[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 覚束ない足取りで、祖父は立ち上がった。
 身体を右へ、左へと揺らめかせながら、射抜くような視線を花音に向けている。
「出て行け……!」
 開口一番、祖父はそう声をふり絞った。その声はごく小さなものだったが、花音に対する明確な敵意をもっていた。威圧感のある声だ。しかし、花音はそれを意に介した様子は微塵も見せない。
「おじいちゃん。足、震えてるし」
 と、嘲笑の混じった声で話題を逸らし、上目遣いに自分の前髪を梳く。
 汚れが気になったためか、花音はソックスを脱ぎ捨てた。右足だけでなく、左足のソックスも同様に。花音の瑞々しく透き通るような素足が顕わになる。
 祖父は怒号した。
 肩に全体重を乗せ、ふらつく足取りで花音へと突進する。しかし次の瞬間には、祖父の怒声は悶声へと変わっていた。花音が瞬時に持ち上げた膝が、祖父の睾丸を見事に突き上げていたからだった。
「ぐぅおおあっ……あっ、あぐうぅ……」
 股の間に膝を喰い込ませたまま、花音は足をしばらく固定していた。祖父は全身を震わせながら、目を大きく見開いている。身体をくの字に曲げた祖父の表情が、みるみるうちに青ざめていく。
 そんな祖父の姿を見下ろしながら、花音は、
「遅っ!」
 と、鼻で笑う。
 祖父は股間を両手で押さえながら、その場に倒れ込んだ。身体を小さく丸め、苦悶する。
「……ソレ、年寄りでも痛いんだね。もう役に立たないくせに」
 花音はそう吐き捨てるように言うと、祖父の臀部の方向から睾丸に追撃を加えた。
「ぎぃやあああっ!」
 絶叫し、祖父がうつ伏せに倒れる。間髪入れず、花音は祖父の腹を何度も蹴り上げる。
 花音は、やがて仰向けになった祖父の左足首に自分の足を乗せ、意味深な笑みを浮かべた。身の危険を感じたためか、祖父の喉からは「ひっ」という声が漏れる。
 花音の瞳が閃く。彼女はすっと膝を持ち上げ、踵を祖父の足首に叩きつけた。

 居間はもはや、叫喚地獄と化していた。
 祖父の左足首は、不自然な方向に折れ曲がっていた。
 狭い闇の中。祖父の悲鳴を聞いた悠馬は、恐怖心から失神しそうになる。呼吸を荒げながらも、喉から漏れる音を必死で押し殺す。全身の震えが止まらない。二人が助かってほしいという気持ちだけが膨らんでいった。
 祖父は足首を抱え、床の上をのた打ち回った。
 花音は一度髪をかき上げると、祖父の行動をじっと観察し始めた。踊り狂う祖父の胸を右足でぐいと踏み付け、床に磔にする。祖父の動きが止まる。悶絶しながらも、掠れた声で、
「頼むから、出て行ってくれ……」
 と、祖父は弱々しく言い放った。痛みのためか、それとも悔しさか、悲しさか、無力さゆえか――
 祖父の目からは、涙が止め処なく零れ続けていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
ryonazさんはじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。
私はもちろんM男なのですが、M男といっても好みは様々だと思います。ryonazさんの作品はバリエーションが豊富なので、どんなM男でも好みの作品は必ず見つかると思います。
私も今回のような「大人のS女性×ショタ」(長身女性×小柄な男性)の組み合わせは大好きです。
私は鞭も好きなので、少年の鞭打ちシーンなんか、もっと読みたいですね。とは言いながら、ここはryonazさんの妄想を思うがままに書き綴る場所でしたね。失礼しました。
色々書かせていただきましたが、連載というのは大変だと思います。これからも頑張ってください。応援します。
2008/12/06(土) 17:20 | URL | わがままM男 #-[ 編集]
いや~すばらしい^^
ソックスも素晴らしいが生足攻撃も
悠馬くんにもたっぷりと
しゃぶらせてあげてくださいw
2008/12/06(土) 18:16 | URL | 名無し #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
>わがままM男さん
初めまして。いつもご覧くださっているんですね。ありがとうございます。
身に余るお褒めの言葉・励まし・労い・応援、本当に感激です。お陰様で張り合いができました。
組み合わせや責め方の拘りは多種多様で面白いですね。わがままM男さんは鞭、大♀×小♂ですか。なるほど。
ちなみに私は基本的には雑食なので、何が飛び出すか自分でもわからないところがありますが(笑)
今後も楽しんでいただけたら幸いです。本作も、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。
2008/12/06(土) 23:17 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
どうもです。
>名無しさん
こんばんは。コメント、ありがとうございます。お褒めいただき、大変光栄です。
ソックスも素足もイケる口なんですね。お好みに合ったのであれば幸いです。
一口に足フェチと言っても、その嗜好もまた、すごく細分化していますよね。
「足」好きや「脚」好き。様相(細・太)や色(白め・黒め)。パンスト足(脚)命という方もおられますし。
まだ連載は続きます。今後の展開も楽しんでいただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。
2008/12/06(土) 23:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。