[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 田中は事務机に叩きつけられ、蹲った。
「う……うぅ……」
 呻き声を漏らしながら身体を起こす田中。その時、結衣は既に田中の目の前に立っていた。
「覚悟は、いい?」
 頭がふらつくのか、田中は頭を押さえ、しきりに横に振っていた。
「お……お前、よくも……」
 最後まで言葉を発する間もなく、田中は再び顎を蹴り上げられ、宙を舞う。「ぐうっ」という声を漏らし、田中は仰向けに倒れ込んだ。
 すかさず、結衣が田中の腹を足で踏み付ける。
「ぐはああああっ!」
 田中が絶叫する。
 結衣は、グリグリと抉るように田中の腹を踏み躙る。その度に、田中は聞くに堪えない叫び声を上げ続けた。
 その光景を見ながら、竹内は自分の背筋が凍りつくような感覚に襲われた。
 ――あ……あいつ……
 竹内が恐怖心を抱いたのは、これが初めてのことだったかもしれない。
 彼は見た。悶絶する田中の姿を見ながら、顔いっぱいに笑顔を浮かべている結衣の姿を。
「ごっほおおおっ!」
 一際強烈な踏み付けが田中の腹を襲った。田中は断末魔の声を響かせ、海老のように身体を丸める。結衣はその田中の顔を、思いきり蹴り上げた。
 田中の身体は再び宙を舞い、やがてドサリと床に叩きつけられる。
「げ……ごぼっ……」
 田中は嘔吐した。仰向けのまま、口からゲロゲロと吐瀉物を勢いよく吐き出した。
 竹内は呆気に取られ、しばらく声を出すことすらできなかった。
 しかし、彼が本当に彼女の恐ろしさを知ったのは、それからのことだった。
 結衣は、もはや虫の息となった田中をしばらく見つめていた。それからゆっくりと、ヒールの先端を田中の太腿に移動した。
 ――ま、まさか。あいつ……
 不思議なことに、田中を助けたいという思いはあまり浮かんでこなかった。その時竹内の心を支配していたのは、彼女への好奇心だった。
 怖くないと言ったら嘘になる。しかし、竹内は既に、彼女の美しさと残酷さのギャップの虜となっていた。怖いもの見たさ、とでも言うのだろうか。竹内は自分を心底震え上がらせる恐怖というものを見てみたいと思うようになっていた。
 結衣の瞳は輝きを失い、やがて無表情になった。
 彼女が膝を持ち上げた時、竹内は今まで体験したことのない興奮を覚えていた。
 結衣は、ヒールの先端で田中の太腿を突き刺した。そこには少しの躊躇も感じられなかった。
 田中の、耳が壊れてしまうのではないかと思えるほどの悲鳴が、行内に響き渡った。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。