分、初めの頃に見つけたのは、男が女の腹を殴るのが好きな人が集まるサイト。
そういうサイトのリンクをたどっても、やっぱりリンク先も男が女の腹を殴るのが好きな人のサイト。
男の腹を殴りたい人のサイトって無いのかと思いましたよ。
実際、女の腹を殴りたい男の人が多いんだと思います。
しばらくそこに現れて、それでも諦めきれずに男の腹を殴りたい人のサイトを探して。
ようやく見つけたのが、ボクシング好きの人のサイトでした。
腹パンチは、当然といえば当然ですが、「殴る人」と「殴られる人」がいるわけです。
私は「殴られたい人」でした。
何故か解りませんけど、「腹を殴りたい・失神させたい人」ではなく、「腹を殴られたい・失神させられたい人」だったのです。
ボクシングサイトに通い、そちらにこられている方の一人と、ボクシングプレイをする運びとなりました。
ボクシングの真似事をするのですが、私は子供の頃から喧嘩も避けてきた人間ですし、人を殴るとかいうのはどうも苦手で。お互いパンチも軽いものでしばらくやりあって終わりました。
ボクシングプレイを終えて、さあ帰ろうかというとき。
どうしても我慢できずに、相手の方にお願いしました。
「腹を殴ってくれませんか?」と…
相手の方はいやな顔せず、引き受けてくれました。
素手かグローブ有りかを聞かれ、腹を殴られたい思いは強かったのに、少し恐怖心もあり、とりあえずグローブ有りで殴ってもらうようお願いしました。でも、心のどこかで「それで平気だったら次は素手で」という思いがありました。
壁を背に立ち、腹に力が入らないように、目を閉じ、腹をパンチされるのを待ちました。
パンッ!グローブが腹に当たる音。こんな音だったのか、正直覚えていませんが…
う゜っ!殴られたときに出た声。こんな声だったのか、正直覚えていませんが…
痛かったからか、苦しかったからか、よく解りませんが、立っていることもできずに、両手で腹を押さえて、その場で丸まってしまい、恐らく5分くらいそのままでした。
何とかその状態から回復した後、怖かったのでしょうね。2発目をお願いすることは出来ませんでした。
初めて、人に正面から腹を殴られ、悶絶した瞬間でした。
その方とはそれっきりです。
その後も男の腹を殴りたい人が集まるサイトで、何人かの方とやりましたが、あれほど良いパンチを貰ったのは、その後、ありません。
中には、結構筋肉質で、パンチが重い人もいたのですが、私がビビってしまい、悶絶するようなパンチをお願いできなかったのです。
今でも腹を殴られたい願望はありますが、なかなか一歩を踏み出せない、そんな状況です。
2011/07/14(木) 02:02 | URL | サトル #VgVm03TY

ネットで失神
腹を殴ってくれる人を探すと同時に、腹を一発殴って気絶させてくれる人も探しました。
結果は。
ほとんどの答えが、「無い」との事でした。
一撃で気絶するくらい思いっきり腹を殴ったら、気絶じゃなくて死んでしまうと。
それでも、長い間探し続けました。
そうすると、「失神するまで腹を殴られた」人からメールを頂くことができました。
メールも紛失してしまい、はっきりとは覚えていませんが。
ボクシングをやっている人(Aさんとします)に呼び出され、行くと、別の人(Bさんとします)も居て、Bさんに羽交い絞めにされて、Aさんから何発も腹を殴られたそうです。
辞めて欲しいとお願いしても辞めてもらえず、結局失神するまで腹を殴られたそうです。
ようやく腹を殴られて失神した人に出会い、腹を殴られて失神は実際にあるんだと解り、とても嬉しかったです。
そして、またしばらく後。
今度は、腹に一発で失神させることができるという人とも、メールのやり取りをしました。
気絶させたら、風呂に放り込んで、目が覚めたらまた腹に一発で失神させる。ということを繰り返すそうです。
ただ、腹に一発で失神させられるという人は、この人以外には出会わなかったです。
また、その方は遠方に住んでいるお方だったので、直接会うことはかないませんでした。
ただ、そもそも腹を殴られて失神はありえるのか、疑問に思っていたその当時、実際にあるのだということが解り、とても嬉しかったです。
2011/07/15(金) 00:46 | URL | サトル #VgVm03TY

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/16(土) 02:59 | | #

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/16(土) 03:02 | | #

女性
長い腹パンチ好きの歴史からすれば、ついこの間まで「女性に腹を殴られたい」という願望はありませんでした。
SMっぽい気がして。なんか、SMを避けていたんです。
あと、男性でも男性を失神させられる人がなかなかいないのに、男性を失神させる女性なんていないんじゃないかと思っていたというのもあるかもしれません。
しかし、男性よりも実は女性の方が怖いっていうイメージも、古くから持っていました。
男性の怖さって直接的で、でも、女性の方が、なんて言うのか、じわじわと、と言うのか。
うまく表現できませんけど。
ここではないサイトの話で申し訳ないのですが。
非常に興味を持った腹パンチ小説があります。
SF物に分類されるのでしょうか。
内容を書こうと思いましたが、転載と思われるかもしれませんので、ものすごく簡単に。
A,B,Cの三人の闇の組織の女性と、Zと言う奇妙な格好をした女性の話。
ちなみに三人は鍛えられた体をしており、格闘も得意。Zは全く体を鍛えておらず、格闘はしたことがなさそうな雰囲気。
そんなZの腹をAが殴るも、全く効かず。
次にZがAを殴ろうとするが、その動きが全く素人の動きだったため、余裕で対応しようとする。
しかし、気付いたらZのガントレット(Zはガントレットを装着しています)がAの腹に半分近く埋まり、Aのネクタイを半ば引きちぎり、バックルはへし曲がる。
Aは動けなくなり立ち尽くすが、Zは更に鳩尾に、ボディアッパーを埋め込む。
格闘技でも聞けないような大きな音がし、ネクタイもワイシャツもちぎれ飛び、Zの拳はAのすい臓まで達する。
Aの目には涙が溢れ、胃液を噴出し、意識が飛ぶ。
BとCはZにトンファを叩き込むも、それも効かず。
ZはBとCの腹に同時に拳を叩き込む。
意識が朦朧とするBとCの、今度は鳩尾にガントレットの金属部が見えなくなるほどめり込ませる。
これにより、BとCのジッパーとボタンがはじけ飛び、胸があらわになる。
立ったまま失神し、トンファを落とすと、Zはそのトンファを空中でキャッチ。
「まだ、です」
と言うと、まずはB。
鳩尾からアッパーで突き上げ、20センチ近い金属のトンファを根元まで突入させる。
胃を圧し潰され、胃液をぶちまけ、舌を突き出し、白目をむいて気絶。
C。
トンファを下腹に根元まで突き込まれ、強制的に覚醒。
ロングスカートが引き裂かれ、ストッキングをさらけ出し、ショーツもずたずたに破れる。
膀胱を貫かれ、失禁。
両手で何とか隠そうとしながら、再び気絶。
半裸の娘は膝を折って前につんのめり、Zは「しばらく、そうやって反省することです」と言った。
…、という話でした。
殴る方も殴られる方も女性でしたが、読んでてすごいなと思います。
Aは中学卒業したてという設定ですが、義務教育終えたばかりの女の子に、こんなとんでもないパンチを2発も見舞うかと。
それよりすごいのはBとC。
二発も腹と鳩尾にパンチをくらい、二発目は鳩尾にガントレットの金属部が見えなくなるほどめり込まされる。
その際、胸をさらけ出される。
既に失神しているのに「まだ、です」と終わりを許さず。
一人は20センチもの棒を鳩尾から埋め込まれ、嘔吐。
まあ、嘔吐はAもさせられていますが。
20センチの棒を根元まで埋め込むことなんてできるのでしょうか?腹の皮が破けてしまう気がするのですが…
もう一人は、ショーツも破けて、女性が見られたくないところをさらけ出させられ、更には失禁。
最後は、胸を出した女性と、胸と下を出した女性を放置。
それをしたのも、女性。
もちろんこれはフィクションです。
多分、気絶どころか死ぬんじゃないかと思います。
でも、そんな風にしたZってどんな気持ち、どんな気分だろうと考えてしまいます。
答えは出ませんが…。
そして、やはり私の場合は、A,B,Cの側に回りたいなと思ってしまいます。
まあ、もちろんこの物語はフィクションで、実際にされると死ぬんじゃないかと思いますが。
あくまでも個人的な妄想です。世の中の女性を悪く言うつもりはありません。今回お話した話もフィクションです。
失神してる相手に「まだです」と更に強烈なパンチを叩き込むみたいな、そういう冷酷さ、残酷さは、恐らく男性には無いのではないかと思います。

さて、五回にもわたり長々と話をしてしまいました。
二回目からは時間も無くて。どうもうまく文章にならなくて。
読みにくい文章をだらだらと書いてしまい、申し訳ございませんでした。
「ああ、サトルってこういう妄想してるんだな」くらいで流して頂けると幸いです。
またここに書き込む機会がありましたら、今度はもっとショートな妄想を書きたいと思います。
2011/07/16(土) 09:21 | URL | サトル #-

こんばんわ。壇れい様、笛木優子様、吉瀬美智子様、加藤綾子様、滝川クリステル様などにリンチされて
みたい。いずれも、ガーターや喫煙が似合いそうな人たち
2011/07/20(水) 00:19 | URL | でぶ #-

お二人様へ。
>サトルさん
腹責めへのこだわりに、とても感心させられました。同時に、共感も。
一口に「お腹を責める行為」と言っても、そこにはいろいろな要素が含まれているんですよね。
>腹に一発で失神
成功した試しがありません!(泣)
この光景を愛す故、個人的には、この目で確かめるまで懐疑を貫きます。

>でぶさん
でぶさんのおっしゃる、
>ガーターや喫煙が似合いそう
――の基準に興味があります。
私には、どうしても彼女たちの共通点が見当たらないもので……
リンチされたい人がいてこそのBlack Onyx [ブラックオニキス]です(笑)
2011/07/21(木) 16:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんわ。共通点は、私から見た感じで、美人、美脚、笑顔が綺麗な反面裏の顔はかなり冷酷かつ残忍が似合いそうなことです。この前上戸あや様がでている刑事番組で女優の名前はしりませんが、表の顔は、優しい看護士、しかし裏では平気で男を銃で撃ち殺す。あのシーンは本当に良かった。悪党が銃で男を殺そうとしている横にいるだけでも萌えるのに撃とうとした瞬間に悪党から拳銃を奪い男を撃ち殺した。あれには大感動 失礼いたします
2011/07/22(金) 00:54 | URL | でぶ #-

んー、っと。
親切にご回答いただき、恐縮です。
基本的には、酷薄そうな美人がお好み、ということなんでしょうかね。
そういう方々がでぶさんの欲望を掻き立てる、と。
「ガーターを着けてほしい!」「喫煙してほしい!」といった具合に。
……飛躍しすぎですかね(汗)
すみません。勝手な想像なので、聞き流してください。
2011/07/23(土) 20:55 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

では、願望だか妄想だかを…
管理人様が、初めて「腹に一発で失神」を成功させた時。
その時、管理人様の拳が、私の腹に埋まっている事を、願ったり想像したり。

「まよチキ!」と言うアニメに、腹パンチシーンがありました。
その時の、殴った方の台詞。
「今のは最低でも気絶するはずの一撃だったのに」
喰らってみたい!
あ、いや、それは良いんですけど…
腹パンチ後の反応に順位をつけるとしたら。
「うっ!」<悶絶<失神<死
かと思ってましたが、「最低でも気絶」となると、
失神<死となってしまい、失神or死となってしまいます。
失神と死の間に何か入れた方が良いのでしょうか?
そもそも、腹を殴られた後の反応って他に何があるのでしょうか?
この前書いた小説での反応とかだと、嘔吐と失禁?白目は失神のおまけのような気がしますし…
嘔吐と失禁は失神より前の気もしますし…
足した方が良いのかな?
失神<失神+嘔吐<失神+失禁<死
ひょっとして、失禁<嘔吐?
考え出すと、きりがありません。
2011/07/24(日) 02:45 | URL | サトル #VgVm03TY

妄想、情報、考察、ありがとうございます。
失神妄想の相手が、筆者である私自身――、というのは、個人的に斬新です。
サイト管理人としては、光栄に思うべきところでしょうか。
いわゆる「当身」がコツだというのであれば、ぜひ教わりたいものです。
逆リョナ情報、ありがとうございます。
読者様よりご教授いただき、以下、
http://ryona.wiki.fc2.com/
「逆リョナ@wiki」に、掲載済みです。他にも情報がございましたら、ぜひご提供、よろしくお願いいたします。
ちなみに原作(あさのハジメさんのライトノベル)では、
>「今のは最低でも気絶するはずの一撃だったのに」
――に加えて、素敵な台詞がありました。よろしければ、チェックしてみてください。
不等号や加法を用いた反応順位、面白いです(笑)
おそらく主観の域は出ませんが、こういった考察は、突き詰めれば、ひとつの体系が出来上がりそうですね。
2011/07/24(日) 09:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 罪には罰を 5

凛は容疑者の男性に特別な気持ちがあるような感じがしますね。難しいです。
2011/07/11(月) 18:57 | URL | ひらき #k62HVzjU

ご想像、ありがとうございます。
凛の気持ちを推察してご覧くださっていることを、とても嬉しく思います。
やはり、物語に浸っていただけなければ寂しいものでしょうから。
いつも、どうもありがとうございます。
2011/07/12(火) 22:24 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ かくあるべきキミと、かくあるキミと あとがき

心の動き
 このような心の動きを的確に表現する事の出来る作者様に憧れます。
虎になりたかった猫の気持ちと挫折感をストレートに感じさせて戴き、心がざわつきました。
 改めて作者様に脱帽です!
2011/07/09(土) 21:52 | URL | kazowk #-

ありがとうございます。
読者様の心を乱すことに、言い得ぬ喜びを見出してしまう作者です(笑)
身に余るお褒めの言葉、ありがとうございます。とても嬉しいです。
表現活動というのは、実に不自由なものですね。私の感性を無視しては成り立ち得ませんから。
そこに共鳴してくださる方がいらっしゃるからこそ、執筆を続けていけます。
2011/07/10(日) 14:24 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 罪には罰を 3

男を責めている凛の表情が自然と頭に浮かんできます。
2011/07/09(土) 10:22 | URL | ひらき #k62HVzjU

光栄です。
まだまだ勉強中ですが、具体的にイメージしていただけるような描写を心がけています。
もちろん、そのためには、読者様の豊かな感性が必要不可欠です。
作品の世界に入っていただけていれば何よりです。
2011/07/10(日) 14:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 罪には罰を 2

 容疑者として対面した男性が知り合い (元彼?) だった、という関係が良いですね。とても面白いです。これからも宜しくお願いします。
2011/06/24(金) 10:43 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます。
「逆リョナ」のみでは飽き足らず……
一物語としても楽しめるものを創りたい、という欲望を常にもちながら執筆しています(笑)
面白いと感じていただけて光栄です。
ぜひ、最後までお付き合いください。
2011/06/25(土) 23:07 | URL | ryonaz #qW9Qm9oY


■ 罪には罰を 1

最近、忙しくてコメントを書き込んでいませんでした。すみません。また宜しくお願い致します。
2011/06/22(水) 11:40 | URL | ひらき #k62HVzjU

とんでもないです。
ひらきさん、こんにちは。
謝っていただく必要なんて全く無いですよ。義務ではないですから(笑)
またコメントを頂けて嬉しいです。
こちらこそ、今後もどうぞよろしくお願いいたします。
2011/06/23(木) 15:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 由香利ノート -強制自白編- 10

M
素敵です!
2011/06/19(日) 18:49 | URL | M #hrBdWQAw

いらっしゃいませ。
Mさん、初めまして。コメント、ありがとうございます。
当サイトの小説に興味をもっていただけたのであれば何よりです。
よろしければ、またご来訪ください。お待ちしています。
2011/06/20(月) 15:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 捨てる神あれば 2

いいですねー。

>「……浮気? 違うよ」
>そう言って立ち上がり、遥は笑った。

こういう細かい部分が、世界観を余計に惹き立ててますね><
未完らしいですが、十分に楽しめます。
2011/06/12(日) 11:05 | URL | MA #-

光栄です。
MAさん、こんばんは。未完のまま十分楽しんでいただけたのであれば御の字です。
テーマ、世界観や雰囲気、ストーリー、キャラクター性、文章表現の方法や期待する効果等々。
私にとって、数ある構成要素の「どこに力を入れるか」が、いつも執筆する際の課題になります。
本作にて、文章表現の細部にご注目いただけたことを、大変光栄に思います。
作品は読者様の感性に依拠する、という私の持論。お陰様で、またひとつ自信につながりました。
私のことだけに限りませんが、世界に浸っていただけなければ、小説はただの文字の羅列に過ぎませんので。
いつも温かいご感想、本当にありがとうございます。大きな励みになりました。
2011/06/13(月) 20:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

こんばんわ。2009年にすばらしい事件があったのを最近知りました。ご存知の人もいると思いますが、南アフリカで38人の女性が一人の男を暴行死させたことです。この男はレイプ事件を起こして一時釈放され帰宅する時に殺された。レイプが多発して日頃から女性達が怒っていたようです。女性達は最初からこの男を殺すつもりで暴行したのか、ヤキいれのつもりで気が付いたら死んでいたのか興味深い。実際に暴行したのは、何人なのか、男は襲われた時自分がここで死ぬと感じたか、女性達は怒りながら暴行したのか、笑いながら暴行したのか、その場で見届けたかった。残念なのは、女性側に少しでも正義があることです。私としては、何の罪もない男が暇つぶし程度で複数女性に殺されるパターンが良い。もちろん殺した女性達が逮捕されることなどない。外国のビデオでそんなものをイメージさせるものがあるのですが、通信販売でパソコンが苦手な私には買って見ることができませんが、内容を紹介している画像はすばらしい。英語でストリーを説明してるが、読めません。ただその画像を見るとこんな感じです。車に乗った4人の女性が広い草原に一人でいる男に近づくといきなり拳銃をつきつける。男は拳銃を突きつけられいいなり状態。男を寝かせまず手のひらを車でひく。次に足 タイヤが足に乗るとそこで車を止め上半身や顔の上に女性が乗る。次は腹の上にタイヤを乗せ、女性達は男の顔の上に座る 女性達は常に拳銃をむけ楽しそうなところが良い。結局この男は死亡。トランクに詰め込む。また男を見つけると拳銃を突きつけ今度は踏み殺す。男は埋められる。女性達は笑顔でその場を去る。本当に理不尽です。日本にこういったビデオがないのが、残念。日本でも作ってもらいたいが、それを好むものが少ないのが現実なのか。寂しい
2011/05/27(金) 22:45 | URL | でぶ #-

こんばんわ。今日の朝、会社そばの駐車場で久しぶりに女子高生の歩き煙草を見ました。駐車場は、大通りからひとつ入った住宅地にあり会社の人間と現場にに向かうため7時に待ち合わせ20分前に着くとちょうど女子高生がこちらに向かい歩いてきた。距離15から20メートル位いきなり口元に手を当てその手が下におりると口から綺麗に煙が流れ出た。煙草吸ってる。ちょうど自分がいる方に歩いてきたのでなにげに顔を確認すると真面目なお嬢さん風でした。この娘が信じられない。髪型、色、服装どれをとってもノーマル。私は喫煙女性に萌えるが、見た目は喫煙とは、無縁といった感じの人が、人のいないようなとこで吸っているのを見ると最高に萌える。私の存在にきずいても普通に歩き煙草をしていた。大通りに出る前に間違いなく煙草は捨てられるだろうが、人がいないので追いかけると目立つし会社の人間がくるとまずいのでその場で立ち尽くした。おそらく火がついたまま道路溝に投げ捨てたと思われる。欲しかった女子高生の吸殻。女性の歩き煙草は踏み消すパターンは、ほとんどありません。がっかりパターンは、歩き煙草をしていてもコンビ二の灰皿に捨てる。明日も同じ時間で待ち合わせしているのでちょっと楽しみ。しかし彼女には、町内だと思われるが大丈夫なのだろうか、今日だけのことか、それとも毎日のことか、少なくてもあの娘をみるかぎり、ご両親は娘が歩き煙草で通学しているなど夢にも思っていないだろう。近所の人に目撃され、ちくられないことを節に願います。
2011/06/06(月) 21:52 | URL | でぶ #-

毎度 今日も昨日と同じ時間に来ました。感動 もちろん歩き煙草。今日はすぐ後ろにサラリーマンがいたがおかまいなし。駅がそばにあるから電車かバスかはわからないが、あれが彼女の日課とみました。したがって時間があるときに必ず吸殻GETしたい。なにげに大通りまでの道を歩いて確認したがおそらく雨水などが集まる道路溝の鉄板の中に捨てている可能性が高い。道路には、吸殻が落ちていないため。できれば近所の爺が毎日掃除していると最高なのだが。たぶん歩き煙草禁止区域だと思われる。ちなみに彼女が来るまでの20分くらいの間に6人人が通ったが、彼女以外は歩き煙草をしている人はいなかった。欲しい彼女の吸殻
2011/06/07(火) 19:24 | URL | でぶ #-

また宜しくお願いします。
 僕は休み時間の間にイジメられる事が多かったのですが、部活動がお休みの日や短縮日課の時は、放課後にイジメられました。放課後は休み時間のように制限時間がないので長い時間、責め続けられてとても辛かったです。

 高校2年生の時のある日の事です。期末テストのテスト週間だったので短縮日課でした。 (早く家に帰ってテスト勉強をしよう。) と思い、急いで帰ろうとしていましたが、下駄箱のところで待ち構えていたアイさんと、ミナさんに捕まってしまいました。 (こんな時に・・・また長い時間、苦しめられる。どうしよう・・・早く帰って勉強したいのに。) と内心思いました。
 その日は雨が降っている日でした。2人は既にレインコートを着ていました。この日は外でイジメられました。まず最初に僕は、学生服を脱がされました。そして体操服だけの状態にされてしまいました。僕は (体操服を重ね着していて良かった~。) と思いました。下着だけの状態より体操服を着ていた方が暖かいので少し安心しました。
 その後グラウンドの隅に連れて行かれました。僕はミナさんに、地面にたたきつける様に倒されてしまいました。その後、僕の首を太ももで挟んで、首四の字固めで絞めてきました。そして
 「どう~?部活で鍛えてるアタシの力は凄いでしょ~!」
 と怖い口調で言ってきました。
 「うっ・・・ぐっ・・・」
 苦しんでいる僕を、眺めているアイさんが、不気味な笑みを浮かべて
 「どう?苦しい?ちゃんとアタシ達に聞こえる声で、解放して。と言う事ができたら放してあげるわよ?」
 と言ってきました。僕はその後すぐに (苦しい・・・お願い・・・解放して。) と言おうと思いました。ですが、ミナさんは僕が喋ろうとする瞬間を狙って強く絞めてくるので、2人にしっかりと聞こえるような声を出す事ができませんでした。どんなに頑張っても呻き声しか出せませんでした。
 「うっ・・・あ・・・」
 2人は僕の苦しむ姿を見ながら
 「どうして?なんで辛い思いをしてるのに、解放して。とか言わないの?」
 「言わないならもっと続けるわよ~?」
 と言いました。言葉には出せませんでしたが、僕は心の中で (お願い・・・もうやめて・・・) 思って、解放してくれる事を願っていました。というよりも願う事しかできませんでした。
 その後も、ミナさんは僕を絞め続けました。絞め続けられて今の時間がわからない僕にとっては、本当に長く感じました。やがて2人は
 「ねえアイ~、今何時?}
 「あっ、もう5時よ!」
 「えっ、もうそんな時間なの~?」
 「今日は特別よ。今からアタシ達は帰ってテスト勉強するから、解放してあげる。」
 そう言って、すぐに帰ってしまいました。

解放された時、僕は雨で全身が濡れていました。首絞めに耐える事に必死になっていたのか、今まで濡れている事に気付きませんでした。寒さで体が震えていました。早く帰ってお風呂で温まりたい、という気持ちで急いで家に帰りました。その日はみんな出かけていて家には僕1人しかいませんでした。お風呂に入った後、ヘトヘトで勉強をする体力は残っていなかったので寝てしまいました。
 その時は嫌な気分でしたが、約6年経った今となっては良い思い出です。
2011/06/12(日) 12:53 | URL | ひらき #k62HVzjU

NHKの女子体操を見ているが、可愛い顔をした選手がわりと多いのに感激。それにしても田中理恵様の体を見ていると息子をいじらずにいられなくなります。それぞれの選手がアクロバットの着地シーンに男の顔の上で着地しているのをどうしても想像します。足の裏が硬い金属でできているシューズなどを履いていたら間違いなく顔面陥没、顔骨粉砕、死亡。
2011/06/12(日) 15:20 | URL | でぶ #-

管理人として。
MAさん、でぶさん、ひらきさん。
自由帳の積極的なご活用に、あらためて感謝申し上げます。
今後も、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/06/13(月) 21:55 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

個人として。
「世界美」「崇拝」「自己否定」「陶酔」
「対象美」「直情」「モラルとリビドーの葛藤」「破壊羨望」
「歪みの外因」「ノスタルジー」「恐怖心と愛求心の共存・一致」「追体験願望」
キーワード群が、もふむほふっと頭を巡りました。
私の乱秩序頭が、またおかしなことをやらかしているようで……。すみません。
多様な世界を、とても興味深く拝見しております。
2011/06/13(月) 22:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 由香利ノート -強制自白編- 3

また読み直しをしていますけど、タバコを首筋に押し付けたり、喉元にブーツをやったり、耳をライターであぶったり、由香利さんの行動や考え方に惹かれてしまいます…。
2011/05/22(日) 09:08 | URL | MA #NkOZRVVI

感激です。
由香利の魅力を感じていただけて光栄です。当サイトの看板娘のような存在なので。
それにしても、罪な女ですね。MAさんも虜にしてしまうのでしょうか……?
――と言うのも、彼女の人気は私が思っている以上に高く、正直、私自身が驚いているほどで(汗)
もちろん、作者としては、とても嬉しいことですが。
いつも丁寧なコメントを下さり、ありがとうございます。大変励みになります。
この世界も、シリーズを通してお楽しみいただけたら幸いです。
2011/05/22(日) 19:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 あとがき

最後まで読ませていただきました。
いや~・・・オチは全く想像つきませんでした・・・パソコンの前でびっくりしてしまいました。いつも素晴らしいアイデアですね。次回作も
期待しています。
2011/05/21(土) 07:09 | URL | ギフトホルツ #-

ギフトホルツさん。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
>オチは全く想像つきませんでした
>パソコンの前でびっくりしてしまいました
お言葉に感激するばかりです。読者様のそんなお姿を想像するのが大好きな性悪なので(笑)
本作を含め、何かしらの発想に動かされてキーを叩くことは多いです。
最高の賛辞を頂きました。とても嬉しいです。
連載中の温かいお言葉やご期待にも、大変励まされました。
これからも、どうぞご贔屓に。またご来訪ください。
2011/05/22(日) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

お疲れ様です。母親の望みとあっては孝行娘としては、そのままにすておかぬといったところか。母親もこっそり見守っていると想像します。
2011/05/22(日) 00:49 | URL | でぶ #-

でぶさん。
物語に浸っていただけたことを、大変嬉しく思っています。
特に、でぶさんが寄せてくださる愛華へのご期待や忠誠心(?)には、感動いたしました。
ありがとうございました。
>孝行娘
はい。純粋で心優しい子ですよね。両親の育て方がよかったのでしょうか(笑)
あらためて、労いのお言葉が心に沁みます。ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/05/22(日) 19:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

言葉を超えるもの
この作品を拝見して、二人の心の会話が見えたような思いがしました。
言葉を超える繋がり・・とでもいうのでしょうか。
 愛華様の表情まで感じ取れる事ができました。
ryonaz様の鋭い感性と表現力にただただ驚かされるばかりです。
 素晴らしい作品を拝見させて戴き、ありがとうございました。
2011/05/23(月) 20:22 | URL | kazowk #-

絆でしょうか。
身に余るお褒めの言葉を頂き、大変恐縮です。
こちらこそ、作品をお楽しみいただけて何よりです。ありがとうございます。
これを機に、愛華の足下に跪く喜びを感じていただけたら幸いです(笑)
>愛華様の表情まで感じ取れる事ができました
これは、読者様の感性に依拠するところが大きいと考えています。
kazowkさんのように浸ってくださる方がいらっしゃることが、私の救いですね。
いつも温かいコメントに感謝しています。またのご来訪をお待ちしています。
2011/05/24(火) 19:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

とても面白かったです。この小説を読ませていただいてから、父親が自分の娘に責められる、という話が好きになりました。いつもありがとうございます。
2011/05/25(水) 10:00 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございました。
本作では、毎回のようにコメントを下さいましたね。
作品を吟味しながらご覧くださっている様子が感じられ、とても嬉しかったです。
ひらきさんからのたくさんのご感想に、多大な活力を頂きました。感謝しています。
>父親が自分の娘に責められる、という話が好きになりました
……悪影響ですね(笑) このようなサイトなので、お許しください。
私の作品がきっかけになった。私は一創作者として、そのことを光栄に思うのみです。
こちらこそ、ありがとうございました。今後も、何卒ご贔屓に。
2011/05/25(水) 18:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

女子高生物の新作が早く読みたいよ
2011/06/11(土) 07:05 | URL | 名無し #-

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
女子高生シリーズを楽しみにしてくださっているのですね。大変嬉しく思います。
ご感想などで一人ひとりが人気を頂いている反面、拍手数などでは伸び悩んでいるシリーズなので。
現在は保留中です。気長にお待ちいただけたら幸いです。
2011/06/11(土) 15:41 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 20

誠一は解放されたのですね。でも愛華はまだ物足りないような感じなので、まだまだ責められるのかもしれませんね。
2011/05/18(水) 19:46 | URL | ひらき #k62HVzjU

いつもありがとうございます。
どうでしょうか。
しっかりと解放したのか。物足りないのか。まだ責めたいのか。
そのあたりは、愛華に訊いてみないとわかりませんね。
2011/05/20(金) 16:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 19

 誠一を責めている時の愛華の表情が良いですね。獲物を狙うような鋭い瞳も良いですが、純粋な子供の瞳は、それとは別の良さを感じます。小説の場面を想像して楽しんでいます。いつも、ありがとうございます。
2011/05/16(月) 10:01 | URL | ひらき #k62HVzjU

楽しんでいただけて幸せです。
ありがとうございます。
愛華のもつ様々な魅力を感じていただけて嬉しいです。
ひらきさんの豊かな感性には、感謝するばかりですね。
2011/05/17(火) 17:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 皐月トラブル 2

鳩尾に肘打ち、蹴り等、腹責め関係ですね。この小説を読んでいると、ゆきな梨央様が腹責めが好きな理由が伝わってくるような気がします。腹責め最高です。
2011/05/14(土) 17:24 | URL | ひらき #k62HVzjU

作者の写し鏡は否定できませんね。
おっしゃる通りの腹責め好きです。「執着」と言っても過言ではないと思っています。
原因を知りたくて、時々、過去の出来事を思い返してみたりするのですが、いつも徒労に終わります(泣)
本作、真紀をどうぞよろしくお願いいたします。
2011/05/15(日) 08:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 皐月トラブル 1

 もう5月ですね。陰暦で5月の事を「皐月」と言うのですよね。同じ時期なので、こちらの小説を読ませていただきたいと思いました。宜しくお願いします。
2011/05/13(金) 12:50 | URL | ひらき #k62HVzjU

ありがとうございます。
四季の雰囲気を感じながら執筆するのが好きです。
共感していただけたような気がして、勝手に喜んでいます(笑)
拙文ではありますが、ぜひご覧ください。
2011/05/13(金) 18:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 18

最初に書かれていた回想の場面につながりましたね。とても面白いです。
2011/05/12(木) 23:03 | URL | ひらき #k62HVzjU

嬉しいです。
ひらきさん、こんばんは。
リアルタイムでのお付き合い、ありがとうございます。
楽しんでいただけて嬉しいです。完結まで、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/05/13(金) 17:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 17

誠一が逃げてほしい 気持ちと 残酷に踏み潰されてほしい 気持ちが入り交じり なかなかハラハラする おもしろい展開ですね 映画みているような感じです読んでて この展開が映像でリアルタイムで頭に入ってくる感じです この後の展開がすごく楽しみです
2011/05/11(水) 09:37 | URL | きんた #-

きんたさん。
葛藤を抱き、心を揺らしてくださる。展開を映像のように楽しみながらご覧いただける。
きんたさんの豊かな感性の成せる業ですね。作者にとって、とても光栄なことです。
ありがとうございます。これからも、よろしくお願いいたします。
2011/05/12(木) 17:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

おお、1話の場面の繋がりですね。
誠一はどうなってしまうのでしょう・・・緊張感がとてもいいですね。
2011/05/11(水) 19:23 | URL | ギフトホルツ #-

ギフトホルツさん。
「緊張感」――私にとって、大切にしたい要素のひとつです。
お褒めいただき、ありがとうございます。
>どうなってしまうのでしょう
そう思い、感じ、物語をご覧いただけていることが、とても嬉しいです。
2011/05/12(木) 18:03 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

彼は、満足、後悔のどちらを得られるのだろうか ひとつ言えることは、ただではすまない。愛華様さえ満足されればそれでよい。
2011/05/11(水) 19:52 | URL | でぶ #-

でぶさん。
さて、誠一クンは、愛華は、どんな運命をたどるのでしょう。
シナリオは、いつも完結しています。掲載を始めた時点で、私もただの観察者ですね。
二人のこれからについて、私は、ただ見守るだけです。
2011/05/12(木) 18:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 16

いつもありがとうございます。
読ませていただく度に、頭の中で愛華が誠一を責めているシーンが浮かんできます。
2011/05/09(月) 09:45 | URL | ひらき #k62HVzjU

こちらこそ、ありがとうございます。
ひらきさん。いつも作品に密着したコメントを頂き、嬉しく思っています。
どうお感じになるかは読者様の感性にお任せ――、を基本姿勢としています。
場面をイメージしてご覧いただけて、大変光栄です。
2011/05/09(月) 17:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 15

お疲れ様です。どっちが硬いかなんて潰すための前置き。最高の女性に成長していくんですね。生まれた時は皆同じただ残酷な血が流れてるかどうかで美しさが決まるといいとマジで思います。幼稚園のころには、アリを踏み潰し小学生のころにはバッタや芋虫、高学年になるとカエル、ザリガニ 中学生になると猫、犬,うさぎなど動物早い娘になると母親の拳銃を持ち出し友達と浮浪者を撃ち殺すそうすることによって物凄い刺激が体に走り綺麗になっていく。やがて女性社会が完成して地位や権力をもつ女性は皆美人 
すいません。失礼します
2011/05/07(土) 14:33 | URL | でぶ #-

でぶさん。
労いのお言葉が嬉しいです。ありがとうございます。
以前にも一度お尋ねしたかと思いますが、やはりご自身でそういう類の小説をお書きになる予定はありませんか?
実際、斬新な発想に驚かされることも多いので。その際は一読者として、よろしくお願いしますね。
2011/05/08(日) 18:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

純粋な子供の感情・・・(いえ、この子の場合は少し変わっていますが)、それと対照的なように複雑な誠一の心情が良いですね。
ああ・・・次に潰すのは・・・
毎日楽しみに読ませていただいております。これからも頑張ってください。
2011/05/07(土) 17:21 | URL | ギフトホルツ #d/CpiV46

ギフトホルツさん。
またのご来訪、そして温かい応援のお言葉に、感激しています。ありがとうございます。
心情描写を称賛いただき、大変光栄です。毎作、苦心を重ねている未熟者なので(汗)
楽しんでご覧いただけて何よりです。
2011/05/08(日) 18:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 正当拷問自白法 15

(この作品に登場する)有刺鉄線付きの警棒が、とても好きです(この場面も)。
勿論可愛い女性が手にしているから、その道具の魅力が増しているのでしょうけれども。

警棒で殴っている最中にも、口元に笑みを浮かべている彼女が好きです。
2011/05/06(金) 20:34 | URL | ma #-

ありがとうございます。
こちらのシリーズもご覧くださっているんですね。お褒めの言葉にご感想、いつもありがとうございます。
責め具や様相の描写のような細かい表現に着目してご覧いただけて、大変光栄です。
>勿論可愛い女性
maさんにとっても、「美」の存在はひとつのポイントなんですね。安心いたしました。
サイト看板で「美しき~」と示しているように、当方ではその名に恥じぬ女しか登場しませんので(汗)
2011/05/07(土) 11:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 14

誠一は子猫を助けるために自分が責められる事を選んだのですね。本心では責められたいという気持ちもあったようですが・・・相手が実の娘なので、その気持ちを認めたくなかったのでしょうね。自分ではそう思いました。
2011/05/06(金) 12:46 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
人間は、日常の中で様々な葛藤場面に遭遇しますね。私はそんな心情を扱うのが大好きなのです。
ひらきさんはいつも、心情に寄り添ったご感想を下さいますね。ありがとうございます。
「逆リョナ」を基盤に、これからも私なりの表現・描写を追求していきます。
2011/05/07(土) 11:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

すばらしい。娘の残虐性は、母親の血を受け継いだのだろうか。父に地獄を見せるための靴を買え与えるとは、おっといかん勝手な想像。ただ母娘による残虐プレイなどは、個人的によく妄想してしまいます。それと名門女子高生の路上喫煙を注意したおやじがその女子高生達と女教師に拉致られ地下室で拷問死を迎えるなど。愛華様とことんお願いします
2011/05/06(金) 20:34 | URL | でぶ #-

でぶさん。
お褒めの言葉、そして愛華へのご期待と敬意の表彰、ありがとうございます。でぶさんはもう、愛華の虜ですね(笑)
遠慮なく想像してください。それだけ物語に浸ってくださっている、と解釈しておりますので。
この父と娘がこれからどう関係を紡いでいくのか、最後までご覧いただけたら幸いです。
2011/05/07(土) 11:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 13

愛華さんは純粋で良い子ですね。
それに引き換え、嘘付きは駄目ですね。
2011/05/05(木) 05:08 | URL | MA #-

MAさん。
その「ダメな嘘つき」は、愛華の大好きなお父さんです。
そして愛華は、「お父さんに喜んでほしいだけ」だと言っています。
MAさんが誠一を貶す。彼が傷つく。彼がMAさんを憎む。では、彼の心の深淵を見抜く愛華の次の標的は……?
――と、すみません。私の勝手な妄想の暴走です(笑)
2011/05/06(金) 01:42 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

愛華は誠一の本心を見抜いていたのですね。ずっと前に母が「私から見たら自分の子供は分身みたい。」と言っていた事を思い出しました。自分の分身に嘘をついても見抜かれますよね。
2011/05/05(木) 17:10 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
作品からご自身の親子関係まで想起していただけるなんて、光栄です。
分身みたい、というのは面白い表現ですね。
「親子の絆」は、私にとって、割と興味深いテーマなのです。
2011/05/06(金) 01:46 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 12

毎日更新 びっくりです ご苦労様です この作品 結構クラッシュ系ですね 僕 好みです 虫 植物 猫 段々 残酷になっていくところもいいね あと 娘と再会した誠一 嬉しさと この展開は びっくりでしょうね 僕なら 心臓ばくばくものです 興奮で この後の展開すごく気になります 頑張ってくださいね また 来ます
2011/05/04(水) 20:54 | URL | きんた #-

ありがとうございます。
きんたさん、こんばんは。楽しんでご覧いただけて嬉しいです。
私は幸せ者ですね。このように温かいご感想や応援メッセージで支えていただけるのですから。
お陰様で、本日も更新することができました。感謝申し上げます。
2011/05/05(木) 00:14 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

こんばんわ。私の萌えたビデオについて書きます。まずメーカー名は、ピンクパイナップル タイトル名は愛姉妹これは私の中ではすばらしい作品。DMMで今でも見れると思うので、興味のある人は見て頂きたい一作。内容は、誰か1人でも見る人がいるかも知れませんので書きません。他には女教師仕置き人です。これは、女性が美人で強いところが良い。タイトルはあっているかわかりませんがプリティーガールもしくはウーマンだったと思います。これは、女性達が悪党と戦うのですが、ボーガンで撃ち殺したり、男の背後に忍び寄り腰を落としている男の肩にサソリを乗せる動くとサソリが刺すよとニコリそして手榴弾のピンを抜き男の足元に転がすと今度は動かないと爆発するよと微笑んで立ち去る。男はウワーと叫び爆死。またある女性はバズーカを持ち男を見つけるとHEIと叫び男を振り向かせる。男が振り向くとバズーカ発射。男は木っ端微塵。女性はニコリとして人間撃つとああなるんだと会心の笑み。黙って撃ち殺せばなにも解らずあの世にいけたのに、わざと声をかけきずかせ恐怖心を与えてから殺すところが良い。それからエロビデオだとタイトル名は、女蛭です。これはある屋敷に住むお嬢様の話。両親は死に財産がすごくある。一緒に住んでいるのはお嬢様のお手伝いさん(レズ)と町で軟派してへんな薬を飲ませ弱らせた男。そしてまた1人新しい男を手に入れると薬で弱らせる。新しい男を手にいれた夜お嬢様は白のスリーインワンそしてお手伝いさんは、黒のガーター姿で前からいる男と3P。男は首輪をされている。手足も自由を奪われており女性達のいいなり。お嬢様のアソコを舐めさせられると次に挿入。お手伝いさんはペ二バンを付け男のアナルにいれ腰を振る。男が苦しみ悶えるとお嬢様もかなり興奮状態そして絶頂が近くなるとお手伝いさんにとんでもない一言を言う。首絞めて。お手伝いさんは首輪の鎖で男の首をしめる。首を絞めることによりチンコが硬くなるためなのかお嬢様は絶頂を迎える。と同時に男はあの世に向かった。お手伝いさんが男を突き飛ばすとその死体の横
で今度はレズプレイ。男は次の日、庭に埋められる。こんなことを繰り返しているような内容です。それから日活の女教師です。この女教師はベージュのストッキングを吊っているのと校庭で煙草を吸うのが良いそれに男とのSEXの最中に私を好きになって死んだ男の子もいるわとSEXネタにするのが良い。つまみ食いをした男子生徒が本気になったが女教師は冷たくあしらう。男子生徒自殺。結局は歯医者の男と結婚。とりあえず今日のところはこのへんで。できたら皆様の萌えたビデオや話が聞けたらと思います
2011/05/04(水) 00:48 | URL | でぶ #-

これからも宜しくお願いします。
 僕は高校生の時、自宅から学校まで自転車で登校していました。ほぼ毎日いじめられていたので、朝起きて学校に出かける時はいつも (もう、学校に行くのは嫌。またあの2人にいじめられる・・・どうしよう・・・こんな日が続いたら本当に気が狂ってしまう・・・) と思っていました。

 ある日の放課後の事でした。また僕は女子2人に呼び出されたのですが、その日は、いつものように体育館ではなく女子ソフトボール部の部室に連れて行かれました。そして
「今日は部活は休みだけど、昨日、先輩達に掃除をしておくように頼まれたの~。だからアンタも手伝いなさい!」
 と言われて僕が雑巾で床を拭く事になりました。拭いている途中に1人が
「アンタ、拭くの遅いわね~。本当にむかつくわ~。もういい。私がやる!」
 と言ってきました。その後
「アンタは邪魔だから、そこで寝てなさい!」
 と言われて2人がかりで僕は無理やり仰向けで寝転がった状態にされてしまいました。そして僕の体に跨ってきました。足で両腕を挟み込まれてしまい逃げる事ができません。タオルを取り出して必死になって抵抗している僕の首に巻きつけてきました。声には出しませんでしたが、そのタオルはとても汗臭くてベトベトしていて、洗っていない感じだったので心の中で (このタオル・・・凄く汗臭い・・・それにベトベトして気持ち悪い・・・) と思っていました。タオルを首に巻きつけた後
「アンタはとろいのよ~。見てるだけで腹立つ!」
 と言いながら、力を込めてきました。僕は、その時に苦しさのあまり
「うっ・・・苦しい・・・やめて・・・お願い。タオルをほどいて・・・」
 と言いました。ですが、2人はもっと面白がって
「あら~、久しぶりに声を聞く事ができたわ~。本当に苦しむ声だけは可愛いのよね~、アンタ。」
 と言いながら、もっと強く絞めてきました。少し時間が経ってからタオルを緩めてくれました。僕は咄嗟に
「はぁーはぁー」
 と激しく呼吸をしました。でも、その時にもう1人が僕の顔の上で濡れた雑巾を絞りました。口に汚れた水が入ってしまい反射的に吐き出しました。それを何度も続けられて少し飲み込んでしまい
「ごほっ、ごほっ、ごほっ」
 と咳き込みました。僕は本当に辛くて2人に
「やめて・・・こんな事を続けられたら・・・本当に、病気になってしまう・・・」
 と言ったのですが、やめてくれませんでした。それどころか
「アンタなんか病気になればいいのよ~。このクズ!」
 と言ってまた首を絞めてきました。

 しばらく2人は雑巾を絞って出た汚れた水を僕の口に入れる、そして吐き出したら首を絞めるという動作を繰り返しました。その時間は、本当に苦しくて地獄にいるような気分でした。長い時間、僕をいじめた後、2人は満足そうに帰りました。結局、掃除道具を持ってきただけで、掃除はやらずに僕をいじめて帰ってしまいました。いじめられていた時間は、午後3時から午後6時頃でした。しばらく僕はその後、誰もいない部室でそのまま仰向けの状態で、空気中の酸素を貪るように激しく呼吸をしていました。時間が経って息が整ってから自分が吐き出した水を拭いて、2人が残していった掃除道具を片付けて帰りました。
 当時はこの2人にいじめられるのが怖くて、学校に行くのが嫌でした。ですが、不思議な気分です。何故か今は責められる事が好きになってしまいました。
2011/05/05(木) 09:31 | URL | ひらき #k62HVzjU

こんばんわ。私が萌えるものその2を話します。それは女性達の理不尽な暴力、殺しです。20年以上前に読んだエロ本で雑誌名は、覚えていません毎月買っていたのではなくたぶん暇つぶし程度に買ったものだからだと思います。その漫画の中でとんでもないものがありました。その内容はある美人女性が、犬を連れてどこか山に行く。女性はバッグから拳銃を取り出し愛犬を撃ち殺す。たまたまその現場を見てしまったさえない中年男は、驚き慌てて逃げ出す。しかし男は免許証をその場に落とす。女性はそれを拾いニンマリ。後日男を待ち伏せる。男は女性に会ってびっくりすぐに逃げるがとうとうひとけのない場所で追い詰められる。男はひらきなおり銃をもつ女性にとびかかりもみあいになる。しかし見事に返り討ちにあい銃で撃たれ死亡。そしてその女性の正体はxx流という華道の師範だった。話は読みきりでしたがこれを読んだ時すごく興奮しました。華道の先生が拳銃を持ちなんの罪もない男を遊びで撃ち殺しさらに裁かれないところが大萌え。それとこれもかなり前に見たビデオで悪魔の毒々モンスター。これがまたとんでもないものです。今でもレンタル屋においてあるかもしれません。ある青年が怪物になってしまい悪党を懲らしめる話ですが、その話の中で興奮したシーンです。それは、更衣室でいちゃつく男女。女性がまたドライブに連れて行ってと男にねだる。ああいいよと男が答える。すると女性は車で人をはねるの最高と言いじゃれあう。まさかこいつらの趣味はひき逃げか私は息を飲み込んでしまった。そして夜 車に4人の男女。運転手は男 助手席に女性 後ろに更衣室でいちゃついてたカップル。運転手の男がルールを説明しろと助手席の女性に言う。女性はいろんな国の男に点数をつけ小学生以下のおちびちゃんは、ダブルポイント説明これを聞いて私は子供もやるのかこいつらとマジでその時萌えた。説明を終えると同時に運転手がにやつきあの自転車に乗ったガキは、何点だと女性に聞く。一同それを見て大喜び。助手席の女性は完璧にやれば28点よと笑顔で答える。後ろの女性があのこ可愛いわ側によってと言う。自転車少年の横につくと夜の自転車は危険よ気をつけてねと少年に笑顔で手を振る。少年も手を振ってこたえる。車は少年を追い越す。周りに人なしと後ろの女性が笑顔で言うと車はおもいっきりUターン正面から走ってくる自転車少年めがけアクセル全開 少年の驚き恐怖におびえた顔と車の中の笑顔の女性2人 そして見事に正面衝突 自転車少年はふっ飛ばされる。手をたたいて大喜びの女性2人。即死だと思い後ろを振り返る女性 しかし少年は生きているただし虫の息。女性はあの子動いているはまだダメよと首を振る 横の女性もあれじゃ点数あげられないわよと運転手に言うと運転手は、決着をつけてやるとバックでアクセル全開少年の頭をひき潰した。ひき潰す瞬間、女性2人はやれーと笑顔タイヤがせまってきた少年は大絶叫まさに天国と地獄。女性2人は車から降りて少年をみにいく。頭が潰され無残な死体を見ておおはしゃぎ少年の残骸を写真にとり いい写真が撮れたわとスキップするように車にもどる。後日女性はその写真をみながらオナニー 最高の萌えだった。ただ残念なのがこの4人はモンスターに制裁される。男はいいが女性はおとこがめなしなら完璧なのに。それと私にとっての本当の教科書は、川崎三枝子先生の姫という漫画最高です。
2011/05/06(金) 22:01 | URL | でぶ #-

こんにちわ。またも私の萌えるものやはりガーターストッキングです。好きになったのははっきり覚えていません。子供の時は女性のブーツに萌えていました。今もまた好きになりだしています。ただしニーハイのみ。板野友美様が好きでやっぱりニーハイブーツを履いた思ったとおり彼女は絶対にニーハイブーツを履く女性だとしんじていました。それにしても安室奈美恵様とダブル感じがすると思ったら友美様の目標は、奈美恵様だと聞きました。2人のニーハイブーツの匂い比べをしながらしごいてみたい。うらやましいのは、奈美恵様の息子ちょっとでも入れ替われたら私は必ずやりたいことがある。それは奈美恵様の前で彼女のニーハイブーツをかぎ彼女をみながら、ママの靴を嗅ぎながらおちんちんをいじるとすごく気持ちがいいと言ってみたい。ガーターストッキングにもどります。好きになった理由は、脚が好きでSM雑誌の女王様はかなり身につけて身近ではそんなものをみることがなかったからです。私が子供の時にはパンストが主流です。ミストレスラブデラックスVol、1に投稿した人で藤田幸司さんもちろん偽名だと思いますがこの人の話に大萌えしてぜひ会いたい話を聞いたと心底友達になりたいと思いました。この人の趣味は女性の下着を身に着けることですが、そのきっかけは母親です。投稿した一部を紹介します。タイトル美しい母への憧景 私が初めてガーターストッキングに魅せられたのは少年時代、12、3歳の頃です。当時父は勤務の関係で地方に単身赴任をしていました。父が家に帰ってくるのは月にほんの2,3日で、普段は母と私の二人だけの生活でした。母は家計の助けと称して、毎日、夕方からの仕事をしていました。帰るのは夜遅くです。お母さんどんな仕事をしているの?と私が聞くと、男の人たちにお酒を飲ませるところ・・・・パパには黙っていてね 恥ずかしそうに顔をうつむき加減にして話す母でしたそんな母が出掛ける時に必ず身に着けたのがガーターストッキングです。夜の勤めを始める前の母がガーターストッキングを履いていたのをみたことがありません。仕事先で着用を義務付けられていたようです。とはいっても、それを身に着けるときの母の顔は、夢見るような幸せな表情を浮かべていましたが。学校から帰ってくると、母の着替えを横目で盗み見ながら、おやつを食べるというのが日課でした。この母の着替えみたさに、友達の遊びの誘いも振る切って、一目散に学校から帰ってくる毎日でした。母が身に着けるものはブラジャーとショーツもガーターストッキングの色に合わせ、あるときは白一色、あるときは黒一色と統一されていました。私は黒いランジェリー姿の母が特に好きでした。子供心にも色白の母の肌にとても似合っていると思いました。母が椅子に片足を乗せ、丸めたストッキングを脚のさきから太股まで引き上げるしぐさを見ると、不思議な興奮を覚えました。いまにして思うとそれが私の性の芽生えだったのです。母が帰宅する時間は、深夜遅くときには明け方近くになることもありました。寝ている息子を起こさないようにきづかいながら、そっと服を脱いでいく母。私はその僅かな布の擦れ合う音を聞きつけ、布団の中で薄目を開けます。明るさを落とした僅かな灯りの下で下着姿になった母の姿が淡く浮かびあがりました。ブラジャーで覆い隠された胸は、はあはあと息をするたびに小刻みにゆれています。母は、下着姿のまま、なにか考え事をするかのように佇んでいましたが、しばらくすると、ストッキングを脱ぎ始めました。履くときと同じように片足ずつ椅子に乗せ、細い指先でサスペンダーの留め金を外しストッキングを引き下げていく。本当は仕事の後の疲労感で動作が散漫になっていただけなのかもしれませんが、私には味わうようにゆっくりと脱いでいくように見えました。母が出掛けたあとの楽しみは洗濯機の横の脱衣かごを覗くことです。洗濯は私の役目でした。そこには、前夜、母が脱ぎ捨てたガーターストッキングが入っています。私はすぐさま裸になり、母の匂いのするガーターストッキングとショーツを、恐る恐る履いてみるのでした。私にとって、脱衣かごは、宝の山でした。父の単身赴任中に母が夜の仕事をしなければならないほど、当時の私の家は貧しかったのか、定かではありません。ガーターストッキングを履く時の楽しそうな母の姿は、今でも鮮やかな記憶として私の脳裏に焼きついています。           これが投稿の一部です。これを読んだ時本当にうらやましい そしてその風景が思い浮かび何回も自分の息子をしごきました。この人と会いたいいまでもその気持ちにかわりありません。この本は捨てられません。そして自分の母親に興奮するとは、かなりの美人と推測します。そしてこの母親の萌えるところその1パパには勤めていることは内緒にと息子に言う。その2帰る時間が決まっていない、明け方の時は彼氏と一戦交えている可能性が高い。その3彼氏と一戦交えたあとの下着を息子に洗わせる。そもそもガーターストッキングを履いてることを子供にきづかせて平気なのか、ガーターストッキングをただの靴下位にしか思ってないのか。この最高の投稿に私は勝ってな妄想を付け加える。ある日少年は小遣いがほしくなり出掛ける前にトイレに入った母の財布から小銭を盗もうとバッグ中を探る。まずシガーケースを発見。ママ煙草吸うんだとショックを受ける。さらにこの煙草を吸っているのかと箱を見てびっくり、なんとそれは、コンドームだった。手が振るえ慌ててバッグに戻す。小遣いどころではないこれから母の後をつけてやろうそう決める。そして尾行。あれいつもより背が高く見える母の足元を見てびっくり。なんだあの異常に高く細いヒールは、あんな靴を出掛ける時には履いているのかまたもショック そして1台の車が止まっているとそれに乗り込む。男の車だ。二人は車の中で激しいキス長いキスそっと車に近づき車のすぐ後ろの電柱の影に隠れると二人の会話が聞こえる。(男)今日は中に出すぞ (ママ)ダメよ危険日なんだから、ちゃんとゴムは持ってきたんだから (男)いいじゃないか 今週旦那が帰ってくるんだろその時やれば、子供ができても、問題ないだろう 血液型も一緒なんだし (ママ)ダメ 子供なんかいらないし第一に亭主とやるなんて体が受け付けないわ。(男)昔は好きで結婚したんだろ子供までいるし。(ママ)言わないで収入が良かったから一緒になっただけで、子供は、私にとって最大の汚点よ。今頃はあなたの精液のついたパンティーやストッキングを洗っているわ。(男)凄い母親だなー息子に自分が男とSEXした下着を洗わせるとは(ママ)当然よ他に役にたたないんだから それより早くあなたの部屋に行きましょう。車が走り出す。なんてことだストッキングやガーターベルトが湿って変な匂いがちょくちょくするのがあの男の精液だったとは、もの凄いショックそして知ってはいけなかった母の裏の顔。   ガーターストッキングについてもうひとつ。ガーターストッキングが好きになった頃 私はよく本屋にいきました。ガーター女性写真があるか探しに。そしてすけべコーナーの雑誌をみていくと あれかわいい女の子だな あ、これがロリコン写真集か、タイトルは倉橋のぞみ13歳 中をみていくと思わずビックリ。まわりに人がいなくてよかった。それは13歳でガーターストッキングを身に着けていました。ああああああ 私はすぐに購入 家に帰りじくりみました。黒と白のガーター姿 とくに白はシームいりです。その日に私は息子をしごきにしごきしごきぬいた。なんにもでなくなってもまだしごいた。猿以上に。それから14歳、15歳も購入 私の最大の宝物まだ書き込みたいところですがこの辺で失礼します 

 
2011/05/07(土) 19:08 | URL | でぶ #-


自分には、一つ年下のOさんに飼われたいという願望があります。

Oさんと出会ったのは高校2年のときで、正直Oさんを初めて見たときは「ブスだなー」と思っていました。
私服も(自分もダサいですが)、黒系が多く、凄く地味でダサかったです。
自分が高3になってからは、Oさんとは連絡が途絶え(自分がアド変したことをOさんに伝えなかった)、2年が経ちました。

自分は偏差値が低い大学にしか行けず、そこには友達が全く出来ず、引き篭っていました。
部屋の片付けをしている最中、Oさんから貰った年賀状が見付かり、直ぐに手紙を出しました。誰とでも良いから話しをしたかった、からかもしれません。
数日後、Oさんから返事がありました。しかし中身を見ると、愕然とするしかありませんでした。
なんと、Oさんは難関で有名な私立大学に受かったと書いており。さらには、手紙のフチにプリクラが貼られていました。そこには、かつてのブスで、地味なOさんの面影はなく、綺麗な茶色の毛をした、髪型はスイートボブで、服装もとても可愛いらしいOさんが写っていました。
自分は何か焦る気持ちやら強い嫉妬やら、よく分からない感情に陥りました。自分はOさんのプリクラを見ながら、Oさんに哀れな目で見下ろされてる妄想しつつ、オナニーをしてしまいました。
もう、Oさんは自分の知っているOさんではなく、手の届かない存在になってしまいました。

最近はOさんの足置きとして、または便器として使われている妄想をしています。勿論、Oさんはこんなクズに御声を掛けたりは致しません。ただ蹴ったり、首輪を引っ張って連れ回すだけです。自分はO様の側にいられるだけで幸せです。
そんな妄想をよくしています。
2011/05/09(月) 22:04 | URL | MA #NkOZRVVI

すばらしい妄想です。0様よりかなり劣っていると自覚なさっている。なんとか奴隷になってほしいものです。そして奴隷になれた時の妄想をしてしまいます。彼女から急いで来いと部屋に呼ばれると0様は彼氏と真っ最中。正座して2人の愛の激しさを見せ付けられる。そして1戦め終了。コンドームからは、大量のザーメン。彼氏がすぐに2戦め求めようとすると0様が、ちょっと待ってお色直しするからと言う。そこであなたは、こう言われる。ベッドの前にある低いテーブルを指差しあれを枕にするように頭を乗せなさい。言われたとおりにしてテーブルの上に頭を乗せ上を向くあなた。そしてタンスの引き出しからなにかを手にしてあなたの前へ。腰にガーターベルトを巻くと上を向いているあなたの顔の上に足を乗せる。彼氏にウインクすると、顔を乗せた脚に極薄の黒いストッキングを履かせる腿の半ばまで丁寧に引き上げベルトの留め金でストッキングを止める。そしてもう片方の脚も。しっかり見てな1人前の男と女のSEX。後でいいもの
ごちそうするから。彼氏は0様の色っぽさに大興奮。一戦目より激しく愛する0様もそれに激しくこたえる やがて絶頂を迎え優しいキスを交わすと、あなたに手招き。彼氏が0様から息子を引き抜く。あなたは、びっくり彼氏の息子のたくましさに。と同時に恐怖。ナマ。まさか中だし。0様があなたの髪をわしづかみして股間へ。ちゃんと吸い取りなさい最高のミックスジュース。ちょっとは頭がよくなる筈よ。そして3戦目今度は2人の結合部に舌奉仕
そして今度は射ってすぐにミックスジュース。0様は優しくさっきより新鮮でしょ、とニコリ。完全に2人の性奴。0様は煙草に火をつけ彼氏に吸わせる。彼氏に一口吸わせると今度は自分の口へ。交互に吸い。短くなるとあなたの口へ。ただしフィルターではなく火のついたほうから口にいれる。結局2人の慰めものとなる。              失礼しました。勝手な妄想。
気分を害してしまったら謝ります。ただ書きたかった病気なんです。私
2011/05/10(火) 00:47 | URL | でぶ #-

追加
自分が書いたものに(下のものに)追加で、勿論、Oさんが「自分と他の男としろ」と言われて、やっている妄想もしてしまいます。そのときOさんは、こちらを見向きもせずに本を読んでるだけ…というのが好きです。
2011/05/10(火) 04:52 | URL | MA #NkOZRVVI

お邪魔します。
度々しゃしゃり出て、申し訳ありません。
いつも楽しく拝見しております。

>でぶさん
多くの情報提供、ありがとうございます。
それにしても、でぶさんはいろいろな作品をご存知ですね。
それもまた、豊かな想像力に繋がっているのでしょうか。
後半、投稿者さんの体験記が興味深かったです。
とは言っても、思春期の体験そのものではなく、現在の趣味に至る経緯のほうですが。
自己への転移か、オートガイネフィリアか、その両方か、また別の要素か――

>ひらきさん
フランス文学の専門家である鹿島茂氏が、
「Mとは失われた絶対者へのノスタルジーである」
と、ご自身の著書『SとM』で語っていらっしゃったことを思い出しました。
ご体験には心が痛むばかりですが、現在はそれをお楽しみになっているとのことで、安心いたします。
反動形成という捉え方もできるかとは思いますが……
上記にも書きましたが、自身を反省する機会にもなりました(汗)

>MAさん
自由帳のご利用、ありがとうございます。
劣等感が解消欲求を生むという通説が真なら、「積極的に受け入れる」も手段のひとつと捉えるべき、と主張する私です。
MAさんの妄想は、ひとつの世界を形成しているように見えました。
甘美な印象です。うまく言えないのですが、すうっと惹き込まれるような。
ご紹介のOさんに自己を重ね、同時に、MAさんに共感して拝見している、という不思議な感覚に陥りました。
よろしければ、これからもぜひご活用ください。
2011/05/10(火) 18:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

例えば、数十人の男が一室の部屋に集められ、その中の一人しか生き残れないというゲーム。
その様子が、まるで水槽に飼われている魚達みたいに、女性様の部屋から(テレビなどを通じて)見れるようになっている。女性様は別にそれを見ることもなく、ただ普段通りの生活をしています。
そんな妄想もしたりします。分かりにくいですが。
映画の『CUBE』を見て、考え付きました。まんまですが(汗)。


個人的には、女性様から奴隷(または家畜、物体)に声を掛けることはない、というのが理想の関係です。言い換えると、女性様から無視されていること(女性様から「モノがある」と扱われること)が理想です。そしていらなくなったら、捨てられる。そういう関係が美しく思えます。

女性様がモノに声を掛けることで、それまでの関係が狂うような気がします。分かりにくくて、すいません。
2011/05/11(水) 00:32 | URL | MA #-

十人十色です。女性に無視されることが理想。それもありですね。私は男は常に女性を楽しませたあげく、処分されるのが理想です。私のよく妄想する中に水槽がつかわれるものがあるので書かせてください。広いパーティ会場、その中央には巨大水槽。水槽の上はガラス張りのステージ。会場の中は、すべて女性。政治家や大企業社長、エリート官僚など権力、地位、富をもっている人たちばかり。そしてステージの上には、一流モデルと一人のイケメン男。この男は永年あるセレブに飼われていた、ただSEXをするためだけに。だが飼い主が飽きてしまい新しい性処理道具(男)を手にいれたためこのパーティに寄付した。それでは皆様これよりマナイタショーをはじめます。司会は有名女子アナ。水槽上のステージで必死に女性を喜ばそうと男は女性にこれでもかとクンニ、そして挿入腰が折れるかのようピストン運動やがて女性が絶頂を迎える。男は女性を満足させると正座してつぎの支持を待つ。正座している男の後部分のガラスがスライドすると司会の女子アナはハイご苦労様でした、次はあなたをいかせてあげますと言うと、モデル女性は正座している男の顔面に強烈な蹴りを入れる。真後ろに倒れると水槽に落ちる。鼻血をだし水槽の外をみると女性達が酒を飲んでいるのが見える。そして水槽奥の檻が開くなんと7メートルクラスのホオジロ鮫が泳いできた。あまりのびっくりさに水を飲み込みおおあらわ。まるで水槽の中で阿波踊りでもしているかのように。会場は、大爆笑。そして男は鮫に食われていく。それを見ながら高級ワインやブランデーを飲む女性達。司会の女性はいかせるといってもあの世ですけど、あっ、もう遅いか。ふたたび大爆笑 セレブ女性達のパーティーのほんの一部の妄想です。
2011/05/11(水) 20:56 | URL | でぶ #-

マゾになったキッカケ?を漠然と思い出したので、書かせて頂きますm(__)m

幼稚園の学芸会で、クラスの女の子が、魔女役になりました。
本番当日、黒で覆われた衣装を着ていた彼女に、何故か惹かれてしまいました。
ただ、そのときには彼女にイジメられたいというような気持ちは全くなく、しかしその姿に惹かれていたことや、変な気持ちも抱いたことは確かです。
幼稚園の頃には、既にマゾ願望があったかもしれません。

中学時代になって、身長の高い可愛い女の子がいました。
彼女とは席が毎回近くで、かなり仲が良かったです。しかし、ある時です。彼女が(冗談かは分からないですが)突然に「変態」だとか、「変態は喋んな」だとか、「うるさい」と言い放ったり、彼女が冷たく接するようになりました。それが数日続きました。しかし、またいつも通りに接してくれるようになりました。
何故、いきなり冷たく接してきたのかが今でも分からないです。しかし、確実にあのときから、女性にイジメられたいと考えるようになったと思います。

また自分は陸上部でしたが、女子にタイムを負けたりしていました。

それらが原因かと思います…。女子にはかなわない、と言いますか(汗)。
2011/05/22(日) 17:09 | URL | MA #NkOZRVVI

でぶさんへ、

コメントを無視している訳ではなく、考えがまとまったら返事を書きますm(__)m

申し訳ありません。
2011/05/22(日) 17:11 | URL | MA #NkOZRVVI

ここには、書きたいことを書くだけなので、返事など気を使わぬようにお願いします。
2011/05/22(日) 22:48 | URL | でぶ #-


■ 子故に迷う親心 11

こんばんわ。お疲れ様です。私はパソコンをいじりだしたのが遅かったため2年位前に実際に中国女性が、子猫、子犬、カエル、うさぎなどを踏み殺す画像を見ました。女性が、虫を踏み殺すだけでも興奮するのに、動物を殺すとは、さすが中国です。しかもうさぎを殺す場面では、うさぎの眼球に女性のヒールが刺さっているを見た時凄いと萌えました。しかもどの女性達も本当に楽しんでいるのが萌える。お金のためだけならあんなに楽しそうに殺せないはず。彼女達からすれば、一石二鳥だったのだるう。それと中国女性といえば若い女性がお札を煙草がわりに吸ってみせるなど萌え萌え。私はその女性がお金もなく飢え死に寸前の男の前でお金に火をつけたのを、想像します。また昔見た日本のビデオで、ガーターストッキングを身に着けた女性がバナナを足で踏み潰してこねくり回したり、オナニーの道具に使っているのを見て外国の飢えた子供達が見たらどう思うだろうと思ったりしました。すいませんつい長くなり本来自由帳に書き込むところを。主人公が猫を踏むなど残虐性に感動しいろいろ書いてしまいました。失礼します。
2011/05/03(火) 21:04 | URL | でぶ #-

でぶさん。
物語を通じて高揚してくださったんですね。とても嬉しいです。
生物は可哀想、食物はもったいない。あくまで妄想の範囲ですね、私は(笑)
愛華のこと、今後も見守ってあげてください。
2011/05/04(水) 15:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

愛華のように冷酷な一面を持った少女が、もし実際にいたら・・・と考えたら少し怖いです。誠一の元妻の麻美子が 「そ、そういうレベルじゃないの! 絶対あの子、頭おかしい! 狂ってる!」 と思う気持ちも分かります。
2011/05/04(水) 12:17 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
先日は愛華の心境、今回は麻美子の心境。
いろいろと思いを巡らせてご覧いただけていることが嬉しいです。
愛華は実際にいますよ。この物語の中に(笑)
2011/05/04(水) 15:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 10

愛華は誠一の怯えている表情を見て楽しんでいるのでしょうね?そんな感じが伝わってくるような気がします。
2011/05/02(月) 19:36 | URL | ひらき #k62HVzjU

ひらきさん。
愛華の心境に思いを致してくださり、大変光栄です。
ですが、私も所詮は語り手。彼女の思いは、やはり彼女にしかわかりませんね(笑)
私は、この物語に浸っていただけることを、ただ有難く享受することにします。
2011/05/03(火) 12:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんにちは。いつもすばらしい小説を読ませていただいております。
これからも続きが楽しみです。
2011/05/02(月) 21:11 | URL | ギフトホルツ #d/CpiV46

ギフトホルツさん。
いつもご来訪くださっているんですね。今回お声が聞けて、とても嬉しいです。
作品への身に余るお褒めの言葉、大変恐縮です。ありがとうございます。
今後へのご期待にも励まされました。ぜひ、最後までお付き合いください。
2011/05/03(火) 12:36 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんわ。そういった行為は、美人女性にのみ許されるものだと信じます。たしかクラッシュ係ビデオの中にあった言葉で女性のみに許される禁断の行為を思い出す。弱い生き物を殺すことが。主人公の女性に期待します。
2011/05/02(月) 23:06 | URL | でぶ #-

でぶさん。
>美人女性にのみ許されるものだと信じます
私の疑問に対するご回答ですよね。貞実にお答えくださり、感謝いたします。
でぶさんの信条を紐解くのは、難解で面白そうです。
愛華へのご期待、ありがとうございます。またぜひ、ご来訪ください。
2011/05/03(火) 12:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

愛華さん、可愛いです!
もっともっと潰されたいですね…。毎日の更新が楽しみです。
2011/05/02(月) 23:11 | URL | ma #-

maさん。
愛華を可愛がっていただけて、有難い限りです。どうぞ温かい目で見守ってあげてください。
また、誠一に感情移入してご覧くださっているようで、大変嬉しく思いました。
>毎日の更新が楽しみです
こういった温かいお言葉に甘え、未だ加速更新中です(笑)
2011/05/03(火) 12:49 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 8

こんばんわ。罪悪感がないということは、すばらしい。ただし女性のみ。また罪悪感を快感とする女性も萌える。とにかく美人は生まれもって残酷であってほしい。
2011/04/30(土) 01:03 | URL | でぶ #-

面白いです。
でぶさん、こんにちは。ご感想、ありがとうございます。
女の罪悪感も、重要なポイントのひとつということですね。でぶさん思想は興味深いです。
ちなみに、美人でない女はどういう位置づけになるのか、ちょっと気になりました。
2011/04/30(土) 14:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 7

この後の展開が気になります(笑)

駄目なお父さんですね。
2011/04/28(木) 23:43 | URL | ma #-

maさん。
またコメントを頂けて光栄です。本当にありがとうございます。
はい。同感です。ダメなお父さんですね(笑)
ご期待の声がとても嬉しいです。
2011/04/29(金) 23:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

愛華の踏み付けがはじまりましたね。どのようにエスカレートしていくのか楽しみです。
2011/04/29(金) 13:29 | URL | ひらき #-

ひらきさん。
こまめにご感想を下さっていることが、大変励みになっています。
いつもありがとうございます。
この親子が辿っていく道。どうぞ見守ってくださいね。
2011/04/29(金) 23:19 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 自由帳

僕は高校生の時に女子2人に両手足を縛られて、頭を鷲掴みにされて水を入れたバケツに顔を押さえ込まれた事があります。そして20秒ほど押さえつけた後、1度、水から出して呼吸をさせてくれました。ですが、僕が息を吸う瞬間を狙って、また押さえつけられました。それを何度も繰り返されました。息が苦しいうえに、気管に水が入って本当に辛かったです。
2011/04/28(木) 16:38 | URL | ひらき #-

こんばんわ。早速このようなコーナーを作っていただき神にいや管理人様に感謝いたします。いろんな人の体験談や萌えたこと妄想などが聞けたら最高だと思います。今日早速書き込ませていただくのは、女性の喫煙です。これから書くことはすべて本当にあった話で作り話ではありません。女性の喫煙に萌えない人にはつまらない話ですが。私が煙草に興味をもったのは中学生になったころです。学生服を着るようになり大人になったような気分から大人の真似とばかりに煙草を買いこっそり吸ってみました。ただしその時は、吸うというより、ただ火をつけふかしただけです。これのなにがいいのかその時は、わかりませんでした。3年生になった時の仲間の中に煙草を知る者がいてはじめて肺にいれるものだとしりました。煙草を吸いだしたころでした。近所の道を歩いていると前から女性が歩いてきました。女性は手を口のところにもっていくと女性の口から煙が流れ出ました。えっ まさか煙草吸いながら歩いているのか、その道は確かに昼間といえ裏道なので人はあまり通りません。すれ違う前に顔を確認しました。当時の記憶で年齢30半ばから40位ただし綺麗に化粧をしていたためそれより上かも。なかなか綺麗な人だったためあの煙草がほしいと急に思いました。私はすぐに後を追いました。おそらく大通りに出る前に煙草は捨てられると思い間違いなく拾えると思ったからです。案の定すぐに捨て踏み消して行きました。そして捨てた場所に行くと大感激踏んだのは火がついていた部分だけでそれ以外は無傷。すぐにひろい家にもちかえりました。まず部屋でじっくり見ました。白いフィルターに真っ赤な口紅銘柄はパーラメントそして咥えて火をつけ吸い込みました。次に口紅部分を舐めまわし再び吸いだす。最高だ。私はその時から女性の喫煙に興味をもちました。その時私はこずかいほしさに朝の牛乳配達をしました。ある団地の配達をしていると煙草の匂いがしました。さきを見ると女性が一人まさかあのひとかなと思うと後姿でしたが間違いなく彼女から煙がよし明日はもっと早く来て顔を見てやると思いました。次の日彼女が階段からでてくるのを発見すぐに追いました。配達はおわらせていたので安心して。すでに煙草の匂いおそらく朝の6時位のため人があまりいないのをいいことに普通に歩き煙草 バス停までの近道で神社を通るのですがその神社の中で煙草を踏み捨てました。その罰当たりのような行動にすごく萌えた。もちろん吸殻は、拾いました。次の日勇気を出して顔を見ようと待ち伏せてびっくり見た目は真面目そうなじみな感じの女性ただ年齢は40後半美人では、なかったがやはり興奮した。何回か彼女のすいがらを拾っては吸った。そしてある日珍しく彼女は火がついたまま捨てた。やったーそのまま吸えると喜んでいくとなんと煙草は水溜まりに投げられていた。バス停にいる彼女に言いたかった。あなたの吸殻が欲しくてついてきたのに水溜りに捨てるなんてあんんまりだ、ひどすぎると。それから昼間の公園に行くと小さい子供を連れた母親達が喫煙をすることを知った。たまに学校をさぼり公園のベンチに座って観賞すようになった。ある日のことですが公園に行くと今日は3人しかし見るとなかなか美人揃いだがこれは煙草など吸わない人たちだとがっくり。しばらくすると帰るようす俺も帰るかと思ったが帰ったのは2人もう少しいるかと彼女を見ると相変わらず優しそうな笑顔で子供を見ている。がその時バッグに手をいれたすぐに煙草とわかり心臓バクバク欲しい死ぬほど欲しいあの煙草。吸い終わると足元に捨て踏み消す。そしてその吸殻を指でつまみポイとベンチしたに隠す。もちろん彼女が帰ったあとにいただきました。そして別の日公園の外の道を歩いている女性2人組発見と思ったら1人の女性の口から煙がすぐに後を追うと吸っているのは1人しかし吸っている女性がもう1人に煙草を渡すとその女性も1口吸うとその煙草を道と平行している川に放った。煙草は川にまったく届かず草むらに、しかし彼女達は投げ捨てた煙草など視線になくそのまま歩いて行った。草むらから煙が私はもちろん拾い吸った。そしてもしも私みたいな変態がいなかったら火事になっていたかもしれなかったと萌え怒りながら顔だけみてやると思い追いかけた。顔を見て愕然。まだ中学生か高校生かわからないようなかわいい女の子しかも学級委員とか優等生みたいなかんじ本当かよ心の中で萌え叫ぶそして成人してからは歯医者でのこと。午後1に予約していたため早めに行き待合室に座っていると休憩室らしきところから女性スタッフの話し声や笑い声そして5分前位の時に耳に入った言葉が、あと1本しかないそして笑い声時間になり診察室に呼ばれ座るそして助手の女の子が私に前掛けをかけようとした時彼女の手から煙草の匂いまたもや心臓バクバク口の中が急に乾きスイマセントイレいいですかと言った。その娘は、どうぞごゆっくりと言うと他の女性スタッフと笑い出す。私は急いであの娘があの娘がと言いながら10秒位ですぐに抜いた当然1回では、収まらずさらに2回抜いた。まだ収まらなかったがこれ以上はきりがないそう思い席に戻る時間は3分もたたない。なんて早漏野郎だ俺はしかしそれだけ早くいかせたのはあの娘のせいだ。その娘は私が席につくと大丈夫ですかと微笑む。私は心の中で叫んだ。ふざけるなーその顔で煙草なんか吸いやがってあまりに清楚な感じでしたので萌えショック。家に帰りさらに抜く。女性の喫煙萌え体験は、この辺でとても書き込めるものでなくきりがないため。それと最近バレエ教室喫煙を検索したら小さい子供を通わせてる母親の投稿にバレエの美人先生がその母親と娘の前で煙草を吸ってそれを見た娘が固まったとありました。バレエ界は喫煙者が多いらしいとも。そして娘もそのうち煙草を吸いだすのか心配ですとか。見てみたいなバレリーナの更衣室や控え室の喫煙風景。また体ならしに脚を高々と上げたときの咥え煙草。また私は人間灰皿についてですが体に押し付けて男を苦しませるよりも口の中に入れるものに萌えます。口だと唾液で火が消えてしまい苦しまないと思うひとも居るでしょうが、私は口というものは、人間が生きていくうえで食べなければ生きられないという意味で物凄く大事な体の部分だと思います。その大事な部分に吸殻、つまりゴミを捨てる。マニキュアの指に挟まれ口紅の付いた吸殻が男の口へ。それ専門のDVDが販売されるのが私の希望。日本は外国にくらべ女性の喫煙ビデオが少ないと思います。特に1本の煙草を交互に吸ったり、煙の口移しスモーキングキス。女性の喫煙は最高。特に見た目では想像できない真面目そうな清楚な人が。 今日はこの辺で失礼いたします。もし私と同じような女性喫煙フェチの人がいたら、体験談など聞きたいです、失礼します
2011/04/29(金) 01:59 | URL | でぶ #-

管理人です。
お邪魔します。
早速のご活用、ありがとうございます。

同嗜好の方々の交流の場になるもよし、各々様の吐露の場になるもよし、不要であればそれもよし。
ご来訪者様次第のスペースにしたいなぁ――と、漠然と考えています。

今後も、楽しくご利用いただけたら幸いです。
2011/04/29(金) 19:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

お二人様へ。
>ひらきさん
さぞ苦しかったことでしょうね……
ひらきさんは、当方の小説アンケートに、首絞めが好きだとご回答下さっていますよね。
「窒息」がひとつのキーワードなのかな、と思いました。

>でぶさん
あぁ……、純朴な男子中学生が……
「喫煙フェチ」という嗜好は、数年前からでぶさんに教わってきてなお、私にとっては斬新なものです。
それにしても、すごい大作ですね。思わず目を瞠りました。
2011/04/29(金) 23:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

でぶ様
タバコを吸っている女性を見ると興奮するのですね。最近は、ストレス社会のせいか、タバコを吸っている女性を多く見かけます。
2011/05/01(日) 11:46 | URL | ひらき #-

高校1年の冬でした。昼休みに女子2人に呼び出されて体育館の倉庫の中に連れて行かれました。連れて行かれる途中、僕は心の中で「またイジメられる、もう嫌…。先生達にこの事を言ったら、仕返しにもっと酷い事をされるかもしれない。」と苦悩していました。倉庫の中に着いたら早速マットの上に縛り付けられました。そしてわき腹などをくすぐられました。最初は、くすぐられるだけなら水を入れたバケツに押さえ込まれた時のような苦しさはないと、あまく考えていました。ですが、やられてから間違いに気付きました。笑い続けているので息を吐き続けていて、自分の意思で吸う事ができないので、想像以上に辛かったのです。

昼休みは、昼食の時間も含めて40分あったのですが、その時間ずっとくすぐられました。2人は 「いつもアンタ、私達にいじめられて苦しい思いをしてるから~、今日は特別に楽しい気分にさせてあげるわ~。」「さあ私達からプレゼントをあげるわ。休み時間40分、楽しい時間をねっ!」など言われました。休み時間の終わりのチャイムがなった時、解放されましたが僕は苦しさのあまり放心状態になっていて、すぐに動く体力は残っていませんでした。そのせいで次の授業に遅れてしまい先生に注意されてしまいました。
2011/05/01(日) 11:56 | URL | ひらき #-

ひらき様なかなかの体験話いや私からすれば自慢話ありがとうございます。女性のなかでもとくに見た目は、喫煙とは無関係といった人に萌えます。自分が、子供の時にピンポンパンなる番組がありました。その時のおねーさんの酒井ゆきえ様が喫煙していたと本人がなんかのトーク番組で話しているのを聞きそのばでかいてしまいました。幼児に笑顔で接していたあの時に煙草を吸っていたとは。
2011/05/02(月) 00:00 | URL | でぶ #-

煙草について馬鹿な妄想しました。自分が煙草に生まれてきた場合です。生まれてすぐに箱に詰められしばらく暗闇の中で過ごす。仲間たちは、みんなこれから火をつけられ殺されるなんて思っていない。私は前世も煙草だったため知っている。不幸にもまた煙草に生まれてくるとはついてない 火をつけられてからけされるまでが地獄 しかし今度こそまともに生まれてくると信じ覚悟を決める。やがて人に買われ箱が開けられる。ひのめをみると死ぬのもまじか。私達を買ったのは女子高生だった。かわいい女性だがひとつだけ不安がある。そして不安は的中いよいよ私が火をつけれる番だ 取り出され回りをみて驚愕なんとその場所は学校の女子トイレ。まわりに当然灰皿などない。祈るただひたすら祈る。せめてゆかで消され汚物入れに捨てられることを。参考書を読みながら煙草を吸う。かなりの優等生。そしてあと一口で私は始末される。その一口を吸い終えると私は股の下にもっていかれる。1番恐れていたことがおきた。やだやだお願い下に落とさないでと必死に叫ぶが私を挟んでた指はパッと開き私は落ちた。ギャーやだよ流さないでそれは、無限糞地獄の入り口だ。二度と生まれ変わることなどあり得ない永遠の世界。灰皿やゴミ箱などに捨てられれば生まれかわるチャンスがあったのに。かわいい女子高生に永遠の地獄に送られた。またバイブや双頭バイブに生まれてきたことなども妄想します。女性のために必死に働きさんざんこきつかい壊れるとポイッと捨てる。双頭バイブなどはプレイ中に壊れたりしたら大変だ。女性2人にこの役立たずと床にたたきつけられ思いっきり踏み壊される。今までどんなに無理な使い方をされ何時間も働いてきたにもかかわらず。すいません変態妄想で
2011/05/02(月) 16:40 | URL | でぶ #-

すみません。以前、書き込ませていただいた文章で「その時間ずっとくすぐられました。2人は」と書いた部分ですが、文字を間違えてしまい「2人に」と書くつもりが「2人は」にしてしまいました。申し訳ありませんでした。
2011/05/02(月) 19:57 | URL | ひらき #k62HVzjU

拝見いたしました。
>ひらきさん
幼い頃、日常的にくすぐり責めをしていたほうの人間です。
ご体験を見てドキッとしました。
私は、相手が笑い続けるのにつられて、自分も楽しくなって、エスカレートしてしまう感じでした。
「そんなに笑うなんて、本当に楽しいんだね。喜んでもらえて、私も嬉しい」
――という無理やりな理屈を、悪気満々で押しつけていました。
こうしてご心情に触れると、胸が痛みますね……

>でぶさん
「ギャップ萌え」という俗語がありますよね。
ひとりの人物に内在する、ある要素と別の要素とのギャップ(間隔、ずれ)、普段は有り得ない状況が生みだす萌えである。
(「ニコニコ大百科」より引用)
子どもと接する職業のお姉さんが喫煙――その意外性がキーなのかな、と思いました。
妄想の件、楽しく拝見いたしました。でぶさんの発想は、私にとっては斬新で面白いです。
逼迫していく状況や、やるせない心情が、とてもよく伝わってきました。
2011/05/03(火) 10:21 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 6

愛華は、誠一にとって実の娘であり、なにか特別な存在なのですね。平気でツチイナゴを潰す残虐性と一瞬、妻の麻美子と姿が重なるほど似ている美しい容姿を併せ持っているので、そこに神秘的な雰囲気を感じるのだと思います。とても面白いです。最近、更新のペースがはやいですね。あまり無理をしないでくださいね。
2011/04/27(水) 10:29 | URL | ひらき #-

いつもありがとうございます。
ひらきさん、こんばんは。いつも楽しんでご覧いただけて嬉しいです。
作品自体は完成していますので、無理をして執筆しているわけではありません。お気遣い、ありがとうございます。
サイト立ち上げ当初は毎日更新をしていましたが、私の中にちょっとした憂いが生まれてきまして――
読者様に相談し、ご意見を頂き、現在はゆっくり更新に落ち着いている、といった状態なのです。
現在の加速は、単なる私の暴走です(笑)
ただ、ひらきさんは、ついてきてくださっていますよね。頂いたご心配とは裏腹に、正直、安心した私がいます。
お言葉、ありがとうございました。
2011/04/28(木) 19:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 5

仕事が震災の影響で大変な事になっていて なかなか 来れませんでした 久しぶりに見たら 更新されてて この作品も いいね 僕の親も 僕が子供の時 離婚し 親父に引き取られました これの逆だね この 娘と 会うシーンは なかなか いいね ツチイナゴを 踏み潰すシーンからの再開 なかなか よかったです この続きが読みたいです これからも頑張ってくださいね
2011/04/25(月) 20:51 | URL | きんた #-

きんたさん。
大変な状況の中、またのご来訪・ご感想を頂けて有難いです。
虚構が虚構であることが現実である――と信ずる故、私は小説に禁忌を設けません。
実体験が基でご気分を害されることは望みませんので、何卒ご自衛くださいね。
続きを楽しみにしていただけて光栄です。
背中を押してくださるお言葉に甘え、またぞろ加速更新中。私の悪い癖なのです(汗)
2011/04/26(火) 18:50 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんは。いいですねたとえ虫でもその生命を足で奪いその行為にお礼を言う少女。私もクラッシュビデオはそこそこ見ましたがとくに良かったのが2人の女性によるザリガニ潰し。1人の履いてサンダルの底にザリガニをゴムで貼り付け2人は向かい合わせに腰をおろしザリガニを貼り付けたサンダル足を相手につきだす。それにあわせむかいの女性の足が相手の足に重なる。足の裏と裏を合わせるように。2人は楽しそうに笑顔でザリガニを潰した。それと最近見たDMMの中からタイトルは忘れましたがある金持ち夫人が若い男
とのSEXをする前にスカートをおろしましたが私のよみどおりに黒ストをガーターベルトで吊っていました。しかし萌えたのは、そのガーターベルトが蛇か鰐の皮でできていました。仮に蛇としましょう。どこかで普通に生きていた蛇ある日人間に捕まり殺されその目的が人間の女性がSEXをするために履くストッキングを吊るための道具と知ったら魂はさぞ無念で成仏できないでしょう。しかも腰に巻いてる女性はガーターベルトをはずしたら必ずポイと放り投げます。生きているものを殺して道具に使っているなどまったく罪悪感もなく。こんな考え少しおかしいですか。これからゴールデンウイーク10連休があるので、できたら女性の喫煙萌え体験など書き込みたいのですがよろしいでしょうか。小説のほうも期待してます。失礼いたいます。
2011/04/25(月) 22:35 | URL | でぶ #-

でぶさん。
こんばんは。いつもお褒めの言葉を頂き、ありがとうございます。
「動物が殺される目的について」――興味深く拝見いたしました。
>こんな考え少しおかしいですか
おかしい私には、回答できません(笑)
ですが、いくつかお言葉を抜粋させていただくと、
>人間に捕まり殺されその目的が人間の女性がSEXをするために履くストッキングを吊るための道具
>知ったら魂はさぞ無念で成仏できないでしょう
>しかも腰に巻いてる女性はガーターベルトをはずしたら必ずポイと放り投げます
>生きているものを殺して道具に使っているなどまったく罪悪感もなく
ここまでは、「毛皮反対」を主張する方々の観念と同じなのではないでしょうか?
仮にそう捉えれば、でぶさんの考え自体は、決して異例ではないと言えますよね。
判然たる違いは、感じ方。――怒りか、萌えか。
「逆リョナ」も同じです。この虚構に覚えるのは、怒り? 萌え? というわけで。

>できたら女性の喫煙萌え体験など書き込みたいのですがよろしいでしょうか
まず「書き込みたい」というお気持ちが、とても嬉しいです。
ただ、当方は虚構の小説サイトですので、現実の話を書き込む際には、ご配慮いただけたら幸いです。
簡単に言えば、事件性のある書き込みはご遠慮ください、ということですね。
それから、こちらは、基本的には記事へのコメント欄です。
ご感想など、これからもぜひ。お待ちしております。
2011/04/26(火) 18:55 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんわ。蛇の件は、もちろん萌えです。それとここは記事の感想を書くところですと書いてありましたが、私はパソコンとかメールは、基本的に苦手でついこの欄に萌え話も書き込んでしまったことに申し訳ございません。いろんなサイトに書き込みをちょくちょくしますが、管理人様のように常に書き込みに対し返事をいただけるのでついうれしくなり今までの萌え体験など聞いていただきました。そこでどのコーナーに萌え体験、妄想話を書いてもよろしいでしょうか。小説は、読ませていただいていますが、それ以外は、わかりません。本当に失礼な奴で申し訳ありません。失礼いたします。
2011/04/26(火) 20:11 | URL | でぶ #-

読者様ページを作成しました。
でぶさん、こんばんは。失礼だなんて全く思ってないですよ。
むしろ、貴重なご意見を頂きました。ありがとうございます。
確かに慣れていないと、区別するのは難しいものなのかもしれませんね。考えさせられました。
>どのコーナーに萌え体験、妄想話を書いてもよろしいでしょうか
はい。そこで――
当サイト内に「自由帳」というタイトルのページを作成しました。

http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-1010.html
上記リンク先ページのコメント欄に、体験談や妄想話を書いていただけますでしょうか。
PCページの右上部、携帯ページの目次スペース、それぞれからもリンクを貼りました。
そちらをクリックしていただければ、直接「自由帳」ページに飛べます。
ご活用いただければ幸いです。
2011/04/26(火) 21:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 4

ついに娘と再会しましたね。ツチイナゴを執拗に踏みにじる彼女の残虐性はすごいです。先がものすごく気になります。面白い小説ありがとうございます。
2011/04/24(日) 08:25 | URL | ひらき #-

こちらこそ、お礼申し上げます。
ひらきさんの強い思いに、心打たれています。ありがとうございます。
それを口実に開き直り、現在、ゆっくり中断。加速更新中です(笑)
楽しんでくださっていることを大変光栄に、幸せに感じています。
2011/04/25(月) 00:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 3

娘に会える事を楽しみにしている父が、後にその娘にどのように責められるのか想像すると、とても面白いです。
2011/04/23(土) 16:11 | URL | ひらき #-

どうぞ、世界に浸ってください。
ひらきさん。いつもコメント、ありがとうございます。
熱情がひしひしと伝わってくるようで、大変感激しています。
そして私は、お言葉に調子づき、ついまた加速更新してしまう――、と。
私の悪い癖です(笑)
楽しみながら、いろいろとご想像いただければと思います。
2011/04/24(日) 00:38 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ヒーリングメロディ 6

たまにこれを読みたくなり、もう何回か読んでいます。
自分もこういうふうに、壊れるまで使って頂きたい気持ちで一杯になります。何と言えば分かりませんが、無視されている感じが素敵に思えます。女性に使われるだけのモノ(男)が羨ましくて堪らないです。(男の立場で)それが現実なら苦しいでしょうが…。
「私」がとてもしっかりしていて、知的で、またそこに惹かれてしまいます。無能は使われるだけ…みたいな。
またこういう素敵な作品を書いて欲しいです!文体も読みやすくて、好きです。正当拷問自白法や女子高生の続きも楽しみにしています。

このサイトの作品は売ってたりしますか?自分が紙で読むタイプなので(汗)
2011/04/23(土) 00:30 | URL | ma #lISGuULQ

コメント、ありがとうございます。
maさん、こんにちは。何度もご来訪くださっているんですね。今回ご感想を頂けて、とても嬉しいです。
彼女に使われるだけの存在。利用できるだけ、彼にも存在価値があるといったところでしょうか(笑)
私は自分の感性で好き勝手に執筆していますが、作品は、やはり読者様の感性に依拠するものだと考えています。
読み取って、感じて、浸って、何度も物語をご覧くださる。そんなmaさんのような方に支えられて、当方は成り立っています。
文章表現についてのお褒めの言葉が心に沁みました。シリーズものへのご期待の声にも感謝するばかりです。
質問の件ですが、販売はしておりません。
紙媒体がお好みなんですね。私も同じです。が、こんな拙作でお金を取るのはさすがに図々しいかと(汗)
お金を出しても読みたい――、というお気持ちと勝手に解釈して、勝手に感激しています(笑)
予定はありませんが、無料配布などの機会がありましたら、ぜひお手に取ってください。泣いて喜びます。
コメント、ありがとうございました。これからも、当方をどうぞご贔屓に。
2011/04/23(土) 12:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 2

娘に見つかってしまった誠一。家族関係の過去などがあって、これから先がとても楽しみです。
2011/04/22(金) 14:08 | URL | ひらき #-

ありがとうございます。
楽しみにしていただけて嬉しいです。
今回は、久しぶりの長編小説になります。
ぜひ連載終了まで、気長にお付き合いくださいませ。
2011/04/22(金) 18:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 子故に迷う親心 1

実の娘に責められる恐怖、誠一の気持ちが良く伝わってきます。とても面白いです。
2011/04/22(金) 12:18 | URL | ひらき #-

大変励まされます。
ひらきさん、こんばんは。
連載開始早々のご感想、ありがとうございます。
彼の心情に浸っていただけて嬉しいです。
2011/04/22(金) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ kazowk様:イラスト 16

kazowk様、ゆきな梨央様、ありがとうございます。
4週年にふさわしい画像をありがとうございます。
2011/04/10(日) 20:59 | URL | ひらき #-

ありがとうございます。
ひらきさん
コメントありがとうございます。
拙い絵ですが、思いだけは伝わるように心がけて描きました。喜んで戴けて幸いです。
2011/04/11(月) 10:51 | URL | kazowk #kmb98D8k

お二人様へ。
>ひらきさん
コメント、ありがとうございます。
頂き物は全て、心の贈り物だと思っています。
ご来訪者様からこういったお言葉を頂けることは、掲載している私としても嬉しい限りです。

>kazowkさん
記事コメントにも書きましたが、あらためまして、作品のご提供、祝辞、本当にありがとうございました。
今回に限らず、たくさんのお心遣いを頂き、感謝しています。
これからも、どうぞご贔屓に。
2011/04/11(月) 20:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ひひる様:イラスト

このイラストを見ながら小説を読むと最高です。面白い小説をいつもありがとうございます。
2011/04/07(木) 17:24 | URL | ひらき #-

素敵ですよね。
ひらきさん、お久しぶりです。またコメントを頂けて、有難い限りです。
Fetish★Fairyのひひるさんから頂いたイラストです。
「描きたい!」とおっしゃってくださったお気持ちに感激いたしました。
併せて小説をご覧いただけて、大変嬉しいです。
2011/04/09(土) 14:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 由香利ノート -強制自白編- あとがき

この作品内に、「冤罪」の概念はないと判断してよいのでしょうか?
2011/04/06(水) 18:08 | URL | 名無し #-

いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます。
基本的に、作品の解釈は人それぞれ自由なので、読者様の感性にお任せするスタンスでおります。
>「冤罪」の概念はない
それもひとつの解釈だと思います。
ですがご質問のようなので、僭越ながら回答させていただきますね。
できれば、私なりの一解釈と捉えてください(汗)
「冤罪の概念」は存在します。
本作はシリーズものなので、世界観は一貫しています。
その上で、冤罪概念の存在が顕著なのは、本シリーズ第一弾『正当拷問自白法』にて、大谷さんが、
「容疑者である俺に対して、まるで犯人扱いだ」
――と、心の中で毒づく部分でしょうか。
未見でしたら、そちらもお目通しいただければ幸いです。
ただ、私にとっては「作品を楽しんでいただけること」が何よりです。
ですので、もちろん名無しさんがおっしゃるような世界観でお読みいただいても一向に構いません。
2011/04/07(木) 15:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 【祝】サイト設立四周年

四周年、おめでとうございます!
設立当初から、ずっとファンです。
今後の作品もとても楽しみにしております。
2011/04/03(日) 00:18 | URL | SR #bMUbTW1E

ありがとうございます。
SRさん、こんばんは。温かい祝辞が、とても嬉しいです。ありがとうございます。
>設立当初から、ずっとファン
おそらくSRさんには、全ての作品にご感想を頂いていると思います。
ただただ、感激するばかりで……
己の感謝の気持ちを伝える語彙があまりに少なく、腹立たしいほどです。
いつも励まされ、支えられ、お陰様でなんとかここまで続けてこられました。
ご期待、ありがとうございます。これからも当方を、どうぞご贔屓に。
2011/04/03(日) 17:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

皆様。
有難い祝辞に、感激するばかりです。
これからも頑張ります。応援、よろしくお願いいたします。
2011/04/09(土) 15:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

4周年おめでとうございます。
 いつも作者様の文才には驚かされております。
 拝見していると登場人物の声色や表情まで伝わってきます。
 素晴らしい作品をありがとうございます。
 これからも微力ながらご協力させて戴ければ幸いです。
4周年おめでとうございます。
2011/04/08(金) 20:23 | URL | kazowk #0PmukgJY

kazowkさん。
温かいお言葉、有難く頂戴いたします。「文才」と呼べるような代物ではないですが(汗)
作品を通じて「何か」を感じてくださっているのであれば、作者冥利に尽きます。
kazowkさんのお人柄と感性に依拠するものなのでしょうね。
こちらこそ、いつも当方への多大なお力添えを頂き、感謝しています。ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/04/09(土) 15:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

サイト4周年おめでとう ございます 四年であれだけ沢山の作品 作ったんですね 凄いです これからも頑張ってください 応援します
2011/04/08(金) 21:24 | URL | きんた #-

きんたさん。
いつも、応援のお言葉や温かいご感想に励まされ、支えられています。
>四年であれだけ沢山の作品 作ったんですね 凄いです
こちらこそです。
ここ数日で、本当にたくさんのコメントを頂き、感謝しています。
今後も、どうぞご贔屓に。
2011/04/09(土) 15:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

4周年おめでとうございます。
2011/04/08(金) 23:17 | URL | でぶ #-

でぶさん。
お久しぶりです。またお書き込みいただけたこと、大変嬉しく思います。
正直、でぶさんのお話はとても楽しく、いつも元気を頂いていました。
ですので、もうお声が聞けないのかも……、と思うと、とても寂しく……
よろしければまた、ご感想、そして、でぶさんの物語を聞かせてください。
2011/04/09(土) 15:46 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

おめでとうございます。
4周年おめでとうございます。いつもありがとうございます。これからも頑張ってください。
2011/04/09(土) 20:27 | URL | ひらき #-

ありがとうございます。
ひらきさん、こんばんは。またご来訪いただけて、感激しております。
有難い祝辞と応援の言葉、加えて逆リョナ@wikiへの情報提供まで。
とても嬉しいです。
>いつもありがとうございます。
いえいえ、とんでもない。それはこちらの台詞です。ありがとうございます。
マイペースに、ゆっくり、を頑張って心がけています。
これからも応援、どうぞよろしくお願いいたします。
2011/04/10(日) 18:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんわ 覚えていただいて恐縮です。私のなかのイメージで残酷女性といえば、後藤久美子様、武田久美子様、安原麗子様いずれもハイヒールが似合いすぎるのと冷酷そうな顔が、好きでした。3人は間違いなく喫煙者。最近では極悪コンビとして、沢尻エリカ様アビル優様の妄想をします。エリカ様については、結婚を話題話、芸人で言う芸のこやし、相手の男の気持ちなどまったく考えない自分中心のところがすごい。きっと相手の男に対し自分と結婚できたことを神に感謝し有難く思えといったところでしょう。また外国で歩き煙草をしているところを写真週刊誌でみました。私の思い込みですがエリカ様は、拳銃なども実際にてにしたことがあると思います。自分はグアムにしかいったことがありませんがお金をだせばだれでも撃たせてもらえます。またアビル優様については最近テレビで見た時にヤンキーポイところが少しなくなり冷酷な美人顔になっていました。物語など語れませんが妄想や、萌えたテレビ、ビデオなどあったら書き込ませていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
2011/04/10(日) 21:56 | URL | でぶ #-

こちらこそ。
もちろん覚えていますよ。
こういった、でぶさんならではの妄想や語り口調なども、懐かしい思いで拝見いたしました。
>萌えたテレビ、ビデオなどあったら書き込ませていただきたい
ぜひ、ご紹介ください。
場合によっては、逆リョナ@wikiのほうに掲載させていただきますので。
小説のご感想も、また頂けたら嬉しいです。
2011/04/11(月) 20:36 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんは、私は最近dmmというアダルトをよくみていますがその中でよかったものを報告します。全部はみず部分的におもしろそうなところしかみないので正確な内容と少し違うかもしれませんがご了承ください。まず男2人女性2人ですが一人の男が仰向けのところで女性がまたがり、男の手をつかみ指を伸ばさせその手をあそこにいれオナニーをはじめる。男が指を動かすと、動かすんじゃねーよこの馬鹿、動かしたらあんた、、、、と言いはてそうになる。すると横にいた女性がいっちゃうの言うと仰向けになっている男の体に大量の女汁をまき散らす。すっきりするとその男をまたいだまま唾まで吐き捨てる。横の女性は笑顔。最高でした。それから妄想ですが、最近になって私は、壇れい様をしりました。彼女を見て思ったことは、清純、優しそうなママといった感じです。そこで私は母親好きの13歳になります。今日はインフルエンザが流行っているので学校が1時間で終わり下校。ママをおどかそうと思いこっそり玄関を開け靴をかくし家にはいる。するとママはシャワーを浴びてる様子。ママの部屋に忍び込みタンスの影に隠れる。するとママは素っ裸のまま部屋に入ってくる。おどかすことなどできるわけもなく息をころしじっとしている。ママは素っ裸のまま鏡台に座り綺麗に化粧をはじめる。化粧がおわると鏡台の引き出しからなにやら黒い紐のようなものをとりだす。そして椅子からたつとそれを腰に巻く。ああああああれは、、、、まさか。次に手にしたものは極薄の黒いストッキング。片足を椅子に乗せるとスルスルと腿の半ばまで引き伸ばす。留め金をとめてもう片方にも同じように後ろからみるとストッキングには1本の線がまっすぐ入っている。そしてパンティー、ブラジャーいずれも黒そしてかっこいいスーツを着ると置いてあるバッグからシガーケースをとりだし煙草を咥える。私はもう心臓バクバク、口の中は乾ききりどうにもならない興奮状態。そこでママの携帯が鳴る。ハイ。支度できたわよと言い携帯を切る。煙草を消し出掛ける模様。そしてなにやら白い箱を押入れからとりだす。そこには下駄箱ではみたことがないエナメルの踵が異常に高く細いハイヒール。そっとママを尾行すると通りに止まっている車に乗り込む。乗り込むと同時に唇を軽く合わせる。車が走りだすといそいでタクシーで追う。しかしママを乗せた車は、ラブホテルへ、パパが出張中になんてことを、私は泣き狂う。この妄想には家の中に男をよび、おっぱじめる。またこっそり部屋に忍び込んだのがばれて、友達の吉瀬美智子様、釈由美子様、真矢みき様を呼びとんでもないお仕置きをうける。他にも萌えたビデオ、妄想がきりがないほどあるので今日はこのへんで失礼いたします。
2011/04/15(金) 21:15 | URL | でぶ #-

こんばんは。
作品内容とでぶさんわーるどのご紹介、どうもありがとうございます。
>dmmというアダルト
こんなサイトを運営しているくせに、アダルト系に滅法弱い管理人で(汗)
貴重な情報、ありがとうございました。
それにしても、でぶさんの妄想力は相変わらずすごいですね。やはり、ひとつの才能だと思います。
「想像は創造の母」などと言われますが、作品制作において、どこまでその世界を想像できるか――
とても大切な要素だと、私は感じています。
でぶさんのコメント、有難く楽しませていただいてます。ですが、ご無理はなさらないでくださいね。
これだけお書きになるのは、本当に大変なことだと思いますので。
でぶさんご自身も楽しんで書いてくださっていれば幸いです。
2011/04/16(土) 17:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg

こんばんわ。妄想など書くとつい長くなりすいません。私の萌え話や妄想を話すととても書き込みきれるものではないのでこまめに短く心がけているのですが。今日は短めに。さきほどNHKで女子体操のまさに女王と言える田中理恵様の特集をみましたが、番組の中で自分の演技ができずに苛立っているようですと言いました。私はその苛立ちを私にぶつけてほしい口の中がズタズタになり顔が紫にはれあがるまでビンタ、顔面蹴りをしてほしいと本気で思いました。床演技の顔面着地は、さすがに遠慮しますが。あれだけはとりかえしがつかなくなりそうで。それでは失礼いたします。
2011/04/18(月) 23:55 | URL | でぶ #-

またご来訪ください。
こんばんは。
でぶさんの妄想力は、本当にすごいですよね。
ご感想のほうもぜひ。よろしくお願いします。
2011/04/19(火) 21:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 捨てる神あれば 2

これは 短いけど おもしろい 彼女にしてみれば ただの玩具にすぎない 彼氏にしてみれば 男性だし 浮気にみえてしまう 彼女にしてみれば 普通にみえ 彼氏からみると とんでも ないこと 彼氏の世界と彼女の世界の普通が普通ではない色々な部分で少し考えさせられるし この話と 少し内容が違っていても 日常では あり得る話でもある 僕のなかでは人も 一人一人自分のなかに 自分の法律をもっている そんな気がする 作品にも感じました
2011/04/02(土) 15:59 | URL | きんた #-

ありがとうございます。
きんたさん、こんばんは。もうすっかり常連さんですね。嬉しいです。
以前も申しましたが、
「普通」とは、実に曖昧で主観的なものなり。
――この二人も、所詮は別の人間です。価値観の相違はあって当然ですよね(笑)
>一人一人自分のなかに 自分の法律をもっている
自分にとっての常識や信条ですよね。本作からそこまで感じていただけて、大変光栄です。
……未完のままで申し訳ありませんが(汗)
2011/04/03(日) 16:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ フツウ 3

ブラジル サンパウロでは 本当にこのような 事も 日常茶飯事に起きてるみたい 恐喝や 窃盗 暴力 殺人 まわりの人も見てみぬふり関わると 自分がヤバイ 毎日おきてるこれが普通みたいです 見慣れたこと=普通 この世界もこれが普通なんだね 僕も一度このような世界体感したいかも 沢山の女性できたらヒールにストッキングはいた 足で 蹴ら踏まれ ゴミのように 何事もなかったように リンチうけ そのまま 歩道で通行人にも 見えてないみたいに 踏まれつづけてみたい
2011/03/31(木) 20:29 | URL | きんた #-

「普通」の不思議。
日本人の生活態度に顕著な「右ならえの思想」を、作品に取り入れてみました。
「普通」とは、実に曖昧で主観的なものなり。――きんたさんのご感想も含めた、私個人の考えです。
後半のきんたさんの発想、面白いですね。構想を練れば、小説が一本できあがりそうですよ。
現実問題は笑えませんね。
このようなサイトを運営している私としては、「事実は小説よりも奇なり」でないことを願ってやみません。
2011/04/01(金) 13:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 赤い糸ふたつ 16

双子を使った 話だね 前 アンビリバボーって 番組で 双子は 普通の兄弟にはない 能力があるって やってた 意志が通じあうと言うか テレパシーみたいなのをお互い感じるらしいです 確かに女性は 男性が 簡単に忘れちゃうような事言っても いつまでも 覚えてて 何回か それで 痛い目にあった経験もありました この話は 僕的に 恐怖よりも 精神的な 不気味差を感じました コンクリートに囲まれた 光のあまり入らない部屋 美人な 双子の姉妹 過去の思い出 それと 冷たさ 間違った愛情 これからも 被害者が増えそうな結末 なぜか こう言う冷酷な話は 美人が似合いますよね 美人の方が冷たい 感じがするからかな よく映画でもそうですよね長編の話は かなりすべての話が 結末とか あまりかぶらないように かなり考えた作りになっていますね作品一つ一つの思い入れが伝わります すばらしいと思います
2011/03/31(木) 00:47 | URL | きんた #-

感激しました。
作品への思い入れを感じていただける。――これは私にとって、本当に幸せなことです。
ありがとうございます。
>結末とか あまりかぶらないように かなり考えた作りになっていますね
このようなところにまで気づいてくださるなんて……。もう、感慨無量です(泣)
個人的な考えではありますが、そういった幅広い視点や豊かな感性は、きんたさんのもつ魅力のひとつだと思います。
「テレパシー」
超心理学には明るくないのですが、興味はあります。
私の友人に双子姉妹がいるのですが、感覚を共有したと思われる場面に遭遇したことがありますので。
不思議なことって、なんだかわくわくしますよね。
わからないからこそ面白い!
2011/03/31(木) 16:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 鬼ごっこ -予定調和- 15

これは 死刑より恐いね 狭い空間 絶対 逃げられない状況 もて遊ばれながら じわじわ 殺される しかも 両目を 失ったらもうその時点で絶望的にあとは 死を待つだけの状況に 僕は 実は 閉所恐怖症 狭い空間 窓の開かない狭く暗い場所 ダメなんです しかも両目も失ったら この恐怖は はかり知れない 僕的に この作品は 精神的に 一番恐い作品でした
2011/03/30(水) 20:18 | URL | きんた #-

じわじわと追いつめて……
男女不平等社会、ガーディアンセンターの世界へようこそ。
暗鬱な雰囲気や閉塞感、息苦しさ。シリーズの世界観を下地に、濃厚な表現を意識してみました。
怖い思いをさせてしまってごめんなさい。でも、反省はしません。
なにぶんこのようなサイトなので、ご自衛くださいね(汗)
>僕的に この作品は 精神的に 一番恐い作品でした
思わず口元が緩んでしまう私の悲しい性……(苦笑)
2011/03/31(木) 14:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 複製人間 11

この クローンの 発想も なかなかおもしろいね あまり思い付かないのでは こう言う 話の作りもありですね 正直びっくり あと 何よりびっくりが この 女性の名前 漢字違うけど僕の 元カノと 同じ名前で ビクッとしました
2011/03/29(火) 22:37 | URL | きんた #-

発想は宝です。
物語設定や構成、展開に趣向をこらしてみました。楽しんでいただけて光栄です。
>あまり思い付かないのでは
>正直びっくり
お褒めの言葉が嬉しいです。降りてくる発想を大切にして、今後も執筆していきたいと思っています。
たくさんのご感想が、大変励みになっています。ありがとうございます。
これかもぜひ、ryonazわーるどに遊びに来てやってください。
2011/03/30(水) 19:48 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ Booby Trap 16

これは 女性だからと言って 見かけで判断するなってことですね この題名もいいね 少しの恋愛感情あるところも みそですね この女性が ストッキングの伝染してないか 気にする部分とか 女らしさと 余裕ありなところも いいですね あと やはり残酷なところも 良かったです
2011/03/29(火) 22:22 | URL | きんた #-

ありがとうございます。
テーマ等ご感想については、専ら読者の方々の感性にお任せしています。
作品から何かを感じていただければ、それだけで私は満足なのです。
タイトルにまでご注目いただけたことに感激いたしました。割と大切にしているところですので。
いつも作品内にたくさんの良い点を見つけてくださり、大変嬉しく思っています。ありがとうございます。
2011/03/30(水) 19:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ suzuro様:イラスト 20

絵がうまいです 常盤部長が 一番 僕的に 気に入りました イメージぴったりだと 思いました
2011/03/29(火) 21:51 | URL | きんた #-

上手ですよね。
当サイトではお馴染み、suzuroさんのイラストです。
いつも、多大なお力添えを頂いています。
2011/03/30(水) 19:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雨上がりの道 14

蛙も羨ましいけど この男性も羨ましいですね クラッシュマニアには 最高のご褒美です 靴の裏を見てみたいと言うシーン なかなか マニア心 ついてますね あと 蛙を集めてさらに両足で踏むシーンも なかなか残酷性がでてていいです こんな 綺麗で 虫も殺しそうにない人がって 人が 以外に残酷って ギャップもいい 美人 綺麗 ストッキング ハイヒール 最強の武器ですね 僕的に最高です
2011/03/29(火) 21:25 | URL | きんた #-

ご褒美なんですね。
作中の蛙も男性も、こういった嗜好をもつ男性にとっては羨ましい対象――
本当に不思議なものですね。
物語設定や描写、表現など、お褒めの言葉の数々が心に沁みます。
きんたさんにとっての最高作品認定、光栄です。ありがとうございます。
2011/03/30(水) 19:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 睾丸退治 16

僕も スチュワーデスになら 玉潰されてみたいかも 女性の脚は 届きそうでなかなか 届かない場所ですよね 彼女にでもそうですけど 足フェチ=変態みたいな スチュワーデスの黒パンストにヒールは ある意味 最強の武器ですね この作品も良かったです
2011/03/29(火) 17:53 | URL | きんた #-

いつもありがとうございます。
きんたさん、こんばんは。いつもコメント、ありがとうございます。
>スチュワーデスの黒パンストにヒールは ある意味 最強の武器ですね
気に入っていただけて何よりです。
足フェチ=変態、というのは、個人的には偏見な気がいたしますが……一般感覚はわかりません。
ただ、届きそうで届かない、という感覚を男性がもつことは、なんだか小気味良い感じがします(笑)
>スチュワーデスになら 玉潰されてみたい
では、今度はきんたさんが彼女たちの生贄ということで(笑)
2011/03/30(水) 18:49 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 幸せ人生講座 17

あの爺さんも会員で パンフレットの商品になってた 事が実に 面白かった やられかたも 彼にとっては 最高な 結末だったんじゃないかな すごく 良かったです
2011/03/29(火) 17:43 | URL | きんた #-

幸せっていいですよね。
ご感想、ありがとうございます。
皆が幸せになれる。そんな物語も素敵かなと思い、執筆を試みました。
楽しんで読んでいただけて嬉しいです。
>彼にとっては 最高な 結末だったんじゃないかな
私もそう思います。もちろん、彼だけでなく……
2011/03/29(火) 21:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 見ないでください 16

この女性マジで恐いですね被害者だと思ったら 実は 加害者 このストーリーもなかなか良かったです
2011/03/28(月) 21:07 | URL | きんた #-

真実は人の数だけ。
ありがとうございます。
真実は常に人間の価値観と共にある――、と、私は考えています。
「事実はひとつ、真実は人の数だけ」とは、誰の言葉だったでしょうか。同感ですね。
この悲惨な物語。彼女が語ったことはきっと、彼女にとっての真実なのです。
>この女性マジで恐いですね
素敵な褒め言葉をありがとうございます。
2011/03/29(火) 18:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 八卦 18

この作品は すごく 良かったです 犬に注意 あの状況から 部長の犬かなと 想像したけど その後も良かった 少し想像と 違った 結末彼の選んだ道 なかなか良かったと思います
2011/03/28(月) 00:56 | URL | きんた #-

従うか、打開するかは自由なのです。
きんたさん、こんばんは。いつも温かいコメントをありがとうございます。
作品を楽しんでいただけたようで何よりです。お褒めの言葉が心に沁みます。
>犬に注意
単なるキーワードです。それ以上でも、それ以下でもありませんね。
それでも囚われ人は、自ら目を曇らせてしまうもの。人間って、不思議で面白いものですね。
ご想像を裏切ることができて光栄です。
2011/03/29(火) 17:49 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ それでも足が止まらない

潰したいから 潰す 蟻の一生をその女性が握っている 一瞬にしてヒールの染みに 人を殺せば 罪になる 虫を潰して殺しても 罪にならない 命の重さは なんだろう たまに 女性が虫を踏むの見ると 自分も虫になりたい 気持ちになります
2011/03/27(日) 23:31 | URL | きんた #-

儚いものですね。
潰したかった。だから、潰した。したかった。だから、した。
彼女にとっては、おそらくそれだけのことなのでしょうね。
>蟻の一生をその女性が握っている
>自分も虫になりたい
自己同一化ですよね。対象は虫。
罪の重さは人間が作っているものですから、人間贔屓は当然だと思いますよ。
「命の重さ」
こちらは深いテーマですね。考えさせられます。
2011/03/28(月) 21:02 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 枷 5

殺されるかもしれない 恐怖感 だけどやられたい 期待感 すごく伝わりましたし この内容の話しは よく分かります
2011/03/27(日) 22:17 | URL | きんた #-

嬉しいです。
きんたさん、こんばんは。またご来訪いただけて嬉しいです。
葛藤せども答えは同じ。この嗜好の男性は当然、必ず最後には許しを乞います。
現実と虚構の棲み分けですね。私の世界では、ちょっと違います。
物語にご共感くださり、大変光栄です。
2011/03/28(月) 20:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 雨上がりの道 2

次の作品も見てみたい 続編期待してます
2011/03/27(日) 14:43 | URL | きんた #-

ありがとうございます。
そう思っていただけるほど楽しんでいただけて、大変嬉しいです。
続編の執筆予定は、今のところありません。ご了承ください。
コメント、ありがとうございました。
またのご来訪をお待ちしています。
2011/03/27(日) 17:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ あなたを潰す時まで 2

綺麗な花には 棘がある この棘が ある人にとっては 最高のデザートですね
2011/03/27(日) 14:30 | URL | きんた #-

いらっしゃいませ。
きんたさん、初めまして。コメント、ありがとうございます。
>綺麗な花には 棘がある
うまいこと言ったものですよね。
ただ、彼女の「棘」は私の想像を超えるもので、びっくりしましたけれど(笑)
2011/03/27(日) 17:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ オトメゴコロ あとがき

可愛らしい女性、日常、
そこに溶け込んだほんの少しの違和感……
バレンタインデーにちなんだ作品、楽しかったです。
2011/03/16(水) 14:33 | URL | SR #DLhE2T5I

日常と違和感。
先のコメントと重なりますが、やはり私の創作の基盤は、日常にあるのだと思います。
>ほんの少しの違和感……
そのために必要不可欠な日常。
現実でないからこそ、より意識的に現実に足を付けようとしている感覚、とでも申しましょうか。
……うまく言えませんが(汗)
楽しんでいただけて何よりです。
久しぶりにお声が聞けて嬉しかったです。
またいつでもご来訪くださいませ。
2011/03/18(金) 23:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 大丈夫 あとがき

う……これは怖い!!!
背筋がゾッとしました。
この短い文章でこうまとめられるとは。
流石ですね……舌を巻きます。
2011/03/16(水) 14:31 | URL | SR #DLhE2T5I

本望です。
ありがとうございます。
国語の「要約しなさい」に悩まされてきた人間なので(泣)、お言葉がとても嬉しいです。
>怖い!!!
本望です。
いつも温かいご感想を頂き、感謝しています。
2011/03/18(金) 22:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 荷物

おお……
詩的ですね。
わからないけれど、何か悲しい……
ryonazさんの文章は、耳に心地よいです。
2011/03/16(水) 14:26 | URL | SR #DLhE2T5I

ありがとうございます。
文章は奏でるもの。
私にとっては、自分が思うように演奏できたかどうかが基準でしょうか。
自己満足の一言に尽きます。
例えば、何人かが同じ食材で同じ料理を作っても、味の違いが出ますよね。
あ、そう言えば、隠し味は隠れているものですよね。なるほど。
つらつらと自論+αを……。すみません(汗)
心地よく聴いていただけて何よりです。
2011/03/17(木) 20:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 殺される あとがき

世にも奇妙な物語のようでしたー
男は何をやってしまったんでしょうね?
2011/03/16(水) 14:10 | URL | SR #DLhE2T5I

光栄です。
こんばんは。
>世にも奇妙な物語のよう
こう言われることは多いですね。実際に好きなので、光栄に思います。
ですが、同時にその壁の高さも感じますね。もし……、ryonaz作品のよう……、なんて……言われたら……
はい。イタイ妄想、終わりました(笑)
特に意識しているわけではないのですが、どこか根付いているところがあるのかもしれません。
男が何をしたのかについては、私も常々気になっていました。
気が合いますね(笑)
2011/03/17(木) 18:54 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ ちゃんと掃除しなさい あとがき

「男子ぃー、ちゃんと掃除しなさいよ!」
というよくある光景から、主従関係を作るとは……
ryonazさんの発想力、改めて感心いたします。
2011/03/16(水) 14:09 | URL | SR #DLhE2T5I

お久しぶりです。
SRさん、こんばんは。またご感想を頂けて、とても嬉しいです。
「よくある光景」は、私の物語創りの基盤のようなものかもしれません。
素材は、日常の中に溢れていますから。
身に余るお褒めの言葉、恐縮です。ありがとうございます。
2011/03/17(木) 03:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ どうして? 5

いつも楽しませて頂いています
コメントにお返事頂くのが、申し訳なく思います
私のコメントなんて、捨て置いて下さっても
とは言え、お返事も楽しみだったり(笑)
これ、私の中では最高!星5つです
2011/03/10(木) 23:57 | URL | ぱらさ #-

光栄です。
ぱらささん、こんばんは。
たくさんの作品に対する温かいコメントに、いつも感涙にむせぶ思いでおります。
ありがとうございます。
本作。特にお気に召していただけたようで、大変光栄です。
可愛いから、止まらない。止められない。止めたくない。そんな気持ち、わかっていただけますか?
こういったご感想を頂けることがとても有難いので、勝手に返事をしているまでです。
私が好きでやっていることなので、どうぞお構いなく。
2011/03/11(金) 20:31 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 幸せ人生講座 17

またしても一気読みしてしまいました
いくつかの伏線と結末
女性の心理変化
素晴らしいです
私も入会希望者です
2011/03/08(火) 23:13 | URL | ぱらさ #-

グッドライフへようこそ。
温かいコメント、ありがとうございます。
本作では、彼女の精神状態の変化を特に細かく描写してみたかったので、お言葉がとても嬉しいです。
耳目に触れるものへの懐疑は、私のスタンスでもあります。
入会希望ですね。承知いたしました。もちろん規約に「安全保障」はありませんので、悪しからず(笑)
今後も、どうぞお付き合いくださいませ。
2011/03/09(水) 22:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ 八卦 18

オススメだけあって、このシリーズ、良かったです。
痛めつけられ落ちていく主人公、その先に待つ運命

あれだけ男であろうとした彼が、抵抗なく首輪を受け入れる

服従が幸福に繋がるなんて、Mとして最高の幸せですよね

首輪に憧れてしまいました
2011/03/08(火) 15:28 | URL | ぱらさ #-

彼の選んだ道ですね。
ぱらささん、こんばんは。楽しんでいただけて嬉しいです。
首輪、憧れましたか。「所有されている」といった感覚と、そこから生まれる安心感――、でしょうか。
こういった不思議なM男性の心理はとても興味深く、私自身が執筆しながら勉強している感じです。
本作は、オススメではなく、あくまで自分なりに満足できた作品として紹介させていただいたものです(汗)
好みは人それぞれだと思いますので。
2011/03/09(水) 21:37 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ オトメゴコロ

お!
バレンタインらしい作品ですね
こういうちょっとした驚き、大好きです^^
2011/02/28(月) 23:04 | URL | ぱらさ #-

ありがとうございます。
ぱらささん、こんにちは。
たくさんの作品にコメントを頂き、大変励まされています。
季節や行事にちなんだ作品を書くのが割と好きなので、今回はバレンタインデーもので。
本作もそうですが、
「ほんの少しであっても、何らかのスパイスが欲しい」
そんな風に考えながら、物語を執筆していることが多いです。
気に入っていただけて何よりです。
これからも、Black Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞご贔屓に。
2011/03/01(火) 11:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg


■ アンケート中間報告 No.3

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/08(火) 14:13 | | #


メッセージ、拝見いたしました。
リンクの確認が取れませんでしたので、ご依頼の件はお断りいたします。
また、基本スタンスは、下記をご覧いただければ幸いです。
http://ryonaz.blog96.fc2.com/blog-entry-252.html
2011/02/11(金) 18:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。