[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 男は女性との間合いをはかるように、覚束ない足取りで後退する。その視線は絶えず、女性の左耳に注がれていた。距離を取り、じわじわと弧を描くように女性の周りを移動する。
 対する女性は、特に身構えることもなければ、緊張感をもっている様子もない。目線と顔の向きだけで男を捉えながら、ただじっとその場に立っていた。
「っ、だああっ!」
 と、威勢のよい声を絞り出し、男が突進する。
 もともと狭い地下室だ。足がふらついているとはいえ、ものの数歩で距離は縮まる。しかし女性は動じない。男が体当たりの姿勢を取ってから、女性はようやくわずかな動きを見せる。
「ぐあはああぁっ!」
 絶叫が響き渡る。その声の主は男だった。
 女性は突進する男の背中をポンと軽く叩いて逸らし、勢い余って通り過ぎたところを狙ったのだ。女性が振り上げたブーツの爪先は、正確に男の股間を捉えていた。睾丸を突き上げられた男は、その足の動きを止める。ビクビクと身体を小刻みに震わせる。両手で恥部を押さえながら、男はあっけなく、その場に前のめりに蹲った。
「あ……があぁ……」
 呻き声を漏らし、男は悶絶し続ける。床に突っ伏し、身体を右へ左へと揺さぶる。
 女性はそんな男の姿を一瞥すると、
「痛い? やりすぎちゃった?」
 と、悪戯っぽい笑いを零す。男には、それに答える余裕など、到底なさそうだった。
 男は跪くような体勢のまま、苦悶を続ける。女性は背後から再び、一発、二発と追い討ちをかける。爪先が男の睾丸に突き刺さる。彼女の表情には、サディスティックな冷笑が浮かんでいた。
「ふぐ……ぅあ!……ぐうっ!」
 と、悶声を響かせ、男はその身体を床に埋めた。泡の塊をいくつも吐き出しながら、床の上をのた打ち回る。しかし女性は、男の動きすらも自由にさせない。すぐさまその腹を踏み付けて、男の身体を床に固定する。ピンヒールの先が臍の下辺りを貫き、男は再度、悲鳴を上げた。
 侮蔑のこもった瞳で男を見下ろしながら、
「所詮は男ね。脆くて、弱い」
 と、女性がくすっと笑う。腹を爪先で押し潰すようにしながら、喰い込んだ細いピンヒールの先をグリグリと男の皮膚の中へと押し込んでいく。男は目を見開きながら、大口を開けていた。声が出ないほどの痛みを感じているのは明らかだった。男の表情が、それを如実に物語っている。
「おまけに、醜い……」
 女性は加えて、さらにそう侮辱する。その表情は、哀れみの感情すら垣間見せるものだった。
 悲痛に呻く男の下腹部からピンヒールの先端を抜くと同時に、女性はさらに男の腹を何度も踏み付けた。足の裏が、その衝撃を男の内部に伝える。尖ったピンヒールの先が、男の身体にいくつもの穴を開ける。
 みるみるうちに男の胴体は赤みを帯び、諸所にできた皮膚の穴からは血液が滴り落ちた。男は苦痛に満ちた表情を浮かべ、呻き声を上げ続ける。
 女性は「まだ死んじゃダメだよ」と軽い口調で囁き、男の顔面を蹴り飛ばした。
 宙に舞った男の身体が、ドサリと空しい音を立てて床に落ちた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。今日出張から帰ってきて読ませていただきましたが、すばらしい展開ですね。特にこの残酷な処刑風景を女性達が観覧しているのが、最高です。120パーセント助かる見込みのない男が必死で助かろうとする姿は、女性達から見るとお笑い番組の数億倍面白いことでしょう。酒を飲み煙草、葉巻を吸う女性達を想像します。男がどのような最期をとげるのか期待します。
2008/10/08(水) 22:36 | URL | でぶ #-[ 編集]
お世話になっています。
でぶさん、こんばんは。毎度、作品をご覧いただき、ありがとうございます。
出張、おつかれさまでした。お忙しい中でしょうに……ご来訪、ご感想を頂けて、本当に嬉しいです。
展開に関するお褒めの言葉、大変恐縮です。俄然、やる気が湧いてきますね。
今後、この男をどのような運命が待ち受けているのか。そこにあるのは希望か、はたまた絶望か。
それは神と私のみぞ知るところです(笑) 最後まで、楽しんでお付き合いいただけたら幸いです。
2008/10/09(木) 00:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。