[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 今、竹内の目の前には、その悪魔のような女が立っている。

 ――こんな馬鹿なことがあるだろうか。よりにもよって、こんな若い女一人に……
 竹内は自分の運命を呪わずにはいられなかった。
 結衣が声をかけてくる。
「好き嫌いすると、大人になれないよ。」
 結衣の拳が竹内の鳩尾を深く抉る。その細い腕からは想像もつかないほど重いパンチだった。竹内はたまらず身体を丸めて蹲る。
「ぐ……。……おかげさまで頭の方は子どものままでな。」
 そう言いながら、竹内は口の端から胃液を垂らしていた。後ろ手に縛られているため、腹を押さえることもできない。嘔吐感を必死で堪える。
 結衣はそんな竹内の姿を見て微笑した。
「あなた。面白い人ね。」
 結衣は竹内の顔に手を伸ばし、目出し帽を脱がす。俯きかけた竹内の顎を指先で軽く持ち上げる。
「いい男じゃない。」
 そう言って結衣はまた、竹内の無防備な腹に拳を突き刺す。竹内の顔は、先ほどの結衣のビンタで真っ赤に腫れ上がっていた。
「ぐふっ……。そいつは……どうも。あんたも……悪くないぜ……」
「ありがと。」
 再び、一際鋭いパンチが竹内の内臓を揺さぶる。竹内はたまらず、膝立ちのまま顔から床に突っ伏した。四つん這いに似た格好でいる竹内の腹に、結衣はさらにヒールの爪先を叩き込む。
「ぐ……はあああっ……」
 竹内の身体はふわりと宙に浮き、反転して仰向けで床に叩きつけられた。竹内はとうとう堪えきれなくなり、口から吐瀉物を吐き出した。
 込み上げてくる不快感が、竹内を容赦なく責めたてる。
 顔を上げると、にっこりと微笑みながら竹内の両足を持ち上げる結衣の姿が見えた。
 結衣が膝をゆっくりと持ち上げる。そのヒールの先は、竹内の股間に向いていた。
「おやすみなさい。」
 結衣がにっこりと微笑む。
 ――こ……この姿勢は……
 竹内の背筋が凍りつく。先ほど見た恐ろしい光景が竹内の脳裏に蘇る。竹内は今にも恐怖でおかしくなってしまいそうだった。
 見ると、結衣は瞳の奥を覗くように、その視線を竹内へと向けていた。
「……怖いの?」
 想像もしなかった言葉が結衣の口から発せられ、竹内は混乱した。
 ――怖いか? 怖いかと聞いているのか?
 答えの分かりきっている単純な質問だったはずだ。しかし竹内はその言葉にすぐに反応することができなかった。どうしてこの女は、この状況で?

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する