[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小倉の言葉を機に、藤村も口を開く。
「お……俺たちはもう嫌なんだよ! もうお前に命令されるのも、したがわされ……」

 ……!!!……

 ……突然の出来事だった。
 疾風の如く……そんな死語にも似た言葉がしっくりといった……
「うう、う……う、うえ……うううっ……」
 頬に少し風を感じたかと思うと次の瞬間、隣にいた藤村の表情が歪んでいた。
 びっくりしたように目を大きく見開き、頬を大きく膨らませ……
 見ると優美子が、藤村の顔を覗き込むように見つめながらうれしそうに微笑んでいた。
「うぅ、うえ……う……」

 ――ボディブロー……

 まるで時間が止まったようであった。生で見るのは初めてだった。俺は恐怖に足がすくんでしまった。
 目の当たりにした優美子のパンチが、あまりにも強烈なものであったからかもしれない。
 細い綺麗な腕……。しかしパンチの威力は想像を絶するのだろう……
 突き上げたような形の優美子の拳は深々と藤村の腹に突き刺さっていた。
 藤村は呼吸が止まり、まるで陸に上げられた魚のように、口をパクパクさせていた。
 優美子は拳を藤村の腹にめり込ませたまま、笑顔で見つめていた。
「……はい、一人め終了。」
「う、あ……ぐふ……」
 拳が抜かれると同時に藤村は膝から崩れ落ちた。
 笑いながらその拳を抜く優美子の姿は美しく、俺は何故か彼女から、目が離せなくなっていた。
 それは一瞬の出来事であった。
 崩れ落ちた藤村の口から流れ出した吐瀉物とその匂いだけが、目の前の光景をリアルに感じさせていた。



「人権だって。馬鹿じゃないの?」
 俺たちに告げた優美子は、これまで見たこともないほど冷たい笑みを浮かべ、貫くような視線で俺たちを見つめ続けた。
 情けないことに俺は、今目の前で起こったすさまじい光景に足がすくみ、同時に、まさに蛇に睨まれた蛙のように黙って立ち尽くすことしかできなかった。
「う……げ……ごぼ……」
 藤村はまだ海老のように身を丸め、虫の息で苦しそうに悶えていた。
 そして、時々ゴボッという音を立てると、再び嘔吐を繰り返すのであった。
「気絶できたらよっぽど楽だろうにね。かわいそうに。」
 静かな体育館に響き渡る優美子の声は、俺にはまるで別世界のもののように感じた。
 思えばこうなることは十分予想できていたはずだ。
 突然のことであったとはいえ、予想通りの……予想通り……いや……
 俺は優美子の強さを甘く見ていた……タカをくくっていた……
 そのことにようやく今、気が付いた。
 優美子の一瞬のパンチは、俺のそんな甘い気持ちをも貫いていたのだ。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。