[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 田中は完全に理性を見失っている様子だった。
 蹴りを入れられ、味方を縛らされた。それも、たった一人の女に。田中にとってはこれ以上ないほどの屈辱だったに違いない。
 表情こそ笑っているが、それが却って田中の怒りの大きさを表しているようだった。
 竹内はそんな田中の様子を見ながら、不安を募らせていた。
 田中は一つ大きく息を吸い込むと、発砲の体勢を整える。
「まずはこの女から殺ってやる。」
 すかさず、それに竹内が反応する。
「待て! 本気で殺る気か? やめろ、大事な人質だ!」
 しかし竹内の声は、田中の耳には届いていないようだった。
 ここで感情の向くままに人質を一人殺してしまうことは、あまりにもリスクが大きい。むしろ、何の利益にもならないと言っても過言ではないのだ。
 本来なら田中にも十分分かることであったはずだ。しかし、今の田中は怒りと憎しみの感情でいっぱいになっている。とにかく田中を落ち着かせなければならない。竹内は焦った。
「頼む! 冷静になれ!」
 ――身動きさえ取れれば、無理矢理にでも……
 田中は狂ったように笑った。
「おい、女! お前のせいでこの女が死ぬんだ!」
 しかし結衣は動じなかった。それどころか、うっすらと笑みを零しているようにも見えた。
 竹内の頭の中で警鐘が鳴る。
 ――この女、どういうつもりだ? 何を企んでる?
 竹内の思いも空しく、トリガーは引かれた。しかし、鳴るはずの乾いた音はいつになっても聞こえてこなかった。
「あ? あら?」
 田中の間の抜けた声が響く。その後、ガチンガチンという空しい音が辺りを包んだ。
 ――そういうことか!
 竹内はようやく理解した。
 先ほど結衣が机にしまった物。あれは弾丸の入った弾倉だったのだ。
「お、おい。何だよこれ! 何なんだよ!!」
 弾が出ない。そのことで、田中はパニックを起こしていた。そのせいで、背後に立つ結衣に気付くのが遅れた。
 田中が振り返った次の瞬間には、結衣のヒールの爪先が田中のこめかみを正確に捉えていた。
 竹内は、まるでスローモーションを見ているような気分だった。田中の目が大きく見開かれる様子が、はっきりと見えた。
 結衣の体重の乗った爪先が、勢いよく振り抜かれる。田中は叫び声を上げる間もなく、吹き飛ばされた。
 
 それが悪夢の始まりだった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する