[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日も夫は暗い。
 帰宅しても「ただいま」の一言もない。無雑作に鞄を開き、書類を取り出し、仕事を始める。
「お風呂、沸いてるよ」
「……あぁ」
「それとも、ご飯食べてからにする?」
「…………」
 口数が少ない。
 お風呂に入ったほうが気持ちいいのに。夕飯を食べたほうが幸福なのに。
 夫は自ら、辛い立場に身を置こうとする。
 そう言えば夫は、以前は専業主夫をやっていたような気がする。いつの間に仕事を始めたのだろう? どうして出かけるようになったのだろう?
 一緒に家にいてくれればいいのに。一緒にいた方がきっと楽しいのに。
 そんなことを考えていると、何となく夜空が綺麗に思えなくなってくるのが不思議だった。

 今日も病院。診察を受け、薬をもらい、一ヶ月後の予約をする。
 空を見上げる。今日の空はいつもより少しだけくすんでいる。
 前と同じ、雲ひとつない空に違いないのに。
 帰宅した夫は今日も暗い。またスーツを脱ぐなりデスクに直行だ。
 私はまた自然の素晴らしさを教えようとした。でも、今日の空はちょっとくすんでいた。
 だから私は黙っていた。

 空はこれまでで一番ドス黒く見えた。相変わらずの快晴が続いているはずなのに……
 何となく嫌な気分になる。何となく外に出たくなくなる。
 夫が帰宅する。夫は昨日よりもさらに表情が消えている。
 気分が悪い。さっさと寝てしまおう。

 今日も病院。診察を受け、薬をもらい、一ヶ月後の予約をする。
 あんなに美しかったはずの空がこんなにも汚いなんて……
 やはり気分が悪い。早く帰って、久しぶりに家事でもしよう。
 帰宅した夫は片付いた部屋と磨かれたキッチンを見ると、少しだけ表情を取り戻した。
 昨日よりは遥かに顔色がいい。
 でも、やっぱり彼はデスクに釘付け。だから私は眠った。

 昨日の夫の表情が忘れられない。
 私が家事をすることで、彼が変わったのだろうか? それはわからない。
 でも、せっかくだから今日は洗濯をしてみた。
 いつの間にか空に興味はなくなった。だって、こんなに灰色なんだもの。
 帰宅した夫は、昨日と同じ程度には顔色がよかった気がする。デスク好きは相変わらずだけど。
 でもやっぱり、私の家事が彼の何かを変えているようだ。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。