[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 相変わらず、みっともない格好ね。
 裸になって、仰向けに横たわって。無様な姿を晒して……
 つくづく気持ち悪い子。よく恥ずかしくないね。
 何この弛んだお腹は? 何この薄汚れたお尻は? 何この腐ったような臭いは?
 あなたの存在の全てが醜いの。わかるでしょ?
 
 こんなこと言われて、あなたはまた下品なところを膨らませてるのね。
 その手をどうしたいの?
 まさか私の前で下半身を触るなんていう馬鹿な真似はしないよね。
 あら? どうして泣くの?
 そう。いいのよ、私は別に。欲望に忠実になりなさいよ。
 その時は、私があなたをここから解放してあげるから。
 そしたら、もう二度とあなたが私を見ることはなくなるでしょうけど。
 
 ……ふふっ。目から鼻から口から、どんどん汚い液が垂れてきてるじゃない。
 そんなに嫌なの? そんなに怖いの?
 それなら、その手はどうすればいいかわかるよね?
 
 私の前で跪けることに感謝するのね。
 絶対に手の届かないその場所が、あなたにはお似合い。
 いつまでも私を眺めてればいいの。
 それ以上を望むような悪い子は要らないから。よく覚えておきなさいね。
 
 私の目に触れさせてる自分の存在を恥ずかしいと思いなさい。
 何の価値も無いあなたが、そうやって生きてることを悔やみなさい。
 でも、私はもちろんそんなあなたを慰めたりしない。温めたりしない。
 あなたはそんな期待をするような下劣な子かしら?
 それとも、ご主人様の言いつけをちゃんと守れる惨めで愚かな生き物かしら?
 
 ……そう。
 いい子にはご褒美をあげる。
 罵倒して、愚弄して、嬲って、嘲って、殴って、蹴って、絞めて、縛って、切って、刺して……
 その時にあなたは、……そう。私に心から感謝の意を伝えなさい。
 側にいたいんでしょ? 捨てられたくないんでしょ?
 それならどうすればいいか、わかるよね。
 
 身を尽くして、私を楽しませなさい。
 それができるなら……
 ……そうね。私が飽きるまでは飼っていてあげようかしら。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
これは責めている女性の気持ちがよく分かる小説ですね。とても面白いです。それとEuclase 4のコメントのお返事ありがとうございます。
2009/10/15(木) 19:57 | URL | ひらき #-[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございます。
ひらきさん、こんばんは。
こちらこそ、いろいろと作品をご覧くださっていることに、感謝するばかりです。
こうしてコメントまで頂けて、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。
……この作品を「小説」と呼べるかどうかは、今もなお、自問中なのですが(苦笑)
楽しんでいただけて何よりです。また遊びに来てくださいね。
2009/10/16(金) 22:50 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
ryonazさんの書かれた作品には、何度も自分の奴隷観を考え直させられたことがあります。その一つにこの作品があります。
牡という存在は、本当に汚らわしく、醜い、汚い、生きているに値しない存在です。そのことを身に沁みてこの作品に教えて頂きました。本当にこの作品には感謝をしています。

飽きるまで飼われる。飽きられたら捨てられる。当然のことですよね。そういう価値でしか牡はないのですから。
牡は女性の玩具であり、置物であり、道具であり、奴隷であり、そのことに感謝をしなくてなりません。
何故なら先程も書きましたように、それだけの価値しか牡にはないからです。
女性様に飼われることで、牡としての生きる意味(価値)が与えられる。そのことを世の中の牡は知らなくてはなりませんよね。


>私の前で跪けることに感謝するのね

この牡が羨ましい限りです。女性という高貴な存在に跪くことができるんですから。
2011/10/28(金) 05:36 | URL | MA #K8Rmk27c[ 編集]
嬉しいです。
身に余る賛辞、痛み入ります。
「作者の人間性は、多かれ少なかれ作品に反映される」と、どこかで聞いた覚えがあります。
もちろん否定するつもりはありません。
が、私自身の心の内を覗かれているようで、勝手に執筆しておきながら勝手に気恥ずかしい感覚でおります(笑)
価値観に共鳴してくださったことを嬉しく思います。
2011/10/29(土) 20:33 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。