[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ベッドの感触は柔らかく、気持ちがよかった。
 相変わらず彼女は謝ってばかりだった。そんな健気な姿が、俺の中の愛しさを膨れ上がらせる。
「もう、大丈夫だから。気にするな。それより、支えてくれてありがとな。」
「うぅぅ……徹くん、どうしてそんなに優しいの? どうして……」
 また泣き始める。たまらず俺は彼女を強く抱きしめた。
 しばしの沈黙。
 小刻みに震えていた彼女の肩が次第に落ち着いてくる。身体を離した時、彼女は積極的に俺のジーンズのベルトを外し、ゆっくりとズボンを下ろした。パンツの上から股間をゆっくりと、静かに撫でる。
「はぅ……。」
 つい声が漏れる。
「ここ、痛くしちゃったから……。一生懸命、由梨に治させてください……」
 赤面しながら彼女がポツリと言う。
 鼓動が大きく高鳴るのが、自分ではっきりと分かった。
 確かに今日はいろいろなことがあって大変だった。まるで昔のドタバタコメディドラマを見ているような錯覚にさえ陥った。でも、今俺はこうして彼女とベッドを共にしている。
 彼女が俺のパンツをゆっくりと下ろし、下半身が露になる。俺は期待で胸が張り裂けそうになる。彼女はその指先で、俺のそそり立ったモノにそっと触れた。
「うっ……」
 快感で俺の興奮は高まるばかりだった。彼女はその指を亀頭から竿部を伝って根元まで這わせる。そして、掌でそっと俺の睾丸を包み込んだ。
 ――うっ……焦らさないで……。

 ――!!――

「ぐあっ! ああっ! 痛っ!」
 彼女は何を思ったのか、俺の睾丸を掌でグリグリと擦り合わせた。鈍痛が内部へと込み上げる。
「あの、ここが気持ちいいって友達に聞いたから……。」
 内臓を直接抉られるような痛みが俺を襲う。
「あ、でもちょっと……あぐぅ!」
「うぅ、まだ痛むんだね。もっと強く揉んだ方がいいかな……」
 彼女がさらに力を込める。さらなる激痛が俺を覆い尽くす。
「あがぁ! ち……ちが……ぎぃぃぃ……」
「痛かったんだね、本当に。ごめんね。ちゃんとマッサージするから。」
 睾丸が潰れてしまうのではないかと思うほど、彼女は精一杯その手に力を込めていた。地獄とも思える痛みが悉く俺に襲いかかる。
「ぐぅあああああっ!!」
 絶叫する。しかしそれは彼女にとっては逆効果だった。痛そうな反応をすればするほど、彼女はその手の力をどんどんと強めていった。
 彼女のマッサージは続いた。その時間は、俺にとっては永遠とも思えるほど長く感じた。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。