[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 嶺岸さんは表情を失い、その額には脂汗がびっしりと浮かんでいた。そんな状態の中、彼は声を振り絞る。
「……ごめ……さい……。めん……なさぃ……」
 彼の視線は自分の股間へと注がれていた。私は彼に問う。
「ちゃんと、反省できましたね。」
「は……いっ……。ですからもう……もう……」
「でも、もう一つ残って――」
「おね……します……。お……ます……」
 呼吸困難を引き起こしているのか、彼の息が激しい音を立てている。その目はまるで、母親の愛の手を求める赤ちゃんのようだった。その姿がとても愛らしく、私のサービス精神をくすぐる。
「もう一つも、潰しておきましょうね。」
 私が彼のもう片方の睾丸を万力に挟み込む。彼はとうとう言葉が出せなくなってしまったのか、喉からヒューヒューという擦れた音だけを漏らしていた。彼の身体が激しく震えている。涙を流し、必死で何かを訴えかけている。
 彼は準備を進める私の顔や身体、手などあらゆる箇所を見ては、尋常でない震えを見せた。
「よっぽど、怖いんですね。」
 私のその言葉を聞き、彼は何度も首を大きく縦に振った。犯罪が怖いものだということを、彼は自覚しているのだろう。私は震える彼の瞳をじっと見つめた。
「じゃあ……せめて……」
 その後は言葉にできなかった。
 私は右手の二本の指を勢いよく突き出した。彼の両目に向けて。
 彼がとっさに身体を捩る。狙いが少しずれ、人差し指の方は目を捉えることができなかった。中指は彼の右目の結膜内に突き刺さっていく。ヌルリとした円蓋部結膜に指の先を挿入し、私は彼の眼球を強く抉った。ドロドロと血液が流れてくる。
「ぐあ……あああ……! いぎゃ……あぁ!」
 と、彼が喉の奥から声を振り絞る。右目から血を滴らせながら、彼が激しく悶える。私は、片方の目しか潰すことができなかったことを悔やんだ。彼にもう一度痛い思いをさせなければいけないのだと思うと、とてもかわいそうだった。
 ……でも、彼がこれ以上怖いものを見なくてすむのなら。
 私は再度、人差し指を彼の左目へと向ける。
「ごめんなさい。もう一度刺します。動かないでくださいね。」
 私がそう言った時、彼の口からその言葉が聞こえてきた。
「……や……した。……犯……人……ぼく……」
 彼の言葉を聞き、私の目からは自然と涙が溢れた。やっぱり一生懸命やれば心を開いてくれるんだ。心が通じるって、こんなにも嬉しいことなんだ。私はそれを、この時初めて知った。私は思わず拘束台の上の彼に手を差し伸べ、強く抱きしめていた。
「嶺岸さん。素敵です。本当によく言えましたね。」
 そう言いながら私は、彼の頭を優しく撫で続けた。彼はまだ自分が素直になったことに慣れていないためか、きちんと自白できた後も身体を強張らせ、小刻みに震わせていた。
 そして私は最後のけじめとして、彼の左側の睾丸もしっかりと潰した。
 ……これで彼は、自分のしたことを素直に認めること、そして、他人の大事な物は大切に扱わなければいけないこと、どっちも理解してくれたはず。
 私は、絶叫の末に再び気絶した彼を前に、とても清々しい気持ちでいっぱいになっていた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
これだけかわいがってもらったら、自分がやったと言う以外ないと思います。また、たまには、本当にやっていない人に拷問してる最中に奴はは、しろだよと明るく報告する女性がでてくると、なんだまぎらわしいと怒り狂ったり、間違いは、誰にでもあるからきにしないでね。今、楽にしてあげるといい、ニコッて笑って顔面一発即死蹴りをくらわせるなどもいいと思います。ところでまた私の日常報告で申し訳ありませんが、今日コンビニで幼稚園児を連れた若い母親のサイハイソックスにハイヒールをみてしみじみとこのガキと入れ替わりたいと思いました。顔は沢尻エリカ風でどうみてもビンタ位は平気でやりそうです。喫煙率は、100パーセント。そのガキと入れ替われたら、サイハイソックスを履きだした時に目の前でセンズリしてママの脚を見ながらここをいじると凄く気持ちいいと言ってみたい。そして顔面に思いっきり蹴りをいれてもらいたい。しかし女性が園児に思いっきり顔面蹴りしたら死ぬ可能性大だよね。拷問最高万歳。失礼します。
2008/06/05(木) 21:57 | URL | でぶ #-[ 編集]
毎度、お世話になっています。
こんばんは。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
でぶさんの体験談や妄想、いつも楽しませてもらってます。
最近は、若くて綺麗な母親も増えましたよね。
作品についてのご感想も、ありがとうございます。
ところで……今回の容疑者は本当に「犯人」……?
そんな読み方をしていただいても面白いかもしれませんね。答えはいつでも、読者の方の胸の内に……
2008/06/07(土) 01:01 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。