[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんなにも重いなんて、思ってもみなかった。
 それは確かに、私の手元にあった。ずっと、ずっと。この世に生を受けてから、ずっと。
 手放したことなんてない。そんな風に思ったことすらないかもしれない。意識さえせずに持ち続けてきたこの荷物が、どうして今になって、こんなにも煩わしく思えるのか。どうして今になって、こんなにも大きなものだと感じるのか。
 重い。どうしようもなく重い。
 ――そんなの持てるはずないよ。
 声が聞こえた気がした。
 それは、私が望んだから。誰かにそう言ってほしかったから。空しい言葉は所詮、私の中でしか音を立てない。だから当然、私に響いてくるはずもない。
 私には……、私の声すら聞こえない。
 重い。重い。
 ズシリとのしかかる重みで、今にも潰されそうで――
 だから私は、そっとこの刃をあなたに向けた。
 何かが変わるかもしれない。そんな甘い希望を抱くほど、私だって馬鹿じゃない。この荷物を裂くことができるかもしれないなんて、夢にも思ってない。そう信じるのであれば、もうとっくに自分に向けている。
 歌え。歌え。
 あちらから、こちらから、耳鳴りのように響く声はいったい誰のもの?
 冷たい鈴の音がひどく痛い……
 歌え。歌え。
 いつまでも続くその鳴りに、私は拒絶の意を示す。
『君はもう……』
 ――何?
 問い返す。
 その返事が私の期待通りだったから、私は笑いを堪えることができなかった。ようやく笑うことができた、と言ってもいいのかもしれない。ただ単純に、嬉しかった。
 去りゆくものは、いつだって美しい。私は、静かなこの時間の流れが嫌いじゃない。尤も、この時間を創っている者がいるとするなら、話は別だけれど。でも……、そんなことはもうどうでもいい。
『痛い。……痛い』
 見えない声が、私を誘う。
 大丈夫。すぐ楽にしてあげる。君も、私も、後悔することはわかっているけど。
 振り上げた私の手にあったのは、やっぱり荷物の重み。
 それは、心の重み。
 だから私は、また涙を零した。



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
おお……
詩的ですね。
わからないけれど、何か悲しい……
ryonazさんの文章は、耳に心地よいです。
2011/03/16(水) 14:26 | URL | SR #DLhE2T5I[ 編集]
ありがとうございます。
文章は奏でるもの。
私にとっては、自分が思うように演奏できたかどうかが基準でしょうか。
自己満足の一言に尽きます。
例えば、何人かが同じ食材で同じ料理を作っても、味の違いが出ますよね。
あ、そう言えば、隠し味は隠れているものですよね。なるほど。
つらつらと自論+αを……。すみません(汗)
心地よく聴いていただけて何よりです。
2011/03/17(木) 20:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
この世に生を受けてから

ずっと???

期待通りの返事???

いったい何なんだろう???

リョナズさんの心の中を

覗いてみたいです。
2011/10/20(木) 19:47 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM[ 編集]
光栄です。
本作における、私にできる精一杯の表現です。
今キーを叩いても、やはり同じように書くことでしょうね。
掲載しておいて無礼極まりないのですが、理解していただこうとは思っていません。
ただ、ほんの少しでも、何かを感じていただける。興味をもっていただける。
例えば――
昼の梟さんから頂いたコメントの、この疑問符のように。
本作をそのように捉えてくださる方がいらっしゃったことを、光栄に思います。
2011/10/21(金) 16:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 久しぶりに拝読致しましたが、やっぱり、とても切なくてなってしまって……
 去り逝く「君」になってしまった僕も、「私」と一緒に思わず涙してしまって……
 もしかしたら、梨央様も、潰されそうになるほど重い荷物を、何かお抱えでいらっしゃいますか?それなら、僕が、代わりに持たせていただきたいです。僕の荷物は、とっても軽いですから……。ごめんなさい。生意気申し上げまして……(ワン!)
2012/04/26(木) 18:29 | URL | 次郎 #-[ 編集]
心が大好きなので。
「切ない」という感情。「涙する」という、それに伴った身体の反応。
心を乱していただけたことを、大変嬉しく思います。
時々、直接この目で読者様の反応を見たいなぁ……、と感じることがあります。
奏でた音色で相手を泣かせるなんて、とても光栄なことですから。
私は、今後もきっと、自分の思いを駄文に乗せて発信していくことでしょう。
これからもお付き合いいただけたら――そんな風に思っています。
どうぞよろしくお願いします。
2012/04/29(日) 00:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。