[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俺の全神経は、彼女に突き刺された肌へと注がれていった。
 太腿に開いた穴は、大きさにすればほんのわずかなものだ。しかしそれは紛れもなく、俺の動きの全てを支配するものであった。俺にとってその穴は、俺が彼女に支配されているのだということを意識せざるを得ない、刻印としての役割を果たしていた。
「あ……ぐぅ……ぅが……」
 一点を突き上げる尋常でない痛みから、俺は苦悶の声を上げ続ける。彼女はそんな俺の姿を嬉しそうにまじまじと見つめながら、紅い舌をチロリと覗かせる。唇をねっとりと舐め、瞳を揺らめかせた。
「ぐああっ! があっ!! あっ……ぐああああああっ!!」
 再び俺の喉の奥から、半ば強制的に掠れた声が絞り出される。彼女がヒールの先を俺の太腿に突き刺したまま、内部をグリグリと抉り始めたからだ。俺はたまらず彼女の脚にしがみ付く。全身から冷や汗が滲み出てくるのが分かる。
「痛いのね。そう……、痛いんだね……」
 彼女のそれは決して同情の声ではなかった。
 必死で縋りつく俺の目は、次第に涙で翳んでいった。既に彼女の姿は輪郭程度しか分からない。しかしそうであるが故にか、俺にはそこに直接見える以上のものが彼女の奥底から見えた気がした。
 彼女は、もがき苦しむ俺の姿を見ることを心底楽しんでいるのだ。そして同時に興奮し、おそらく性的な快楽をも感じている。しかしそれは、対象が俺だからという訳では決してない。彼女は、弱者を嬲る行為そのものに快感を覚えているのだ。
 うまく言葉にはできない。ただ漠然と、俺はそんな風に感じた。
 絶え間なく襲いかかる激痛に苦しみ、もがき、絶叫し、俺は意識が朦朧としてきていた。ただ一つ俺の陰茎だけが、そんな俺を小馬鹿にするように強い自己主張を続けていた。
 やがて彼女は悪戯っぽい声で俺に囁く。
「もっと深く入り込んじゃおうかな。」
 とても信じられない言葉だった。今ですら気を失ってしまいそうな痛みだ。
「ご、ごめんなさいぃ! ……があっ……ゆ、許してくださいぃ……」
 俺は必死で彼女に許しを乞う。そんな俺を見ながら、彼女は掴んだ俺の髪を一層強く引っ張る。俺の顔はさらに彼女の顔に近付けられた。お互いの唇同士が触れ合うほどの距離で、彼女は俺の涙を指先でそっと払う。再び視力を取り戻した俺の瞳には、妖艶な彼女の美貌が映し出されていた。
「……もっと、欲しい?」と彼女がポツリと呟く。甘い香りが俺の鼻腔を包む。吐息が肌を撫でる。彼女の誘惑に骨抜きにされる。しかし、俺の身体はとてもそれを受け止めきれそうになかった。
 必死で謝罪し、首を横に振る。縋るように彼女を見つめる。しかし彼女の言葉は続けられた。
「あと十五分かな。――こんなに膨らませて……気持ちいいのね。――痛めつけられながら感じるストーカーって最悪。――あなた本当に人間なの?――本当はもっと抉られたいんでしょ?」
 捲くし立てられる度、そして徒にヒールで中を掻き回される度に、俺の陰茎はビクビクと反応した。
 もはや男としての、いや人間としてのプライドすらどうでもよかった。俺はこうやって彼女に肉体的、精神的な苦痛を受けながら性的な興奮を覚える変態だ。きっと彼女にとっては、俺はもはや人間ですらないのだろう。
 俺は確実に彼女の狂気に惹かれ、その攻撃性の虜になっていた。しかし俺は、同時に彼女への恐怖心も強くしていた。彼女からは常に病的な殺意が感じられたから。
 この時の彼女の言葉に対して首を縦に振ることは、俺にはどうしてもできなかった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。