[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 物事がはっきり見えるようになった。それは良い事なのか、悪い事なのか。
 気分がいいと感じた。パッと目の前が明るくなった気がした。夫が側にいることに気付けた。季節による自然の移り変わりがわかった。感情を動かすことの悦びを実感できた。
 周りはそれを「心の健康」と呼んだ。
 でも、時が経ち、それすらも偶像だとわかった。
 空はもはや真っ黒だ。緑なんてどこにもない。季節なんてない。感動は心を乱されるのと同じことだ。家事は私を追い詰めるもの。何より、そのきっかけとなった夫の存在が嫌で嫌で仕方がない。
 残ったのは、何? 今の私には、ただ煩わしい、嫌な現実しか見えない。

 世界は決して変わったわけではないのだろう。
 私の精神や心持ちは変わったと思う。悪い方へ、悪い方へ……
 でも、それ自体、何の意味ももたないのだ。
 そこに気付くのが遅すぎた。

 全てはどうでもいいこと。
 私が何を考えようと、何をしようと、何も変わることはない。
 もちろん、私が生きていようが死んでいようが、世の中には何の支障もない。
 私の夫もまた然り。
 彼が生きていようが死んでいようが、世の中には何の支障もない。
 そう。もちろんあそこにいる子どもも、その親も、若者も、老人も……そしてあなたもね。
 あなたが生きていようが死んでいようが、世の中には何の支障もない。
 例え今ここで、目の前にいるこの醜悪な物体に、私がナイフを突きつけようとも……

 それはどうでもいいこと。
 全てはどうでもいいこと。
 試しに、いつの間にか手にしていたこの光るモノを、振り下ろしてみることにする。
 ……何かが私に降り注いでる。何かはわからないし、別にそれに興味もない。
 見ているけど、見えない。感じているけど、感じていない。
 所詮はそんなもの。そんなもの。


 きっと わらわれるとおもいます
 でも それが わたしのりかいしていることのすべてです
 わたしが そのとき なにをもち なにをかんがえて だれを どうした
 そんなむずかしいことはわかりません まったくわかりません
 ひとつだけわかるのは なにごとも ただすぎていくということだけです



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
本当に、ryonazさんの心理描写は繊細で、凄いです。
少しずつ少しずつ、精神のボタンを掛け違えていっている様子が……
鬼気迫るものすら感じました。
2009/04/23(木) 23:24 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
繊細な人間なので(笑)
身に余るお褒めの言葉を頂き、恐縮です。上手い下手はともかく、人間心理を描写するのは好きですね。
人間の心は壊れやすいもの。そんなテーマで執筆したいと考え、キーを叩きました。
決して「凄い」と言っていただけるほどの代物ではありませんが、とても嬉しく思いました。
徐々に変化していく彼女の心情を感じていただけて光栄です。
2009/04/25(土) 03:24 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
凄い心理描写、心が壊れる過程の!
ryonaz様、いつも素晴らしい作品を読ませて頂きまして、有難う御座います。

この作品は、心理描写が物凄く真に迫っていて、非常に強く惹き込まれながら同時に読んでいて辛いとさえ感じる程でした。辛いのに読み進めないではいられない、そんな心乱れる体験を、致しました。もう、ryonaz様のイジワルっ!(笑)

私は、精神医学や心理学には全くの素人で知識も無く、ただ、人の心と言うものには興味が有り、一般向けのその手の書籍を多少読みかじった事がある程度ですので、まともな判断や評価など出来る訳も有りませんが、率直な感想として、非常に説得力が強い作品だと感じ、実際にこの様にして心が壊れていく人達もいるのだろうなとも感じました。
結末でこそ、女性による男の殺戮と言う、このサイトの作品らしさが有るとはいえ、読ませて頂いていて、M男の私の分際で、このヒロインが(女性様が!)本当にひたすら可哀想で、哀れにさえ感じられてしまうと言う、このサイトで異色の作品だと思いました。

心に残る作品を有難う御座います。
2012/11/23(金) 21:15 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
はい、イジワルです(笑)
女神崇拝者さんの心を乱すことができて嬉しいです。
「可哀想な」彼女に必要なものは何なのか、と問えば、いろいろな意見が出そうでワクワクしますね。
>非常に強く惹き込まれながら同時に読んでいて辛いとさえ感じる程
そうですか。身震いするほどの素敵な賛辞をありがとうございます。
辛かったのに、義務でもないのに、最後までご覧くださったんですね。どうしてでしょうね……?(笑)
2012/12/29(土) 16:21 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。