[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き、女子高生シリーズです。
三部作で触れました、花音の売春斡旋に関するエピソードです。
彼女の作り上げたシステムの一部をご紹介いたしました。
こんな娘ですが、どうぞ可愛がってあげてください。
それにしても、広志クンは今回もかたなしでしたね(笑)

連載を終える度に感じるのは、ご覧くださっている皆様への深い感謝の気持ちです。
当サイトも、もうすぐ三周年を迎えます。
ここまでサイト運営を続けてこられたのも、皆様がいらっしゃったからこそです。

アクセスやご感想、温かい励ましや応援のお言葉、拍手やブログランキングのクリック、wikiへのご協力、etc...
いつも、多大な活力を頂いています。本当に、ありがとうございます。

これからも、この感謝の気持ちを忘れず、執筆を続けていきたいと思っています。
今後も、Black Onyx [ブラックオニキス]を、何卒ご贔屓に。

●花音のキャラ絵 →

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
支配力と安堵感
花音様の絶対的な支配力に魅力を感じますが、同時に支配されている側の心の奥底を想像して見てしまいました。支配される側の安堵感のようなものがあるのでは・・・と。深い作品を拝見させて戴きました、ありがとうございます。
2010/02/20(土) 10:02 | URL | kazowk #-[ 編集]
ありがとうございます。
kazowkさん、こんにちは。小説の世界に入っていただけて、とても嬉しいです。
読者の方の想像力は、文字を作品へと変える大切な要素だと思っていますので。
人間とは弱いもので、完全な自由は、限りない不自由と不安を生みますよね。
kazowkさんが、絶対的な支配に魅力を感じるのは、ごく自然なことだと思いますよ。
花音にその資質があるかどうかは別として――ですが(笑)
作品をご覧いただき、ありがとうございました。またぜひ、ご来訪くださいませ。
2010/02/21(日) 15:46 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
さすが花音!
という感じですねー
そこらの不良なんかじゃなく、本当の悪……という印象を受けました。
心優しい人間が多い女子高生シリーズの中で、異色を放ちながら、でも輝いている女の子だなと思いました。
2010/05/08(土) 16:21 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
お久しぶりです。
SRさん、こんにちは。頂いているご感想のひとつひとつに、いつも励まされています。
それにしても、さすが、シリーズ全体を通してお読みくださっている方だなぁ……と感じました。
おっしゃる通り、シリーズの中での彼女は、異彩を放つ存在なのでしょうね。
それなのに、ファンメッセージを頂くことが多いのもこの娘。あらためて、自分のサイトの何たるかがわかるようで(笑)
彼女の「輝き」を認めてくださって嬉しいです。彼女の代わりに(笑)、私からお礼申し上げます。
これからも、どうぞ温かい目で見守ってやってください。
2010/05/09(日) 10:15 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
悪の美女神、花音様
ryonaz様、いつも素晴らしいお作品を拝読させて頂きまして、有難う御座います。
他の読者の方々に触発されまして、以前拝読させて頂きましたお作品で、まだコメント投稿させて頂いて御座いませんでしたお作品でも御座いますし、最新コメントの御座いましたこのお作品を再読させて頂きました。
この上ない美貌と、底の見えない笑顔の、悪の美女神様、花音様、やはりすごいですね。
悪の化身の様な、恐ろしい女性様でいらっしゃいますのに、掛け値無しにとてつも無くお美しい、魅力的ですが、実際にお会いしてしまいましたら、と想像してしまいますと、やはり空恐ろしいと言う気持ちにもなってしまいます。
実際にお会いしてみたいと思ってしまいます程に魅力を強く感じてしまいますのも、出来ればお会いしたく無いと思ってしまいます程に恐ろしさを強く感じてしまいますのも、ryonaz様の絶妙な筆致のお陰様なのでしょう。
ryonaz様、いつも素晴らしいお作品を有難う御座います。
2014/10/19(日) 22:52 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
読み返していただけて光栄です。
いつも温かいコメントをありがとうございます。
多大なるお褒めの言葉に恐縮するばかりです。
私の執筆技量など取るに足らないものですので(汗)
>悪の美女神、花音様
彼女自身は、果たしてどう思っているのでしょうね。
>お会いしてみたい
>お会いしたく無い
もし関わったなら、選択肢そのものが無いでしょうね。全ては彼女次第です。
「来い」と言われて断れますか……?(笑)
2015/01/08(木) 13:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。