[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 手を放したのは、どうしてだっけ。
 勿体無かったからかもしれないし、もっと遊びたかったからかもしれない。
「やめて……。おね、本当に……」
 嗚咽を漏らし、咳き込みながらも訴える弟が、可愛くてしょうがなかった。
「私ね。もしかしたら――」
 言いながら、すいとハヤテのほうに歩を進める。彼はビクッと身体を震わせ、腰を抜かしたまま後退りする。その反応に、不思議とまた、私の興奮が高まる。
「お願い。ねえ、お願い……、します」
「……何を?」
「ご、ごめ……、お姉ちゃ……、ごめんなさ……」
「んー? よく聞こえない」
「うぅ、本当に……っ! あっぐ……」
 股を踏みつけると、ハヤテは動きを止めた。
 弾力のあるモノの感触が、足先を伝って私に届く。微震する身体の感触、体温、香り、感情、思い――彼の全てが感じ取れるような気がした。
 この瞬間の感動が、いつまでも続けばいいと思った。でも、ハヤテはもちろん、そのままではいてくれない。身を捩り、股で私の足を締め、腰を引き……
 ――私から、必死で逃れようと……
 ふと、言い知れぬ寂しさが心を覆う。だから、
「ぐうっ……あああああっ!」
 そうせずにはいられなかった。
「ぎゃああああっ!!」
 時は、決して止まってはくれないのだから……
 足の裏でグイとハヤテの竿を踏みつけ、踵を睾丸に宛てがう。じわじわと体重をかけていけば、彼の絶叫が部屋全体に大きく響き渡る。
 この寂しい気持ちを追い払いたい。でも、弟にだけは理解してほしい。彼が苦しむ姿を、いつまでも見ていたい。でも、解放してあげたい。この瞬間が終わってしまうことが怖い。でも、全てを壊して終わらせたい。
 矛盾した感情。それでも、私にとっては、全てが正直な思いだった。
 擦り切れるようなハヤテの声を聴きながら、欲情に身を委ね――
「ああああっ!……ぐあっ、ひ、ひぐうああああっ!!」
 私は、彼の睾丸を踏み潰した。
 じわっ――、と、瞬く間に彼のズボンの恥部が濡れ広がっていく。赤い染みがアンモニアの臭気を放つ。視覚と嗅覚に訴えてくる強烈な刺激が、私の口を弓なりに持ち上げる。私は満足していたはず。絶対……、きっと……、……多分。
「っ! んんっ……、ぎゃああっ!」
 床の上をのた打ち回る弟の姿を見ていると、なぜか自然と涙が零れた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。