[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラッシュものに挑戦してみました。
リアルの動画も存在するらしいのですが、それを見るのは躊躇してしまいます。
動物だったらかわいそうですし、食べ物だったら勿体無いですし……
しかしながら、やはり「足で破壊」というキーワードには反応してしまいますね(笑)
お気に入りいただけましたら、幸いです。

サイト立ち上げより一年とちょっと。
いつの間にか、今回の作品で四十作目となっていました。
マニアックな駄文サイトにも関わらず、一日にこれほどのアクセスを頂けることを嬉しく思います。
丁寧にweb拍手を押してくださる皆様のお心遣いに、いつもやる気を頂いています。
コメントやメールでのメッセージに、大変励まされています。
ここまで突っ走ってくることができたのも、皆様の支えがあってこそです。
いつも本当に有難うございます。
これからもBlack Onyx [ブラックオニキス]を、どうぞよろしくお願いいたします。

逆リョナ@wikiについては随時、皆様の情報を心待ちにしております。
どんなに些細な情報でも結構です。お気軽にメールしてくださいませ。
今後も、何卒ご協力をお願いいたします。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
今回の話は相当フェティッシュですね!
カエルが可哀想だと思いつつ、作品のイメージは好きです。雨上がり、外灯の下に美女が立っているシチュ、雰囲気があっていいですね。
2008/05/01(木) 22:50 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
お久しぶりです。
SRさん、こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。
そうですね。おっしゃる通り、今回はフェチ色を前面に出したいという思いがありました。
ただ、「破壊」をテーマに執筆したつもりが、気付けば「足」メインになってまして(苦笑)
登場人物にふり回されてしまうのは毎度のことで。どうぞご容赦ください。
ともあれ、作品の雰囲気やそのイメージを感じていただけて嬉しいです。
カエルさんには申し訳ないことをしました。彼女に代わって謝罪いたします。
作品の世界と割り切ってご覧いただければ幸いです。
2008/05/02(金) 12:07 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]

あー 今回の作品もドキドキハラハラの連続でした!

彼が破壊されちゃう場面まで
長かったけれど、細かい説明などで想像しながら、楽しめるました!

ちょっと怖かったですが、素晴らしい作品だとおもいます(^O^)/
2008/05/03(土) 02:02 | URL | あゆみ #-[ 編集]
いつもお世話になっています。
最後まで作品にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ドキドキハラハラしていただけましたか。大変嬉しいお言葉です。
やはり作品を楽しんで読んでもらえるに越したことはないので。お褒めいただき、恐縮です。
作品が怖いのはデフォルトということで。どうぞご容赦くださいませ。
ただ「口裂け女」のイメージが払拭されたのかどうかは、気になるところではありますが(笑)
長編でしたが、その世界を想像しながら読んでいただけたのなら幸いです。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
2008/05/03(土) 08:05 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
こんにちは。Ashです。
こちらに感想を書こうと思ったのですが、うまく投稿できませんでしたので、フォームにて感想を送らせていただきました。

何の感想か書き忘れてしまいましたので、お送りした内容はこちらの「雨上がりの道」のものということでお願いいたします。
2008/05/03(土) 20:37 | URL | Ash #FnpVO.5o[ 編集]
ひでえw
「禁止ワードが含まれている」とのことで送信できなかったのですが、
「まさか」と思いつつ、うちのホームページのURLを消してみたら送れました。
アダルトサーバーからのアクセスを禁止しているということなのでしょうが、思わずブラウザに「おいおい!」と突っ込みを入れちゃいましたよwww
2008/05/03(土) 20:41 | URL | Ash #FnpVO.5o[ 編集]
いらっしゃいませ。
Ashさん、こんばんは。いつもお世話になっております。
メールを受け取りました。丁寧なご感想を頂き、大変嬉しく思いました。どうもありがとうございます。
コメントの件ですが、ブラウザにツッコミまで入れさせてしまってすみませんでした(汗)
以前、当サイトにスパムメールが多数投稿されたことがございまして、現在コメント欄へのURL直接貼り付けを禁止しています。
URLを貼る際には頭文字の"h"を抜いた形でご投稿いただくよう「サイトについて」で一応注意書きはしているのですが、やはりちょっと分かりにくいのが困りもので。そろそろ設定を戻してもいいかなと思っていた矢先でした。
ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。失礼いたしました。どうぞご理解ください。
この度はお手数をおかけしました。これに懲りず、今後もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。
2008/05/03(土) 21:29 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
というわけで……
"http"を、投稿可に設定しなおしました。
URL欄にアドレスをご記入いただけば、以下のように"URL"表示に色が付き、リンクが貼られます。
コメント欄の中にも、
http://ryonaz.blog96.fc2.com/
↑このようにURLの投稿ができます。
(※ここに例として貼ったURLは、このサイトのURLです)
大変、ご不便をおかけしました。
ただし、またスパムが多数送られてくるようであれば、再度禁止する可能性もあります。
その点、皆様にはどうぞご理解をお願いいたします。
2008/05/03(土) 22:47 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
あ、別に
意図しての設定なら問題ないんです。
ryonazさんに突っ込んだのではなく、デフォルト設定かと思ったので「fc2のサービスなのにfc2のURLが禁止かいな!」と思っただけなのでwww

むしろスパムコメントの方が問題なので、禁止なら禁止でいいのではないでしょうか。
よけいなお手間をかけさせてしまいすみません。
2008/05/04(日) 03:41 | URL | Ash #FnpVO.5o[ 編集]
ちょうどPC作業中でした(笑)
こんばんは。どうも夜分遅くに。
もちろんスパム対策を意図したものではありましたが、そろそろ設定を戻したいとも思っていたんです。
投稿できないといった苦情も何件か頂きましたし、Ashさんのように丁寧に感想をフォームに移してまで頂くのも申し訳なく思うので。もともとどうにかしたいとは考えていました。
ただ、そう考えつつもしばらくすると忘れてしまうのが私の悪い癖でして(苦笑)
Ashさんには大変失礼な話なのですが、今回あらためてそのことを思い出させていただきました。この機会を逃すとまた忘れてしまう恐れがあるので。正直、今日がいいチャンスだと思ったわけです。
もちろん再度スパムが届くようなら、また対処いたします。
ですので、どうぞご心配なさらず。お気遣い頂き、ありがとうございました。
2008/05/04(日) 04:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
はじめまして。ryonazさん。
サイトリンク, こちらこそどうもありがとうございます。
2008/05/04(日) 18:40 | URL | n #sSHoJftA[ 編集]
いらっしゃいませ。
こんばんは。こちらでは初めましてですね。
早速、こちらからもリンクを貼らせていただきました。
丁寧にご連絡を頂き、ありがとうございました。
これからお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
2008/05/04(日) 20:11 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
主人公と一緒にドキドキしながら読みました
これが「クラッシュもの」というやつですね。初めて体感しました。

「発情してるんでしょ? 私の破壊を見て、さ……」

は・・・はい!お蔭様で。股間を握りしめたまま全編発情しながら読ませていただきました(笑)。

さて、僭越ながら、「女子高生もの」から読ませていただいてますが、ここに来て、ストーリー展開や心理描写が格段に洗練されてきていることに驚いています。また、「女子高生もの」がどちらかというとryonazさんの性的嗜好が強く感じられることに対し、本作品では性的嗜好が普遍的なものに昇華している感じです(誰もが楽しめる)。この作品では、災難(幸運?)にあう男性の視点から書かれていますが、まさに男の目線、心理はこのとおりです。(男性作家の作品といってもわかりませんね)。逆にryonazご自身の性的嗜好として満足されているのかな?と疑わしく思うくらいです。最後に、2つばかり、伺いたいことが。

1 男性が「もの」としての破壊されている様子はかなり細かく描かれています。男性の場合、リョナの対象は、最後まで相手は「女性」であってほしいと思うのですが、逆リョナの場合「男性」→「もの」になってしまうのでしょうか。

2 興奮する女性の身体的な表現は、以下のようなものが見受けられますが、たとえば、男性的に、「乳首が立つ」「股間が熱くなる」「股間がぬれる」という表現はありですか? 

・彼女はその瞳に恍惚の輝きを湛え、至福と興奮の入り混じったような表情を浮かべていた。
・紅い舌をチロリと覗かせる。唇をねっとりと舐め、瞳を揺らめかせた。

それから、ディテイルですが、「あ!・・・」と思うような、素晴らしい表現がありました。

  俺の髪を掴んでぐいと自分の方へと引き寄せた彼女は、俺の耳元で「痛い?」と小さく呟く。俺が震える声で「はい」とだけ答えるのを確認すると、彼女はさらに小さな声で「そう」と囁いた。 


2009/06/07(日) 09:51 | URL | MFファン #6UxiEqik[ 編集]
発情してるんですか?(笑)……それは幸いです。
これを執筆したのは、私自身が「クラッシュもの」という世界に興味をもった時期でした。
壊したい、潰したい……。でも、生物はやっぱり可哀想ですし、食物はもったいない……
モラルと欲情の葛藤が何とも言えず……。というわけで、物語として書くことにしました。
しかしながら、執筆中にも背徳感が(汗)
おっしゃる通り、私自身の性的嗜好として満足している部分はあると思います。
M男性一人称視点は難しいです(汗) だからこそ、お言葉に救われました。
それから、またまたお気に入りの表現のご提示、ありがとうございました。

ご質問の件ですが、
1.これは、人それぞれだと思います。
2.ありなのでは? 好みの問題はあると思いますが。
2009/06/08(月) 02:18 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
何と魅力的な女性様でしょう
作品中の「俺」の心理描写が素晴らしく、拝読しております私の下半身も、彼と同期する様に熱く、硬く、大きくなってしまいました。
元々クラッシュにはあまり興味が無い筈の私がこの様な反応を示して引き込まれて行きましたのも、M男の心理を熟知され深く洞察され表現力豊かに描き出されますryonaz様の文章のお力の賜物だと思います。
潰れたカエルの生の味を味わいたいとは決して思わないのですが。
ryonaz様お得意のどんでん返しは、この作品では、主人公の男が助かる方向の取引と言う珍しい形で実現し、またしても私の裏をかいて下さいました。また、やられました。冒頭の導入部分が既に伏線だったのですね。ただ、このラストシーンの後の展開は、ひょっとしたら、単に犠牲者が増える事になるだけかも知れませんが。実は、犠牲者の交代ではなく追加となってしまうだけかも知れませんね。
舞台設定と雰囲気の作り方が素晴らしく、効果をあげている作品で、逆リョナやS女性M男作品と言った方向性の分野の作家の中で、ryonaz様のこの様な繊細かつ美しい表現力は傑出していらっしゃると感じております。
ヒロインのお美しさ、その魅力的な描写もいつもながら最高です。文章で描き出される容姿の魅力、そして、精神的優位と余裕に満ちた支配者女性様としての加虐性そのものの魅力、加虐性が性的楽しみと結びついた妖艶な色香、視線、口元の笑み、唇をなめる舌先、脚線美とそこから繰り出される破壊力、全てが素晴らしく、M男が一瞬我を忘れてその身を全て彼女に捧げようとしたのも率直によく理解できます。
ryonaz様、素晴らしい作品を有難う御座います。
2013/05/23(木) 21:59 | URL | 女神崇拝者 #ZeOLQIbM[ 編集]
ありがとうございます。
物語を気に入っていただけて幸いです。
ものすごい褒め殺しに、当初、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
そもそも疎いジャンルの挑戦作ゆえ、賛辞を頂くことすら恐縮に思っていたほどなので(汗)
ですが、おかげさまで、大変励みになりました。ありがとうございます。
ちなみに……、熱く、硬く、大きく、……何ですか?
まさか、虚構の世界では満足できない、といった意味ではないですよね……?(笑)
2013/07/06(土) 21:23 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。