[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 茶髪女を相手にした洋介さんは完全に無力だった。
 洋介さんが手を伸ばせばその手を背中の方へと捻り上げられる。殴りかかる度に顔面や後頭部、腹や股間にカウンターのパンチや蹴りを受ける。倒れ込めば瞬時に絞め技や固め技をかけられる。その度に、洋介さんは吠えるように絶叫した。
 いつの間にか洋介さんの全身は血塗れになり、服のあちらこちらに解れができていた。洋介さんは既に、立っているのがやっとといった状態だった。
 女が洋介さんに語りかける声が聞こえてくる。
「ねぇ、そろそろ殺しちゃっていい?」
 息切れ一つしていないように見える茶髪女。対する洋介さんは、その女の言葉さえも耳に入っていない様子だった。
 しかし、洋介さんは決して負けを認めようとはしなかった。
「くっそおおおっ! 畜生おおおっ!!」
 ふらつきながら必死で拳を振り回す。
 洋介さんを支えているのは勝利への執着なのか、この女への憎しみなのか、それとももっと別の何かなのか……。それはオレには分からなかった。
 茶髪女は殴りかかる洋介さんの腕を手前に引き寄せ、睾丸へ膝を叩き込む。
「ぐおおぉっ……」
 呻き声を上げ、洋介さんは身体をくの字に曲げる。女は即座に洋介さんの髪を掴み、下がった顔面へ向けて思いきり膝蹴りを見舞った。
「があああああっ!」
 絶叫とともに洋介さんの身体は大きく跳ね、ドサリと地面に叩き付けられた。女は仰向けになった洋介さんの上に馬乗りになり、顔面を何度も殴打した。その度に飛び交う洋介さんの血が、二人の周りを覆っていった。オレは蹲ったまま、その光景をただじっと見ていた。
 気付くとオレは失禁していた。人間の持つ、動物に悉く近い本能による争いを目の当たりにし、オレは恐怖心で一杯になっていた。しかしそれと同時に、オレは下半身をパンパンに膨らませてもいた。オレは、あの茶髪女のもつ色香と優しさ、そして攻撃性の全てに魅力を感じ始めていたのかもしれない。
 無意識だった。
 オレは洋介さんをボコボコにしていく茶髪女の姿を見ながら、何故かズボンの中に手を入れていた。
 女の声が響く。
「じゃあ、そろそろ逝かせてあげる。」
 その言葉はもちろんオレに向けられたものではなかった。しかしオレはこの時、何故か女の言葉に性的な高ぶりを覚えていた。さっきまであれほど抱いていた恐怖心が、次第に興奮へと変わっていくのを感じる。オレはいつしか、洋介さんに自分を重ねていた。
 茶髪女は洋介さんの背後から、その全身を両足で固めていた。腕は首に絡みついている。がっちりと決まったチョークスリーパー。洋介さんは次第に抵抗を弱め、口から泡を吹きながら痙攣を始めた。しばらくするとその首はガクッと下に折れ、彼は完全にその動きを止めた。
 女は洋介さんのその様子を彼の背後から見ながら、冷酷な笑みを浮かべていた。
 その狂気に満ちた女の表情を見ながら、オレはズボンの中で思いきり射精していた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。