[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 今やオレは二人の魅力の虜となっていた。
 気を失っている風を装いながらも、オレは彼女たちから目を離すことができなかった。
「私、渚。さっきは危ないところをありがとう。」
 茶髪を靡かせながら渚が呟く。その言葉に、ボブカット女は虚をつかれたような顔をする。
「……礼を言うのは、私の方だよ。」
 二人は互いに顔を綻ばせ、くすりと笑い合う。
 ボブカット女は少し照れながら「ありがとう」と口にし、そのまま渚に背を向けた。
 渚は笑顔を浮かべ、大きく頷いた。そして再びボブカット女に話しかける。
「あの。あなたの名前は?」
 ボブカット女が再びふり返る。
「紗希。麻美大嶋に行ってるんだ。良かったら、今度遊びに来なよ。」
 渚の笑顔に応えるように、紗希はにっこりと笑顔を返した。
 そういえば、あの華やかなダークレッドの制服は、麻美大嶋学園のものだった。
「うん。また会おうね。ところで……」
 渚がふと立ち止まり、口篭もる。それが気になったのか、紗希もまた足を止める。
 やがて決心したように、渚が声を出す。
「何で、あんなに強いのに黙ったままでいたの?」
 その質問に、紗希は再び小さく笑った。
「私立だから。受験の時の癖かな。良い子にしてたからさ。それに、あなた強かったし。」
 オレは『受験』という言葉にピクリと反応した。再びオレの中の価値観が大きく揺れ動くのを感じる。
 自分の目標とは? 自分の生き方とは? 常に何かに逆らって生きることを決めた意味とは? 己の信念とは? オレ自身の生き方とは? そして……本当に信頼すべきものとは?
 様々な葛藤が渦巻く。あれほどまでに嫌っていた、世間の波や大きな圧力。それに流されたり潰されたりするのは弱い男の証だと思っていた。先輩二人について行くことが、オレの道だと思っていた。世の中全てに牙をむいて生きることを決めた。
 そんなオレは今、こうして女子高生によって完膚なきまでに叩きのめされ、怯え、気絶したふりをしている。
 ――本当の強さとは……?
 渚は紗希の答えに軽く頷き、「そっか」と明るく声を出した。渚はベンチに向かい、そこにある学生鞄を持つ。おそらく自分のものだろう。女の子らしい可愛いストラップがついている。オレたちに向かってくる前に、邪魔だから置いておいたようだ。
 二人はそれぞれに帰ろうとして、ふと、倒れ込んだオレの横でピタリと足を止める。
 ――気付かれた!? くそっ……許してくれ……
 気絶したふりをしながら動揺するオレに向かって、渚が優しい口調で語りかけた。
「君も、もっと大人になりなよ。そしたら、調教してあげてもいいよ。」
 調教という言葉に、オレは何故か心の奥を強く刺激されるような思いがした。温かく、そして力強い声。それはオレの脳内に強く、本当に強く響いた。
 ――この人には敵わない。
 そう自覚した瞬間だった。紗希が続けて言葉をつなぐ。
「分かってると思うけど、次に馬鹿やったら……」
 オレは必死で、何度も首を縦に振った。そんなオレの姿を見ながら、二人はにっこりと微笑んだ。
 その笑顔は、驚くほど無邪気で柔らかかった。目を奪われずにはいられないほどに……


 半年後、オレは麻美大嶋学園の門をくぐった。
 真新しいダークレッドの制服を身に着けて。



END

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント

おおー! 意外な展開でしたーo(^-^)o

毎日楽しくみせてもらってました!

ありがとうございます!


三月、四月と なかなか忙しい時期になってきましたね!

忙しい(*´ο`*)といっても、漢字のように、毎回、言ってますが、 (心)は (亡)くさない ように 心掛けたいものです★
2008/03/31(月) 02:50 | URL | あゆみ #-[ 編集]
こんばんは。
最後までご覧いただき、有難うございました。温かいご感想が身に染みます。
楽しんでいただけて何よりです。よろしければ今後もぜひ遊びに来てやってください。
あと数時間で三月も終わりですね。
年度初めでいろいろと大変な時期だと思いますが、どうぞご自愛ください。
「心」は「亡」くさないように。大切な心がけだと思います。私も見習っていかねば(汗)
連載中はたくさんのコメントにいつも励まされました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2008/03/31(月) 22:08 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する