[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 直接ここに赴いたことが間違い……?
 喉が擦り切れるような音を幾度も発しながら、修造は自問する。尤も、通常であれば多岐に及ぶ彼の思考も、理性の働く遑のないこの状況下ではあだ花だ。
 できるだけ苦しめるよう希望されていた。
 日と時刻を指定された。
 セッティングも彼女が行った。
 何より――、本人が死ぬことを望んでいた。
 麻耶の提示した条件を並べてみる。
 ――他に、どんな方法が考えられたというのか。
「げほおっ!……っ、ごふっ」
 屋外でがなる蝉の声も、修造には届かない。ただ、
「苦しい?」
 耳元で鳴る麻耶の静かな声だけが、修造の意識に働きかけていた。
「ど、どうし、っ……ごほっ!」
 疑問に思っていたのだ。
 誰に恨まれてもおかしくない職業柄だ。間違っても、天寿を全うできるなどとは思っていない。それでも、彼女の行為の理由を、意図を知りたかった。
「さあ、どうしてでしょうね?」
 ――なぜ。なぜだ。
 修造の言葉は、彼女の注ぐ絶え間ない水によって遮られた。
 水は生命の源。
 通説のように囁かれる、そんな言葉は嘘だと修造は痛感する。絶えず喉を打つ水は凶器そのものだ。本能が身の危険を告げる。
『吐き出せ!』
 身体の声は咳を要求し、同時に酸素を求めるよう促す。かろうじて呼吸をしてみても、酸素以上の水が体内に入り込む。再び咳きこみ、地獄のような苦しみが身を包む。それでも身体は命令を止めない。
『吐き出せ!』『呼吸しろ!』
 暇ひとつ与えてはくれない。行為をくり返したところで、苦しみは募り、増していくばかりだ。わかってはいても、彼に選択の余地はない。ただ酸素を求めて呼吸をし、そのたびに苦しみが重なる。苦しみを求めているような錯覚にも陥る。それでも彼は繰り返す以外にない。幾度となく。
 今や修造は、身体の指示を忠実に守る奴隷となっていた。



(To Be Continued...)

FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
続きはまだかいな
2010/11/20(土) 19:22 | URL | 名無し #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
こんにちは。作品へのお目通し、感謝申し上げます。
こちらは蔵出し作品なので、すみませんが、続編執筆のお約束はできません。
ご期待の声が、とても嬉しいです。
今後の展開については、機会があればぜひお付き合いくださいませ。
コメント、ありがとうございました。
2010/11/21(日) 10:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 あのね、梨央様、以前、一度お話させていただきましたでしょ?「僕、『捨てる神あれば』の続編が楽しみで楽しみで仕方なくて、是非ともいつか完結させていただきたいなって、心密かに願わせていただいてるんです。」って……。この『かたづけ屋』っていうご作品は、その百倍ぐらい続編が楽しみで楽しみで、是非ともいつか完結させていただきたいなって願わせていただいてるんです(*^_^*)。と申しましても、実は、昨晩、初めて読ませていただいて以来、本当に久しぶりにこのご作品を読ませていただいてみたんですけど、以前読ませていただいたときの僕の体調が優れなくて、集中力が欠如してたからなのか、それとも完結させていただけるかどうか定かでないご作品だからって、随分いい加減な読み方をさせていただいてしまってたからなのかよくわかりませんけど、本当に恥ずかしいことに、ほとんど記憶に残ってなくて、まるで初めて読ませていただいてるように感じさせていただいてしまって……(^_^;)。「えっ!? このご作品って、こんなに素敵なご作品だったの……?」みたいに、びっくりしてしまって……(^_^;)。本当にごめんなさい(^_^;)。本当に申し訳ございません<(_ _)>。
 冒頭部分の鴉たちが狭い路地にある一つの肉塊に群がってるシーン(、じゃないですね?一羽一羽と順番にみたいな感じで肉塊を啄んでいくシーンですか?)の、

>この炎天下で、肉塊は既に腐敗し始めていた。既に原型を留めていない。周辺には腐乱臭がじわじわと漂っていく。それでもまだ、そこにある異状に気付く者はいない。尤も、そのうちこの場所を通る不幸者が現れたとしても、その肉塊が人間の死体だと即時判断できる人間は少ないだろう。それほどまでに、「ソレ」はヒトの形を保っていなかった。
 側には、揉み消されたタバコの吸殻がひとつ落ちていた。

っていう文章を拝読した途端、「えっ!? 腐敗しはじめなのに、人間の死体だって判らないほどまでに原形を留めてないの…!? なんとなく『枷』の幸運な生け贄の雄共を連想しちゃうなぁ󾬌……。今度は一体どんな魔法で、正視に堪えないほどおぞましく惨たらしい殺戮の世界を、生け贄の雄が羨ましくて羨ましくて堪らなくなるほど甘くて美しくてセクシーな世界に感じさせていただけるのかな󾬌……(*^_^*) 」とか「このご作品の残酷な女神様は、煙草をお吸いになるみたいだなぁ……。もしかしたら、煙草を使って可愛がっていただいたりっていうシーンもあるのかも󾬌……(*^_^*)」みたいに、乗っけからワクワク、ドキドキしてしまって……(*^_^*)。それにね、ほら、このご作品は『枷』と違って残酷な女神様の台詞もございますし、女神様のご容姿を、美しさを、頭の中で思い描かせていただくための御言葉も既に沢山頂いてますし、麻耶様󾬌っていうお名前も既にお教え戴いてますでしょ(*^_^*)?ですからね、10頁目を読み終えたあとに「これから麻耶様から一体どんなに素敵な御言葉をお恵み戴きながら、どんなふうに可愛がっていただいて、あの幸せな肉塊にしていただけるのかな󾬌……(*^_^*)」って楽しみで楽しみで仕方なくて、あれこれ勝手に想像させていただいては、うっとり胸キュンキュンさせていただいてしまいましたし、幸せな生け贄の雄(修造さんでしたか? )を羨ましく外から眺めさせていただいたり、生け贄の雄に身を重ね、女神様の麻耶様に可愛がっていただいたりしながら、「麻耶様󾬌、素敵です!」「麻耶様󾬌、ありがとうございます!」みたいな感じで、続編も心ゆくまで楽しませていただく準備が万端整った状態なんです(*^_^*)。ですから、梨央様、いつでも宜しうございますので、このご作品だけは、いつか必ず完結させてくださいませね(*^_^*)?願わくば、僕が生き長らえさせていただいてるうちに完結させていただけると有り難き幸せですけど、例えその願いが叶わなくても、完結してくださりさえすれば、何が何でも全編読ませていただきに戻ってまいりますので(*^_^*)。本当に厚かましいお願いを申し上げて、誠に申し訳ございませんが、心よりお願い申し上げます<(_ _)>。
2015/09/03(木) 05:52 | URL | 次郎 #-[ 編集]
嬉しいです。
ご期待の声に励まされます。ありがとうございます。
おっしゃる通り、作品はいつもひとつの様相を呈しているわけではないと、私は考えています。
たとえ同一人であっても、心身の状態や置かれている環境、etc...
様々な要素によって、感じ方が変わるものだと思っておりますので。
>いい加減な読み方をさせていただいてしまってたからなのか
何も不思議なことではありません。当然ですよ、未完なのですから。
私自身も、物語は基本的には、やはり完成したものを公表すべきだと思っています。
それでもまた、本作にお目通しいただけたこと、あらためて感謝申し上げます。
ただ、やはりこちらは蔵出し作品です。
申し訳ありませんが、続編執筆のお約束はできません。
今後の展開については、機会があればぜひお付き合いくださいませ。
2015/09/06(日) 22:57 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。