[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 目の前にいるあなたの姿が、ぼんやりと霞んで見えることがある。
「あなたはどこにいるの?」
 馬鹿げた質問だとわかっている。でも、つい思ってしまう。口に出してしまう。
 そんな時、あなたは決まって、
「ここにいるだろ。お前の目の前に」
 って、朗らかな笑みをくれる。苦笑しながら、私をその胸に包み込んで。
 温かい。
 そのぬくもりが、私をどれだけ安心させてくれたか。
 その優しさが、私をどれだけ支えてくれたか。
「ありがとう」
 あなたに聞こえないように、私はいつもそう呟く。マスカラが落ちて崩れた泣き顔を見られたくなくて、私はいつもあなたの胸に顔を埋める。
 こんなに大きな幸せを与えてくれる。かけがえのない存在。だから――
 もっともっとあなたを理解したいと思う。あなたを知りたいと思う。あなたの存在そのものを見つけたいと思う。人間としてあるべき姿でいるその身体の中に、あなた自身を探したいと思う。
 だから、結局また同じ言葉を繰り返す。
「あなたはどこにいるの?」
 ……もちろんあなたの返答は変わらない。
 愛情、思いやり、心遣い、気配り。私はその全てを確かに感じてる。
 それは山のように高くて、海のように深くて、大気のように包容力があって……
 そこにある素敵な輝きの数々を否定することなんてできない。でも、形をもたないものを信じるのはすごく難しい。移りゆく時の中で、変わってしまうものもあるかもしれない。私にとっては、どれも失いたくない大切な宝物。
 ――このまま時間が止まってしまえばいいのに。
 そう思ってしまったことが、私の最大の罪だったのかもしれない。
 あなた自身が見たい。……ただそれだけだった。
 あなたを裂いた。夢中で中身を取り出そうとした。『あなた自身』に直接触れたかった。でも、中から出てきたのは柔らかい肉の塊だけ。残ったのは、動かなくなったあなたと、真っ赤に染まった私だけ。
 その時から、あなたの時間は止まった。でも、私の時間は今も流れ続けてる。それによって得られたものなんて、何ひとつなかった。その代わりに、失ったものは数え切れない。
 あなた自身を求めて、あなた自身を失ってしまった。
 私は結局、何を求めていたんだろう。
 ……馬鹿。
 どれだけ自責の念に駆られたって、あなたはもう戻ってこない。
 あの朗らかな笑みも、温かい胸も、もうどこにもない。でも、今でも時々口にしてしまう。

「あなたはどこにいるの?」

 その問いかけに答えてくれる人は、今はもうどこにもいない。



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
短いけど、切ないですね。
SS欄にあるのが勿体ないくらい、素敵なテーマだと思います。
2009/04/23(木) 23:22 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
ありがとうございます。
素敵なお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく思います。
SRさんの感性豊かなコメントには、いつも助けられています。
正直、私自身が「小説」と「――SS、他」の位置付けに悩んでいたりします。
情けない話ですが、私の中での基準が実に曖昧なもので……
結局何が違うの? と、いつも自問しています(汗)
2009/04/25(土) 02:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 こういう作品を拝読していると、なんとなく、実体験なんじゃないかなと思ってしまって、梨央様のことがとても怖くなってしまいます。でも、そんな筈はなくて、あくまで頭の中で考えられた作品なんだなと思うと、才能と言うか、作家としての偉大さが身に染みて感じられて…、大好きな梨央様が、ますます遠い遠い、高い高いところへ行ってしまわれるようで…、なんだか、とても寂しいです…。
2011/11/16(水) 18:38 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
光栄です。
掲載している物語は、全てフィクションです。
きっと、まるで体験したかのように想像する私の癖が原因なのでしょうね。
ですので、私のことを怖がる必要はないのです。どうぞ、ご安心ください(笑)
才能や偉大さと言われると素直に嬉しいですが、もちろん、そんな大層なものではありません。
遠くも高くもないこの場所に、私はいつでもいますから。
2011/11/19(土) 14:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。