[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 僕は空を見上げた。
 沈んだばかりの太陽は、あっという間に地上から光を奪っていく。
 刻一刻と暗くなる大学構内は、人もほとんど残っていない。たまに、サークルボックスの方から出ていく学生がいるだけだ。
 正門を抜けると、すぐそこに第一校舎がある。帰宅する学生に逆行するように、僕たちは校舎の渡り廊下を歩いていた。
 一人の男と、三人の女が談笑している。そんな風に、周りの目には映っているのだろう。
 中には、この三対一のハーレムに嫉妬する不謹慎な輩がいても無理はない。
 何しろ事情を知っているのは、僕たちだけなのだから……
 必死で笑顔をつくりながら、僕は校舎内中央に位置する事務室に助けを求めたい気持ちでいっぱいだった。
 僕がこれから殺されるかもしれないという恐怖の中にいるなど、その時誰が想像できただろう……

 第一校舎を抜け、第三校舎を通るとその奥にある第十四校舎。
 薄暗く、現在ではほとんど使われていないその校舎に、彼女らは僕を連れ込もうとしていた。
 明日香が校舎を指差し、興味深げに声を高める。
「ほら、あそこだよ」
「うわー、本当に気味悪いね」
 智子は明日香の言葉に共感するように相槌を打った。
 彼女たちが指差した先にあったのは、古びた科学研究室だった。新しい研究室ができたために、現在では全く使われることのなくなった部屋だ。
 本来なら、こんなに美味しいシチュエーションはないだろう。
 薄暗く、誰もいない校舎の一室に、この大学の中でも特にかわいいと評判の三人組と一緒にいるのだから。
 しかしそれは、僕にとっては恐怖心をいっそう煽ること以外の効果はない。当然、彼女らにもそれは十分過ぎるほど分かっていたことだろう。
 きっとこれから僕は、彼女らの手によって、地獄の苦しみを受けることになるのだ……

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する