[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も、彼らは自然と関係を紡いでいってくれます。
作者自身、これからの二人がどんな成長を見せてくれるのか、楽しみになっています。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ランキングバナーのクリックにもご協力ください。
FC2Blog Ranking

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
今晩は。いつもいつもご苦労様です。ところで今日9時から8チャンネルで制服ニーソのドラマが始まるのが楽しみです。そのドラマのSM版がでるのではないかと早くも期待します。ドラマでは、お嬢様たちがそれぞれイケメン執事をつれているらしいがSM版は、それぞれ下男をつれている。もちろんお嬢様たちはそれぞれいろんなヤキをいれるが中には公開処刑などあるといいなと思います。それと例のごとくまたもDVDを数本買いましたが顔面蹴りのあるものを3本買いました。あたりまえの話ですが、本気で顔面をけるのは、やはり無理なのでしょうね。適当な蹴りを数多くいれるよりも、1発でいいから本気で蹴り失神してしまうようなものをみたいです。はじめて見るパターンで男の背中に蛍光灯を置いて踏んずけて割るのは、良かった。特に最後は数本まとめて男の背中に置いたときには、まさかやめてーと部屋の中で叫びました。案の定3人がいっせいに蛍光灯を踏んずけた。割れなかったのが残念だが、本当に楽しそうにやっていた女性達は、最高でした。できればニーソ、サイハイを履いていてくれていたら満点でしたが。それでは風邪などひきませんようにがんばって下さい
2009/01/13(火) 20:57 | URL | でぶ #-[ 編集]
こんばんは。
今年もまた足をお運びいただき、ありがとうございます。労いのお言葉や健康へのお心遣いが、大変嬉しいです。
ドラマについては、予告だけちらっと見ましたが、既にそこまで妄想されているとは……。さすがとしか言いようがないですね。
DVDに関しても、でぶさんはかなりの拘り派ですよね。「最高!」と呼べる作品に出会えるといいですね。
これからも随時、ご来訪をお待ちしております。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2009/01/14(水) 18:57 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
女の足しゃぶりて~
というわけで新年の掻き初めを行い
初春のお喜びを書きにきますた
実際にしゃぶったら「おえ~~」
だったんだが足以外で興奮せんw
2009/01/14(水) 21:37 | URL | 名無し #-[ 編集]
おはようございます。
いきなり率直な書き込みで驚きました(笑) 新春のご来訪とコメント、ありがとうございます。
昨年お世話になった足フェチさんですよね。無事、掻き初めを終えられたようで(笑)
本作はミックスボクシングものだったので、足フェチさんにとっては物足りなかったかもしれません。
それにしても「実際にしゃぶったら……」のくだりが大変気になりますね……
2009/01/15(木) 06:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
女王様とM男クンの続きは、いつも楽しみです。
今回も悩んでますねー。その葛藤がとても魅力的です。
2009/02/22(日) 15:52 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
ありがとうございます。
おっしゃる通り、今回も悩んでばかりのM男くんです。どうぞ可愛がってやってください。
二人の信頼関係は思った以上に強力なんですよね。ちょっと悪巧みしてみたりもするのですが。
続きを楽しみにしていただけて光栄です。実は私自身も、彼女たちの今後を楽しみにしていたり(笑)
彼の葛藤に魅力を……。私にとっては、これ以上ない褒め言葉です。ありがとうございます。
2009/02/23(月) 06:22 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
M男の抵抗で女王様の快感が引き出される
ミックスボクシング大好きです。シュチュエーションだけでどきどきしちゃいます。ただ、M男君の抵抗が少ないのが物足りないです。M男君が一発殴ると倍になって殴り返される展開なんかが好きです。抵抗が少ないと女王様も物足りないのでは・・・。
2009/05/29(金) 20:34 | URL | MFファン #-[ 編集]
当然、そういうパターンもあり得ますね。
MFファンさんは、本当にミックスファイトがお好みなんですね。
シチュエーションを気に入っていただけたようで、嬉しく思います。
>抵抗が少ないと女王様も物足りない。
もちろんそういった方もいらっしゃるでしょうし、そうでない方もいらっしゃるでしょうね。
こういった感性は人それぞれですし、女王様とM男の関係性も多様だと思いますので。
この二人の関係からすると、対戦相手とは形だけで、実質的には、彼は人間サンドバッグでしょうね。
抵抗への葛藤が、今回の小説のコンセプトです。そもそも、本気の抵抗など、彼には思いつきもしないでしょうが。
二人の絆や心情は、シリーズを通して読んでいただければ、もっとご理解いただけるかと思います。
2009/05/29(金) 23:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 この女王様こんなに強いんですか、…「僕」が本気で闘っても全くパンチが当たらないなんて…。でも、「僕」が本気を出した段階で、女王様に対する忠誠心は無いのかなと心配しましたが、最後の最後に意識朦朧とするなか、なんとか踏み留まれて本当に良かったですね。それにしても、わざと隙を見せて試すなんて…。 
 僕もミックスファイトは大好物なので、本当に楽しませていただきました。ありがとうございました。
2011/11/10(木) 23:04 | URL | 次郎 #-[ 編集]
よかったです。
本作も楽しんでいただけたようで、嬉しいです。
女王様が強いのか、奴隷クンが弱すぎるのか、やはり無意識のうちに手を抜いてしまっているのか、etc...
あくまで彼視点です。
感じ方同様、読み方もまた、読者様の数だけあっていいと私は思っています。
2011/11/13(日) 16:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
強く魅力的な女王様への服従
私にはこの素敵な作品のような特定の個人的女王様は残念ながら居ませんが、SMクラブなどでM格闘プレイで女王様にいたぶって頂く時の感覚に共通するところがあり、大変共感を覚えました。
強い女性に格闘で負けて支配されたくて参上するので、お相手下さる女王様がどんな方であっても(仮に期待ほどお強くない場合でも)100%私が負けることが前提になりますし、負けるのが望みなのです。実際に女性相手の格闘では100%全敗の対戦成績を誇っております、いや、誇るほどのものでは無くて当たり前ですが(笑)。
しかし、女性の格闘技による攻撃を通じ、女性の強さを感じたいですし、その体感を通じて、たとえ仮に本気の全力で決闘してもこの女性に勝てるわけが無いと確信できれば、この上なく幸せな屈服の時を過ごすことが出来ます。
本当に強い女王様に、女王様圧倒的優位の実力差を見切って頂けた場合には、かなり対戦型に近い形で挑戦させて頂ける場合もあり、私も出来るだけ本気の全力モードで取っ組み合ったり抵抗したりします。本気の全力を出さないと本当に女性に負けたことになりませんから。本当に女性に負かして頂ける貴重な機会を無駄にしたくありませんから。このような貴重な機会には、負けるフリでは意味がありませんから。ですから全力を出し切って抵抗し、笑顔を絶やさない余裕綽々の女王様に逆に手加減されながら弄ばれ、何度も失神させられ、私の全存在も私の生命も女王様に遊び半分で弄ばれ、無力な私はそれを女王様の気まぐれから守る術も無いという、圧倒的な上下関係を叩き込んで頂けるのが最も幸せなひと時となります。でも、そのような場合でも、万一のハプニングを含め、女王様に痛い思いや、まして怪我などをさせることは絶対に無いよう、心の中のブレーキ、「見えない壁」は存在します。
ボクシング等の打撃系では、対戦と言えるほど立ち向かったことは殆どなく、ガードの構えを取り、ときどきスローなパンチを出しながら女王様のサンドバッグになるくらいでしたが、この作品の奴隷クンは実力で自分を失神KOして下さる美しくカッコイイ女王様にお仕えすることが出来て、羨ましいと思います。実力で明らかに圧倒されていれば充分であり、女王様も奴隷クンをボクシングの実力でも圧倒し支配したことにはある種の充実感を覚えることが出来たのではないでしょうか。実力差が大きすぎて、弱すぎる男の手ごたえの無さにため息をつかれたとしても、圧倒的な実力差を確認し上下関係の確かさを確認したこと自体には何等かの充実感があったものと推察致します。また、女王様にため息をつかれてしまうほど、圧倒的な実力差を見せつけられた奴隷クンが羨ましくてなりません。格闘技の力量そのものとは別のところで生じた女王様の隙(わざと試されたのか?本当に油断されたのか?)を突いて女王様を攻撃するべきでは無いし、それをしなくて良かったのだと思います。
M格闘に際してのM男の心理を見事に描き切って下さったryonaz様に心より感謝申し上げます。
男ごときが、男だてらに格闘で、無謀にも女に挑戦しても絶対に勝てるわけが無い無駄なこと。それでも男は女の美しさと強さを兼ね備えた圧倒的優越に憧れ、負けて屈服し、支配して頂くために、女に挑戦し続ける。女がちょっと力の加減をし損ねて、つい男を屠殺してしまったとしても、男は美しく強い女に屠殺して頂けて本望。そんな世界の住人でいたいものだと願っております。
2012/06/08(金) 12:06 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
負けるのではなく、勝っていただくのですよ(笑)
お礼の言葉を頂き、大変嬉しく思いますが、感謝するのは私のほうです。
物語の世界に浸って共感したり、M男クンの心情を推察して彼を羨望したり、etc...
大切にお読みくださっている様子が窺えるようで、勝手に感激しております。
女神崇拝者さんのご体験談も面白いです。よろしければ、ぜひ自由帳のほうも活用なさってみてください。
2012/06/11(月) 22:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
有難いお叱り、幸せです
お優しさ溢れるお叱り、感激の極みです。
主体は全て女王様にあるのですから、女王様に勝っていただくのですよね。快楽追及型エゴマゾ気質の抜けないこの下等生物の私めは、自分がどんなに本気になって立ち向かっても女王様の実力の優越の前に負けてしまう、という自分からの視線でしか世界が見えておりませんでした。
女王様に勝っていただく、女王様の圧倒的な実力的優位を女王様ご自身に見切って頂けた際には、女王様の遊び心で男奴隷からの本気で全力の抵抗や反撃をお許し頂き、男の本気の全力を余裕綽々の笑顔を絶やさぬ女王様に遊び半分で弄んで頂き、圧勝して頂く。蔑み貶め踏みにじって頂く。全て女王様のお力(格闘の実力だけに限らず魅力と支配力を含めたあらゆるお力)によって創造される2人、いや一神と一匹の真実の世界なのでした。
そのような正しい真実の世界に生かされ○される者でありたいと願い続けております。
なお、「○」という字は、丸太の断面、ころ引きの「ころ」の断面を表す形ですので、「ころ」とお読み頂けましたら有難き幸せに存じます。
2012/06/12(火) 21:28 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
なるほど。
「○」の件、承知いたしました。勉強になりました。
なんとなく雰囲気で読んでおりましたが、そんな痛烈な意味が……
女神崇拝者さんの従順な態度には、なんとなく胸を打たれますね(笑)
2012/06/18(月) 19:40 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。