[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関東では、つい最近まで桜の木々が桃色で埋め尽くされていました。
それが今では、緑一色。まさに「ただ春の夜の夢のごとし」(平家物語)ですね。
個人的には、葉桜も大好きですが。

本作は、ガーディアンセンターシリーズ第三弾になります。
ゆっくりと、静かに実行されていくプロジェクト。誰も語ることのない、定められたシナリオ。
この世界のもつ雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。

GWシーズンですね。
ちまたでは、既に連休に入っている方もいる、などという話もちらほら(?)
皆様は、どんな連休をお過ごしになるのでしょうか?

当サイトは常時、開放しております。連休などとは無縁です。
お時間に余裕のある方は、またぜひご来訪くださいませ。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
SMって一応快楽を嗜好してるんだが、
バットだと快感ってあるのか?
肌の接触はないから
精神性(マゾ)が相当開発されてないと
そのシチュは享けんとおもうんだが、、、
車で轢かれてマゾれる奴もいるから
奥が深いといえば深いがw
2009/04/30(木) 23:25 | URL | 名無し #-[ 編集]
こんな作品もまた一興で(笑)
コメント、ありがとうございます。車に轢かれる男性(フィクション限定)で‘サド,れる(?)管理人です。
SMの鞭打ちや蝋燭なども、肌の接触はないですよね。ただ、私自身が「こんなのSMじゃない!」と思っていますが(笑)
M男性がそれぞれどうお感じになるかは、いつも個々人様にお任せです。
重視すべきは、受けるかどうかではなく、私が好きかどうかですね。愛のままに、わがままに……
当サイトでは、決して珍しくない作風です。私の逆リョナ定義に矛盾するものでもありません。
蓼食う虫さんがいらっしゃれば幸い、くらいに思っています。ご来訪いただき、ありがとうございました。
2009/05/01(金) 18:21 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんばんは。
ガーディアンセンター続編ですね。
このシリーズは、世界観が作りこまれていて好きです。
すごく不思議な世界……
でも、とても惹き込まれる感じを覚えました。
最後まで無言なのが良いですね!
無声の、短いムービーを見ているようでした。
2009/05/05(火) 00:48 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
感激いたしました。
SRさん、こんばんは。温かいお言葉が、心に優しく響きます。本当にありがとうございます。
お陰様で、今回も楽しんで執筆することができました。もちろん、至らない点は多々ありますが(汗)
この世界観に身を置き、物語を味わっていただける。これほど光栄なことはありません。感無量です。
また、無声に気付いていただけたことも、嬉しく思いました。「無音もまた音なり」と考えています。
今後も、このシリーズは続けていくつもりでいます。まだ、私の脳内で蠢いている段階ですが(苦笑)
ご来訪、ありがとうございました。これからもまた、ぜひお付き合いくださいませ。
2009/05/06(水) 18:35 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
目の前で行われているように感じました。
 作品の情景が目の前に現れてくようでした。
 御女性様のための遊戯という視点も男にとっては屈辱的なもので素晴らしいです。
 御女性様はいったい何回バットを振ればご満足なさるのでしょうか・・そう考えると身も心も震えます。
2009/06/22(月) 22:35 | URL | kazowk #-[ 編集]
お言葉が大変嬉しいです。
kazowkさん、こんばんは。情景が浮かんできた、というお言葉に励まされます。ありがとうございます。
心情なし、声なし、潤いなし――
本作は、無機質な雰囲気を前面に出したい、という思いから執筆いたしました。
男性ひとりの命では、女性を満足させることすらできないわけです(笑)
よろしければ、シリーズの他作品も併せてご覧いただけたら嬉しいです。
より残酷で、屈辱的な世界を感じていただけるかもしれません。
2009/06/23(火) 17:36 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
初めて投稿させて頂きます。
ガーディアンセンターの設定が生きていますね。
淡々とした描写が良いですね。
いくつかの映画のワンシーンを切り出して編集した、8ミリ映画のような雰囲気が似合いそうですね。
モノクロで、フィルムの回るカタカタカタ……という音が、まるでコンベアの駆動音のように聞こえそう。
バットに当たる瞬間に観客席から上がる歓声と後に続く笑い声

処刑シーンのある小説はいろいろ見ましたが、これ以上無理というギリギリまで内容を絞り込んであるのはお見事です。
今後も楽しませてください

有難うございました
2010/07/12(月) 15:17 | URL | shi #ICazf28Y[ 編集]
いらっしゃいませ。
shiさん、初めまして。丁寧で温かいコメント、ありがとうございます。
ガーディアンセンターのもつ世界観を感じていただけて、大変光栄です。
本作はやはりシリーズのひとつということもあり、設定をどう活かすかで悩みました。
雰囲気を大切にしながら、効果的な表現を模索し――、ここに落ち着いたといった感じでしょうか。
shiさんのご感想、とても大きな励みになりました。嬉しいです。
楽しんでいただけたようで何よりです。
こちらこそ、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2010/07/13(火) 20:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 男性を遊び道具にする、格好良い女性が頭に浮かびます。いつもありがとうございます。
2012/02/15(水) 17:18 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
これからも、よろしくお願いします。
ひらきさん、お久しぶりです。
お元気でいらっしゃいましたか?
また遊びに来ていただけて嬉しいです。
>格好良い女性が頭に浮かびます
ありがとうございます。
そんな風に物語の世界に入っていただけることを、とても幸せに思っています。
これからも、お気軽にご来訪くださいね。
2012/02/18(土) 19:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 梨央様、センターから脱走しようとした、あんな態度の悪い罪人でさえ、あんなにも、美しくて強くてかっこいい、最高に素敵なS女性様に、艶然たる興奮や恍惚の表情を浮かべて戴いたり、嬉々とした表情を浮かべて微笑んで戴いたり、まるでか弱い小動物でもあるかのように愛でて戴いたり、身体を跨いで見下ろして戴いたり、お腹の上に座って戴いたり、魅惑の接吻を与えて戴いたり、肥大化したモノを手で慰めて戴いたりして、逝かせて戴けるというのに……。あんなにも、うっとり胸キュンキュンしちゃうほど素敵な御言葉を、あんなにも沢山戴いて、まるでご主人様に躾して戴く犬のように、礼儀正しいいい子に躾直して戴いた上で、天に召されることができるというのに……。せっかくいい子になって恵んで戴けた、僅かな生きる希望はおろか光までもを、圧倒的な実力の差で完全に奪って戴いて、意識朦朧状態の中、これ以上ないほどうっとり胸キュンキュンしちゃう、あんなにも、厳しくて残酷だけど最高に素敵な御言葉を与えて戴けて、まるで、行き場がわからずに彷徨う亡者の霊のような覚束ない足どりながらも、残酷な女神様の意のままに操って戴けたりして、非情な制裁の時間の中にも時折見せて戴ける、慈愛みたいなものまでを恵んで戴けたりして、最高に素敵な経験をさせて戴いた上で、その余韻の中、あんなにも幸せに人生を終えることができるというのに……。とにかくいろんな意味で、いろんな方法で、これでもかというほど、たっぷり可愛がって戴けて、救いようもなく残酷だけど最高に素敵な、終わりのない鬼ごっこで遊んで戴いて、あの世に送って戴いた上に、天に召された後にまで、もう一度、女神様に愛で、慈しんで戴きながら口づけて戴けるというのに……。女神様に楽しんで戴くため、あるいは、人口問題を解決するためとは言え、何の罪を犯した訳でもない男共が、「すぐにご用意」されちゃって、残酷な女神様の素敵な御言葉を戴ける訳でもなければ、愉しげなご様子を拝ませて戴ける訳でもなく、こんなにも情けなくて悲しい方法で、逝かされなければならないなんて、やっぱり、僕には到底納得できません……。こんな世界、あまりにも理不尽じゃないですか?梨央様も、そう思われませんか?ごめんなさい。あまりにも、無意味過ぎることをお訊ね申し上げちゃいましたね……(笑)。それに、もしかしたら、「すぐにご用意」されちゃうようになるまでには、「鬼ごっこ」のお話の頃から、かなりの年月が過ぎてるのかもしれませんね?
2012/06/16(土) 10:06 | URL | 次郎 #-[ 編集]
一貫性を大切にしています。
全作品、同じ世界を描いています。遊び、処刑、娯楽――そこに何を求めるかが違うだけですね。
男性の存在価値は、女性の需要内容次第で決まる、といったところでしょうか。
まぁ……、雄ですから(笑)
2012/06/18(月) 19:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
シュールな残酷さ
これはシュールな残酷さを感じられる作品ですね。
少年時代に読んだ星新一作品に通じるものを感じますが、その要素を見事に消化された上で、逆リョナの世界に活かされ、このピリッとスパイスの効いた作品に昇華されたという感じがします。
雄は所詮、女性の娯楽の道具に活用して頂けることを光栄と思うべき下等な存在(自覚が有るかどうかはともかくとして)。
この作品では、娯楽として男を処刑して下さる美しく魅力的な女性と、的(球と言うべきでしょうか)として絶命する男との関係性が希薄で、男はどのような素晴らしい女神様に命を捧げるのか知ることも無く、その代わりに即死の安楽死と、装置に与えられる性的快楽を許されています。
最後のほとばしりをお与え頂けるのは、ryonaz様のご慈悲の賜物でしょうか。純粋に作品の内容から論理的意味付けを求めることも充分可能で、最後のほとばしりで弛緩した男の肉体に必殺の一撃を命中させるゲームに必要なプロセスに過ぎない、そんな冷酷冷徹な説明も出来てしまうところがまた素敵ですね。
でも、男は自分の命を捧げる女神様を最後まで知らないのと同様に、自分にこの上ない快楽を与えているのが機械装置であることすら知らないのですから、或る意味で幸せですよね。
作品解説をなさらず読者の解釈に委ねる姿勢を貫いておられるryonaz様ですが、仮に解説なさった場合を勝手に空想させて頂きますと、実はご慈悲によって最後のほとばしりを与えながらも、そのことには一切言及なさらず、冷酷冷徹な論理的ご説明だけをなさって、意味深に微笑まれる、なんて、勝手な空想を楽しんでしまいました。申し訳御座いません。
2012/06/20(水) 02:04 | URL | 女神崇拝者 #4HO/UcYE[ 編集]
ありがとうございます。
星新一氏、大好きです。オマージュ作品もいくつか掲載しているほどです。
が、これは完全オリジナル作品です。やはり影響を受けているのでしょうね……
なんとも複雑な気分です(泣)
「仮に解説」という楽しみ方の発想が斬新で面白かったです。
2012/06/29(金) 20:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 梨央様、僕、本当に馬鹿ですし、自己中のエゴマゾですし、惨めに嬲り殺して戴く雄に感情移入させて戴いて作品を楽しませて戴くしか能がありませんでしたから、この作品を拝読しても、悲しいだけと申しますか、寂しいだけと申しますか、虚しいだけと申しますか……、興奮させて戴ける要素を何一つ見いだせなかったんです。鬼ごっこのお話があまりにも素敵すぎたから、余計にそんなふうに感じてしまったのかもしれないですけど……。でも、何かしら惹かれるものがあったみたいで、どうしても気になってしまって、この作品をついつい何度も読ませて戴いてしまって……。雄をボール扱いなさってバッティングを楽しんでらっしゃる女神様に……、いいえ、こんなことを想像なさって興奮なさっておられるかもしれない梨央様に感情移入させて戴くことを、最近になってようやく覚えてしまって、お陰様で、こんな馬鹿でも結構楽しませて戴くことができるようになりました。本当にありがとうございます (笑)
ですけど、梨央様……

>車に轢かれる男性(フィクション限定)で‘サド,れ る(?)管理人です。

例えフィクション限定であれ、そんなもので、お ‘サド,りになられることがお出来になられるだなんて……(汗)
僕にはまったく理解できません。やっぱり、梨央様は正真正銘の世界一の変態さんでいらっしゃいます!これからもっともっと、ぶらおにワールドにどっぷり浸らせて戴いて、大好きな梨央様の頭の中を少しは理解させて戴けるようになれたら良いなと思います。
梨央様の御言葉欲しさに、またつまらないことを書き込ませて戴いて、本当にごめんなさい。
本当に暑い日が続いてますけど、くれぐれも御身おいといくださいませね。
2013/07/09(火) 11:59 | URL | 次郎 #-[ 編集]
はい、変態です。
ありがとうございます。
「つい癖になっていた」「新しい楽しみ方を覚えた」
こんなコメントを頂けることは、本当に嬉しいことです。
作品自体をシャットアウトされてしまったら、絶対に頂けないご感想ですから。
次郎さんも、ご健康に留意なさってくださいね。
2013/07/14(日) 12:16 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。