[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗い 暗い 暗い 黒? 違う 陰 陰は光る 光るのは光 光は暗い 眩しいほど暗い 怖い それは人

人 生きている 人生 それは運命 生きる義務 死ぬ義務 どうして? だって 望んでないもの

生まれる 生きる 死ぬ 嘘 みんな嘘 嘘 嘘 昨日? それは言葉 論理 単なる言語 明日 それも同じ

見えない? そう 瞳があるから 見えない だから綺麗 見えないから 美しい 見たい 見たらオシマイ

北は南の反対 でも 右なんてない 左も 君の右は私の左 君の上は私の下 いらない そんなのいらない

傷 痛む傷 傷痕 痕は残る 残るものがある でも 残るものはない ある ない ある ない 無だけ

無の存在という矛盾 例外はないという例外 絶対はないという絶対 声も出ないという声

流れ 万物の流転 流転は運動 運動の否定 アキレスと亀 アキレスは動いてない 亀は遅いという神話

関係ない 関係したい? 関係をもつ 生きることに騙され 関係をもって 悩む 苦しむ 義務 責任

それは仕事? 違う そんなものは違う 何もしない 寄ってこない 関係ない 関係するもの それは人間

人間だからつくる つくるから誤る 間違う 狂う 水 無限なもの 空気 火 数字 理性 実在 原子

伝える 言葉 全ては言葉 矛盾を生む言葉 痛い でも痛くない 痛いなら病院 病院は関係する また人間

人間は嘘 嘘は人間 勝手に生まれる 勝手に生きる 勝手に死ぬ 望んでないのに? そう 望まない生

生まれてしまった だから 意味を考える 息をしているだけじゃダメ 食べるだけではダメ

ダメ ダメ ダメ そうして己を歪めた 歪んだ人間 思考を停止したら? ダメ 感覚に惑わされる それも嘘

惑わすのは思考 論理の嘘 義務 それは仕組み つくられた仕組み つくられた義務 つくった人間

太陽は冷たい 風は動かない 木は赤い 空気は小さい だから 光は暗い 暗い



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
おおおっ、これは……
ryonazさんの闇&病みが全開ですね。
そこらの人には絶対書けない文章だと思います。
いつもの小説の源泉にある、黒い部分を垣間見た気がいたします。
2009/09/05(土) 23:44 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
お言葉に救われます。
お目汚し、失礼いたしました。
こちらの世界は、このように飾り気など全くない、混沌とした感覚文章も多く……
>絶対書けない
お褒めくださってとても嬉しいです。が……、書けない方が正常だと思います(笑)
サイトの片隅にこっそり掲げている「やみ」(病・闇)――これに触れていただけるとは思ってもおらず……
大変光栄です。恐縮いたします。ありがとうございます。
こんなところにまで着目してくださっていたことに、あらためて感激いたしました。
2009/09/06(日) 23:38 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
「存在」「論理」そして「否定」
ryonaz様、御作品を拝読しておりますと、運命的な生と性と誠と精神を持ってこの世に来られた、運命的な存在とも言うべき方(私ごときにとってと言うようなちっぽけな意味では全く無くその存在そのものが極めて運命的な方)なのだと感じ入ってしまいます。
その苦しみも歓びも悩みも才能も余人の理解を許さない特別な、それこそ天から与えられた運命の様な...申し訳御座いません、傷口に塩を擦り込む様なとんでもない事を申している事になるのでしょうか。
運命や宿命の大きさにも個人差があり、闇や病みも大きさや強さに個人差はあるでしょうが、闇や病みの無い人間は絶対に居ないと思います。絶対は無いという絶対だけでは無く、ここにも少なくとももう一つの絶対があるのではないかと。宗教の熱心な信者には叱られそうですが。教祖には闇は無くましてや病みなどとんでもないことでしょうから。すみません。私にとって絶対と思えることを、絶対に絶対では無いと否定する人もいるはずだと言う事になりますね。
アキレスと亀のパラドックスは、時間というファクターを無視しているから。空間における距離、亀がいた場所、そこにアキレスが行く有限の時間、その時間で移動している亀。アキレスが亀に追いつくまでの時間、それ未満の時間内ではアキレスは亀に追いつかない。それは永遠ではない。有限の時間内のこと。論理の繰り返しは、無限に繰り返すことが出来、有限の時間を無限のように見せる。亀は足が速いのかも知れない。でもアキレスの脚はもっと速いという条件を付けた上でのパラドックス。アキレスは踵が弱い。でもアキレスは踵を怪我してはいない。踵に怪我していたら彼は生きていないから。だから、彼は、走れる。でも、亀に追いつくに必要な時間はある。それより短い時間では追いつかない。新記録を出せば良いのかも知れない。それでもきっと、その新記録を前提としてパラドックスは生き延びる。
存在も同じ?そもそも、生まれる前は?死んだ後は?たまたまこの星に生命が誕生し、たまたま人間が現れ、たまたま存続し、そこでたまたま生まれたのが私達?気絶して、前後不覚の脈絡の無い夢を見て、醒めることもあれば、夢を見ないこともある。夢を見ないで、そのまま、ただ、目覚めないだけで、この存在が無くなる、それで終わる、無くなる、感じることも見ることも、ただ無くなる。亡くなる。その実感が持てない。魂はあるのか?本当は誰も知らない、存在が無くなることが、終わりが信じられない、それに実感を持てない、また、信じたくない人が永遠の魂の存在に縋る、その概念に縋る、そのことだけは論理的にも判る。真実は判らない。自分のことなのに。だから自分との関係は難しい。自分は人とは違う、同じ人なんて居ないから。だから人との関係は難しい。難しいから歪みができる。歪めてつなげたり、つながらないから歪めて遠ざけたり。そうして、自分がどこにいるのか、何なのか判らなくなってくる。
...申し訳御座いません。お見苦しいことを長々と。
私は、どうしても論理に流れてしまい、感性や感覚も含めバランスの取れた表現は出来ません。
でも、ryonaz様のこの御作品からは、何か感覚的に伝わってくるものがありますし、ちりばめられた論理の断片もそこに一役を買っている、やはり素晴らしい感性をお持ちの方だと敬服致します。
2012/09/09(日) 02:28 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
「ぬのつ」とは?
ryonaz様、度々申し訳御座いません。
今更、くだらない疑問で、解説はなさらないryonaz様に質問してもいけない、と、無い頭で考えてはみたのですが、題名の「ぬのつ」の意味がよく分かりませんでした。
とはいえ、解説をお願いする訳にもいかず、読者として、今のところ最もそれらしいかな、と思える解釈として唯一行き当たりましたのは、「ここのつふたつよっついつつむっつみっつひとつ」 で抜けている、「ななつ」と「やっつ」のうちの、「ななつ」のことなのかなあ、なんて言う想像だけでした。
「ななつ」がどうして、どの様に訛って「ぬのつ」になるのかは、、、私に訊かないで下さい。(苦笑)
2012/09/09(日) 10:37 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
「ぬのつ」とは? もうひとつの解釈
ryonaz様、度々、重ね重ね申し訳御座いません。
上記に書き込み済みの解釈に辿り着く(それとて極めて怪しげな解釈ですが)前に、もうひとつ、更に苦し紛れの解釈を考えておりました。
笑いのネタとして提供してみます。
それは、平仮名の内でやや入り組んだ形をした「ぬ」と言う文字の分解過程と言う解釈でした。
「ぬ」を分解して「の」を取り出し、更に分解して「つ」を取り出す、ですから、この「ぬのつ」と言う分解過程を更に一段階細かく描くと、「ぬめのつ」になります。。。
。。。何のこっちゃ、大丈夫か、自分??
失礼致しました!
2012/09/09(日) 13:06 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
嬉しいです。
私の作品が心を動かす、蝕む、掻き乱す。
それらは、私にとって、とても美しく、高貴なことに思えるのです。
どんな解釈も読者様の自由ですので、謝っていただく必要などないですよ(笑)
むしろ、こうしてご感想やお考えを書いてくださることに、感謝の念が尽きません。
ありがとうございます。
2012/09/15(土) 20:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。