[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一筋の汗が男の頬を伝い、床へと滴り落ちた。
 女性の顔を見ながら、男は全身を震わせている。女性は、あからさまに怯える男の様子が面白いのか、その瞳を覗き込みながら、楽しげに微笑んでいた。
 男は表情を引き締め、床に伏せていたその身をようやく起こした。顔を歪めながら、壁を背にして座り込む。そして、悄然とした口調で女性に話しかけた。
「それで、俺はどうすれば……?」
 男のその言葉と同時に女性はすっと立ち上がった。左耳に付けたイヤリングを指先で得意げに弾いてみせる。男は真剣な眼差しでそれを凝視する。
 女性は口の端を持ち上げ、
「私からこれを奪えたら、助けてあげる」
 と、軽い口調で言った。鍵を取り出し、男の両手を拘束していた手錠を外す。解放感からか、男はその胸を大きく膨らませ、勢いよく息を吐き出した。顔色がわずかに赤みを取り戻す。
 男は低い声で、内容を確認するようにゆっくりと言葉を並べた。
「本当に……それを取ったら、助けていただけるんですね?」
「……ここでは、私が全て。わかる?」
 そう言って女性は、妖しく瞳を揺らめかせる。
 刹那、男はキッと女性を見据えた。それは腹を空かせた獣のような眼つきだった。



 人工光が静かに閃いている。
 対峙した両者から生み出された影は、その様相の違いを明確に映し出していた。
 一方の影は、左右に大きく揺れ動き、今にも崩れてしまいそうな脆さを床に描いている。対するもう一方の影は、まるで静止してでもいるかのように、全くと言っていいほど動きを見せない。
 対照的とも言える二つの影が、ほの暗い地下室を飾っていた。皮肉にもその影が、両者の力関係を顕著に物語っているようだった。
「まだやる?」
 静寂を打ち破ったのは、したたかで冷たい、高い声。
「も、もちろん……です……」
 と、その問いかけに答える、あまりにもか細い、低い声。
 人工光はその二人の実体をも、容赦なく照らしていた。
 そこに映し出されているのは、対峙するにはあまりにも不釣合いな両者の姿だった。
 一人は女性。
 小首を傾げながら、冷然とした視線を相手へと向けている。その表情は涼しげで、余裕そのものといった風だ。息切れひとつすることなく、わずかに微笑んですらいる。
 もう一人は男。
 痛ましい傷や痣が、顔から足の先までを、くまなく彩っていた。肩を大きく上下させ、膝が微震を続けている。立っているのもやっと、といった状態なのだろう。喉から漏れる擦れた声と荒い呼吸音が、継続的に鳴り響いていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。