[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立秋とは、本当に名ばかりなもので。
思わず短歌が頭の中をぐるぐるぐるぐる……(笑)

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

毎年、残暑は当たり前。今年は、熱中症の報道も多かったですね。

「夏の頭は感じやすい」
新潮文庫のキャンペーンのキャッチフレーズのひとつでしたね。
なんとなく、今でも時々思い出します。
茹だるような暑さの中、ぼうっと追憶に浸りながら創った作品です。

本作におきましても、ご覧くださった皆様に、深く感謝申し上げます。
今後も、Black Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞよろしくお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
拝読しました
ここへは偶然辿り着きました
試しに(すみません)読んでみたのが、この作品でした
最後の2行が、たまりません
素敵です
2010/11/11(木) 20:51 | URL | ぱらさ #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
ぱらささん、初めまして。私にとってはとても有難い偶然です(笑)
作品をご覧いただけて、大変光栄です。お褒めの言葉に励まされました。
ありがとうございます。
お気に召しましたら、またどうぞお気軽にご来訪ください。
2010/11/13(土) 14:39 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
「男子ぃー、ちゃんと掃除しなさいよ!」
というよくある光景から、主従関係を作るとは……
ryonazさんの発想力、改めて感心いたします。
2011/03/16(水) 14:09 | URL | SR #DLhE2T5I[ 編集]
お久しぶりです。
SRさん、こんばんは。またご感想を頂けて、とても嬉しいです。
「よくある光景」は、私の物語創りの基盤のようなものかもしれません。
素材は、日常の中に溢れていますから。
身に余るお褒めの言葉、恐縮です。ありがとうございます。
2011/03/17(木) 03:13 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/23(金) 09:08 | | #[ 編集]
メッセージ、受け取りました。
見逃す? 抉っていじめるほうが面白そうです(笑)
温かいお言葉が胸に沁み入るようです。
どうもありがとうございました。
2011/09/23(金) 13:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
0877707

何の数字?

これは今日私が踏んだこちらの

閲覧者の数字です。

何となく自分の中では良い感じ。

成長した岡田

放課後の教室以来の

素敵な?

時間を岡田は過ごしているはず?

岡田にとって

悦び?

それとも苦しみ?

それともどちらも?
2011/10/22(土) 09:58 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM[ 編集]
何となく良い感じ。
いいですね。そういう感覚。
あらためて意識すると、たくさんの方々にご覧いただいてるんだなぁ、と。身が引き締まる思いです。
成長した岡田クンがどう感じているのかは、彼にしかわかりませんね。
何となく良い感じ、でしょうか?(笑)
2011/10/23(日) 19:30 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
面白かったです。僕もいじめられていた時、無理やり掃除をおしつけられた事がありました。
2011/10/30(日) 15:37 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
このようなサイトですから――
現実になさった辛いご体験に関しては、何も申し上げられません。
ですが、今では良い思い出になっている、とのことでしたよね?
「面白かった」というお言葉が、大変嬉しいです。
物語を物語として楽しんでくださっていることに、いつも感謝しています。
2011/10/31(月) 22:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 梨央様、僕も、お姉ちゃんに、こてんぱんにやっつけられるまでは、本当は、大好きなお姉ちゃんの言い付けには、何でも「はい。」「はい。」って従いたくて仕方なかったのに、どうしても、男のプライドみたいなものが邪魔して、お姉ちゃんに叱られたり、注意されたりしても、「うるさい!女のくせに偉そうに言うな!」って言って、いつも、逆らってばかりいました。でも、そんな、つまらないプライドみたいなものを、粉々に打ち砕いてもらったお陰で、とても素直に「はい。」「ごめんなさい。」が言えるようになりましたし、大好きなお姉ちゃんに褒めてもらい一心で、いろんなことに、真面目に一生懸命取り組むようにもなれました。だから、岡田君が、なんとなく、当時の僕のように思えてしまって、とても懐かしい気持ちでいっぱいになってしまって、ついつい、この作品を何度も読ませていただきたくなってしまうんです。それにしても、梨央様、僕、この作品や『Sign -サイン-』を拝読する度に、梨央様がお描きになられる子供どうしの主従関係って最高に素敵だなって、いつも、本当にうっとりさせていただいてばかりです。きっと、梨央様の子供の頃の実体験がもとになってるに違いないなって、勝手に、そう決めつけさせていただいてますし、僕も、もっとあとに生まれて、子供の頃に、梨央様に出逢わせていただきたかったなって、自分が早く生まれ過ぎたことを、今更ながら、激しく悔やんでます(笑)。梨央様、いつも、素敵な作品を沢山読ませてくださいまして、本当にありがとうございます。これからも、沢山楽しませていただきますね。
2012/05/14(月) 13:21 | URL | 次郎 #-[ 編集]
から威張りですね(笑)
滑稽でゴミのようなプライドが、実に男の子らしいと思いました。
大人になってみっともなくこじらせる前に、粉々に打ち砕いてもらってよかったですね。
こちらこそ、いつも素敵な賛辞やご感想を頂きまして、ありがとうございます。
今後も、物語を楽しんでいただけたら幸いです。
2012/05/19(土) 22:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
支配する女子と屈服する男子の幸福
この作品を拝読し、私も子供の頃に、実行はできませんでしたが、自分より強そうな女子に挑戦又は反抗して、喧嘩でボロボロに負けて子分になりたいと思い続けていた、当時の気持ちを思い出しました。
私の感覚と解釈においては、「岡田」はこの上なく幸せな奴です。思わず嫉妬してしまいました。(笑)
愚かな男を処罰し征服する主人公女性の心理描写も魅力的です。
2012/05/22(火) 22:28 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
嬉しいです。
心温まる賛辞をありがとうございます。
読者様の心を乱すことが大好きな作者です。嫉妬心という感情をもっていただけて光栄です。
>私の感覚と解釈においては
ご感想においての丁寧なお心遣い、ありがとうございます。もちろん、女神崇拝者さんの主観が第一です。
作品は常に、読者様の感性に依拠するものであると考えていますので。
2012/05/27(日) 19:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。