[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「花」連作 ―― 「花びら一枚、影ひとつ」「闇咲く花」「きらめき残して花は散る」 ―― 完結いたしました。
予定通り、三部構成でお送りすることができ、とりあえず一安心です。

春の物語にも関わらず、気づけば梅雨が明けていました(笑)
ここ一週間ほどで、既に猛暑がやってきているような気すらしますが……

長らくお付き合いくださった方々、どうもありがとうございました。
これからも応援、どうぞよろしくお願いいたします。

●美里のキャラ絵 →   
●紗希のキャラ絵 →   
●彩香のキャラ絵 →  
●渚のキャラ絵 →  
●花音のキャラ絵 →

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
三部構成お疲れ様でした♪♪

花音ファンの私は以前にも書き込みさせて頂きました^^
正直なところ名無しで色々書き込みしていますがww

さて、本題に移ります。
花音の小説はこれから書く予定はないのでしょうか;;?

もちろんほかの主人公も好きなんですが、やはり1番好きなのは花音なんで気になりました。

むしろryonaz様ファンなんで小説を書いて頂けるだけで満足なんですが。

お答えできる範囲で構わないのでよろしくお願いしますm(__)m

2009/07/15(水) 23:55 | URL | 名無し #-[ 編集]
ご愛読くださり、ありがとうございました。
普段から、たくさんコメントを頂いてるんですね。嬉しい限りです。
労いのお言葉に、大変励まされました。こうした温かいコメントが、大きな支えになっています。
花音に魅力を感じていただけて何よりです。ご質問の件ですが、出演予定アリです。
ただ、彼女はなにぶん気まぐれな娘なので、いつ出演してくれるかは未定です。申し訳ありません。
私と一緒に、彼女のお膳立て、どうぞよろしくお願いいたします(笑)
そしてそして、私のファン!? これはまた、なんという殺し文句……何かの罠ですか!?
赤面して(舞い上がって)しまいますので、ご勘弁(もっと言って)ください(笑)
こちらこそ、小説を読んでいただけるだけで満足です。またぜひ、ご来訪くださいませ。
2009/07/16(木) 12:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ご無沙汰です
御無沙汰しています。
女子高生ものということで楽しみに読まさせていただきました。3部作としてのまとまりはつけられたと思いますが、今回の逆リョナシーンに惹かれる部分はありませんでした。また、個人的には女の子同士の友情はテーマとして魅力を感じませんでした。ちょっと今回は辛口ですみません。
2009/08/05(水) 22:13 | URL | MFファン #-[ 編集]
お久しぶりです。
MFファンさん、こんばんは。いつも多くのご感想をありがとうございます。またご来訪いただけて、嬉しいです。
そうなんです。あとがきなどで何度か触れていますが、このシリーズのテーマは、ズバリ「人間関係」です。
嗜好がピッタリの作品、好きな作品、嫌いな作品――どれもあって当然だと思います。
私は、この感性の違いが面白いと考えています。それぞれ興味深いところは多いですよね。
ですので、どうぞ謝らないでください。作品は、常に私の好きな世界だけを追っている勝手なものですので(笑)
シリーズ三部作、最後までお読みくださって、ありがとうございました。
2009/08/06(木) 02:49 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ついに三部作が完結ですね。
ryonazさん、お疲れ様でした。
女の子たちの、今までの悩みや不和の種などが、解決してよかった!
伏線が見事に拾われていると思います。
自分は、女の子たちの友情描写が好きです。アクションものの、大事なエッセンスの一つだと思います。
最近では、女子高生シリーズは、責めよりも関係性に惹かれていたので……。(責めがダメという訳ではないです、念の為)
今後の彼女たちの活躍も楽しみにしています。
2009/09/05(土) 23:40 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
嬉しいです。
SRさん、こんばんは。ご無沙汰しています。労いのお言葉、ありがとうございます。
お陰様で、本三部作も、気持ちよく完結することができました。楽しんでいただけたようで何よりです。
本シリーズにおける人間関係の描写は、やはり私にとっては欠かせない、大切な要素ですね。
「責め」は必要。でも、それを突き動かす「何か」を与えたい。そんな風に思って執筆しています。
物語主体の姿勢は、おそらく変わりませんね(笑) 価値観への共感を頂けて、とても嬉しいです。
いつも温かいコメントに励まされています。今後もどうか、彼女たちを見守ってやってください。
2009/09/06(日) 22:50 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。