[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
「起きてください、ご主人様。」
 薄手のレースのカーテンを貫き、木漏れ日が部屋を白く輝かせる。
 心地よい鶯のさえずりと近くを流れる川の音。
 まぶしい光に押さえつけられようとする瞼に抗い、僕はベッドの上でその目をこじあけた。
「おはようございます。朝ですよ。」
 白と黒で構成されたレースつきのワンピース。白いレースのついたカチューチャ。いわゆるメイド服を身に纏った女性がにっこりと笑って僕に声をかける。
 潤んだ切れ長の瞳に、血の通った紅々とした唇。整った目鼻立ちにどこか愛嬌を感じさせる表情。髪はロングのストレートで腰まで長く切りそろえられている。
「怜奈さん…今日は日曜日じゃ…」
 僕は寝ぼけ眼のまま、ベッドの上で春の日差しにしばし身を委ねた。
 人里離れた山奥に建てられた大邸宅。僕の通う高校からは随分と離れた不便な場所に建っている。
 半年前に母と死別してから、僕は父と二人でここで暮らすことになった。
 父は司法書士で、仕事が忙しくなるとほとんど家に寄りつかなくなる。
 だからこの家には家事全般を担当する僕の「お付きの人間」が存在する。
 腰まで伸びたストレートの髪にレースの飾りをつけた、僕専門のメイドだ。

「ご主人様。お食事のご用意ができていますので、すぐに居間の方へお越しください。」
 彼女は僕の頭をやさしく撫でてから寝室を出て行った。
「あの…ご主人様はやめてください。雄太でいいですから。」
「申し訳ございません、ご主人様。」
 …いつもこんな調子…
 ぼうっとした頭を掻きながらしぶしぶ着替えを始める。
 休みの日くらいもう少しゆっくりと寝たいんだけどな…
 そんなことを考えながら鏡の前に立つ。
 短く切りそろえられた髪の毛には、寝癖がついてしまっている。
 撫肩で筋肉一つついていない華奢な身体。弱々しい目。
 百六十センチそこそこの身長。いつだって冴えない表情。
 …はぁ…
 僕はあらためて深いため息をついた。
 まだ開ききらない目を擦りながら、僕はゆっくりと居間へと足を運んだ。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する