[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あ……あぁぁ……」
 気付くと気を失っていたヒョロ男が目を大きく見開き、こちらを凝視していた。遠目にも分かるほど、男の膝は激しく震えていた。
「あなたもこうなるのよ。」
 私が冷静にそう告げると、ヒョロ男の身体は弾かれたようにビクッと反応した。「ひぃぃ」という情けない声とともにガクッと膝を折って地面に付ける。男は膝立ちのままブルブルと震えていた。
 潰したデブ男に背を向けると、私はヒョロ男の方へ一歩一歩、歩を進めていった。男は身体を痙攣させながら何かをしきりに呟いていた。
「わ……悪か……悪かったよ。悪ぃ……な……頼むよ。」
 さっきの男といい、この男といい、イマイチ言っている意味がよく分からない。誰に何を謝っているのだろう。その不可解な男の行動が、却って私を苛立たせた。
 私が近付くと、ヒョロ男は頭を抱えて縮こまった。
「それ、何やってるの?」
「悪かったよ。あ、謝るって……ホントに。」
 その瞬間、私の怒りは頂点に達した。どうしてこの男たちは聞いていることに素直に答えることができないのか。
 私は片手でヒョロ男の右腕を捻り上げて手首を掴む。もう片方の手を肘の関節に添える。「ひっ」という男の声が聞こえた。私は躊躇なく肘の関節を強打した。
「があっ……ああああああああっ!」
 断末魔の声が辺りに響き渡る。折れた腕をだらりと垂らしながら、ヒョロ男は肩を押さえて必死で声を上げていた。
「右の頬を打たれたら……」
 相変わらず男は悲鳴を上げている。
「左の頬をも向けなさい……」
 蹲る男を見下ろしながら、私は今度は男の左腕を掴む。
「イエス・キリストの教えよ。少し勉強したら?」
 笑いが込み上げてくる。私がそう言っても、このヒョロ男は聞いてはいない。見かけからしても、学なんてあるようには到底見えない。ただ耳障りな声を一生懸命絞り出しながら、涙を流していた。本当に話の通じない男だ。
「や……やめ……やめええ!」
 私はヒョロ男の左腕も同じようにへし折った。
「ぐひぃっ!……ぎゃあああああああっ!!」
 ヒョロ男は地面に倒れ込み、のた打ち回った。男が転がる度に、未だ止まることのない鼻血が地面を赤く染めていった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。