[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美しい夏。
個人的ではありますが、今年も綺麗な自然をたくさん見ることができ、とても幸せでした。
海、空、雲、山、風、木……
――そして、太陽と花。
花……夏の花……鮮やかなあの黄色が、私にはどこか儚げに見えます。
太陽を一心に見つめ、それを道しるべとしているように。そこに光を求めているように。
夏美自身にもまた、そんな風に、全てを捧げられる相手が必要だったのかもしれません。
ひまわりを優しく照らす、太陽の存在が――

夏上旬に連載を開始し、気づけば、もう秋の香りが漂っている気がします。
時の流れの速さを実感するとともに、四季の移り変わりの心地良さを感じるこの頃です。
小さな幸せをたくさん集めて、味わって、噛み締めて、また一歩進んで……
そうやって過ぎていく毎日が、今の私にも光を与えてくれている気がします。

あらためて試みたゆっくり更新については、いかがでしたでしょうか?
毎度、同じ相談ばかり口にしつつ、結局、未だ手探りな私……(汗)
徐々に慣れていきたいと思っておりますので、どうぞ長い目で見守ってやってください。

今回も、最後までお付き合いくださった方々、本当にありがとうございました。
これもまた、いつもと同じ言葉の繰り返しになってしまいますが……
感謝の気持ちを伝えるボキャブラリーが少なくて、申し訳ありません。
皆様方のお陰で、またひとつ、連載を終えることができました。

これからも、Black Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞよろしくお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
長期にかけての連載お疲れ様でした。
今回の小説は、趣向たっぷりのストーリーでしたね。
語り手が狂気に犯されているため、妄想の中にいるような気さえしました。
夏美の狂気に巻き込まれ、どこから嘘で、どこまでが本当なのか……
後から読み直すと、伏線が散りばめられており、二度楽しめる小説でした。
2009/10/19(月) 23:31 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
ありがとうございます。
SRさん、こんばんは。いつも温かいコメント、ありがとうございます。
この趣向へのご共感、ご理解を頂けて、大変嬉しく思います。
作品自体に、嘘は存在しません。あるのは、怪しげな「私の嘘」だけでしょうか(笑)
>二度楽しめる小説
お言葉が、とても嬉しいです。何度もご覧くださったようで、大変光栄です。
これからも、ryonazわーるどをお楽しみいただけたら幸いです。
2009/10/20(火) 20:45 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
あのね、梨央様、僕、このご作品を初めて読ませていただいたとき、夏美様のこと「悪い奴に付きまとわれ怯えてらっしゃる可哀想な被害者(様)」で在らせられるものとばかり思い込んでしまってたものですから、夏美様があんなにも怯えておられた筈のストーカーの雄の部屋に御自ら乗り込まれ敢然と立ち向かわれるシーンに、夏美様の勇気に、心の強さに本当に吃驚してしまって……。本当に感動してしまって……。その後の最高に有り難くて素敵なご調教(お仕置き)の数々にもううっとりしてしまって……、胸がキュンキュンしてしまって……。ですから、最後にすべてを理解させていただいたときは、唖然としてしまって……。おそらくですけど、梨央様の思し召しの通りに完全に騙されてしまってました(^_^;)。……ですけど、梨央様(^_^;)?冒頭のシーンに二人の刑事さんのこんなやり取りがございますでしょ?

「フリーターか」
「はい。三年前に仕事を辞めて、それからだそうです」
「そして、引きこもり。倍満だな」
「引きこもりと犯罪か……」
「最近じゃ、珍しくもなんともない」

……梨央様(^_^;)?、これって、ちょっぴり狡いんじゃないですか(^_^;)?これじゃ、僕みたいな単純馬鹿じゃなくても誰だって、ガイザックさんが何かしら悪いことやらかしちゃったんだなって、そう思い込んでしまいますでしょ(^_^;)?……あっ、ごめんなさい!嘘です!冗談です!梨央様はちっとも狡くなんかないです! 失礼なこと申し上げて、本当にごめんなさい!何卒お許しくださいませ<(_ _)>!
あのね、梨央様、僕、思うんです。このお話、実際にあっても別にそんなに不思議じゃないお話だなって…。もしかしたら、何かしら実際に起こった事件をヒントにご執筆になられたのかもしれないなって……。ですから、何度読ませていただいても、読み終える度になんか切なくて堪らなくなってしまって……。お可哀想にあんなふうに心の病をお抱えになられて、その上、 あんな罪を犯してお終いになられた夏美様のことやあんなふうに何の罪もないのに、もちろんM雄でもないのに、あんな恐ろしい目に遭われたと申しますか、あんな凄いご調教を施していただいてしまったガイザックさんのその後のことを思うと……、っていうのはもちろんなんですけど、やはり佐久間巡査の心情を思うと、もう……。……ごめんなさい、M雄のくせに生意気なことを考えてしまって……(^_^;)。昨晩もまた、勝手にガイザックさんに身を重ねさせていただいて、あんなにも有り難くて素敵なご調教の数々を施していただいて、大興奮、大感激させていただいて、身も心も至福に浸らせていただいておきながら、そのことへの御礼を申し上げもせずに変な感想を述べさせていただいてしまって、本当にごめんなさい(^_^;)。本当に申し訳ございませんでした<(_ _)>。何卒お許しくださいませね(^_^;)?いずれにしても、梨央様、本当に素敵なご作品を、お優しくもお産みになってくださいまして、本当に素敵なご調教の数々を、お優しくも施してくださいまして、本当に、本当にありがとうございました(*^_^*)!それでは失礼致します<(_ _)>。
2016/04/29(金) 07:33 | URL | 次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。