[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 僕に自由はない。それを必要とも思わない。
 首輪で繋がれ、女王様がそのリードを持っているからではない。では、僕自身がそれを望むから?
 再び皮肉めいた笑いが込み上げてくる。
 僕はやはり駄目な道具だ。その証拠に、本がパタンと閉じられる音が聞こえただけで、僕はこんなにも胸を高鳴らせているのだから。意思をもつ道具なんて、道具失格だ。
 雨は雨として役に立つ。僕は僕としても、いや、道具としてすら役に立たない。
 女王様はひとつ大きなため息をついた後、その体勢を変えた。僕とは反対方向に顔を向けて馬乗りになる。その足先で僕のそそり立ったモノを挟み込み、弄び始めた。
 思わず声を漏らす。
 ふと背中の女王様の方へと目を向けるが、その視線は依然として本に注がれているようだった。女王様の足の裏の感触と陰部を擦る運動の心地よさから、力がどんどん抜けていく。
 そして僕は亀頭から薄汚い液体を存分に吐き出した。と同時に、僕は手足の力を急激に失い、ついに崩れ落ちてしまった。
 肩で息をする。思った以上に身体が重い。息を荒げる僕の横に、女王様が立っているのが分かった。静かにじっと、床に這いつくばった僕を見つめている。
 あまりの恥ずかしさから、僕はその瞳を見ることができなかった。長い沈黙に恐怖心が募る。
 本は既に女王様の手を離れていた。それが何を意味するのか、僕にはよく分かっていた。それなのに……。
 腹部を鈍痛が襲い、僕は床に横たわったまま身体を丸めた。女王様は無表情のまま、僕の腹を何度も蹴り続けた。
 必死で許しを乞う。
 椅子としての役割をまっとうできなかった自分が心底嫌になる。女王様に余計な手間をかけてしまった自分に憤りを覚える。自分の情けなさをあらためて痛感し、自己嫌悪に陥る。
 僕は内臓から込み上げてくる嘔吐感を堪えながら、ただひたすら謝罪の言葉を口にした。しかし、お仕置きは終わらない。何度も咳き込み、何度も苦悶の声を上げる。
 執拗に腹だけを責められた僕は、やがて吐瀉物を吐き出した。同時に汗が、涙が、僕の身体からどんどん溢れ出てくる。
 ――あぁ、僕はやっぱり雲と同じなんだ。
 僕は朦朧とする頭で、以前の女王様の言葉を思い出していた。
 女王様のお仕置きの手が止んだ時、僕はぐったりと床に身体を横たえていた。本当に小さな声だったに違いない。しかし僕は、それでも必死で口を動かし続けた。謝罪の言葉を何度も繰り返す。
 容赦なく、リードがぐいと引かれる。
 僕は腹部の痛みに耐えながら、四つん這いのままで女王様の後をついて行った。
 女王様が玄関の扉を開けると、雨のにおいが鼻腔を包み込んだ。女王様はそこでリードを手放し、ひとり雨の中へと歩を進めていった。僕は慌てて、四つん這いのまま後を追う。
 僕が側に着いた時、女王様は遠くの方を指差していた。指の先へと目を遣ると、そこには雨の中、傘も差さずに泥遊びをする五人の子どもたちが見えた。雨に濡れながらはしゃいでいる。
「あの子たちも楽しいのね。」
 そうポツリと漏らす。言いながら女王様は、その身に雨を浴び続けている。その瞳はまるで子どものように活き活きとしていた。
 女王様は僕の目の前にしゃがみ込み、僕の瞳をじっと見つめる。
「雨雲のおかげだね。」
 そう言って女王様は僕の濡れた頭を撫でた。その手はとても温かかった。

 僕の目から、再び涙が零れ落ちた。まるで雨のように。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。