[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鈍い音が地下室を覆った。
「ぎぃやあああぁっ!……うぁ、……がああああぁ!」
 間もなく、男の断末魔の声が部屋全体に響き渡る。その勢いで男が瀉血する。
 女性の足はまっすぐに、男の折れた左腕へと伸びていた。同時に、男の背後にあるシェルターの壁が軋み、音を立てる。
 男の左腕は、女性が放った蹴り足とシェルターの壁に挟まれ、完全に押し潰されていた。
「はあっ……かっ……」
 男は声にならない声を必死で絞り出そうとしているようだった。折れた部位を追撃されたことによる苦痛は、男にとって想像を絶するものだったに違いない。擦れた息音だけが空しく喉から吐き出される。
 顔面を床へ押し付けるようにして、男は崩れ落ちた。男の顔周りの床には、じわじわと血溜まりができていった。
 間髪入れずに、女性は足で男の身体を押すように蹴って仰向けにさせる。
 男の顔は腫れ上がり、諸所が切れていた。口鼻からは血が流れ、既に原形を留めていないと言ってよいほど歪んでいる。加えて、先ほどの折れた左腕への追撃がよほど堪えたのだろう。男の開ききらない目は涙で覆われていた。
 しかし女性は、攻撃の手を止めるどころか、緩めるつもりもないらしい。彼女の瞳の煌々とした輝きが、その意思を明確に示していた。
 女性は、男と目線がしっかりと合う位置へと身体を動かす。頭の向きが二人同じになる。男の顔を見下ろしながら、女性は男の身体を跨いだ。突如、男が身体をビクッと反応させる。とっさに左腕を庇おうと男が動かした右手の掌を、女性は左足のピンヒールで突き刺し、押さえ込んだ。
「うあぁっ!」
 と、男が悲痛な声を上げる。右掌から血が滲む。
 女性は「ふふっ」と声を出して笑うと、既に力の入っていない男の左腕の方をじっと覗き込む。男は女性の行為を予測してか、全身を大きく震わせ、
「や、やめ……やめ……」
 と、断片的な言葉を放つ。大量の脂汗が男を包む。しかし女性は、男の心境を全く意に介していないようだった。嬉々とした表情を顔全体に浮かべ、再び、折れた左腕を執拗に足で責める。
「うあっ……っがあああああっ!……ぐっ、ああああっ!」
 男の声はすっかりしわがれてしまっていた。
 女性は、男の表情とその左腕を交互に見ながら、その足で左腕だけを徹底的に痛めつけた。女性は恍惚の表情を浮かべており、継続的に流れる笑い声は嬌声にも似ていた。
 ピンヒールブーツの爪先で、裏で、踵で――踏み付け、踏み躙り、突き刺し、抉り、嬲り、弄び――
 男の絶叫が鳴り止むことはなかった。
 彼の左腕は全体的に肥大し、赤みと青みの混じった奇妙な色へと変わっていく。さらに歪みを大きくしていく腕が、骨折部の増加を物語っている。諸所から鮮血が溢れ、その数も時間とともに増えていく。例えるなら、ゾンビの腕のよう、であろうか。今や男の腕はおぞましい物体へとその姿を変えていた。
 苦痛に加えて、狂気を湛えた女性の瞳、そして刻々と姿を変えていく自分の腕の恐ろしさもあろうか。
 男の悲鳴は恐怖を極めたように、限りなく本能に近い声色となって、この密室に反響し続けた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。