[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正当拷問自白法シリーズ、第四弾です。
アンケート人気No.1女性、由香利のノートをご紹介いたしました。
まさか作品執筆中に手が震えるとは……。なんともヘタレな作者です(笑)
晴れて昇格し、取調執行人となりましたが、彼女の性格は相変わらずですね。
日々の勉強を欠かさない彼女の姿勢は、私も見習いたいところです。

↓本連載前に、しつこくクリックのお願いをしてしまいました。
FC2ブログランキング
我侭な管理人だとあらためて反省……ですが「今後はもう泣きつかない!」という自信もありません(苦笑)
現在のランクが保てるのも、ひとえに皆様方の温かいお心遣いのお陰と、心より感謝しております。
今後も気が向いた際にはぜひポチッと……。どうぞよろしくお願いいたします。

毎度同じことばかり申してすみませんが、ご来訪、ご協力いただいている全ての方々に感謝!
この気持ちを忘れず、今後も精進していきます。

●由香利のキャラ絵 →
●凛のキャラ絵 →  

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント

楽しかったです!o(^-^)o
ありがとうございました!
めちゃめちゃな彼女ですが、正統派なんですよね(笑) 相変わらずはげしいですね(笑)

あれをされたら、犯罪を二度と犯すまいとおもうでしょうね(笑)
2008/06/06(金) 02:21 | URL | あゆみ #-[ 編集]
こちらこそ、ありがとうございました。
こんばんは。いつも作品を楽しんでいただけて、有難い限りです。
こういったコメントが、ボルテージの源となっています。今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました。
ちなみに、あゆみさんのおっしゃる「あれ」がどれだか分からないほど、彼女は本当にやることが激しいので(汗)
私も毎度ハラハラしています。思った通り、今回も存分にやってくれたわけですが(笑)
めちゃめちゃな彼女、ですが人気の彼女。不思議なものです。
罪を犯そうとする人間は……やっぱり減るのでしょうね(苦笑)
いつの世も「大義名分」のある強制力は、怖ろしい側面をもつものなり、と……
2008/06/07(土) 01:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんばんわ 次回作も楽しみにしています。ところでまた私事で申し訳ないのですが、昨日ちょっと興奮したことがあったので聞いてください。朝出掛ける時にバスに乗りました。すると座れる席がなさそうなので、前のほうで立っていたら前の席には、5,6才の女の子を自分の上に座らせた母娘がいた。母親は、目鼻だちがよく、おおげさかもしれませんが宝塚の男役みたいなかんじでした。座っていたので絶対とは言えませんが背は高くたぶん170センチ位それはどうみても異常に脚が長いのでそれ位ないとおかしい。スカートではなくジーパンを履いていたのではっきり長さがわかるしかもはっきり脚の形までわかります。とにかく美脚。女子高だとしたら同姓にもそうとうもてたとおもわれます。はなれた席に小3位の息子がいてその子にバレー日本オリンピックでれるよと言うあたりスポーツをやっていたり興味ある感じだが、声がハスキーなところがよい。本題ですが娘を自分の上に座らせるとこうやってすわるんだよと言ったが、私は心の中で叫びました。それはSEXの体位だろそんなものを小さい娘に教えるとはなにごとだと。そして娘が自分の上で動くとじっとしていなさい、痛いでしょと言ったのにたいして、私は心のなかで叫んだ。ふざけるなおまえは、椅子の上に旦那を縛りつけ毎日その上で腰を激しく動かしぬいたくせに、だから2人の子供がいるんだろうと。そして息子と入れ替われたら必ず言ってやった。ただし言ったら最後息子は正座させられ顔面を思いっきり蹴られるだろう。子供の柔らかい首の骨は完全にネジ折れ顔は、360度まわり目、鼻、口,耳などから同時に血が流れ出す。特撮で良いからそうゆうDVDを見たい。もうひとつは、葬儀をやっているところを通りかかると30才位の女性がやはり幼稚園位の子供の手をつないでいたが、やはり喪服は興奮する極薄の黒いストッキングを履いていたが、子供をさらって聞きたくなる。ママの履いてる靴下は、腿の途中までか、それともおしりまではいるやつかと、子供ならママがストッキングを履く所を見ている可能性が高い園児にパンストかガーターか聞いてもわからないだろうから、しかし女性は、そんな場所でもめかしこんで絶対に旦那が興奮せずには、いられないだろう。親族は悲しみの涙を流すがこの女は、ベッドの上で歓喜の涙を流すだろう。せめてスカートだけでもまくってみたかった。あの中を見れるのは、子供と旦那だけかあとは、美人なので彼氏がいそうだ。それでは、またなにかあったら聞いて下さい。失礼します。
2008/06/10(火) 00:18 | URL | でぶ #-[ 編集]
こんばんは。
次回作へのご期待、ありがとうございます。お言葉を励みに、頑張りますね。
いつもながら、その観察力と妄想力には感服いたします。
失礼ですが、今回はでぶさんのツッコミの方に爆笑させていただきました。SEXの体位に縛りつけって……(笑)
それにしても、でぶさんは綺麗な女性を目にする機会が多いですよね。気合いでしょうか……
現在は世間の目が厳しい世の中ですから、子どもを扱ったハードコアは特撮DVDでも難しいでしょうね。
やはり、脳内妄想だからこそ良い、というところは多々あるかと思いますよ。
2008/06/10(火) 03:51 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
大好きな由香利の続編、嬉しかったです。
彼女はどんどん間違っていきますね。今後が楽しみです。
2008/06/26(木) 04:17 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
こんばんは。
SRさん。いつもコメントをありがとうございます。
作品の人物に愛着をもっていただけることを、大変嬉しく思います。
無邪気さと愛情、強い正義感を併せもつがゆえの恐ろしさ。
本作では、そういったものを表現してみたいと思いました。
うまくお伝えできていれば幸いなのですが。
しかしながら、彼女は毎度よく間違ってくれます(苦笑)
今後へのご期待も頂き、ありがとうございます。少々先が思いやられますが(汗)
2008/06/27(金) 00:44 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
個性溢れる由香利のキャラクター
仕事一途で前向きでかわいらしい、だけど根本的なところで病んでいる(狂っている)由香利のキャラクターはryonazさんの作品の中で、最もオリジナリティあふれていると思います。「こういうやつが一番困るんだよ。」というタイプですね(笑)。しかも日記による一人称の語りも面白く、ひとつのスタイルを確立したのではないでしょうか。
由香利らしくて好きな箇所は次のとおりです。

大きな声で何かを訴える様子は、駄々をこねる子どもみたいで愛しかった。思わずぎゅってしたい衝動に駆られる。……反省。

怯えた目で私をじっと見つめている。私が近付こうとすっと足を前へ出すと、彼は「ひっ」と声を上げて後ずさる。その行動がすごく可愛くて、私はつい何度かその仕草を繰り返す。その度に、彼もまた同じ仕草を繰り返す。

ふと気付くと、私の白いプリーツスカートにも彼の血が付着していた。購入したてだったから、すごく残念だった。でも、これも仕事だから仕方がない……。そう自分に言い聞かせるけど、やっぱりそのショックはとても大きかった。

由香利は多分ryonazさんの意図を超えて、勝手に生き生きと動き回っているようですね。しかし、拷問の仕方はハード・・・。

私はチェーンネックレスを外して彼の首にかけ、同時にそれを窓にある格子に潜らせて彼の身体を固定した。少し爪先立ちをしてやっと首回りに余裕ができる高さだ。
 
崩れたら首を吊ってしまうその姿勢になって、ようやく彼は震えながらも足に力を入れ始めた。彼の必死な行動になぜか色気を感じる。

寝ている間に上着を捲っておいたので、彼の上半身は半裸だった。本当は剥ぎ取ってしまおうと思ったけど、チェーンで首を通すことができなかった。そのため、上着は彼の首元にマフラーのように巻きついていた。ドクンと私の中で何かが反応する。いつもの悪い癖だろうか……

狙いが少しずれ、人差し指の方は目を捉えることができなかった。中指は彼の右目の結膜内に突き刺さっていく。ヌルリとした円蓋部結膜に指の先を挿入し、私は彼の眼球を強く抉った。ドロドロと血液が流れてくる。

凄い!拷問にも次々に新しいバリエーションが登場します。そして、あまりの生々しさ。どこで研究されるのですか・・・まさか実体験?ところで、よく「噛付き」好きの女王様がいますが、「噛付き」による責めはryonazさん的にはいかがですか。
2009/06/10(水) 11:31 | URL | MFファン #6UxiEqik[ 編集]
私も好きです。彼女のアブナイ個性(笑)
有難いことに、由香利を応援・支持してくださる方々の何と多いことか。ご感想に感謝するばかりです。
丁寧に分析していただいて恐縮です。彼女の危うさは、おっしゃる通り、根本的な部分ですね。
歪んだ愛情や責任感など……。作者自身が、彼女には恐ろしさすら感じていますので(笑)
作品スタイルやキャラクターの個性をお褒めいただけて、大変嬉しく思います。
ご質問の件ですが、研究といった大層なことはしていません。実体験は……そこそこで(笑)
>「噛付き」による責め
嫌いではないです。特に好きというわけではありませんが、相手の悶えや苦しむ様子次第ではアリですね。
2009/06/10(水) 17:06 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
由香利、いいですね。
強く素直な姿勢、危ない一面、一番人気な理由がわかる気がします。

凄いと思ったのは、主人公だけでなく 犯罪者一人一人に対して 歩んできた人生が見えるのではないかというくらいの一つの人格や性格、個体に命が込められている事です。
例えば、爆弾魔だとしたら 直接的には他人に手をかけない卑劣な行為とは裏腹に だからこそ臆病で本当はいい人な一面を持っている、他の犯罪者とは少し違うようなイメージを持つ由香利の思考や、展開が 素晴らしいなあと。

て、考えすぎですかね(笑)
これは全作品に言える事なのですが、細部まで色んな視点から何度でも楽しめる作品だと思います。
2010/05/11(火) 12:11 | URL | 千速 #-[ 編集]
考えていただけて嬉しいです。
多くを語らないことがカッコイイ――などと、いつも勝手に思っているのですが(笑)
主たる人物はもちろん、脇キャラ、人間関係、置かれている状況、システム等。
拙文ながら、私自身は様々な観点から世界を描いていたりします。これは私自身の趣味の領域で(笑)
重要視しているのは読者様がどうお感じになるかで、理解されるされないは別物と捉えていますが。
公開しているものは、自由に解釈して、と。
千速さんのように、ここまで深く読んでくださる方がいらっしゃるというだけで、私は大満足です。
ありがとうございます。これからも由香利を、どうぞ温かく見守ってあげてください。
2010/05/15(土) 17:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんにちは
また読みに来てしまいました
男性として、やはり凄く恐ろしいことなんですが、魅力があります
悪魔に見初められ、抗えないような
正当拷問自白法のシリーズは最高です
早く逮捕してくださいw
2010/11/26(金) 15:19 | URL | ぱらさ #-[ 編集]
ありがとうございます。
こんばんは。本作を含め、シリーズを楽しんでいただけて光栄です。
法律のもつ力と、彼女のもつ純粋さ。混ぜるな危険、といった感じでしょうか(笑)
「正義の実現」を目指すのが法律であるならば、彼女こそ、歴とした正義の味方ですよね。
この世界では、彼女は悪魔ではなく……
逮捕されたいですか?(笑)
彼女を前に、自白を選ぶか違反者となるかは、ぱらささん次第です。
毎度、コメントをありがとうございます。とても励みになっています。
2010/11/28(日) 16:59 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
この作品内に、「冤罪」の概念はないと判断してよいのでしょうか?
2011/04/06(水) 18:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます。
基本的に、作品の解釈は人それぞれ自由なので、読者様の感性にお任せするスタンスでおります。
>「冤罪」の概念はない
それもひとつの解釈だと思います。
ですがご質問のようなので、僭越ながら回答させていただきますね。
できれば、私なりの一解釈と捉えてください(汗)
「冤罪の概念」は存在します。
本作はシリーズものなので、世界観は一貫しています。
その上で、冤罪概念の存在が顕著なのは、本シリーズ第一弾『正当拷問自白法』にて、大谷さんが、
「容疑者である俺に対して、まるで犯人扱いだ」
――と、心の中で毒づく部分でしょうか。
未見でしたら、そちらもお目通しいただければ幸いです。
ただ、私にとっては「作品を楽しんでいただけること」が何よりです。
ですので、もちろん名無しさんがおっしゃるような世界観でお読みいただいても一向に構いません。
2011/04/07(木) 15:34 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 由香利ちゃんが、あまりにも、無邪気で可愛らしくて……
やってることはあまりにも残酷だけど、本当はとっても優しくて……
 梨央様、僕ね、梨央様の作品を読ませて戴いてるときには、大概、強くて美しくて、最高にかっこいい残酷な女神様に可哀想な目にあわされて、怯え震え泣き叫び、許しを乞い、果ては無残に嬲り殺されたりまでする、惨めで無様な雄に感情移入させて戴いて、恐怖感・絶望感・被虐感などを味わわせて戴いたり、責められる雄を外から羨望の眼差しで眺めたりして、うっとり胸キュンキュンさせて戴きながら、甘美で残酷で最高に素敵な夢の世界を楽しませて戴いてるんです。まあ、当たり前ですけどね(笑)。でも、この作品では、由香利ちゃんがあまりにも素敵過ぎるのか、どうしても、嶺岸さんに感情移入させて戴けなくて、っていうか、恐怖感をまったく味わわせて戴けなくて……。こんなにも優しくて可愛いらしい女性に、こんなふうに、「可愛い」だとか「愛おしい」だとか「ぎゅってしたい」だなんて思ってもらえたり、為を思って一生懸命頑張ってもらえたりする嶺岸さんが……、由香利ちゃんに、こんなふうに喜んでもらえて、褒めてもらえて、ぎゅって抱きしめてもらえて、撫で撫でしてもらえる嶺岸さんが、唯唯羨ましくて仕方なくて……。
なんだか、とても不思議な気持ちです。
2012/07/21(土) 22:38 | URL | 次郎 #-[ 編集]
「不思議な気持ち」というのもいいですね。
由香利を可愛がっていただけて、とても嬉しいです。
当サイトの看板娘です。理由は、これまで彼女宛てに頂いたファンメールが、他にぬきんでた量だからです。
彼女に限りませんが、生みの親としては、人物に魅力を感じていただけることが有難いですね。
貴重なご感想に感謝いたします。
強い羨望が共感の妨げになっている――、と考えると辻褄が合いますでしょうか。あくまで仮説ですが。
何にせよ、作者としては、物語をご覧いただけることが悦びです。いつもありがとうございます。
2012/07/26(木) 19:00 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
恐ろしくも魅力的な夢世界
ryonaz様、この傑作シリーズを、そしてこの傑作を、有難う御座います。
由香利様は、疑う事を知らない無邪気さと、自分の価値観や判断を見直してみる事の無い思い込みの強さと、極端に突っ走った正義感と、性的加虐嗜好満載の愛情が、一体となった恐ろしさと魅力に満ちていますね。
例えば、この作品の解釈の一例と致しまして、峯岸が真犯人だったとしても、冤罪だったとしても、由香利様の行動や判断には何の相違も生じないだろうと考えられる、と言う点に、恐ろしさと、この作品の夢世界としての絶大な魅力が有ると思います。
小説に禁忌無し。
不条理な残虐さの魅力が光っている作品も多数公開していらっしゃるryonaz様と愛読者のこの夢世界におきましては、この作品の峯岸に冤罪の可能性が有る事、そして、冤罪の可能性の高さを示唆する部分が作品中にも見受けられます事が、この作品を一層魅力的にしている様に感じられます。
無実の罪のために美人で可愛い由香利様にここ迄徹底的に拷問され、虚偽の自白に追い込まれ、死刑にされてしまうとしたら…
せめて、死刑の執行方法は、美しき女性死刑執行人が素手で執行する挌闘リンチ死刑であって欲しいものだと切に願わずにはいられませんし、最後の情としてトドメは絞め技にして頂けたら有難いなどと切に願わずにはいられません。
相変わらずのエゴマゾ的感想で申し訳御座いません。
2012/07/29(日) 22:43 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
美の追求。
いつも身に余る賛辞に恐縮しています。どうもありがとうございます。
「どこがどう魅力的なのか」――具体的に作品のご感想を頂けるので、大変参考になります。
一例としてご紹介くださっている解釈が面白いです。興味深く拝見いたしました。
>小説に禁忌無し
あまり主張はしませんが、私の持論そのものです。
私の価値観等まで理解し、その上で物語を楽しんでいただけているのであれば、それはとても光栄なことです。
トドメについてなどの女神崇拝者さんの願望については、素直に嘲笑わせていただきますね。
2012/08/06(月) 20:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。