[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 五時半を過ぎた頃、僕はバイト先の家に着いた。
 今日はご両親ともに仕事で外泊なのだと聞かされていた。事前に渡されている合鍵を使って玄関を開錠する。「お邪魔します」と独り言を言いながら、玄関へと足を踏み入れた。
 電気が消え、静まり返った家の中は、何となくいつもとは違って見えた。それとなく周りを見回す。もちろん変わっているところなどない。
 階段を上り、僕の仕事場である女生徒の部屋に入った。
 いつもと何も変わらない空間。机、椅子、テーブル。女子高生らしい、理解に苦しむ装飾品。
 僕はすぐさま全裸になる。
 今日はご両親が不在なので、いつものような不安は味わわなくてよかった。しかしフローリングの床はいつもの如く、正座する僕の足の甲を痛めつけた。
 彼女が帰宅するまでの緊張の時間が始まる。
 全身を覆う脂汗を誤魔化すように、僕は鞄から教科書を取り出した。
 その時、突然背中を蹴られた。「ひっ」と情けない声を上げてしまう。前のめりに倒れ込み、慌ててふり返る。そこには彼女が無表情のままで立っていた。
 彼女はセーラー服姿のままだった。腰を折り、黙って僕の目を見下ろすように覗き込んでくる。栗色の髪が僕の顔をくすぐる。同時に、甘い香りが僕の鼻腔を包む。胸元から大きなバストが覗く。僕の性器がむくむくと成長していく。
 驚きと欲情が入り混じり、早くも僕の思考は麻痺してきていた。
「あ、あぁ……」
 鼓動の高鳴りから、うまく言葉を話せない。
「いらっしゃい、先生。今日は……遅かったね」
 と言った彼女の瞳には、冷たい影が揺らめいていた。口の端がにわかに持ち上がり、笑みを形作る。その表情に僕は怯え、同時に惹き込まれていく。精神的な鎖に繋がれてしまう。身体が動かせない。
「……うぅ……」
「遅刻は厳禁だよね、先生。一体、誰を待たせたと思ってるの?」
 静かだが鋭利な口調。彼女が一歩近付く。僕は恐怖心から後ずさってしまう。彼女はさらについと僕の方へ歩を進める。僕はあっけなく壁際に追い込まれてしまった。
 彼女がその足を持ち上げ、腰を抜かした僕の陰部をぐいと踏み付ける。
「い……ぎぃ……」
 恐怖心と痛みから、僕は既に陰茎を最大限にまで膨れ上がらせていた。

 美里に対して後ろめたい気持ちがなかったと言ったら嘘になる。
 家庭教師として、一生懸命勉強を教えている。美里はそう思っているのだ。
 もちろん僕だってそのつもりでいる。カリキュラムだってきちんと立ててバイトに臨んでいるし、できることなら、きちんと仕事をしたいと思っている。
 しかし実際はこの通り。僕にはそれがどうしてもできないのだ。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
より多くの吐血を書きなさい!
2008/07/06(日) 17:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
こんばんは。以前にも、作品にコメントを下さった方ですか?
(失礼ですが、海外の方ですか?)
あなたは、血を吐くシーンが好きなんですね。
もちろん、私も好きです。
当サイトには、血を吐くシーンがたくさんありますよ。
今回は、どうなるか分かりませんが。
楽しんでもらえたら、嬉しいです。
2008/07/06(日) 18:41 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。