[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
殺したいほど愛してるんじゃない

愛してるから殺したい

みんなの中に入れるようにね ちょっとだけ頭の左の方が指図してくる

ただ それだけ

私だってね みんなと同じでいたいよ ひとりは怖いもの

あなたとは ずっと一緒にいたい ひとりは怖いよ 怖いよ 怖いよ 怖いよ

好き どうしようもなく その想いが強くなればなるほど

わかるでしょ? 私には頭の左の声が聞こえなくなる

それは小さな小さな欠片のようなもの だけど

私にとっては それがすべて

死の淵に立った彼 だからこそ愛しい

彼を心から愛したとき それは 彼が私の前から消えるとき

望みが叶うとき それは 望みを失うとき

なんて残酷で なんて悲しいこと



END

| Novel index |
コメント
この記事へのコメント
サド・マゾを突き詰めていけば、最終的には死があるんだと思います。
そんな切なさをひしひしと感じました。
2009/04/23(木) 23:19 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
サディストとマゾヒスト。
最高の快楽を求め、最高の絶望に包まれる。欲求実行の代償は、決して小さいものではないですよね。
不気味な衝動に心が囚われ、欲求が身体を突き動かそうとします。けれど、命令はされません。
目を背けるか否かはあなたの自由です、という非情な置き去り――
程度の差はあれど、性倒錯者を取り巻く現実は酷なものだと思っています。
作品と呼べるほどのものではありませんが、肌で、心で、感じていただければ何よりです。
2009/04/25(土) 01:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 梨央様、僕、SMについて深く突き詰めて考えたこともなかったですけど……、究極の愛を、快楽を追い求めていけば、行き着く先は結局そういうことなんですね……。

>死の淵に立った彼 だからこそ愛しい

僕もいつか、こんなふうに思ってくださるような素敵なS女性様に是非とも巡り逢わせて戴いて、可愛がって戴いて、究極の愛情を、快楽を享受させて戴きながら……、という誘惑に駆られてしまいますが、やっぱり、死ぬのは怖いですし、お優しくも僕なんかを「愛しい」と思ってくださった女神様に、殺人者の汚名を着て戴きたくなんかないですから……、僕は、梨央様の作品で疑似体験させて戴くだけで満足させて戴きます (笑)
梨央様、いつもつまらないことばかり書き込ませて戴いて、本当にごめんなさい。そして、いつも素敵なお返事の御言葉を、本当にありがとうございます。
2013/07/18(木) 22:59 | URL | 次郎 #-[ 編集]
疑似体験、素敵です。
いつも作品へのご感想を頂き、ありがとうございます。
つまらないなんてとんでもないです。コメントを頂けることが、大きな励みになっています。
作品で疑似体験できるという感性――それ自体、私は素晴らしい才能だと思っていますよ。
次郎さんのおっしゃるような誘惑。そこに身を投じ、追い求め、行き着く先に見るもの。結末。
本作を例に考えたとき、その世界は何を活用し、何を通して見るべきでしょうね。
人々が虚構を求める答えのひとつが、そこにある気がしています。
2013/08/07(水) 17:09 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する