[18禁] 逆リョナ系SM小説サイト  ~美しき女性たちの狂気~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「え……あう……」
 残ったデブ男の反応は想像通りだった。
 ――女だから、警戒してなかったのかしら?
 私はくすくすと声を出して笑った。
 デブ男は腰を抜かし、尻を地面につけたまま必死で後ずさった。私はそんな男をじっと見つめながら、じわじわとその距離を詰めていく。
「や……やめろよ。許して……」
 デブ男が声を絞り出す。瞳を潤ませながら命乞いを始める。
 ――許す? 何を。
 私は心で冷笑を浮かべた。私の胸の中がすうっと冷え、無機質な感情が芽生える。私はそれを「殺戮へと導く病」と呼んでいた。
 自制が効かなくなるのだ。この衝動が襲ってきた時、私は自分で自分を抑えることができない。
 私はデブ男に近寄ると、腹を思いきり踏み付けた。絶叫が心地いい。そのまま私は、何度も何度もデブ男の腹を踏み付け続けた。必死で腹を庇おうとする手も、だんだんと痣ができ、血を噴き出し、とうとう機能しなくなった。剥き出しになった無防備な腹を、私はまた何度も踏み付け続けた。
 やがてデブ男は口から吐瀉物を吐き出した。その光景がさらに私を興奮させる。男は既に白目をむき、ぐったりと力なく身体を横たえていた。私は笑いながらデブ男の腹をまた踏み付ける。
「ふふふふふっ……あっはっはっはっは……」
 つい声を漏らしてしまう。踏み付ける度に零れる男の呻き声が、何とも耳に心地よかった。
 グシャッという音とともに、デブ男の身体が一際大きくくの字に折れる。「がぼっ」という声が漏れたかと思うと、男は口から大量の血を吐き出した。男は自ら吐いた血の海に横たわったまま、ピクリとも動かなくなった。
「あらあら。もう寝ちゃうの? 駄目よ。まだまだ楽しませてくれなきゃ。」
 私はデブ男の付けているベルトを外し、下半身を剥き出しにする。粗末なモノが一つ、股の間からだらりと垂れ下がっていた。私はそこにある玉にヒールの底を押し付け、ゆっくりと体重を乗せていった。
「……!……ぐ……がああっ!」
 デブ男が意識を取り戻す。よほど痛いのか、男の声はまさに断末魔の叫びだった。
「……潰してあげる……ぐちゃぐちゃにね。」
 顔面蒼白になったデブ男の表情は、何者にも代え難い愛しさを醸し出していた。強がっていた子がおとなしくなり、指一本分動かす程度の抵抗もできなくなる。飼い馴らされた犬のように、従順で頼りない、可愛い表情を見せるのだ。この瞬間が、私は大好きだった。
「ひ……ひ……ひぃ……」
 私は足を少し上げる。そして、焦点を絞った睾丸に躊躇なく、ヒールの先を思いきり突き刺した。
「が……ぎぃやああああああっ!」
 デブ男は血塗れの顔を振り回し、吐血しながら地面を狂ったようにのた打ち回った。
 血がすうっと冷えていく感覚がする。男を甚振る快感は、既に私の中の大部分を支配していた。
 無力なその男を見下ろしながら、私はその身体を力一杯蹴り飛ばした。男の身体は壁に勢いよく叩きつけられ、ドサリと地面に落ちた。
 男の身体はピクリとも動かなくなった。

Back | Novel index | Next
コメント
この記事へのコメント
いいぞ。打ち殺せ
2007/12/11(火) 22:20 | URL | でぶ #-[ 編集]
こんばんは。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
毎日更新していきますので、続きもぜひご覧ください。
2007/12/12(水) 02:43 | URL | ryonaz #mLlZp4Zg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。