[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 祖父の表情は、情けなさと無念の色を湛えていた。
「そんな物のために……」
 悔しさからか、祖父は擦り切れた声になってなお、言葉を連ねる。
「それなら、最初から――」
「最初から言ったら、くれたの?」
 花音が祖父の言葉を途中で切る。
 穏やかな口調だったが、祖父は、花音の問いには答えなかった。
「コンビニにすらまともに行けないおじいちゃん。でも、これだけは孫に買わせるわけにはいかない」
 花音は独り言のように言葉を続ける。
「だったら、自分で自動販売機で買ってるに決まってるよね」
 そう言葉を紡いだ花音の瞳は、妖しい光を帯びていた。

 花音が、再び祖父の傍らへと戻ってくる。
「次でオシマイにするね。嬉しい?」
 焦燥感からだろうか。祖父はもはや、言葉を発することができる状態ではなくなっていた。花音が膝を高く持ち上げる。床の上で大の字になったまま、祖父はゆっくりと目を閉じた。
 花音は一度大きく息を吸い込むと、全体重を足に乗せ、祖父の睾丸を踏み潰した。
 祖父のズボンの股間部が、じわじわと赤く色付いていった。

 静かになった二体の塊には目もくれず、花音は手に入れたタスポを手の中で躍らせた。
「面倒な世の中になったよねぇ」
 そう言って笑い、花音は家を後にした。


 部屋が静寂に包まれる。
 悠馬には、先ほどまでの騒音が嘘だったかのように感じられた。ただ、エアコンの立て続ける機械的な音と、外から聞こえる雑音だけは、はっきりと聞こえていた。押入れのふすまを開けると同時に、異臭が鼻をつく。
 ――どうすれば……いいの?
 その問いに答えてくれる者はいない。頼りになる兄も、いつも優しい祖父も。
 ――おまわりさん……。ううん、きゅうきゅう車だ! おじいちゃんとお兄ちゃんを助けて!!
 悠馬の小さな手が電話の子機を握る。しかし、肝心の番号が思い出せない。どこを押せば来てくれるのか。どうすれば、助けてもらえるのか。それを試みるには、悠馬はあまりに幼すぎた。
 その時、背後から甘い香りが漂ってきた。優しい女性の声が耳をくすぐる。
 それはとても……とても小さな囁きだった。
 悠馬の手に、別の手が静かに重ねられた。柔らかいが、とても冷たい手。その手が、受話器の赤いボタンを押した。
 ……音が消える。悠馬は竦み上がり、ふり返ることすらできなかった。

「忘れ物があったみたいね――」



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
未成年者の喫煙は良くないな(^ム^)
健康的な生足の発育に悪影響じゃw
悠馬くんへの足責めも書いてほしかったが
しかたないので続きは妄想で
謎作業を
踏みつけが萌えポイントだが
欲を言えば太もも締めも欲しい所だw
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3122.html
足フェチはフェチの中では多数派かもしれんな
胸派よりはマイナーだが、、、
2008/12/14(日) 03:20 | URL | ナニガナニ~ニ #-[ 編集]
たくさんのコメントに感謝しています。
ナニガナニ~ニさん、おはようございます。最後まで作品にお付き合いいただき、ありがとうございました。
未成年者の喫煙反対。同意です。ただ、その根拠が新鮮で面白かったですが。足フェチ全開(笑)
もちろん、子どもやお年寄りへの暴行もまた然りですよ。あくまでこれは架空の物語でございますゆえ。
事実は小説よりも奇なり―― そうでないことを祈る者です。
悠馬くんのその後については、ご想像にお任せいたします。謎作業は妄想でお願いしますね(笑)
ちなみに、URL……。これはさすがに開いた口がふさがりませぬ……
2008/12/14(日) 06:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
この続きを想像しています。
良い作品をありがとうございます。このあと、悠馬がどうなったのか、自分で想像して楽しんでいます。
2009/10/28(水) 12:59 | URL | ひらき #-[ 編集]
嬉しいです。
ひらきさん、こんばんは。お褒めの言葉に、恐縮しています(汗)
こちらこそ、いつも作品をご覧いただきまして、ありがとうございます。
救いようのない、後味の悪い余韻を残すのが大好きな作者です(笑)
事後の想像をしていただけるなんて、とても光栄ですね。すごく嬉しいです。
いつものように、どうお感じになるかは、読者様にお任せなのですが。
楽しんでいただけたようで、何よりです。
2009/10/29(木) 18:20 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。