[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ひぐらしのなく頃に』の二次創作です。(※ネタバレ注意)
--------------------------

 内心の焦燥を精一杯隠し、
「沙都子は、……沙都子はどこなのですか? 今日は朝から姿が見えないのです」
 質問を続ける。
 一番気がもめるのは、彼女たちにとって何が引き金――そもそもそんなものがあるのかどうかすらもわからないのだが――になるかわからないことだ。得体の知れない二人の凶暴性。今、圭一に向けられているそれは、果たして圭一に限るものなのか、あるいは……
 状況も、ここでの自分の立場も掴めない今は、二人の顔色を探りながら口を開いていくのが一番賢明だと思える。でも、だからこそ、私の苛立ちは募っていく一方だった。
 私の言葉に、レナと魅音は明らかな表情の変化を見せた。何かを察したような表情。それもまた、私の混乱を煽る役割しか果たさなかった。
「ふ~ん、なるほど。そういう姿勢でいけばいいんだね」
 そう言って不敵に笑う魅音と、レナの嬉々とした相貌が私の脳裏に焼き付いた。
「どういうことなのですか?」
 違和感のある魅音の言動に、私は思わず疑問を口にする。レナがにっこりと笑みを零し、私の目を見つめる。まるで全てを理解していると言わんばかりの表情だった。
 ――冗談じゃない! 何も理解できていないのは、他ならぬ、この私だと言うのに……
「あの――」
 言葉を重ねかけた時、ふいに教室のドアがガラリと音を立てて開かれた。
「沙都子!」
 反射的に呼びかける。と同時に、思わずたじろいでしまう。
「あっ……、あ……」
 動揺を隠せない私を余所に、
「へー」
 魅音が淡白な声を漏らす。冷たい響きだ。追って発せられた、
「ちゃんとやったんだね……」
 というレナの無感情な声。
 ……どうやら、心を乱しているのは私だけのようだ。
 ガタガタと身体を震わせる沙都子の瞳は、光を宿していない。常に歪んだ笑みを形作っている口元が、ますますその感情を覆い隠してしまっているのだ。
 まるで引付けを起こした子どものようだ。奇怪な笑い声を交え、
「こ……、これで、わ、わたくしも……」
 怯える小動物のように、
「……皆様のお仲間に……戻していただけますわよね……」
 狂気じみた声を絞り、魅音とレナを見た。
 全身を血で染め上げた沙都子が、ひどく痛々しく見えた。



(To Be Continued...)

FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
まさかのryonazさんの二次創作ですね!
しかも、ものすごいハイクオリティ……
続きを切望いたします。
気が向いた時でよいので、ぜひぜひ。
気長~~~~にお待ちしております。
2010/08/10(火) 18:40 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
恐縮です。
身に余るお褒めの言葉、大変光栄です。
私なりに、ゆっくりと調理していました。ですが――
結局、原作を知ってる方でないと楽しめないんだろうなぁ……
他人様の土俵は、やっぱり踊りにくいなぁ……
――など、考え出したら筆が進まなくなり(泣)
ですので、すみませんが、やはりお約束はできません。
ご期待の声がとても嬉しいです。ありがとうございます。
2010/08/12(木) 15:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
お久しぶりです~。
ちょい狂気系っぽい創作話をさっきまで考えてたんですが、どうにも煮詰まってしまって狂気分を補給しにやってきましたi-237

ryonazさんの作るお話は、相変わらず日常と狂気の境目、そのギリギリ感がとってもステキです。
「どうして?」にあるような、平穏な日常が些細なきっかけで崩壊し狂気に堕ちていく導入とか実に素晴らしいですi-239

ひぐらしのお話いいですねー。
こんな感じの逆リョナファン大喜びな世界のカケラもきっとあるのでしょう。
原作自体が展開しだいでは全員発症して虐殺ゲームとかが開始されてもおかしくない世界観ですしi-278
2010/08/30(月) 20:24 | URL | ネムレス #YrGnQh/o[ 編集]
気力を頂きました。
ネムレスさん、こんばんは。お久しぶりです。
いつも身に余る温かいお褒めの言葉を頂き、感激しています。
本作は初めての二次創作、かつ、未完作品ということで、お蔵入りを決めていました。
些細なきっかけから掲載を決めたのですが、有難いお言葉が大変励みになりました。
本当に、ありがとうございます。お陰様で、後悔せずに済みそうです(笑)
煮詰まる時期は、創作を手掛ける人間なら誰もがぶつかる壁なのでしょうね。
産みの苦しみ――、とでも言いましょうか。
「狂気分補給」に当方を選んでいただけたことは、私にとってとても光栄なことです。
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
>狂気系っぽい創作話
完成ですよね。お疲れ様です。素敵な作品を拝見し、楽しませていただきました。
最近はお邪魔するばかりでなかなかコメントができず、申し訳なく思っています(汗)
またあらためて、ゆっくり感想を書かせていただきますね。
残暑が厳しいですが、どうぞご自愛くださいませ。
2010/08/31(火) 17:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。