[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主従である二人の関係を描いています。
余計な言葉はいらない。
殺伐とした中での慈しみと愛情。二人だけの世界……

個人的に思い入れのある短編です。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
実にヌクモリティ溢れる作品ですね!
内容とは裏腹な感想ですが(^^;
SM的主従とはこうあるべきだ!というものを見事簡潔に表現されてますよね^^
物語のような女王様は個人的に僕は大好きです。
2008/02/02(土) 23:35 | URL | Rin #x46YPKp.[ 編集]
ありがとうございます。
Rinさん、ご無沙汰しています。
いつも一つ一つの作品に対するご感想をいただき、大変嬉しく思っています。
このシリーズでは、女王様とM男の主従関係をテーマにしています。
お褒めの言葉が身に染みます。ありがとうございます。
二人の絆を心情描写も踏まえて演出できたらと、いつも考えて執筆しています。
気に入っていただけて、本当に有難いです。
2008/02/04(月) 00:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
実際に行うとなると、相当大変なんでしょうが、読みながら恍惚とした気分になりました
昔、真冬のベランダに全裸で放置され、部屋に入って水風呂で水シャワーを浴びせて下さった方を思い出しました
愛が深まる行為でした
2010/11/20(土) 13:49 | URL | ぱらさ #-[ 編集]
感じていただけて何よりです。
ぱらささん、こんにちは。またご来訪いただけて、とても嬉しいです。
素敵な体験をおもちですね。
私も、ぱらささんのお話を聞いて癒されました。
従順な姿を想像すると、自然と笑みが零れてしまう変な人間なので(笑)
お声を頂けることが、とても大きな励みになります。ありがとうございます。
またのご来訪、心よりお待ちしています。
2010/11/21(日) 09:56 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 女王様に対する心からの感謝と敬慕、奴隷に対する深い愛情と厳しい躾。こんな主従関係って素敵ですね。なんだかポカポカした気持ちになりました。僕はやっぱり、こんな作品の方が好きなんだなと、改めて感じました。鬼畜ワールドに魅了され過ぎて、すっかり忘れていました(笑)。吹雪の雪山での鞭は、とても痛そうですね。
2011/11/02(水) 22:53 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
確かに……
ブラオニと言えば鬼畜――、みたいな感覚はありますね(笑)
思い当たる節はたくさんあるので言い訳はいたしませんが、こんな物語も執筆しています。
こちらは、個人的に思い入れのある短編です。
舞台は寒く、心は温かく。
次郎さんのお気に入り作品になれたのであれば幸いです。
まだまだ未熟者ですが、いろいろな世界を描きたいと思っています。今後も応援、よろしくお願いします。
2011/11/02(水) 23:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 雪山の奥で 「脱ぎなさい」 と言う女王様の言葉に少し恐怖を感じました。ですが、2人の関係が羨ましいと思う気持ちもあります。変な事を言って申し訳ございません。僕もゆきな梨央様と、このような関係になりたい。と思ってしまいました。本当にすみません。
2011/11/12(土) 15:26 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
素直な方ですね(笑)
ご感想は有難く頂戴いたします。謝っていただく必要もありません。
ただ、「一執筆者としての立場でのみお言葉を享受する」ということでご容赦くださいね。
二人が紡いでいく関係は、私自身もまた、素敵だなぁ――、と思っております。
時々、破壊してみたくもなるのですが(笑)、どうやらそこには強固な絆があるようで。
今ではすっかり諦めて、見守っている感じでしょうか。
命令、怖かったですか? ありがとうございます。大変光栄です。
2011/11/13(日) 18:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
「余計な言葉はいらない」

正に主従関係を端的に

表現しておりますね。

作者の一面を感じることができる

短編だと思いました。

こんな「僕」に憧れてしまいます。
2012/02/26(日) 14:04 | URL | 昼の梟 #LkZag.iM[ 編集]
ありがとうございます。
主従関係は、私にとって大きなテーマです。探究の種は尽きませんね。
「作品は作者を映す鏡」
――でしたでしょうか。そんな言葉を、どこかで聞いたような気がします。
確かに、発想にないものは表現できませんからね。
ただ、それを認めてしまうと、ぶらおに管理人は即刻、危険人物に……(汗)
本作も楽しんでいただけたのなら幸いです。
2012/02/28(火) 23:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
>「いい子になれるよう、ちゃんと躾けてあげるからね」

 僕もこんなに素敵な女王様に、と申しますか、出来れば大好きな梨央様に僕の女王様になっていただいて(^_^;)、こんな素敵な御言葉をお恵み戴いて、こんなふうに鞭でいい子にしつけていただけたらどんなに幸せだろうって、畏れ多い夢を見させていただきながら、今日も楽しませていただいてしまいました(^_^;)。梨央様、こんなにも素晴らしいご作品を、こんなにも素敵な女王様を、お優しくもお産みになってくださいまして、素敵な夢を見させてくださいまして、本当にありがとうございます<(_ _)>。
2015/07/26(日) 16:25 | URL | 次郎 #-[ 編集]
嬉しいです。
いつもコメント、ありがとうございます。
物語の主役に肩を並べるだけの魅力を作者に感じてくださっているとは(汗)
この上ない褒め言葉、大変恐縮です。
今後も作品を通じ、素敵な夢を見ていただけたら幸せです。
2015/07/26(日) 23:26 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。