[18禁] 逆リョナ小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
 スピーカーの声はドラマや映画で見るような迫力など微塵も感じさせない、無感情なものだった。現実とはこんなものなのかもしれない。
「くそっ!」
 田中は悔しさから、気絶した女を再び銃で殴った。二発、三発。鈍い音が行内に響く。
 銀行内の他の人間が、悔しそうな顔をしている。耐え切れず、目を背けている者もあった。
「……おい、いつまでやってんだ。それより今後のことを考えろ。」
 竹内は、無駄なことばかりする田中を窘めた。しかし田中は聞く耳を持たないようで、再び銃を振り翳す。その時だった。
 一人の女が田中の前に両手を広げて立ちはだかった。
 その女を見た時、竹内は目を瞠った。
 年齢は二十代前半くらいだろうか。艶やかな黒髪に、端正な顔立ち。色香の漂う肢体を、銀行の制服で包んでいる。
「もう、やめてください。」
 大きな瞳は、涙で潤んでいた。
 田中もその動きを止め、柄にもなく彼女に見惚れている。
 しばらくして我に返り、田中が好色な目の色になる。
「ほぉ。こんな状況で抵抗するとはな。」
 田中は矛先を目の前の女に変えたようだった。
「度胸がある女は好きなんだよなぁ。……お前、名前は?」
 女は怯えた表情で、しかしはっきりと「飯島結衣です」と答えた。
「いい女だな。腰抜けの男たちよりずっと男らしいぜ。」
 田中はケラケラと笑って、その小太りの身体を揺らした。周りを見渡すと、その場にいる銀行員や客はさっと目を背けた。人間なんて所詮、そんなものだろう。
 再び外から、耳障りなスピーカーの音が鳴り響く。残された時間は少ない。
「もういいだろ。それより、急げ。」
 竹内は必死だった。
 どうにかしてこの場を凌げる方法はないだろうかと懸命に考えを巡らせる。
「おい。いいこと思いついたぜ。」
 田中は嬉々として彼に耳打ちする。
 …………
「そうだな……。こうなったら仕方がないな。」
 竹内も考えていたことだった。短気男と同じ考えなのが癪だったが、それより他に方法はない。
 策が決まれば、後は実行に移すだけだ。
 その場にいる誰もが、その様子を震えながら見つめていた。一体何を話しているのか、気になって仕方がないようだった。
 一つ大きく息を吸い込み、竹内は口を開いた。
「これから、あなたたちを解放します。」

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する