[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 漆黒の闇に蔽われたひと気の無い夜中の公園。
 雲の切れ間から少しだけ覗く月明かりだけが、その光景を闇夜に照らし出していた。
 バットと棒切れを持った二つの影…そしてその二人に対峙するように身構えるもう一つの影…
 二つの影は、まるで獲物を狩る飢えた動物のように一つの影に襲いかかる。
 一つの影はそれに抵抗するように手足を振り回していた。
「お…お前ら…こんなこと…こ…殺してやる…殺してやるー!!」
 襲われた一つの影の断末魔のような声だけが空しく辺りに響き渡る…そのことが、かえってこの宵闇の静寂を強調していた。
 そして…再び辺りは無音になった。
 動かなくなった一つの影をしばらく見つめていた二つの影は、やがて静かにその場を離れていった…

 ………

 …目が覚めるとそこはいつもの見慣れた俺の部屋だった。
 時計の針は午前三時を指している。
 ずいぶんと魘されていたのか、喉が乾き、喉の奥にわずかな痛みを感じていた。寝汗がびっしょりと俺の全身を覆っている。
「くそっ!…またあの時の夢か…」
 俺は洗面所でうがいをした後で水を飲み、渇ききった喉を潤した。
 あの日から俺は毎夜、悪夢に苛まれていた。
「あの時のあいつら…必死だったな…。馬鹿馬鹿しい…こっちは遊びなのに…本気になりやがって。」

 ………

 結局俺はそのまま朝まで、再び眠りにつくことはなかった。
 仕方がない…このまま寝ないでバイトに行くか…
 そんなことを考えていた矢先、先日少年院から出所してきた友人の常沢から携帯電話に着信が入った。
 常沢とは一昨日の夜に、久しぶりの再会を祝って杯を交わしたばかりだった。
 また入所時の武勇伝を聞かせられたんじゃたまらない…
 俺は電話に出ることを躊躇した。しかし、やはり俺は通話のボタンを押さずにはいられなかった。
 好奇心?それとも…
「もしもし。」

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。