[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 家に帰ると僕は全身にびっしょりと汗をかいていることに気が付いた。
 あんな状態では無理もないだろう。僕はロングコートを脱ぐと怜奈さんに手渡した。
 彼女は黙ってコートをハンガーにかけ、僕の頭を撫でる。
「ご主人様。とっても頑張りましたね。すごく可愛かったですよ。」
 その言葉に僕は照れる。怜奈さんの屈託のない笑顔を見ていると、やっぱりこれでよかったんだと心底うれしくなる。
「お風呂沸いてますから、お入りください。」
 そう言うと彼女は俺の身体に、猫のように顔を擦り付けてくる。
「よろしければ…あの…お背中を流させていただきたいんですけど…」
 うつむいたまま頬を朱に染める彼女が本当に愛らしい。僕に断る理由など到底なかった。

 僕は生まれたままの姿で浴槽に浸かる。怜奈さんはその長い髪を後ろで束ね、靴下だけを脱いで浴槽の横にしゃがみこみ、そんな僕の姿を横でじっと見ている。
 間近で見る彼女のまつ毛は長く繊細で、僕は照れを隠すことができない。何より一番正直なのは僕の下半身だ。
 僕はどうにかそれを隠そうと彼女から顔を背けた。
 しかし彼女はやっぱりそのことには気付いていたようだった。
「どうして斜めになってるんですか?ふふ…もしかして大きくなってたりして…」
 怜奈さんの言葉に僕は言葉を失う。またも恥ずかしさから顔を背ける。
「何でもないですよ…」
 僕は悟られないようにと虚勢を張る。そんな僕に彼女はいつも以上に厳しい視線を投げかけた。
 そして…
 彼女は急に僕の髪を掴んで浴槽に顔を沈めてきた。彼女の笑い声が遠くの方から聞こえてくる。
「ほらー。溺れちゃいますよー。ご主人様、早く出てきてください。」
 言いながら彼女は手の力を強める。僕は苦しさからもがいた。
 しばらくして彼女は僕の頭を引っ張り上げ、僕はやっと水面上に顔を出すことができた。
「ご…ごほっ…ごほっ…やめ…何するんですか…」
 怜奈さんは僕の動揺を完全に楽しんでいる様子だった。
「え?ご主人様…もう一回やってほしいんですか?」
「い…いやそんな…ごぼぼっ…」
 また同じように沈められる。怜奈さんの悪戯は本当に度が過ぎている。
「楽しいですよね?ご主人様?」
「い…いや…だから…」
「え?まだやってほし…」
「いえ!ご…ごめんなさい。もう…もう許してください。」
 僕の言葉に彼女はまた可笑しそうに笑った。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。