[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「美味しいかい?」
「うん!」
「そりゃよかった」
「おじちゃんも、一緒に食べようよ?」
「ありがとう。でも、おじちゃんは要らないかな」
「何で?」
「そんなに好きじゃないんだ」
「好き嫌いはダメなんだよ?」
「そうだな。その分、お嬢ちゃんがいっぱい食べてくれるかな?」
「うん!」
「おおっ。たくさん食べるなあ」
「だって、ホントに美味しいんだもん!」
「腹、減ってたんだな?」
「うん!」
「……可哀想に……、嫌な世の中だ……」
「わたしは嫌じゃないよ?」
「え?」
「おじちゃんは優しいし、美味しい食べ物くれるし」
「はは、そうか。それならほら、どんどん食べな」
「嬉しい! ありがとう!」
「ああ。おじちゃんも嬉しいよ」
「どうして?」
「お嬢ちゃんが、喜んでくれるからだよ」
「わたしが嬉しいと、おじちゃんも嬉しいの?」
「そうだよ」
「じゃあ、もっともっと食べる!」
「あっははは。腹、壊さないようにな」
「はーい!」
「これはどうだ?」
「わあ!」
「これも、食べるか?」
「あはっ。やったぁ!」
「どうだ?」
「うん。もう、お腹いっぱい!」
「そうか。よかった」
「おじちゃん、ありがとう!」
「いいんだよ。じゃあ……ここでお別れだな」
「えっ?」
「誰かに連れてってもらいな」
「一緒に来てくれないの?」
「ああ。おじちゃんは、ここにいる」
「何で? 嫌だよ。また一緒に行こうよ!」
「ごめんな。ほら、この通り。歩けるとこも、お嬢ちゃんにあげちゃったんだ」
「あ、そっか。わたしと同じになったんだね」
「そうだな」
「おんなじ。おんなじ。えへっ、なんか嬉しいね」
「そうか。喜んでくれると、やっぱり、おじちゃんも嬉しいな」
「じゃあ、わたしもここにいる」
「一緒にいてくれるのかい?」
「うん。だって、わたしが喜ばないと、おじちゃん、嬉しくないんでしょ?」
「……ありがとな」
「お腹すいたら、また食べていい?」
「ああ。もちろん」



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
良い作品ありがとうございます。僕は今、気になっている人がいます。その女性に喜んでいただけると、自分も嬉しくなってしまうので、おじちゃんの気持ちがよく分かります。いつも失礼な事を言ってしまいすみません。
2009/11/01(日) 12:39 | URL | ひらき #-[ 編集]
ありがとうございます。
こんばんは。ひらきさんには、たくさんのコメントを頂き、とても嬉しく思っています。
いつも御礼のお言葉を下さっていますが……とんでもない(汗) こちらこそです!
それぞれの形で、互いを思いやる二人です。
ご自分の立場と重ね合わせ、彼の心情を読み取っていただけたなんて、有難い限りです。
ひらきさんの想い、成就すると良いですね。くれぐれも、命だけはお大事に(笑)
2009/11/01(日) 21:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
童話のような雰囲気ですね。
赤ずきんちゃんと狼さんの会話のような、ファンタジーな空気を感じました。
直接的なエロの介入しない逆リョナも良いものですね。
2009/12/18(金) 19:22 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
お久しぶりです。
SRさん、こんばんは。いつも作品へのご感想、ありがとうございます。
会話だけで物語を創ってみたいなぁ……と、ただそれだけの思いでキーを叩きました。
ここから逆リョナの要素を汲み取っていただけたことを、大変光栄に思います。
直接的な嗜好ゆえ、あえてそれを表現しない。あまり理解されないことかもしれませんが(笑)
童話のような雰囲気――。特に意識はしていませんでしたが、妙に納得しました。
2009/12/19(土) 18:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 こんなに無邪気に、しかも、こんなにも美味しそうに、喜んで食べてくれるんだったら、僕がこのおじちゃんでも、自己犠牲の快感でも味わいながら、こんなふうに束の間の幸せに浸ってみても、別に構わないかなって、ついそんなふうに思っちゃいました。どうせ、生きてても辛いだけの悲惨な世界なんだろうし……。
 それにしても、こんなにも、気持ち悪くて悲惨なだけの筈の情景を、こんなにまで、心ぽかぽか温まる、情愛に満ちた素敵な世界に、最後の最後まで感じさせてしまうなんて、梨央様って、やっぱり、僕には魔法使いとしか思えません……。ところで、梨央様、これって逆リョナなんですか……?
2012/05/11(金) 13:36 | URL | 次郎 #-[ 編集]
いつもコメント、ありがとうございます。
この世界のもつ雰囲気を感じていただけて嬉しいです。
いえいえ、とんでもない。魔法使いなどではありませんよ。
心をかき乱すことが大好きな、ただの素人執筆者です(笑)
>これって逆リョナなんですか……?
読者様の感性によりけりでしょうね。
2012/05/12(土) 17:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
本当は怖い逆リョナ童話
ryonaz様、いつも有難う御座います。
うーむ、怖いですね。
会話だけで構成、童話的雰囲気、お嬢ちゃんが既におじちゃんと「同じ」であることの謎、どんな「嫌な世の中」なのでしょうか。 
映像や画像でなく文章ならではのトリックを巧みに駆使された傑作をいくつも執筆されているryonaz様の珠玉の傑作ですね。
2014/03/21(金) 16:45 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
「本当は怖い○○」――流行しましたね。
いつも過分なお言葉を頂き、ありがとうございます。
力量不足は重々承知ですが、せっかく「小説サイト」を標榜するのなら、ここでしか味わえない世界を!
それが、私が見つめているryonazわーるどです。ん、我ながら、かなり喋々しい(笑)
本作もまた、そんな作品のうちのひとつですね。
トリックを楽しんでいただけて光栄です。
2014/06/05(木) 20:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。