[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 踵を返すとともに、花音は声を上げて笑った。
 放心し切った祖父の顔が、あまりに滑稽に見えたからだろう。
「なに、その顔?」
 と、花音は嘲る。祖父の顔は涙や涎でベトベトに汚れており、抜け落ちた白髪が諸所に貼り付いていた。そこに表情は全く無い。祖父は、ただうわ言のように、
「どうして……。どう、し……て……」
 と、呟き続けていた。虚ろな瞳だった。まるで生気そのものが抜け落ちたように、ただぼうっと天井だけを見つめている。
 花音は不敵な笑みを零し、祖父の顔の横に立つ。そして、スカートの裾を手で靡かせた。紺色のスカートの奥から白い布地が覗く。しかし、祖父は何の反応も示さない。花音は視線を祖父の股間へと動かすが、やはり反応はなかった。
 花音は口を開かなかった。「ふうっ」と一度、息を吐くと、淡々と祖父の身体を蹴り始める。顔面、首、肩、胸、腹、太腿、足――。花音の蹴りは次第に勢いを増していった。快音と鈍音が入り混じる。祖父は時折、悶声や悲鳴を上げる。身体の至る所が、みるみるうちに赤く腫れ上がっていく。
「生きてたんだね。痛い? 苦しい?」
 そう口にしながらも、花音は攻撃の手を全く緩めなかった。苦痛にもがく祖父の様子を見ながら、活き活きとした表情で蹴り続ける。花音の猛攻を前に、祖父はただ身体を小さく丸めて耐えるばかりだった。身を捩る。這い回る。しかし次第にその動きも鈍っていく。そんな時だった。
「ぎぃやあああっ!」
 一際大きな声が、祖父の口から放たれた。花音が、祖父の折れた左足首を踏み躙り始めたからだった。
 少し息を切らした花音は、
「まだまだ元気じゃん」
 と言い放ち、執拗に足首を甚振り続けた。祖父の絶叫が、絶えず部屋を包み込んでいた。
 ――もうやめて!……やめて! おじいちゃんを助けて! 助けて! 助けて!!
 悠馬は心の中で、必死に叫んでいた。
『良い事をすれば幸せになれる。悪い事をすれば地獄に落ちる。ホトケ様はいつも見ているんだよ』
 祖父から何度も教えられてきたことだった。尤も、悠馬には、神様と仏様との区別すらついてはいなかったのだが。
 ――ホトケ様がきっと助けてくれる。
 そう信じて、彼は心の中で懸命に祈り、叫び、救いを請うた。
 その時だった。
 倒れている祖父と、押入れの隙間から覗く悠馬の目がピタリと合った。祖父は少しだけ、微笑んだように見えた。孫の無事を確認できたことによる安堵からだろうか。それとも、孫を安心させるための行為だったのだろうか。
 音もなくゆっくりと動く祖父の口。
『出るな』
 悠馬はそう言われた気がした。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
現状で生足天国なこの爺さんは
昔よほどの徳を積んでいたのだろうw
生足セレブリティーめが、
孫もこの爺さんを人生の手本として
成長するんだろうなw
2008/12/12(金) 05:50 | URL | ナニガナニ~ニ #-[ 編集]
http://jp.youtube.com/watch?v=yEjRbBRLi1Y
忘れるとこだったお土産^^
2008/12/12(金) 05:59 | URL | ナニガナニ~ニ #-[ 編集]
いつも花音の残酷さに萌えています。

それにしても花音の目的が気になります。目的なしに、この暴虐はないですよね?
そして今後気になるのは……悠馬は助かるのか?はたまた見つかって、彼も犠牲者となるのか?ってとこですね。
2008/12/12(金) 07:47 | URL | 名無し #-[ 編集]
お二人様へ。
>ナニガナニ~ニさん
こんばんは。最近、よくご来訪くださいますね。たくさんの書き込みを、ありがとうございます。
ナニガナニ~ニさん、さては生粋の足フェチM男さんですね。この物語で天国を連想されるとは……びっくりです。
女の足に拘りのある男性って、本当に多いですよね。その視点、考え方。実に新鮮で面白いです。
ちなみに、お土産ありがとうございます。ですが、あまりをお気を遣わずに(汗)

>名無しさん
こんばんは。うちの花音が、いつもお世話になっています。キャラ萌えを頂けて嬉しいです。
私自身が20を超えた人間です。うら若き乙女には、もはや私の常識など通用しないのかもしれません(笑)
花音の考えることは、花音のみぞ知る。……というところでお許しくださいませ。
物語の世界に入り、楽しんでいただけて光栄です。ぜひ、最後までお付き合いください。
2008/12/12(金) 22:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
足フェチのタイプも色んな方がいるようですが、私なんかは「ストッキンング」脚がたまらんです!!

今後は薄いストッキング(網タイプはNG)+ピンヒールが登場する作品を期待したいです。
2008/12/13(土) 18:59 | URL | 名無し #-[ 編集]
書き込み、ありがとうございます。
こんばんは。薄いストッキング限定とは驚きました。恐るべき、足(脚)フェチ細分化……
ピンヒールの人気は高いですよね。凶器を思わせるあのデザインゆえかと、私は勝手に想像してますが。
リクエストは受け付けていませんが、薄いストッキングやピンヒールを身に着けた女の登場話はよく書く類です。
今以上の駄文で恐縮ですが、過去作では何度か執筆していると思います。よろしければ、ぜひ。
2008/12/13(土) 21:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。