[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 辺りは再び怒声に包まれた。
 黒木は感情を剥き出しにして宮田を押し退けると、美里に掴みかかった。声を荒げ、
「てめえ、ふざけてんのか! 見せしめが嫌ならやるしかねえんだよ!」
 と、目をギラつかせる。
 肩を掴まれた美里は顔を顰めた。黒木から視線を逸らす。しかしそれでもなお、彼女の返事は変わらなかった。
「……できません。したくありません。」
 その言葉で黒木はますます感情を露わにし、右手を振り上げた。
「じゃあ、死ねや!」
 拳は美里の顔面目掛けて振り下ろされた――


 彩香は顔を真っ赤にしていた。
 湧き上がる感情が全身から滲み出てきている。しかしその矛先は、今は男子たちにではなく隣にいる紗希に向けられているようだった。
 紗希は無表情のまま彩香の口を塞ぎ、その腕を背中の方へと捻り上げていたのだ。
 引き止める紗希の意図が分からないためか、彩香は激しい抵抗を見せる。しかし塞がれた口からはもごもごと小さな音がわずかに漏れるばかりだった。関節まで決められているため、身動きすらまともに取ることができていない。
 彩香はふり返り、鋭い眼光で紗希を睨みつける。しかし、紗希の表情はとても穏やかだった。紗希は彩香と目を合わせ、にっこりと微笑む。彩香は虚をつかれたのか、その瞳を白黒させる。
 しばらくして聞こえてきた音――それによって、彩香の荒い息遣いも次第に静まっていった。
 やがて紗希は彩香から手を放し、人差し指を自分の口に当てて再びにっこりと笑う。彩香はムッとしたままではあったが、既に紗希の意図は理解できているようだった。事の成り行きも大体想像ができたのだろう。それ以降、彼女が感情を荒立てることはなかった。
 再び、二人はそっと壁の陰から顔を覗かせた。


 ――ドスンという鈍い音とともに、低い悲鳴が響く。
「ぐはぁっ!」
 黒木は背中から砂の上に倒れ込み、その腕は美里がしっかりと握っていた。その光景を見れば、美里が黒木に一本背負いを見舞ったのだということくらいは一目瞭然だ。間髪入れず、彼女は呼吸を見失って青ざめている黒木の首にするりと腕を絡ませる。チョークスリーパーの形だ。そのままググッと力を込める。
 黒木がもがく。口から舌が突き出し、涎が零れていく。彼の顔は次第に赤くなり、その身体は徐々に痙攣してくる。
 他の男子たちは突然の出来事に呆気に取られたのか、ただその様子を見ていることしかできていなかった。
「――ごめんなさい。」
 美里の冷静な声が小さく響く。そして彼女は、黒木の喉に喰い込んでいる腕に瞬間的に強い力を込めた。
 黒木の全身が一気にだらりと垂れ下がる。黒い瞳がぐるりと白く反転する。
 美里が手を放すとともに、彼の身体は仰向けのまま地面に崩れ落ちた。
 みるみるうちに黒木のズボンの股部分が濡れ広がっていった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。