[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
「今」という時間が人生で一番若い時

どこかで 誰かが そう言った

そんなこと 誰もが思ってる でも 誰も考えてない

そんなこと 誰もが知ってる でも 誰も意識してない

そして 行動しない

なぜ?

多分 生きることに必死だから

多分 立ち止まる余裕なんて無いから

多分 はじめの一歩には 勇気が必要だから

だから 楽しみや快楽も ある時 突然向こうから訪れる そんな風に 何となく思ってる

「いつか」って言葉が夢に過ぎないなんて 誰もが認めたくないはずだから

私に責められたいの? それは嬉しいな いいよ 「いつか」ね

私みたいな異常性癖の人? 出遭う機会があるかもしれないよ 「いつか」ね

ほら今も 今が過ぎていってる そしてまた 今が流れていく

その中で きちんと老いていくだけの自分に 気付かないふりをしてる

「いつか」を頼りにしてね でも それでいいのかもしれないね

リスクを伴う大きな幸福より リスクの無い小さな幸福

聡明なあなたの選択を 誰も責めたりしないから



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
>「今」という時間が人生で一番若い時

これ、重いですねぇ……
名言だと思います。
でも自分は、「いつか」なんて言ってるヘタレですw
2009/04/23(木) 23:21 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
同じく、私もヘタレです(笑)
一体、どこのどなたが言い出したのやら……。これは、本当に重い名言ですよね。
私が同時に思い出す言葉は、『生きる』(谷川俊太郎氏)の「いまいまがすぎてゆくこと」でしょうか。
いつともなく私の心に出没し、悩ませてくるんです。厄介な言葉を聞いてしまったものだと(笑)
ちなみに、これを執筆したのは昨年の七月ですね。この時からまた半年以上……(汗)
2009/04/25(土) 01:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 この作品を初めて拝読したのは、ちょうど、僕が、リスクなんか一つも伴わない身に余るほどの幸福を目前にしながら、何故か怖くなってしまって、しっぽを巻いて逃げ出してしまった直後で……、あまりにも臆病過ぎた自分自身を悔やみ責めてばかりいた頃でした。だから、僕の馬鹿げた選択を、まるで責められてるみたいに感じてしまって、切ない気持ちでいっぱいになってしまって、涙が溢れてしまって……。でも、この作品に巡り合わせて戴けたお陰様で、決して訪れることのない「いつか」を夢見て年老いて行くだけの虚しい毎日から抜け出すための、はじめの一歩を踏み出す勇気の大切さを教えて戴けたような気がしてます。梨央様、素敵な作品を書いてくださいまして、大切なことを教えてくださいまして、本当にありがとうございました。  
2012/08/18(土) 18:54 | URL | 次郎 #-[ 編集]
ありがとうございます。
打ち拉がれましたか? 可哀想に(笑) 次郎さんの感受性の強さには、いつも支えられています。
「今やらなければ永遠にできないことがある」(台湾映画「練習曲」より)
いつでも、私自身を悩ませる名言ですね。
>はじめの一歩を踏み出す勇気の大切さを教えて戴けたような気がしてます
光栄です。何かを感じてくださったのであれば本望です。
2012/08/25(土) 18:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ゆきな様、いつもありがとうございます。いろいろ難しいです。僕は小心者でリスクをおそれてしまい、頭の中で考えるだけで、なかなか行動に移す事ができないので、なおしたいです。ゆきな様、これからも宜しくお願い致します。
2015/04/02(木) 14:55 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
難しいですよね。
ひらきさんは、実行したいんですね。
それもまた、ひとつの選択。
私は、この問いかけに対する「良し悪し」の判断もまた、読者様の価値観に依拠するものだと思っております。
本作がひらきさんにとって価値ある作品になれたのなら幸いです。
2015/07/20(月) 17:57 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する