[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕を殺してください。

これまで幾度となく聞いてきた言葉。

最初はたまらなく嬉しかった。嬉しくて、嬉しくて、涙が溢れたほどだった。

欲情の合致する相手が、そこに存在する。そんなこと、信じられなかったから。

でも、やっぱりそれは実を結ばなかった。どのM男も、反応は同じだということを知った。

「契約」や「信頼関係」。こんな時、こういった言葉はあまりにも無力だ。

――殺されそう。

そんな風に感じている間、彼らの表情は恍惚に満ちている。でも……

――殺される。

その瞬間、彼らは当初の契約を簡単に覆してしまう。

もちろん、どうして彼らがそんな風に掌を返すのかわからないほど、私だって馬鹿じゃない。

でも私は、自分の身に及ぶ危険も承知し、彼らにもそれを確認した上で、信頼し、覚悟を決めてる。

だけど、そんな必要はなかった。もう期待もしていない。

彼らの私への評価は、限度を知らない暴力女。Mの喜ばせ方を知らない人間。

実際、その通りかもしれない。

私の中にあるのは、結局、私の快楽の追究でしかない。

だから私は、女王様になんてなれない。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
S女性で、これに共感される方は多そうです。
もしこれがmixi日記なんかだと、共感コメがたくさん入ると思いますw
SMをする上で、こういう問題は少なからずありそうです。
2009/04/23(木) 23:27 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
その発想はありませんでした。
作品に共感してくださる方が、ひとりでもいらっしゃったら嬉しいですね。
この女性もぜひ、mixiに誘ってあげてください(笑) 悩める乙女のようですので。
でも、確かにこういった文章は、mixiの方が向いているイメージがありますね。
全くログインしてないですが、マイミクのS女さんやM男さんがどんな反応を下さるか、ちょっと興味がありますね。
ですが、せっかくなので、できればこのサイトに共感コメを入れてもらえたら、より有難いのですが(笑)
2009/04/25(土) 04:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
独りよがりのM男
確かにM男の欲求は凄まじいです。こんな女性に、こんな場所で、こんな風に・・・という細かな注文をつけるでしょうか。私みたいに映像化してマンガにしちゃうとか・・・。 ただ、両者がお互いの欲求の折り合いをつけながら、快楽を求めていくことが2人にとってより深い快楽を得られると思います。相手によって自分の知らない世界を知る喜びも格別のはずです。
 また、実際のプレイだけでなく、小説をお互いの嗜好に従って修正しあうとか、ストーリーを書きついで行くというのも、ある意味脳内プレイといえる試みで、面白いと思います。
 
2009/06/06(土) 09:13 | URL | MFファン #-[ 編集]
でも、仕方ないことですよね……
SMプレイを成立させるには、やはり話し合いは不可欠だと思いますね。
ただ、この女性は、そういったプレイを望んでいるわけではなさそうです。
欲求を満たすことが、すなわち相手の死を意味するわけですから。
M男性の立場からすれば、拒否するのは当然の反応ですよね。
ジレンマを抱えて生きるひとりの女性。法の下で生きようと願うほど、彼女の欲求は満たされなくなっていきます。
2009/06/06(土) 11:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
大多数のMの男の人は最高でも瀕死を望んでいるのだと思います。。

プレイであれどんな方法であろうとも「殺される!」となるとやっぱり苦しいので、必死に抵抗します。命の惜しさから最大のエゴが瞬間に発動します。

そういうものですよ。人間という生き物は^^
2010/05/09(日) 18:11 | URL | ゆうき #-[ 編集]
面白いものですね。
哲学者ホッブズ氏は、M男性をどう捉えるのかなぁ……などと考えてみたり。
最悪、殺されるかもしれない――
瀕死を望むのですから、予見することは容易ですよね。
にも関わらず、優位に立とうとはしない。むしろ、喜んでその身を相手に委ねる。
そして、本格的に生命の危機を自覚する頃になって初めて、自己保存を考える。
彼から見たらM男性は、自己保存の予見すらできない動物と同レベル、ということになりますでしょうか(笑)
2010/05/15(土) 00:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 ……なんだか、とても切ないです。僕この女性に対してものすごく申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ごめんなさいって、謝りたくなりました。
 でも、相手のM男が皆射精を望んだなんて、ちょっと信じられません。どっちが少数派なのかな?
2011/11/11(金) 19:50 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
嬉しいです。
当たり前のことですが、次郎さんが責任を感じる必要なんてないですよ(笑)
ただ、それほどまで作品に没頭していただけたのだと思うと、感謝の念が尽きません。
本当に、ありがとうございます。
多数派・少数派については、データなどがあればぜひ教えてくださいね(笑)
2011/11/13(日) 17:53 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。