[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマは「やみ(病、闇)」と「かい(悔、壊)」です。

ryonazを海に沈めるのは、なるべくご遠慮ください。

作品を気に入ってくださった方は、ぜひ拍手のクリックをお願いします。
よろしければ、ブログランキングのクリックにもご協力ください。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
ニュース
ryonazさん、こんばんは。
ニュース見ました?女子高生アイドルが空手で痴漢撃退したというニュースです。
再現みたいなものをTVでやったらしく、動画サイトにもアップされてたので見ましたが、最高でした。僕の大好きな鳩尾パンチです。あんなパンチを受けてみたいですね。
2008/04/16(水) 22:32 | URL | ポンタ #-[ 編集]
こんばんは。
ポンタさん、情報を有難うございます。光速でチェックいたしました!
私も鳩尾パンチは大好物なので、再現VTRは感動ものでした。
正直、アイドルだと思って高を括っていたのですが、思った以上に重そうなパンチでびっくりしました。
男性キャスターの方のリアクションがまた実に素晴らしいですよね。ツボです。
ちなみに私は「もん絶」という文字自体が大好きなもので。んー、ナイステロップ!
しかしながら、やはり現実の痴漢は問題ですね。世の中、こういった強い女性ばかりではないですから。
あ、もちろん強い女性を狙っても犯罪です(笑) ニホンゴハムズカシイデスネ……(汗)
2008/04/16(水) 23:10 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
読んでとても暗い気持ちになったのですが、同時にかなりの衝撃を受けました。
テーマの語呂合わせがいいですね。
2008/05/01(木) 22:51 | URL | SR #bMUbTW1E[ 編集]
これに懲りず、今後もよろしくお願いします。
この作品には、行為自体に加えて精神的にも苦痛な構成、描写を意図的に盛り込みました。
果たして文章でどこまでそれを表現できるのかという、私自身の挑戦でもありました。
大変失礼ながら、SRさんのような気持ちになる方がいらっしゃることは承知でした。
同じように、暗い気分になられた読者の方も多いであろうということも自覚しています。
万一、気分を害されていたら申し訳ありません。(他の読者様含め)
やみ(病、闇)については、サイト全体を通した私の目標でもあります。
テーマをお褒めいただけたことは、とても嬉しく思います。
2008/05/02(金) 12:25 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
はじめまして
掲示板で紹介されてたので拝見しました。大人のS女性がショタを責めるシチュエーションが好きなので、この作品は非常に興奮しました!!
実の母子という設定も良かったです。これからもこんなシチュの作品期待しています!!
2008/06/27(金) 16:27 | URL | とおりがかり #-[ 編集]
いらっしゃいませ。
初めまして。ご感想、ありがとうございます。
この作品は非人道色が強いので、私の中では「禁じ手」的な位置にありました。
ですので、こういったコメントはとても励みになります。
私は「ショタ」というジャンルには明るい方ではないので、大変勉強になりました。
気に入っていただけて、とても嬉しいです。
どこの掲示板でどんな風に紹介されていたのかは、少々気になるところですが(苦笑)
よろしければ、今後の作品にもぜひお付き合いくださいませ。
2008/06/28(土) 00:28 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
これからも期待しています!
「どんな風に紹介されていたのか気になる」とのことですが、私がここを知るきっかけとなったのは2ちゃんねるのSMスレの「【ショタ?】拷問☆」というスレです。
勝手ながら、私も同SMスレの「【ママは女王様】 母子SM小説 Part2【息子はM奴隷】」に紹介させていただきました!

これからも期待しています!
2008/06/28(土) 16:32 | URL | とおりがかり #-[ 編集]
ご期待に感謝いたします。
こんばんは。疑問にお答えいただき、ありがとうございます。
そのスレは知らなかったので、早速見に行ってみますね。
当サイトの紹介までしていただき、恐縮です。そのお気持ちが、とても嬉しいです。
温かい応援のお言葉が、心に染み入るようです。本当にありがとうございます。
今後、またこのような作品を執筆するかは未定なのですが。
これからも気軽にご来訪いただければ幸いです。
2008/06/28(土) 17:46 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
面白かったです。すみません。この小説を読ませていただいて、ここでは書き込みできないような事を想像してしまいました。
2011/09/15(木) 17:51 | URL | ひらき #k62HVzjU[ 編集]
気になりますね(笑)
ひらきさん、こんばんは。いつもご感想をありがとうございます。
本作も、楽しんでご覧いただけたようで何よりです。
「小説は、読者様の想像力に依拠するところが大きい」というのが持論なので――
物語を通してご想像なさったことがあったということを、大変嬉しく思いました。
>ここでは書き込みできないような事
私が想像させられていますが(笑)
2011/09/16(金) 22:52 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 田舎の春の昼下がりの長閑な風景の描写がとても素敵ですね。ランジェリービスチェ、ハイヒールを身に付けたセクシーな女性、磔台に枷で拘束され震えながらその時を待つ幸太という名の男の描写に僕の期待は高まり、拳や膝での腹責めに涎をたらし、おう吐し、苦しみながらも「汚い子」と罵られることで頬を染め、男のものを大きくしてしまう幸太、そんなシーンに心踊らされ、その後の鞭責め、絶叫、肌を抉る綺麗な爪、流れる鮮血、嬉しそうに口元を緩める女、傷跡を舐める柔らかく湿った舌、その後のこう丸責めに恍惚のあまり咆哮…、といった場面の描写に僕は興奮してしまって…。その後の展開にますます興奮し、恍惚としてしまう僕なのですが、逝くという言葉の意味すらわかっていないという表現に、現実の世界に引き戻されてしまいました。それでも、いけない僕は幸太を玩具扱いする残酷な女神の姿に興奮してしまい、再び作品の世界に引き摺り込まれ…、幸太に自分を重ね女神に抱かれながら昇天してしまいそうになりました。でも、その残酷な女神の正体が実の母親で、しかも全盲の幸太はそのことを知らないと知った僕は正直ドン引きしてしまいました。
 あとがきにもありますが、皆さん、梨央様を海に沈めるのだけはやめてあげてください。
2011/11/08(火) 23:39 | URL | 次郎 #sWkHkw7g[ 編集]
そうですか。
最後はドン引きでしたか。――褒め言葉ですよね?(笑)
物語に浸っていただけている様子がよくわかり、とても嬉しかったです。
ただ、時々現実に戻されてしまった感覚があったような、そんな印象のご感想ですね。
有難いご指摘を頂きました。今後の課題です。
>梨央様を海に沈めるのだけはやめてあげてください
フォローしてくださっているんですか? 優しいですね。
逆に、沈める役であれば喜んで引き受けますので(笑)
2011/11/10(木) 17:58 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。