[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 信じられない光景に目を疑ったのは、どうやらオレだけではなかったらしい。洋介さんの顔からはさっきまでの余裕のある表情が消えていた。口をポッカリと開けたまま呆然としている。オレもきっと他人から見たら同じような顔をしているに違いない。それほどまでに予想外の、突然の出来事だった。
「弱っ。」
 茶髪女の短いその一言がやけに鋭く響いた。女の瞳はとても冷たい光を湛えていた。
 稔さんの顔は、既に赤く腫れ上がっていた。鼻血を垂らしながら四つん這いになっている稔さんに向かって、茶髪女がゆっくりと近付いていく。
 受けた衝撃で、稔さんは足が利かなくなっている様子だった。四つん這いの体勢のままで、身体中を震わせていた。もしかしたらそれは、茶髪女の強さに対する恐怖心からなのかもしれないが……
 間もなく女は、稔さんの側まで近付いた。
 彼の横に立った女は足を後ろに引き、彼の腹を思いきり蹴り上げた。
「ぐはあぁぁっ!」
 稔さんの苦悶の声が響く。すかさず女は、勢いで仰向けになった稔さんの腹の上にドスンと腰を下ろした。再び稔さんが悶絶する。女は嘲笑うような表情で稔さんの目を見つめると、髪を掴んで顔を持ち上げた。
「……死ね。」
 茶髪女の囁きが耳に入った。次の瞬間、女は稔さんの顔面めがけて勢いよく拳を振り下ろした。
 ……鈍い音が聞こえた。
 女がゆっくりと立ち上がった時には、既に稔さんはピクリとも動かなかった。
 
 オレは、今目の前で起こったことがまだ信じられなかった。
 いつでも強くて、カッコよくて、オレたちのリーダーだった稔さん。向かうところ敵なし。ヤクザですら避けて通るという噂すら聞いたことがあった。そんなオレの理想のオトコを、この茶髪女は見事に打ち砕いてしまった。こんなに細くて華奢な、女子高生が……
 ふと洋介さんの方を見る。彼は震えていた。そのことが、皮肉にも今起こったことが全て現実であるということをオレにあらためて確信させる。
 ――洋介さん……
 彼もオレにとっては手の届かない存在だ。その懐は広くてたくましくて。オレなんかとは比べ物にならないほどデカくて、イカしてて。その背中にすら手が届かない。
 ――オレの理想とするオトコが、まだここに残っているんだ。洋介さんなら、きっと……
 しかし、そんなオレの彼に対する信頼や敬愛は、いつしか跡形もなく切り刻まれた。
 洋介さんはボブカット女をあっさりと手放すと、軽い口調で言葉を連ねた。
「あ、いや、こりゃ参ったな。ハハ。んじゃ、俺はこの辺で。」
 言いながら洋介さんは、ゆっくりと後ずさり、逃げるようにその場を離れようとする。
 ……ショックだった。
 オレを支えていた価値観の全てが逆転するような絶望感を覚える。
 茶髪女はその隙にボブカット女へと走り寄り、彼女を気遣いながらその場に座らせているようだった。失望の中、ふと茶髪女へ目を向ける。その時、オレは背筋が凍るような感覚に襲われた。
 茶髪女の視線に、殺意のようなものが窺えたから……。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント

おおー、 ドキドキな展開ですね! ホントにこんな女子高生がいたら、 逃げましょうね(笑)
2008/03/23(日) 01:35 | URL | あさみ #-[ 編集]
どうもです。
ドキドキしてもらえて何よりです。
私の作品に出てくる女の子はお転婆が多くて扱いが大変です。
執筆中に作者の手すら離れ、よく一人歩きしていますので。
私自身が彼女たちを調教できていないのでしょう(笑)
現実だったら、逃げる以前にまずこんな形で接触しないことが望ましいですね。
2008/03/23(日) 08:04 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
 僕、気づいたら、いつもお姉ちゃんに甘えるみたいに、ご主人様に甘えさせていただきたくなってしまって……。すべてを受け入れさせていただけずに、決して逆らってはいけない女神様に、身の程を忘れてついつい突っかかって生意気なことや無礼なことを申し上げては、いつも簡単にねじ伏せていただいてしまうんです。でも、お優しくも、息の根だけは止めずに生かしてくださっておいでですから、きっと僕のご主人様も、泣きながら無様に這い蹲る僕のことを、渚ちゃんみたいに「弱っ。」って見下ろしてくださっておいでなんじゃないかなって、僕がいい子になれるように徹底的に躾直してくださるおつもりなんじゃないかなって、僕、そんなふうに自分に都合よく考えさせていただいて、なんだかうっとりしてしまって……
でも、もう二度と逆らわないようにしないと、身の程を弁えて真摯にお仕えさせていただいてないと……ご主人様が本気でお怒りになられたら、僕みたいな虫けらなんか、今度こそ本当に地獄に落としていただいちゃうと思います(汗)
 梨央様、いつもつまらないことばかり書き込ませていただいて、本当にごめんなさい。何卒お許しくださいませね。
2012/10/07(日) 19:04 | URL | 次郎 #-[ 編集]
十人十色。
次郎さん、いつもありがとうございます。
作品から何かを感じていただけることが、私にとっての喜びです。
何をどう受け取るか――それは、いつでも読者様の感性にお任せしています。
ですので、当然、謝っていただく必要はありません。つまらないことなどでもないです。
どんなご感想も、私の大切な宝物ですので。
2012/10/15(月) 17:27 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/21(日) 07:48 | | #[ 編集]
メッセージ、受け取りました。
言葉より態度。結果より経過。
大切なモノを見失わなければ、道は見えてくると思います。
2012/11/03(土) 19:32 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。